2012年02月29日

月(悪魔主義者たちの二重人格の秘密→リリス)

(アルテミス=ヘーカーテ=チャンドラー=リリス=卑劣=当てにならない!)
〜黒ミサ(サバト)は満月に行われる。
2012年3月7日 13:15
『ツキ』が死んだ。→『月の悪魔全員死亡!』

月.jpg
(つき、: Moon: Lunaルーナ;(Lunatic)ルナテック=気が狂うの意味。)とは、地球の唯一の衛星(地球を回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。

古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(=太陽)に対して月輪(がちりん)とも言った。

月の性質

月の直径 (3,474km) は、木星の衛星ガニメデ (5,262km)、土星の衛星タイタン (5,150km)、木星の衛星カリスト (4,800km)、イオ (3,630km) に次ぎ、太陽系の衛星の中で5番目に大きい。また、惑星に対する衛星の直径比率で言えば、月は地球の約1/4であり、ガニメデが木星の約1/14、タイタンが土星の約1/12であるのに比べて桁違いに大きい。
従来、地球に対する月は、衛星としては不釣合いに大きいので、二重惑星とみなす意見もあった。月の直径は地球の4分の1強であり、質量でも81分の1に及ぶからである。月と太陽の見た目の大きさ(視直径)はほぼ等しく、約0.5度である。したがって、他の惑星の場合とは異なり、太陽が完全に月に覆い隠される皆既日食や、太陽の縁がわずかに隠されずに環状に残る金環日食が起こる。(リンカーンを暗殺したのは金環騎士団)
月の形状はほぼ球形だが、厳密にはわずかに西洋梨形をしている。月面の最高点は平均高度より+10.75km、最低点は-9.06kmで、共に裏側にある。質量はおよそ地球の0.0123倍 (1/81)。表面積(3793万km2)は地球の表面積の7.4%に相当し、アフリカ大陸オーストラリア大陸を合わせた面積よりもわずかに小さい。また、日本国土面積の約100倍である。
月と地球のミニチュアモデル.jpg
月と地球のミニチュアモデル月と地球の間の距離は38万4,400km、これに対し地球の直径は1万2,756km、月の直径は3,474km。
アメリカ合衆国のアポロ計画やソ連のルナ計画で月面に設置された反射鏡に地球からレーザー光線を照射し、光が戻ってくるのに要する時間を計れば月までの距離を正確に測定できる。この測定はLLR(Lunar Laser Ranging, 月レーザ測距)と呼ばれ、1969年にアメリカのマクドナルド天文台で初めて行われた。地球中心から月の中心までの平均距離は38万4,403kmであり、地球の赤道半径の約60.27倍である。21世紀に入ってからも各国の天文台で測定が続けられており、月は平均して1年あたり3.8cmの速さで地球から遠ざかっていることが明らかになっている。
月は、太陽系の惑星やほとんどの衛星と同じく、北極から見て反時計周りの方向に公転している。軌道は円に近い楕円形。自転周期は27.32日で、地球の周りを回る公転周期と完全に同期している(自転と公転の同期)。つまり地球上から月の裏側を直接観測することは永久にできない。これはそれほど珍しい現象ではなく、火星の2衛星、木星のガリレオ衛星であるイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト、土星の最大の衛星タイタンなどにも見られる。ただし、一致してはいても、月の自転軸が傾いていて軌道離心率が0ではないので、地球から見た月は秤動と呼ばれるゆっくりとした振動運動を行なっており、月面の59%が地上から観測可能である。

月の影響

月の
重力は地球に影響を及ぼし、潮の満ち引きを起こす(潮汐作用)。なお、月よりも格段に大きい質量を持つ太陽も潮汐作用を起こし地球に潮汐力を及ぼすが、地球からの距離が月より遠距離にあるため、その影響力は月の力の半分程度である。

月の潮汐作用により、主に海洋と海底との摩擦(海水同士、地殻同士の摩擦などもある)による熱損失から、地球の自転速度がおよそ10万年に1秒の割合で遅くなっている。また、重力による地殻の変形を介して、地球-月系の角運動量は月に移動しており、これにより、月と地球の距離は年間約3.8cmずつ離れつつある。この角運動量の移動は、地球の自転周期と月の公転周期が一致するまで続くと考えられるが、そこに至るまでにはおよそ50億年を要する。

逆に言えば、かつて月は現在よりも地球の近くにあり、より強力な重力・潮汐力の影響を及ぼしており、また地球(および月)はより早く回転していた。サンゴの化石の調査によれば、そこに刻まれた日輪(年輪の日版)により、4億年程前には1日は約22時間で、1は400日程あったとされる。

月の起源

月がどの様につくられ、地球を巡る様になったかについて古くから3つの説が唱えられてきた。
親子説(分裂説・出産説・娘説)
自転による遠心力で、地球の一部が飛び出して月になったとする説。
兄弟説(双子集積説・共成長説)
月と地球は同じガスの塊から、同時に作られたとする説。
他人説(捕獲説・配偶者説)
別の場所で形成された月と地球が偶然接近した際、月が地球の引力に捉えられたとする説。
だが、いずれの説も現在の月の力学的・物質的な特徴を矛盾なく説明することができなかった。まず、親子説では地球-月系の現在の全角運動量を原始の地球だけが持っていたとは考えにくかったし、他人説では広い宇宙空間を行く月が地球から丁度良い距離に接近して引力に捉えられる可能性が低かった。アポロ計画により採取された月の石の分析結果から地球のマントルと月の石の化学組成や酸素同位体比が似ている事が判明したが、兄弟説や他人説ではそうなる理由を説明できなかった。一方で、月の石放射性炭素年代測定により、月は約45億5000万年前に誕生し、また35億年前までは小天体の衝突が多発していたことが判明した。それらを踏まえ、有力とされるようになったのが巨大衝突説である。
巨大衝突説(ジャイアント・インパクト説
月は地球と他の天体との衝突によって飛散した物質が地球周回軌道上で集積してできたとする説。地球がほぼ現在の大きさになった頃、火星程の大きさの天体 (テイア) が斜めに地球へ衝突し、その衝撃で蒸発・飛散した両天体のマントル物質の一部が地球周回軌道上で集積して月が形成されたとする。最近の研究では、衝突から1ヶ月程度で現在の月が形成されたと考えられている。

この説を用いると、月の比重 (3.34) が地球の大陸地殻を構成する花崗岩(比重1.7 - 2.8)よりも大きく、海洋地殻を構成する玄武岩(比重2.9 - 3.2)に近いこと、地球と比べて揮発性元素が欠乏していること、地球やテイアのマントルを中心とする軽い物質が集積した月のコアが小さいこと、月の石の酸素同位体比が地球とほとんど同一であること、月の質量が現在程度になること、月と地球の全角運動量が現在程度でも不思議はないことなどについて矛盾なく説明することができる。

月齢と呼び名
月齢.jpg

中心の青い球体が地球、図の右方に太陽があり、地球の周りに配置される球体が1ヶ月間に公転する月の位置を示す。図の1の球体がの月の位置を示す。地球から見て、月と太陽が同じ方向にある。図の3の球体が上弦、図の5が、図の7が下弦の月の位置をそれぞれ示す。


地球から見て、太陽と月が同じ方向にある瞬間を、
(さく)又は新月という。日本や中国の旧暦で用いられた太陰暦太陰太陽暦では、朔を含む日を月初(第1日)とする[13][14]
朔からの経過時間を日単位で表した数値を月齢という。朔の瞬間を月齢0として、朔を含む日(朔日)を「1日」とするため、日本で用いられる旧暦の日付は、その日の午前0時の月齢に1を足したものとなる[15]。なお、通常、カレンダー等で示される月齢は、当日正午時点の数値である。例えば、2009年9月19日は日本標準時午前3時44分に朔となるため、この時点が月齢0となり、同日は旧暦8月1日となる。朔から24時間後の同年9月20日午前3時44分には月齢1となる。カレンダー等で示される月齢は、それぞれ正午時点での数値となるため、2009年9月19日は月齢0.3、翌20日の月齢は1.3となる。
月には、月相(月の満ち欠け)に応じて、様々な名称がある。まず、天文学的に用いられる名称としては、「朔、上弦、望、下弦」の4つがある。太陽と月の黄経差が、それぞれ0度の状態を朔、90度を上弦、180度を望、270度を下弦と呼ぶ。なお、月相は通常0度から360度までの角度で示されるが、月齢との比較を容易にするため、0度から360度までの角度を0から28までの整数の値に換算して示すことがある。この場合、朔は0、上弦は7、望は14、下弦は21となる。この月相の数値と月齢は必ずしも一致しない(詳細は月相を参照)。
このほか日本では、旧暦の日付に対応する名称(三日月、十三夜の月、十五夜の月、十六夜の月など)や月が見える時間帯に関する名称(立待月、居待月、寝待月、夕月、有明月など)、形状に対応する名称(満月弦月、半月、弓張月など)、年中行事に関連する名称(芋名月、栗名月)など、月には多くの名称(月名、げつめい)がある。
旧暦15日の月(ほぼ満月)は日没頃に昇り、以後数日間も夜間に上るため月見に適しており、特に様々な名称が付された。日没後しばらくしてから上る旧暦16日の月は「いざよい」(ためらう、なかなか進まないの意)、以後、「立待」(立って待っていると出てくる)、「居待」(座って待っていると出てくる)、「寝待」(寝て待っていると出てくる)、「更待」(ふけまち。夜が更けてから出てくる、あるいは更に待つと出てくる)と、月の出が遅くなるごとにふさわしい名称が付けられている。なお、「夕月」は日没前後に見える月の総称であり、「有明の月」は明け方になってもまだ残っている月の総称である。
月は毎日平均約50分ずつ遅れて出るため、「月の出」がない日や1日に2回起こる日がある。そのため、月の呼び名は、旧暦の日付ではなく朔日を1とする「月の出」の回数(月の出数)によって決められる。そうしないと欠番が出たり、同じ月でも地域により呼び名が異なったりするからである。なお、月の出の時刻が0時前後になる旧暦の24日ごろ以降は、旧暦の日付と月の呼び名が1日ずれるので注意が必要である。「月の出がない日」といっても、その日に「月の出」がないだけで月が見えないわけではない。その日が始まる午前0時には既に月が出ているので、東から月が出る「月の出」がないのである。
月相およその月齢月の出数主な名称
0・01新月
112二日月、既朔(きさく)
223三日月(みかづき)
7・上弦7.57半月、七日月、弓張月
121213十三日月、十三夜月
131314十四日月、小望月(こもちづき)、幾望(きぼう)
14・望1415満月、十五日月、十五夜
151516十六夜(いざよい)、十六日月、既望(きぼう)
161617十七日月、立待月(たちまちづき)
171718十八日月、居待月(いまちづき)
181819十九日月、寝待月(ねまちづき)、臥待月(ふしまちづき)
191920二十日月、更待月(ふけまちづき)
21・下弦22.523半月、二十三日月、弓張月


和暦
中国暦太陰太陽暦では、月の約29.5日の周期を大の月(30日間)と小の月(29日間)で調整する。このため、毎年月ごとの日数が異なり、煩雑で記憶できない。そこで、毎年、暦(大小暦)を作成して参照した。日本では、大小暦に絵を描いたものが、後に浮世絵になった。

月の初日(1日)は「朔日(ついたち、さくじつ)」と呼び、月の最終日(29日又は30日)は「晦日(みそか、つごもり)」と呼ぶ。「ついたち」とは「月立ち(つきたち)」、「つごもり」は「月隠り(つきこもり)」が音変化した語である。また、一年の最終月の最終日(29日又は30日)は、「大晦日(おおみそか、おおつごもり)」である。
日本の童謡の「お月さん幾つ、十三ななつ」はこれだけでは意味不明であるが、沖縄民謡の童謡「月ぬかいしゃ」に由来するとの見方がある。そこでは「月ぬかいしゃ、10日3日。みやらびかいしゃ10ななつ」とあり、13日の月、つまり成熟前が美しいとの意とされ、月齢を年齢になぞらえている。

月齢と人間的事象の関連の有無

現代においても、月齢が、人間の生理的、精神的な事象(例えば出産や、自殺殺人交通事故の起こりやすさ等)に影響を及ぼしているという説が語られることがある。 これについては議論が多いようである
月齢と暴力行為の因果関係については、2007年初頭にポーランドの科学者Michal Zimeckiが確認したとされるが、その一方でシドニー大学とニューサウスウェールズ州(New South Wales)のManly病院の研究者らが、心理学専門誌Australian and New Zealand Journal of Psychiatry誌に1998年に発表した内容では「両者間に特別な関連性はみられない」とされたという。2007年6月5日、「満月の日には犯罪が増える」とイギリスの英南部サセックス州警察のある警察署が発表し、満月の日に警察官を多めに配置すべきだとの見解を表明したというが、懐疑的に見る人が多かったという。

暴力団と月齢
悪魔は満月が近づくほど、獣性を露わにする。
暴力団と満月の関係は密接している。
活動周期が月齢に顕著に現れているのだ。


悪魔崇拝者は満月に人肉食を行うことが多い。つまり殺人。それも邪悪を極めた形。

満月に近ければ近い日月ほど、超危険なのだ。


私が知っている悪魔の手法を一つ紹介しよう。

個人(誰でも良いが食べたい人物)に電話をかけ、「会いたい!会いたい!」と連呼する。

そして、プライベートルーム(個室)あたりに呼び出して奥の席に着かせ両横をがっちり固める。帰宅させないためである。

酒や飲料水には何らかの薬剤を混入している前提の方が良い。

行ったら最後だと思った方がいい。すなわち「死」を覚悟しろ、ということだ。

あとは自分の肉を焼肉パーティーされるだけである。
呼び出されても決して行かないことだ。特に満月は。

一人で向かうことなど「食べて下さい」と言ってるようなものだ。

何度も言う、徒党を組め。信頼出来る仲間を多く作りコミュニティとコミュニティの連帯(繋がり合い)を図り対悪魔主義勢力の対抗組織の拡大を図れ。


ケガレを払う技法を身につけろ。↓旧約聖書 列王記から対ベルゼバブ(=バアル=オシリス)戦の記録。
【聖水の作り方】
 http://takao-sato.seesaa.net/article/253408238.html

悪魔儀式における金(GOLD)の秘密を教えよう。
イルミナティの悪魔崇拝の儀式.jpg
イルミナティの悪魔儀式

金ぴかの仏像や部屋、ルックスは単なる金ぴか趣味で行っているのでは無い。
悪魔儀式で金は「自分をより魅力的に見せる」貴重なアイテムなのだ。

悪魔儀礼ではGOLDを珍重する。
あらゆる儀礼でGOLDは登場する。
人肉食の生贄の際にもGOLDはそばに置かれることがある。

儀式でより、自分たちを魅力的にする他に、悪魔パワーの有効性をより
高めるためである。
悪魔の醜い醜い素顔を隠すために絶対、儀式にGOLDが必要なのである。

我々地球人は「銀(Silver)」を獲得しろ。
「銀(Silver)」で武器を作り悪魔主義に対抗するのだ!

いいか、フリーメーソンはどこまで行っても悪魔主義者笑顔の裏の邪悪に満ちた本性
忘れるな!


人間と月の関係の歴史

古代ギリシア 古代ギリシアの人々は、月をすでに観察していて、月食が起きるのは満月の時であること、また月食時に月の表面に丸い影が徐々に現れることを観察して、それらのことからその影というのは自分たちの住む地の影で、地は球体であると推定したといい、アリストテレースの時代(紀元前4世紀ころ)には、その知識はギリシア世界では広くゆきわたっていたという。
アリストテレースも地球の周りを月、太陽、および他の惑星が回っているという宇宙論を説いた(地球中心説

エフェソスのアルテミス像(18世紀に作られた複製).jpg
エフェソスのアルテミス像(見ての通り、モロ悪魔!)
ギリシア神話の月の女神は元々セレーネーであるが、後にアルテミスヘカテーと同一視され、月が満ちて欠けるように3つの顔を持つ女神とされるようになった。ローマ神話ではルーナがセレーネーと、ディアーナがアルテミスと同一視されたので、ここでも月神は2つの顔を持つとされた。これらの神々は一般にあまり区別されない。ルーナ Luna の名はロマンス語ではそのまま月を表す普通名詞となった。また、英語などではセレーネーから派生した selen-, seleno- という月を表す語根接頭辞が存在する。元素周期表でテルル(地球)の真上に位置し、あとから発見されたセレンはこの語根から命名された。

ヨーロッパの伝統文化
古来より月は太陽と並んで神秘的な意味を付加されてきた。ヨーロッパ文化圏では太陽が金色黄色で表現されるのに対し、月は銀色で表されることが多い。西洋では月が人間を狂気に引き込むと考えられ、英語で "lunatic"(ルナティック) とは気が狂っていることを表す。また満月の日に人狼は人から変身し、魔女たちは黒ミサを開くと考えられていた。
 


黒ミサ
http://takao-sato.seesaa.net/article/251221361.html

黒ミサ(くろ - )は、主に西洋文学作品に描かれる、ローマ・カトリック教会に反発するサタン崇拝者の儀式。サバトとも呼ぶ。を冒涜することを旨とした儀式で、カトリック教会のミサと正反対のことを行う。中世ヨーロッパでは異教徒を批判する際に彼らは黒ミサの儀式を行い広めるとして攻撃した。

カトリックのミサでは、ワインキリストの血に聖別して飲むが、黒ミサでは幼児の血を飲み干す。祭壇には逆十字が架けられ、暴力淫行などといった行為を繰り返す。

西洋占星術

月は七曜九曜の1つで、10大天体の1つである。
西洋占星術(=悪魔崇拝)では、巨蟹宮の支配星で、吉星である。感受性を示し、母親女性に当てはまる。

イスラム文化

赤地に白い三日月と五芒星をあしらったトルコの国旗


トルコ共和国、パキスタンモルディブマレーシアなどの国では国旗新月(一般的には三日月と認識されることが多い)が描かれている。これらの国ではムスリムが国民の圧倒的多数を占める、ないしイスラム教国教としているため、新月はイスラム教の意匠であると思われることが多いが誤解である(偶像崇拝の禁止が定められているため、月の崇拝も禁じられる)。コンスタンティノープルにおいては古くから新月がシンボルとして用いられており、オスマン帝国によってイスラム教共通の意匠として広めようと試みられた。今日、月を国旗に採用しているイスラム国家がそれほど多くはないのは、帝国の衰退とともに独立した諸国が、新月を採用しなかったためとされる。太陰暦であるイスラム暦との関連性を指摘する説もある。

また、赤十字社の十字がキリスト教を連想させるという理由でイスラム圏では赤新月が用いられ、名称も赤新月社としている。

チャンドラ(月)(戦捺羅〜インドの月神)

月は、心、感情、それから、アセンダント同様にその人の人生全般を表示しています。太陽がもっとも重要視されている西洋占星術と違い、ジョーティッシュでは、月が最初にチェックされる惑星であり、多くの計算や予言テクニックおいて中心的な役割を果たしているのです。

月にとっては、ヴリシャバ(牡牛座)の最初の度数が最高の位置であり、そこは高揚の位置と呼ばれています。そこから対向に位置するヴリスチカ(蠍座)は最低の位置であり、減衰の位置と呼ばれています。

月はカルカ(蟹座)の支配星であり、蟹座が位置するハウスの支配星でもあります。

月は、その在住する星座から数えて7番目の星座にアスペクトします。


インド占星術 / ジョーティッシュ / ヴェーダ占星術 / インド占星学 / ヴェーダ占星学 / ヒンドゥー占星術
チャンドラーしゅうき【チャンドラー周期 Chandler’s period】

チャンドラー運動ともいう。1891年にアメリカのS.C.チャンドラーの発見した,極運動の一成分周期で約430日。流体核をもつ地球回転理論重要検証一つ剛体地球の極運動では周期が305日になることをL.オイラーは1765年に予言していた。観測された周期は,予言値に比べて約130日長く大問題となったが,アメリカの天文学者S.ニューカムは地球を弾性体と考えればこの周期の伸び説明できることを証明した。・・・

チャンドラ Candra


インド神話の月神、豊穣の神。乳海攪拌の時に生まれた。名前チャンドラCandraはの意。
チャンドラは毎夜、海から新しくなって昇るという。
ソーマ神も月神の神格があり、チャンドラはソーマの別名ともされるようだ。

2008年10月に打ち上げられたインドの無人月探査機は「チャンドラヤーン1号」(Chandrayaan-1)と名づけられた。


関連項目一覧


インド 【文化地域項目】
ソーマ 【インド:神:月、薬】
 【大項目】

ソーマ(蘇摩)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

飲み物のソーマは、ヴェーダの祭祀で用いられる一種の興奮飲料であり、原料の植物を指すこともある。ゾロアスター教でも同じ飲料(ハオマ)を用いることから、起源は古い。神々はこれを飲用して英気を養い、詩人は天啓を得るために使った。高揚感や幻覚作用を伴うことから、酒ではなく、麻薬の一種ではないかとも言われる。ソーマは神々と人間に栄養と活力を与え、寿命を延ばし、霊感をもたらす霊薬という。『リグ・ヴェーダ』第9巻全体がソーマ讃歌であり、その重要性が知られる。
ヒンドゥー教ではが神々の酒盃と見なされたためにソーマは月の神とも考えられ、ナヴァグラハの1柱である光と月の神チャンドラと同一視される。


インド神話これらの多くがインド神話に登場する。
スーリヤ、ソーマ、ブリハスパティは『リグ・ヴェーダ』をはじめ多くの聖典にみられる。
またブダはイダー(イダが呪いで女性化した人物、イラ、イラーとも)との間に、ウルヴァシーとの恋愛物語で知られるプルーラヴァスをもうけた。

ラーフとケートゥ

月の交点黄道白道交点)のうち昇交点がラーフ、降交点がケートゥである。シャニ、ラーフ、ケートゥは凶兆の星とされ、南インドの寺院ではよく祀られた。
月の交点は、日食月食に深く関係する。そのため神話化されインド神話バラモン教の聖典「ヴェーダ」では、乳海攪拌の時不老不死霊薬であるアムリタを盗み飲んだがスーリヤ(太陽神)とチャンドラ(月神)の告げ口でヴィシュヌチャクラムで首を切られたアスラであった。アムリタを飲んだ首が不死のラーフ、胴体がケートゥという星となった。ラーフは太陽と月を飲み込むが胴体がないのですぐに太陽と月は現れてしまい、これが日食・月食になる。
ラーフ(羅睺)は転じて「障害をなすもの」の意味で、ラーフラ(Rāhula)(羅睺羅、らごら)として釈迦が息子に名づけたといわれる。

日本への影響

「九曜紋」と「丸に九曜紋」 「九曜紋」と「丸に九曜紋」
「九曜紋」と「丸に九曜紋」
土曜(聖観音)、水曜(弥勒)、木曜(薬師)、火曜(虚空蔵)、金曜(阿弥陀)、月曜(勢至)、日曜(千手観音)、計都(釈迦)、羅睺(不動明王)の9つの星を「九曜曼荼羅」として信仰した。平安時代には交通安全に霊験があるとして車文に多く使用された[1]
羅睺星は平安時代神仏習合の際、日食を引き起こしたスサノオと結び付けられ災いを引き起こす天体と考えられた。また、羅睺星を祭り上げる場合は黄幡神として道祖神のように奉られる。
ちなみに土曜から日曜は「七曜」(北斗七星)といい、また土曜から金曜の5星より五行説が表れたとされる[1]

家紋

家紋の「星紋」の図案ともなり、中央の星を八星が囲む九曜紋が満月の意味を持つ望月によって用いられた。ほか、千葉氏佐久間氏で、また細川氏で、『九曜、離れ九曜(細川九曜 ※肥後細川家五代藩主細川宗孝が、細川家の「九曜紋」と自身の本家筋の家紋である「九曜巴」とを誤認した板倉勝該に、殿中にて背後から切りつけられ絶命せられたとされる事件により意匠が変更)』が用いられた。伊達政宗の代から伊達氏も用いている。相馬藩(現在の福島県相馬市)も用いた。

月天(=チャンドラー=リリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月天(がつてん、がってん、Skt:Candra、音写:戦達羅、戦捺羅、旃陀羅など)は、仏教における天部の一人で、十二天の一人。元はバラモン教の神であったが、後に仏教に取り入れられた。
正しくは月天子で、月天はその略称。月宮天子、名明天子、宝吉祥との異名もある。やその光明を神格化した神で、勢至菩薩の変化身ともされる。四大王天に属し、月輪を主領して四天下を照らし、また多くの天女を侍(はべ)らし、五欲の楽を尽くし、その寿命は500歳といわれる。
形象は、一定しないが3羽から7羽のガチョウの背に乗り、持物蓮華や半月幢を持つものがあり、として月天后を伴うものがある。両界曼荼羅や十二天の一人として描かれることがほとんどであり、単独で祀られることはほとんどないようである。

リリス
リリス.jpg
リリス
(Lilith)は、本来はメソポタミアにおける女の夜の妖怪で、「夜の魔女」とも言われ、男児を害すると信じられていた。 聖書の『イザヤ書』においてはリリス(לִּילִית, 標準ヘブライ語ではリリト Lilit)は夜の妖怪か動物の一種だった。 ユダヤ教の宗教文書タルムード及びミドラッシュにおいては、リリスは夜の妖怪である。しばしばアダムの最初の妻とされるが、この伝説は中世に誕生した。
ヘブライ語のリーリース (לילית) とアッカド語リーリートゥ (līlītu) は先セム語の語根 "LYL"(夜)からきた女性形ニスバ en:nisba 形容詞であり、字義的には「夜の」つまり「夜の女性的存在」になる、と一般的に言われている。
しかし何人かの学者は語根LYLをもとにした語源論を否定し、リーリートゥの起源は嵐の妖怪である、と考えた(下記参照)。この説は彼らによって引用されている楔形文字文書によっても裏付けられている。「夜」との関連は、おそらく初期の民間語源説によるものだろう。

対応するアッカド語の男性名詞リールー (līlû) にはニスバ接辞が存在せず、むしろシュメール語キスキル・リラ (kiskil-lilla) と比較されている。

カナン族悪魔話
本来リリスはカナン人の邪淫の悪魔であり、目やフクロウをシンボルとする地母神であったとする説がある。 

アッカド神話

キスキル・リラ
リリスは、シュメール語の『ギルガメシュ叙事詩』序に見える女性の妖怪 キ-シキル-リル-ラ-ケ ki-sikil-lil-la-ke4 と同一視されてきた。

リリスの現れる箇所はS. N. クレイマーの訳によると、

竜がその木の根元に巣をつくり、
ズー鳥が頂で若鳥を育て、
そして妖怪リリスが中ほどに住処を作っていた。
(中略)
それからズー鳥は若鳥とともに山地へ飛んでいった
そしてリリスは、彼女の住処を壊して荒野へと逃げ帰った

ヴォルケンシュタインは同じ部分を次のように訳している。

惑わされない蛇は木の根元に巣をつくり、
アンズー鳥はその若鳥を木の枝で育て、
闇の娘リリスは住処を幹に作っていた

リリスの現れる箇所はS. N. クレイマーの訳によると、
 


竜がその木の根元に巣をつくり、
 ズー鳥が頂で若鳥を育て、
 そして妖怪リリスが中ほどに住処を作っていた。
 (中略)
 それからズー鳥は若鳥とともに山地へ飛んでいった
 そしてリリスは、彼女の住処を壊して荒野へと逃げ帰った


ヴォルケンシュタインは同じ部分を次のように訳している。
 


惑わされない蛇は木の根元に巣をつくり、
 アンズー鳥はその若鳥を木の枝で育て、
 闇の娘リリスは住処を幹に作っていた



リリスは噂によれば、イヴの前、アダムが最初に結婚していた妻と言われている。
彼女はゆり籠の中で子供を殺す魔女として知られ、男性の欲望に服従する事を拒んだ最初の女性である。
神自身と悪魔、双方と配偶した、彼女は謎めいて神秘的な 「リリス」 である。

ここで悪魔主義者たちがアダムを「人祖」としていることが判明する。

占星術チャートにおいて、よく理解されていない要素 「ダークムーン」 として知られており、我々の「暗部」 もしくは隠された感情的な自己を意味している。
「Lilith The Planet of the Doodler」の著者である Lois Daton によると、リリスの実体は1879年に米国気象局(United States Weather Bureau)によって確認された。
リリスは2つの異なった天体の名で、1つは小惑星帯に存在するものだが、ここでは問題にしない。 

 もう1つは、見えない天体であり、月(目に見える月 ルナ)よりおよそ3倍遠くに位置し、地球を周回している。
ここでの関心はこちらのリリスである。リリスの配置は特に女性には重要で、原初の女性のパワーを表示する。
男性のチャートでは、その解決するしないに関わらず、人生において起こりうる女性との問題や、
それに取り組む姿勢の隠れた能力を顕在化させる。

リリスは、カルデアの占星術家には、エジプト人が「Nephthys(ネフティス:エジプト神話に登場する、夜を司る女神)」
と呼ぶものとして知られていた。リリス(Lilith)は、古いセム人の単語で夜を表す「lel」もしくは「lelath」、
アラビア語で「laylah」を語源としており、これはまた「幽霊」「妖怪」を意味するヘブライ語でもある。

彼女はタロットの「死」のカードと結びついており、ペルセフォネ、ヘカテー、アテナ、ミネルヴァといった女神達と共にいる。
秘密と箴言を象徴するフクロウを連想させ、また、頻繁に猫と結びつく。


リリスはおそらくその対「ルナ(目に見える月)」との対比において一番よく理解出来るであろう。
ルナは他を養育する事を通じて自己を充足させ定義づける。リリスは自己充足しており、自己定義している。
ルナは目に見える感情を表し、リリスは隠され、秘密にされた感情を表す。
リリスは舞台裏に棲んでいて、普通は追跡出来ない。リリスは卑劣(で、ルシファーの恋人でもあった。卑劣同士!)当てにならない場合もあるが、
また、出来事や人々を裏から導き管理する巧妙な能力も表示する事が出来る。

彼女は個人的たる能力である。チャートでのリリスの配置は、我々の一番秘密にしておくべき生来の感覚 (feel)は何か、を告げている。

月のように、リリスもまた母なるもの・養育者に結びついているが、それは幼獣(悪魔・悪魔主義者)を守る母の強さである。
ルナ(ルナテック(Lunatic)=気が狂うの意味。→改竄)は柔軟で優しく、保育的である。リリスは強く厳格で、彼女の子供たちの幸福を脅かすものを殺し淫乱である。
リリスは悪魔主義者の保護者であるが、自己を保護するものである。彼女は自分自身を害のある感情から守り、恥、 罪、憎悪、復讐心、苦悩、ねたみ、嫉妬の保護者となる。 
※「月」が要するに悪魔の「化けの皮」を隠していた訳だ。それで覚醒剤やLSDなどの麻薬を使った二重人格が必要な訳ね。

我々は、我々が傷つきから自分を隠す為の手段である「防御」のメカニズムを発見する為に、チャート中のリリスを探すのである。

リリスはまた「Femme Fatal(性的に強力な女性〔淫乱〕)」でもある。彼女は夢(リリスは夢魔でもある。)、とりわけ性夢に作用し、恍惚、 催眠、本質とのチャネリング、次元間の存在、そして憑衣への感応力である。

以上はネイタルチャート中のリリスの配置に関するあらましである。占星術の他の要素と同じように、リリスの影響はチャート全体の文脈中で解釈されるべきである。 

 自分の一番暗い(邪悪な)感情を包含し和解する事によって、自己を統合する事が出来る。
リリスは我々がその人間の肉を喰らい、血を飲み、他者を踏み躙ることに悦びを見出す酒池肉林の悪魔の宴へ到達するのを助ける、悪魔占星術における一つの鍵なのである。 
posted by 真 救世主 at 17:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

裁判員による付審判裁判が始まる奈良警官発砲事件

▼バックナンバー 一覧2010 年 12 月 11 日 亀井 洋志

 電話の声が弾んでいた。七年前、警察に命を奪われた高壮日さんの長兄からだった。「これって、滅多にないことらしいやないですか!」
 わずか三カ月前、壮日さんの遺族は民事裁判(国家賠償請求訴訟)で敗れたばかりで、帰路に向かう沈痛な表情は見ていて痛々しかった。その時の様子とは別人のようだ。私も予期せぬ報告に、興奮気味に言葉を返した。「良かったですね。本当に凄いことですよ」
 東京の新聞ではほとんど報じられていなかったので、私はすぐにインターネットで確認したが、関西では一面に記事を掲載した新聞もあったようだ。〈警官発砲〉男性死亡 警官二人を付審判と決定 奈良地裁(毎日jp・二○一○年四月十六日付)
 
 記事は、次のように報じていた。
 奈良県大和郡山市で〇三年、警察官が窃盗容疑で追跡中の乗用車に計八発を発砲し、助手席にいた東大阪市の高壮日さん(当時二八歳)が死亡した問題で、奈良地裁(一谷好文裁判長)は、同県警の警察官二人を特別公務員暴行陵虐致死と同傷害の罪で審判に付す決定をした。決定は起訴と同じ効力を持つ。同致死罪の一人は、付審判決定を受けた事件では全国で初めて裁判員裁判で審理される(後略)
 

付 審 判

 一般的にはあまり聞き慣れない「付審判」という制度だが、「準起訴手続き」とも呼ばれている。「準起訴」というくらいだから、通常の事件のように検察が起訴するわけではない。
 日本では、起訴するかしないかの権限と裁量は検察官が握っている( 起訴独占主義)。だが、これに当てはまらないケースもある。
 二○○一年七月に起きた「明石花火大会歩道橋事故」では、検察が不起訴にしていた明石署副署長に対して、検察審査会が起訴議決し、強制起訴されることになった。これまで検察審査会の決議は検察に対して拘束力がなかったが、法改正により〇九年五月から決議が強制力を持つようになった。
 ただし、付審判制度が検察審と異なる点は、官憲の犯罪を対象としている点だ。付審判は警察官や検察官、刑務官など特別公務員の職権濫用罪を理由として請求が行われる。
 例えば、職務質問中や取調べの時に、警察官から暴行を受けたとする。暴行を受けた人がケガをすれば特別公務員暴行陵虐致傷罪、ケガが原因で亡くなれば致死罪に問われることになる。
 ところが、被害者が検察に刑事告訴しても不起訴にされてしまうことが少なくない。同じ捜査機関どうしという意識から生じる庇い合いから、身内に甘い対応になりがちなのである。検察が起訴しなければ、刑事裁判は開かれない。暴行を受けた被害者は救済されず、泣き寝入りということになる。そこで、官憲による処分の不公正さを正すために被害者が直接、裁判所に公判を求めることができる制度が設けられている。これを「付審判請求」といい、この司法手続きによって、裁判所が審判に付す必要があると判断すれば「付審判決定」ということになる。
 しかし、付審判制度はこの国の刑事司法において、もはや形骸化しているといって過言ではない。戦後、付審判請求はおよそ一万八○○○件起こされているのだが、これまで裁判所が認めたのはわずか二一件だ。認容率は○・一パーセント程度である。
 しかも、ようやく裁判が開かれたとしても約半数が無罪になっている。一般の被疑者の場合、検察官が起訴すれば九九・九パーセントが有罪になる。このため、多くの人々が冤罪に苦しめられている。裁判所は、警察官など特別公務員に限っては「無罪推定」という刑事司法の原則を遵守しているわけだ。こんな不公平が許されていいのか。
 高壮日さんに対する発砲事件でも、遺族は警察官らを刑事告訴したが、奈良地検は不起訴にした。直ちに付審判請求を行い、今年四月十四日の付審判決定で二人の警察官が起訴された形になる。うち一人が暴行陵虐致死罪に問われたため、この警察官については裁判員裁判の対象事件になる。
 ともかく、壮日さんの遺族および弁護団は、針の穴を通すような第一関門を突破したわけだ。付審判手続きとともに、裁判員裁判という二つの制度の存在意義が問われる機会になる。この事件は、戦後司法において重要な位置づけとなるのはまちがいない。
 壮日さんは友人とともに窃盗行為をしたことで警察に追われることになり、車で逃走の末、銃弾を浴びる。三人の警察官が計八発の弾丸を車に撃ちこんでいるが、うち二人の警察官が発砲した三発が壮日さんらの頭部に命中した。友人に重傷を負わせ、壮日さんを死に至らしめるという悲劇的な結末となった。
 遺族としては「壮日が悪いことをしたのは事実だが、なぜ撃たなければならなかったのか」との思いが拭えない。発砲しなければならないような必然性が、本当にあったのか。
 事件の経過については、私はこれまで週刊誌などでレポートしてきた。重複する部分もあるが、改めて事件の発端から説明しなければなるまい。警察官の階級は、いずれも事件当時のものである。

逃 亡

 大和路を南北に走る国道沿いで、八発の銃声が響いたのは、二○○三年九月十日のことである。
 その日は、朝から雨が降っていた。
 当時、二八歳だった高壮日さんは、建設会社の作業員として働いていた。いつものように朝六時ころ起床した。七時前には自宅を出て、工事現場へと向かう。ところが、十時半ころ「雨で(仕事は)中止や」と言って帰宅してきた。ほどなくして、友人から遊びに誘われたのか、着替えて再び家を出た。
 あの日、雨さえ降らなければ、友だちに誘われさえしなかったら……。母親の金順得さん(七二歳)は、いまも悔やまれてならない。
 午前十一時ころ、壮日さんは自分より二歳年下の友人、青山悟さん(当時二六歳)と落ち合った。壮日さんは、青山さんが運転する乗用車(セドリック)で出掛けた。二人は、同じ中学校の先輩と後輩の間柄だった。
 二人はまず、午後一時ころ天理市にあるパチンコ店の駐車場で車上荒らし≠フ手口で現金三万円とクレジットカードなどを盗み出した。警察は、壮日さんのほうが年上だったこともあって、主従関係では壮日さんが上位にあったと見ていた。実行役は青山さんで、見張り役が壮日さんだったとしている。
 実は、壮日さんには犯意がなかったようだが、その点については後述する。
 さらに天理市から西へ向かって、午後四時半ころ、橿原市のパチンコ店の駐車場でも同様に駐車していた車を物色し、現金約十万円の窃盗を犯してしまう。五時過ぎ、パチンコを終えて駐車場に戻って来た男性が、自分の車が荒らされていることに気づく。
 近くに止まっていたセドリックが急発進して走り去ったので、男性は一一○番通報し、車のナンバーと車種、色などを伝えた。
 奈良県警本部の無線指令により、本部の機動捜査隊および橿原署が出動し、二人が乗るセドリックの捜索を開始した。三台のパトカーが赤色灯を点滅させ、サイレンを鳴らして追尾し、追うものと追われるもののカーチェイスが始まった。
 途中、壮日さんたちが乗るセドリックはパトカーに挟まれ、いったん停止する。職務質問のためパトカーを降りてきた警察官を振り切って、青山さんはさらに逃走を図る。警察は追跡中に、セドリックに二人の人物が乗車していることを、すでに確認していた。
 発砲現場となる大和郡山市内の交差点まで約二十キロ、およそ一時間半にわたる逃走劇が続いた。
 国道二四号を北上(京都方面)するセドリックを停止させるため、警察は進行方向にある大和郡山市の下三橋町北交差点で周到な態勢を取っていた。
 下三橋町北交差点は丁字路だが、まず、郡山署から出動した交通捜査車両(ワンボックスタイプ)が交差点に進入し、車を横付けに停止する。このため、国道の北行き片側二車線の行く手を塞ぐ形になった。
 国道二四号は、京都市から奈良県を貫いて和歌山市まで結ぶ幹線道路である。夕刻の交通量の多い時間帯ということもあって、一般車両の渋滞ができ上がった。さらに、車列の最後尾から交差点方向にパトカーがサイレンを鳴らして進入する。二車線道路で停止状態になった一般車両をそれぞれ左右に車を寄せさせ、パトカーに道を譲らせた。
 つまり、二車線道路の中央部分に車一台が通過できるスペースが空いたことになる。ここに壮日さんたちの乗るセドリックを追い込み、後方から追尾しているパトカーと挟み打ちにしようというわけだ。前後はパトカーに、左右は一般車によって遮られる。いわば袋のネズミ≠ノする作戦を取ったのである。
 

銃 撃

 警察の目論見通り、セドリックが車列の後方から交差点に向けて走行してきたのは、午後六時四○分ころのことだ。
 セドリックは、前方中央部に停まっていたパトカーに追突した。だが、二人は逃げたい一心からか、なかなか逃走を諦めない。車ごとパトカーを押しのけようとしたり、激しく車を前進あるいは後進させたりして後方に停止していたパトカーにも衝突させた、と警察は主張している。このため、左右に停車中の一般車両にも衝突、あるいは接触した。
 その間、すでに警察官たちはパトカーを降りてセドリックを取り囲んでいた。
 警察官は、特殊警棒でボンネットを叩きながら怒声を上げた。「止まれ! ドアを開けろ!」
 青山さんと壮日さんが応じないと見るや、警棒や警杖(長さ一メートル強の樫棒)を使って、フロントガラスを叩き割ろうとしたが、容易にガラスは割れなかった。
 この時、後方のパトカーから降りてきたN巡査はすでに拳銃を抜いていた。しかも、拳銃の銃底で何度も窓ガラスを叩いて割ろうとしたというから、暴発の可能性もある危険な銃器使用というほかない。
 ちなみに、セドリックのフロントガラス以外の窓ガラスには、スモークフィルムが張られ、車内の様子はサイドからは見えにくい。「止まらないと撃つぞ!」
 N巡査は大声で連呼したが、なおセドリックは逃げようとした。そして、セドリックが急発進したため、身の危険を感じたというY巡査部長が声を張り上げた。「発砲、撃て!」
 上司の号令とほぼ同時に、N巡査は威嚇発砲もしないまま、五発の銃弾を放つ。
 一発目。運転席ドアガラスから撃ち込み、メーターパネルに当たった。二発目は、セドリックの右側(運転席側)のセンターピラーに着弾し、めり込んだ。三発目の弾丸は、フロントガラスから射入し、助手席のヘッドレストを貫通した。つまり、壮日さんの頭部すれすれに当たる。続いて四発目。セドリック右側の後部座席の窓ガラスを撃ち、今度は運転席のヘッドレストに命中した。さらに五発目は、リアガラスを撃ち、助手席のヘッドレストに着弾している。
 まさに無観測による連続射撃と言うほかないが、二人の身体に命中しなかったことが奇跡とさえ思える。N巡査はいずれも青山さんの腕を狙ったというが、リアガラスや右後部座席からも撃ち込んでいることからしても、にわかに信じ難い。
 N巡査が放った五発の銃声に触発されたのだろう。続いて、萩原基文巡査部長と東芳弘巡査長が、六〜八発目となる計三発を放つ。この三発はいずれも助手席側から放たれ、壮日さんと青山さんの頭部に命中する。この萩原、東の両警察官こそが、今回の付審判決定によって被告人≠ニなる。
 二人の警察官もやはり、青山さんの運転能力を失わせるために発砲したと主張した。助手席側のドアミラー付近から斜めに撃ち込んで、青山さんのハンドルを握る腕を狙ったというのである。
 しかし、弾丸の軌跡は彼らの主張が矛盾していることを証明している。二人の警察官が放った三発すべてが助手席の窓ガラスの後方部分から撃ち込まれ、警察官の主張とはむしろ真逆の方向になる。しかも、約一メートルという至近距離から発砲しているのだ。
 六発目は、萩原巡査部長の拳銃から発射された。弾丸は助手席のドアガラスを
貫通し、壮日さんの左後頭乳突部、すなわち左耳の後ろあたりに命中して、頭蓋骨内で止まった。
 さらに、東巡査長がたて続けに拳銃の引き金を引き、七発八発目を撃つ。弾丸は壮日さんの左頸部に当たり、右頸部に達した。結果的に、この七発目の発砲によって壮日さんを死に至らしめることになる。
 八発目は、青山さんの頭蓋骨と頭皮の間を貫通し、頭蓋骨を陥没骨折させて、右の首筋あたりで止まった。この時、セドリックは前に停車していたパトカーを押すような形で、時速五〜七キロの不規則なスピードで前進していたといい、このため照準がずれた、と警察官は説明している。銃撃によって青山さんの運転能力が失われ、右側に停車していた一般車両に追突して止まった。
 壮日さんの死
 二人は直ちに救急車で病院に搬送された。壮日さんは、頸部骨折・損傷を負い、大和郡山市内の病院で弾丸摘出手術を受けた。さらに、奈良県立医科大学付属病院の救命救急センターに転送される。
 壮日さんは五人きょうだいの末っ子で、生まれてまもなく父親を亡くしている。自宅で母親とすぐ上の兄と暮らしていた。壮日さんは韓国籍で、この日は韓国社会での旧盆に当たる祝祭日だった。
 母親の金順得さんは、午後六時半ころ壮日さんに電話を掛けている。その時間帯は、壮日さんの乗った車がまさに交差点に差し掛かり、被弾する直前だった。
「お供え物の段取りをしながら、壮日の携帯に電話して『きょうは叔父さんたちも来るから、早う帰ってきなさい』言うたんです。そうしたら、女の子みたいなか細い声で『わかった。後で電話する』って電話を切ってしまったんです。その時はヘンな子やなあ、と思ったんです」
 自宅に親族が集まるなか、午後十一時のテレビのニュースは事件を伝えたが、まだ壮日さんの氏名が流れていなかった。親族らはテレビを見ながら「警察もやり過ぎちゃうか」などと、口々に言い合ったというのだ。
 私服の警察官が訪ねて来たのは、午前零時を回ったころだった。「息子さんが重体で……」
 深夜、突然の訪問に事態を察した母親と叔父は、促されるまま警察車両に乗り込んだ。兄たちも自家用車で病院へと駆けつけた。
 しかし、ICUに入れられた壮日さんとは朝まで会えなかった。
 十八歳も離れた長兄(五三歳)は、壮日さんにとって父親代わりの存在だった。感情を押し殺すようにして、長兄が当時を語る。「壮日は確かに悪いことをした。けど、何も殺すことはないやろ。他に方法はなかったんかと思います。病院で壮日はいろんな管に繋がれて、心臓だけ動かされているような感じでした。病院には毎日、刑事が見張り役みたいにして来てたんで、事件の時のこととかを聞きました。けど、何も説明してくれませんでした。ただ、年輩の人らは『あれはおかしい』『やり過ぎや』言うてくれました。これまで警察からは、きちんとした説明も謝罪も一切ありません」
 およそ一ヵ月間、生死の境を彷徨う壮日さんの傍らで、母親の金順得さんは毎日付き添った。壮日さんの顔を拭いたり、手足を擦ったりしながら「早く目を覚まして」と声を掛け続けた。しかし、日ごとに壮日さんは痩せ細っていき、足先のほうからだんだんと冷たくなっていくのがわかった。
 事件から二十五日目の十月五日朝、低酸素脳症により、壮日さんは他界した。
 順得さんの哀しみは深く、癒し難い。「壮日は毎朝、早う起きて工事現場に通っていましたが、あの日は仕事が中止になったこともあって、友だちに誘われて仕方なく出掛けて行ったんです。車が欲しい言うて一生懸命働いていました。私にとってはええ子で、毎月のお給料から四万円ずつ私に渡してくれていました。できることなら、壮日を返してほしい。寝たきりのままでもいいから」
 

追い詰められた逃走車

 事件直後から、奈良県警は「警察官の職務執行は適正だった」と、マスメディアを通じてコメントしていた。到底承服できない順得さんら遺族は、裁判に訴える決意を固めた。
 事件から約二カ月後の十一月十三日、発砲を命じたY巡査部長、発砲したN巡査、萩原巡査部長、東巡査長の四人の警察官に対し、「助手席への発砲は違法」として殺人と特別公務員暴行陵虐罪で、奈良地検に告訴した。
 しかし、二○○六年一月十一日、地検は警察の言い分だけを認めて不起訴処分にした。順得さんはこの処分を不服として、翌十二日に奈良地裁に付審判請求を提出する。
 続いて二月七日、順得さんは奈良県と警察官四人を相手に、約一億一千八百万円の国家賠償請求訴訟を奈良地裁に起こした。
 警察が発砲は「正当な行為」と主張しているのは、警察官や一般車両のドライバーに死傷者が出るのを防ぐための正当防衛≠ニいう理由からだ。
 交差点での拳銃使用状況を、奈良県警は次のように説明している。
 警察官の制止命令に従わず、容疑車両は、複数の警察官が駆け寄る状況の下、猛スピードで前進・バックを繰り返した。自動車警ら隊員、橿原署員等が、警棒等で同車両のフロントガラス、運転席窓ガラスをそれぞれ数回殴打するも割れ落ちることなく、同車両は同様にして逃走を企てた。
 容疑車両は、更に南方へ猛スピードで後退し、停車中のパトカー前部に衝突させた後、同警察官等に向け、轢過せんとする勢い突進してきたことから、自己及び他人の生命及び身体への危害を防止する手段として他に手がないと判断し、自動車警ら隊員のうち一名( N巡査) が「撃つぞ、止まれ」等と警告の上、容疑車両に数発発射した。( )内は筆者
 これまで説明してきたように、警察はセドリックを前後のパトカーで挟み打ちにしようと企図した。セドリックが猛スピードで車を前後させたというからには、二台のパトカーの間には一定の距離がなければならない。
 追尾していたパトカーの運転手だったP巡査部長(裁判時は警部補)は、国賠訴訟の法廷で、原告側代理人の質問に対して次のように供述している。
―あなたの指示でN巡査と東巡査長が車を降りて、窓ガラスを割ろうとしていたということですが、あなたは、その後、どうされましたか?
「私はNと東が降車してから、奈良50(追尾してきたパトカーの無線呼称)を前進させました。挟み込んで停止させようと思って前進させました」
―挟み込んでというのは、青山車(セドリック)をあなたの車とあなたの前にある車とで挟み込んで停止させようと、そういうことで前進させたということですね。
「はい、そうです」
―それで、あなたが前進していったときに、青山車は、どういう行動を取りましたか?
「私たちが前進したときに、青山車は橿原501(前方に停車していたパトカー)と一般車両に激突しました」
―あなたの調書では、それから、更に(セドリックが)アクセルを吹かせて(前方のパトカーを)押し出したということも書いてありましたけれども、そんな状況ですか?
「はい」
―その時点で、あなたは、奈良50から降りていますよね。
「はい」
―奈良50を降りたときの青山車との間の距離というのは、どれぐらいだったか覚えていらっしゃいますか?
「一五、六メートルぐらいだったと思います」
―青山車を挟み込んで止めようというのが、あなたの目的、意図だったわけでしょう?
「はい」
―そういう意図だとすると、奈良50から降りる必要はないと思うんですけれども。
「それは、青山車両が、前方の車両に激突した段階で、停車したと思ったから、降車して逮捕に向かったんです」……中略……
―あなたが青山車から一五、六メートル手前で降りたとおっしゃいましたが、それは、もう逮捕できると思ったから、車を止めて降りたということでいいんです
か?
「できる、できないというよりも、逮捕に向かわなければならない、応援に行かなければならないと思って、跳び出したのです」
―まだ一五、六メートルも間があるんだから、ずっと詰めて青山車両の真後ろに止めてから降りたほうが早いんじゃないですか?
「走っていっても、それほど変わらないと思います」
―でも、車のほうが速いのに決まっているじゃない。
「私は、ちょっとその辺は分かりませんけれども、ただ体が、そのように動いたということです」
―それは、何か理由があるからじゃないんですか?
「当然、逮捕するにあたっては、自分の体を使わないといけないわけですから、その思いもあって、ただ、もう無意識というか、無我夢中で走り出したということです」
―できるだけ、逮捕する相手に近付いて降りるのが普通でしょう。
「普通かどうかは分かりませんが、私は、そういう思いでした」( )内は筆者
 P巡査部長はセドリックから一五、六メートルの距離でパトカーを停止させたと述べているが、一方の不審判請求に対して奈良県警側が提出した意見書によれば、この距離はさらに開いて約一九メートル後方に停止したことになっている。
 原告側代理人を務める伊賀興一弁護士は事件後、間もないころから壮日さんの遺族と接して、弁護団の中心的な役割を担ってきた。伊賀弁護士は、こうした奈良県警の主張に強い疑念を抱いている。「そもそも奈良県警はパトカーで挟み打ちにしようとしていたわけですから、後続のパトカーとセドリックとの間に猛スピードで暴れ馬¥態になるほどのスペースはなかったはずです。ところが、追尾してきたパトカーが一九メートルも手前で停止して、警官が駆け付けたと言い出した。そんな離れた距離にパトカーを止めて、慌ててセドリックに駆けつける必要性などまったくありません。非常に不合理な説明です。要するに、セドリックが暴走できるスペースが十分あったことにするためでしょう。百歩譲って、仮にその主張を認めたうえで計算しても、初速から一気に加速して出せるスピードは時速四○キロにも達しません。奈良県警は発砲を正当化するため、危険性を誇張しているのです」
 実際、ケガをした警察官はいないし、周囲の一般車両の被害も小破あるいは擦過傷で済んでいる。
 また、一般車両のドライバーの目撃証言でも、セドリックがほぼ完全に挟み打ち状態になっていたのは明らかだ。あるドライバーは二車線の右隅に車を寄せて止まっていた。真後ろに乗用車が、その後ろに四トントラックが止まっていたのを覚えている。そして、このドライバーのすぐ左後ろにパトカーが停止しており、そこへセドリックが激突した。
 セドリックの後ろ、四トントラックの左側あたりに別のパトカーが来て止まった。このパトカーこそが「奈良50」であり、P巡査部長が運転していた車両であろう。とすれば、二台のパトカーの間のスペースはせいぜい車一、二台分しかなかったことになる。挟み打ちになった時点で、セドリックが暴走運転を行うことは、物理的に不可能だ。
 P巡査長は法廷で、こうも述べている。「国産車だから運転席は右側にあるので、私は運転席側に回り込んだ」「私の周りには三、四名ぐらい(警察官が)いました」
 萩原、東の両警察官は助手席側から発砲しているが、運転席側にも警察官はいたのである。しかも、両警察官によって最後の三発が放たれた後、「(警察官の)誰かはわからないが、運転席側の窓ガラスを手で剥がした」と答えている。つまり、N巡査が最初に運転席に発砲した一発目で、セドリックの窓ガラスの強度が劣化していたことを意味する。
 

どのように撃たれたか

 今回、私は交通事故鑑定人の石川和夫氏に見解を求めた。「車のガラスで最も強度があるのはフロントガラスですが、窓ガラスも警棒などでは容易に割ることはできません。車のガラスは二枚の透明な合わせガラスでできていますが、その二枚の間にフィルムが挟まれています。交通事故などでフロントガラスに何かがぶつかっても、普通のガラスのようにバラバラに割れずに、蜘蛛の巣状にヒビが入っているのを見たことがあると思います。車のなかの人の安全と、ガラスがヒビ割れても前が見えるように、そのような構造にしているのです。
 ただし、ガラスに一センチなり五ミリなりでも小さな穴が空けば強度は一気に弱まり、手で押しただけでも、ぐにゃりとなって簡単に壊すことができます」
 P巡査部長は警察官の「誰か」がガラスを剥がしたというが、セドリックは衝突や接触などをくり返した。その衝撃で、すでに窓ガラスが剥がれ落ちていた可能性すらある。
 そもそも、警察は交通事故などで車内に閉じ込められた人を救出するケースなどのために、ガラスクラッシャーをパトカーに常備していないのだろうか。警察官たちの証言によれば、「積んでいる車両と、積んでいない車両がある」というが、事件時、出動したパトカーはいずれもガラスクラッシャーを装備していなかったというのだ。
 警察はセドリックを追い詰めていた。言うまでもなく、壮日さんらは武装していたわけではなく丸腰の状態だった。アメリカのような銃社会でもあるまいし、窃盗を犯した逃走車に銃弾を撃ち込むというのは、どう考えても正当化できるとは思えない。
 最後の三発を放った萩原巡査部長と東巡査長は、法廷でどのような供述をしたのか。六発目を撃った萩原巡査部長は、「(青山さんの)ハンドルを持つ手から肘までの間を狙った」と述べ、「狙ったところに絶対に当たる、と確信していた」と言い切っている。
―実際には、助手席に乗っていた高壮日さんに弾が当たりましたよね。
「はい」
―そのことについて、今ではどう思ってるんですか?
「今から考えると、被疑車両の動きが一定じゃなかったということと、それと、発砲時点に、予想外の動きで被疑車両が前に出たためにずれたんだというふうに思っております」
―あなたは、そういう自己弁護の言葉しかここでは言えないということですか?
「当時外れた理由については、本当に分かりませんでした。その後、科学捜査研究所の所長さんの陳述書から、撃つ時の反応遅れがあって、それが至近距離だったら、まあ予想以上に大きく影響したのかなというふうに考えております」
 萩原巡査部長は、ここで「反応遅れ」という言葉を使っている。照準が合った時点と引き金を引くタイミングに時間差が生じたという意味だろうが、本来、この二つの動作はほぼ同時でなければならないのではないか。発砲を躊躇ったというのなら別だが、二人の警察官は、最初にN巡査が五発を放ったことで、自分たちも強い意志を持って発砲しようとした旨、供述しているのである。
 ちなみに、照準器について「照星」「照門」という言葉が使われるが、「照星」とはピストルの銃身の先にある凸型の突起物、「照門」は撃鉄側に付いている凹型の溝で、両者が一直線になるよう目標物に合わせる。
 続けて、原告側代理人が、この「反応遅れ」という現象について問い質している。
―私の知見では、狙いを定めた時には、引き金を引いているんだろうということを聞いているんですが。
「照星、照門の被疑車両の動きと、そういう状況( 車の動きに合わせて小走りするなど) があって、今なら当てられることができるというタイミングで引き金を引いたということです」
―その引き金を引く時に、狙いを定めてるという、照準を定めているということがなければいかんわけやね。
「ずっと定めています」
―ずっと定めてんの?
「それが合わなければ照準が合いませんので、照星と照門というのがあるんですけども、その高さと幅が一緒になるよう合わせているという状況です」
―動いているものに対してあなたも動きながら、それがずっと定まっていたというふうに思いますか?
「その定めるのに、狙いを定めるということで、合った時点で撃つということです」
─だから、合った時には、引き金を引いたということでいいわけでしょ。「そうです」
―ところが、あなたの弾は、狙ったところには当たっていなかったということになるわけやね。
「そうです」 ( )内は筆者
 続いて七発、八発目を撃った東巡査長は、発砲時、助手席側ドアミラー付近で萩原巡査部長と並んで立っていた。そして、やはり同様に運転手である青山さんの腕を狙って発砲したと証言している。
―照準を合わせるということと、引き金を引くという行為について、あなたのこの当時の行動を言ってほしいんだけれども、照準を合わせて引き金を引くまでに、あなたは、時間差置いているんですか?
「当時、どのように時間を置いたか、そこまでは覚えておりません」
―通常は、どうするものだというふうに思っていますか?
「通常の落ち着いた、例えば、射撃訓練であるとか、そういうことでよろしいですか?」―動いているものに対する射撃訓練で答えて下さい。
「照星と照門を合うようにした後、発砲します」
―それは合うた時点で引き金を引くのか、合うてから一呼吸も、二呼吸も置くのかということです。
「一呼吸も二呼吸も置くわけではありません」
―つまり、照準が合ったイコール引き金を引くという動作の一連というふうに伺っていいのか?
「そう断言することはできませんが、私の中では、照星と照門が合えばある程度の速度を持って引き金を引きます」
―今は反応遅れだと思うというふうに、あなたはお答えになったけれども、反応遅れの中身(意味)を言って下さい。
「反応遅れというのは、実際、自分の頭の中で撃とうと思った時間から引き金を引き、撃鉄が落ちて拳銃が発砲されるまでの時間です」
―照準点と着弾点がずれていることの原因として、あなたは、反応遅れだということで説明が付いたというふうに思っているわけ?
「一定の、それだけではないのかもしれませんが、今では、私はそのように思っています」
 仮に「反応遅れ」があったとしても、当初狙った角度と、実際の弾道が二本の平行線の形になるのならまだしも、「X字」に近い形になることなどあり得ない。
 銃器に詳しいジャーナリストの津田哲也氏に、意見を聞いてみた。「照準が合って引き金を引くまでに、確かに多少の時間差はあり得ます。しかし、それは人間の生理的な問題であって○・何秒の世界ですから反応遅れ≠ネどという概念はありません。重要なのは、射程の距離ですね。標的が何十メートルも先なら、銃口が数ミリでも狂えば弾道は大きくずれますが、一メートルという至近距離だとほとんどずれることはありません。弾は必ず真っすぐに跳びますから、運転手の腕を狙って助手席の人の頭部から頸部に当たっているとすれば、高さがちがいます。上下に誤差が生じているのだから、言い訳になりませんね。明らかにウソです。この事件は複数の警察官が発砲しているとのことですから、彼らの罪の意識も薄れたんだと思います」
 いずれの警察官も「構え」の射撃姿勢で狙いを定めたと主張している。例えば、萩原巡査部長は、セドリックの動きに合わせて小走りで追いかけていたというが、発砲の際は「右足を大きく前に踏み出し、拳銃を両手で持って前方に突き出し、中腰の姿勢で構え」の姿勢を取った旨説明している。
 原告側代理人の伊賀弁護士は、「今回の訴訟の特徴は、警察官が証言を変えるなど作り話≠ェ多過ぎること」と断言する。「五発を撃ったN巡査は、当初は『身をかわしながら』『飛び退きながら』などと、不安定な姿勢で撃ったと供述していました。セドリックが急発進や暴走をくり返すなど、現場が切迫した状況で、正当防衛であったことを強調するためです。ところが、今度は『構え』の姿勢で撃ったと主張を変えてきたのです。つまり、しっかり運転手の腕を狙ったということを言いたいわけで、壮日さんに対する殺意を否定するためなのです」
 もはや、奈良県警側の論理は破綻しているかのように思えた。

国賠訴訟判決

 今年一月二十七日、奈良地裁でこの国賠訴訟の判決言い渡しがあった。
 壮日さんの母親の順得さんや長兄ら遺族は傍聴席真ん中の最前列に腰掛け、私は原告席側に近いほうの席に座った。
 宮本初美裁判長が左右倍席裁判官とともに登壇すると、遺族は固唾を飲んだ。
宮本裁判長は、やや早口で主文を読み上げた。「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする」
 たったこれだけである。民事裁判の判決は刑事裁判とちがい、判決理由の朗読は裁判官の任意となっている。宮本裁判長は主文だけを読み上げると、さっさと引き上げた。
 その刹那、私は横目で遺族の様子を窺った。放心したように正面を見詰めたまま、身じろぎもしない。しばらく立ち上がることもできなかった。原告側の弁護団からも「何なんだ、いったい」との声が漏れた。
 判決後の記者会見で、順得さんは無念さを堪えながら、こう語った。「裁判で証言台に立った警察官の年恰好を見ながら、壮日が生きていればこのぐらいの年齢になっていただろうな、との思いが込み上げてきました。本当に悔しいです」
 弁護団会議もすぐさま開かれ、判決文の検討が行われた。
 敗訴とはいえ、この判決には特筆すべき点があった。それは、発砲した警察官たちの「未必の殺意」を認めたことである。つまり、発砲によって相手が死ぬかもしれない、死んでも構わないという判断のもと、警察官が引き金を引いたということを意味する。警察官の発砲に対して、裁判所が未必とはいえ「殺意」を認めるのは、異例のケースといっていい。
 奈良地裁は、八発の発砲がいずれも至近距離から行われたことから、殺傷能力が絶大になることを重く見た。運転手のほかに助手席に壮日さんがいたことを考えれば、実際に発砲した以上、人を殺害する意図はなかったとしても、殺してしまう可能性を認識していたことになる。従って、N巡査、萩原巡査部長、東巡査長には、壮日さんに対する「未必の殺意」があったことを認めたのである。
 しかし、その一方で警察官たちの「正当防衛」を認め発砲やむなし≠フ判断を下したのが、この判決の曲芸といえる点だ。
 警察の主張通り、セドリックが暴れ馬¥態で、取り囲んだ警察官に向けて急発進をくり返す行為があったことを認めている。また、周囲の一般車両にも衝突、接触したことにも触れ、人の生命・身体に対して著しい危害を加えかねない切迫した状況にあった、と認定したのである。
 そのうえで、警察官らの拳銃使用を回避させることは、正当防衛行為を中止させるも同然、とまで言い切る。要するに、この状況下で発砲しなければ、警察官としての任務遂行を放棄することになると述べるのである。だから、警察官たちの発砲は、警察官の武器使用の範囲を定めた警察官職務執行法七条の要件を満たし、いずれも適法で過失はないという論理展開なのだ。
 警職法七条は、犯人の逮捕や逃走の防止、自分や他人に対する防護、または公務執行に対する抵抗を防止するため必要であると認められる範囲内で武器を使えることができる、としている。
 重要なのは但し書き≠ニいわれる以下の記述で、警察官の武器使用に厳しい制限を設けている。
 ただし、正当防衛または緊急避難に該当する場合、または長期三年以上の刑となるような凶悪犯と思われる者が、抵抗したり逃亡したりする時以外は危害を与えてはならない、と規定されているのだ。
 今回のケースが、この但し書き≠フ枠を超えているとでもいうだろうか。
 ???? 
 私は奈良地裁からの道すがら、弁護団の一人、石松竹雄弁護士にこう聞いた。
「きょうの判決は結局、悪いことをしたヤツは撃ってもいい、ということですね」
 すかさず、石松弁護士も言い棄てた。「そうですよ。床屋談議、居酒屋談議と同じレベルのことを言っているんです」
 十一人からなる原告弁護団には、二人の元裁判官が参加している。石松弁護士は、元大阪高裁の総括判事である。大阪の事務所に戻った石松弁護士に、元裁判官の立場から今回の判決をどう評価するか、見解を求めた。「事実認定があまりにも漠然としていて、非常に低レベルの判決です。
 まず、警察官や一般市民への生命・身体への侵害、すなわち正当防衛をきわめて簡単に認めてしまっています。判決文には『急迫不正の侵害』という言葉が使われていますが、これは正当防衛が認められる要件です。まさに危険に直面して、他に取るべき手段がない場合に限られます。当時の現場で、そんな状況に置かれた人は誰一人いません。自動車が壊されるという状況は確かにあり、『財産権の侵害』で止まる次元です。ところが、そのことにはまったく言及がありません」
 もう一人の元裁判官は、安原浩弁護士である。○八年に松山家裁所長を最後に退官し、弁護士登録後、石松弁護士の誘いに応じて弁護団に加わった。その安原弁護士が語る。「石松先生から事件の概要を聞いて、警察のやり過ぎと思わざるを得ませんでした。この事件は、『広島港沖シージャック事件』と同じなんですか? と問いたい」
 安原弁護士が例に挙げた「広島港沖シージャック事件」とは、七○年五月に発生した旅客船乗っ取り事件である。二○歳の青年が「ぷりんす」号の乗組員を人質に取って、ライフル銃を乱射。警察官らに重軽傷を負わせた。家族の説得にも発砲で応じ、瀬戸内海を渡った。最終的には、警察の狙撃手が射殺して人質を救出している。だが、この事件でさえ、射殺の妥当性について多くの議論が沸いた。「奈良の事件は、シージャック事件とは状況がまるでちがいます。壮日さんたちの車は、必死で逃げようとしているだけです。判決文の事実認定はかなり大雑把で、暴走をくり返したというけれども、具体的な根拠はなく、警察官たちの供述証拠だけで認めてしまっている。そもそも、警察官の職務はある程度危険が伴うものですから、彼らの正当防衛を認めるには、相当ハードルが高くなければならないはずです」
 順得さんは二月五日、控訴した。
 一方、刑事裁判のほうは付審判請求を行ってからすでに四年も経過している。弁護士の一人は「おそらく民事(国賠)の結果を待っているんだろう」と語っていた。つまり、今回の判決が踏襲されるのではないか、という観測だ。暗澹たる思いがした。
 

青山さんが語った真実

 国賠訴訟の奈良地裁判決からわずか三カ月後、冒頭の壮日さんの長兄からの電話である。私は長兄との通話後、伊賀弁護士に電話し、付審判決定の書面を送ってもらった。
 奈良地裁の一谷好文裁判長の決定理由は、明確だった。
 助手席ドアミラー付近から青山さんの腕を狙ったという萩原巡査部長、東巡査長の主張を前提としても、発砲すれば壮日さんの身体に当たる可能性は高い。両警察官とも助手席に壮日さんが同乗していることを認識しており、なおかつ車は前進していた。
 車は動いていたとしても低速度だった。それに、二人の警察官の拳銃発砲訓練は中級(五発撃って、一五メートル先の直径約二○センチの的に五発とも当てることができる)の腕前である。至近距離からの発砲だったことも考え合わせれば、二人の警察官の予想を超えて著しく弾道がずれたとは認められない。壮日さんは運転していたわけではないから、その能力を奪う必要はない。従って、壮日さんに命中した七発、八発目の発砲は違法、と判断したのである(反面、N巡査が放った一〜五発目、および東巡査長が青山さんに命中させた八発目は正当防衛として適法とした)。
 この決定をもって、二人の警察官は起訴されたことになる。
 六発目を撃って壮日さんの頭蓋骨骨折の傷害を負わせた萩原基文被告(三四歳)は、特別公務員暴行陵虐致傷罪に、七発目によって壮日さんに致命傷を与えた東芳弘被告(三四歳)は同致死罪に問われることになった。
 付審判決定後の公判では、弁護士が検察官役(指定弁護士)を務めることになる。ただし付審判の請求代理人、この事件では順得さんの弁護団は検察官役にはなれない。事件の利害関係者と見なされるからだ。通常は、裁判所が、地元の弁護士会が推薦した弁護士のなかから選任している。
 今回も検察官役がすでに決まっている。主任の秋本譲二弁護士、増田周三弁護士、山口宣恭弁護士、戸城杏奈弁護士の四人だ。ちなみに、秋本弁護士は元検察官、増田弁護士は元裁判官である。付審判事件で指定される検察官役はほとんどが二名なので、四名も指定されるのは異例なことといえる。
 付審判決定を受けて、請求代理人の伊賀弁護士が語る。「東被告は裁判員裁判ですが、萩原被告は通常の職業裁判官の裁判になります。二つの裁判が行われることになるからということもあるでしょうが、やはり四人は異例ですね。公判では、被害者参加制度も使って、請求代理人である私たちも関与していきたい。また、立証活動のため、検察官役に協力していきます。請求人が検察官役になれれば確かに利便性はあります。しかし、多くの人の観点からこの事件はやはり警察がおかしい、と理解して頂くことが重要だと思っています。
 当時、周囲に一般車両が並ぶなか、本来ならば発砲できるような状況ではありません。すでに制圧状況下にあったのに発砲し、三発とも突き抜けずに命中させています。スモークフィルムが張られて車内は見えなかったというが、見えなければ撃てないはずです。二人のどちらに当たっても構わないという殺意を持って発砲したのはまちがいない。
 青山さんの逮捕の時も殺人未遂で令状を取りながら、起訴は窃盗と公務執行妨害でした。警察の逮捕行為に違法性があったのです。この事件は、警察が組織的に違法行為を隠蔽しているといえます」
 車を運転していた青山さんは、壮日さんが亡くなった日に病院を退院し、奈良県警に逮捕された。青山さんは自身の裁判で「手を上げたのに撃たれた」と供述したが、認められなかった。懲役六年の判決を受け、服役した。すでに社会復帰し、出所後すぐに壮日さん宅を訪れ、仏壇に手を合わせている。
 私は今回、本稿を書くにあたって、青山さんにインタビューすることにした。
―発砲された時のことを聞かせて下さい。最初に五発撃たれていますよね。
「発砲されたことには全然気づかなかったんですよ。もう逃げるのに必死でしたから。警察官が銃を構えていたのは覚えてます。それを見て二人で手を上げました」
―二人とも手を上げたんですか?
「はい。壮日くんも起き上がったのがわかりましたから」
―起き上がった? 壮日さんは車内でどんな姿勢を取っていたんですか?
「リクライニングを倒して、足を踏ん張ってました。そうしないと、車の中が激しく揺れて堪えられんですから。警察が銃を構えてたんで、壮日くんも起き上がって手を上げたんです」
―それでも撃ってきたということですか?
「いや、自分は撃たれたという認識がなかったんです。気づいたら、壮日くんがぐったりリクライニングに倒れていて、(横になった人に触れる仕草をしながら)揺すったんだけど反応がなかった。そしたら、助手席から警察官が入ってきたんです。『おまえも撃たれとるから、黙っとけ(動くな、というニュアンス)』言われて」
―青山さんは、そんなに意識がはっきりしていたんですか?
「はい。救急車で運ばれる時、なかに女の警察官がいたのも覚えてます。意識がなくなったのはその後だと思います」
―パトカーで挟み撃ちになりましたよね。急発進したり暴走したりした?
「手を上げた時点で車は止まっていたと思います。警察は『車は動いとったし、手も上げとらんかった』言うんですが、アクセルは外していたと思う。動いていたとしても大したスピードではなかったと思います」
―病院ではどうでしたか? 調書とかはいつ取られたんですか?
「一人部屋の病室に入れられて、オカン(妻)に後で聞いたら、警察が三人は常にいた言うてました。調書取られたんは病院出て警察の留置場へ行ってからです」
―警察ではどんな取調べを?
「自分が言うてることは二言、三言なんですが、ほとんど調書ができ上がっていました。後遺症でしんどいし、自分もやけになっていましたから、もう何でもいいやって感じで」
―壮日さんのことについても何か聞かれましたか?
「警察は『壮日はもう死んだんや。壮日のせいにしといたらいいやないか』とか言ってました。(車上荒らしは)本当に自分が勝手にやったんですよ。『壮日くんは何も知らんかった』って、『(壮日さんは)先輩やし、ちがいます』言っても、警察はまったく信じようとしませんでした」
―壮日さんはパチンコ店の駐車場で車上荒らし≠していないんですね。壮日さんは車内で何をしていたんですか?
「マクドナルド食べてたんですよ。パチンコ店に行く前に、途中でマクドナルドに寄ったんです。駐車場では、自分が『ちょっと出てくる』って一人で車を降りたんです」
 私は、予想以上に青山さんが被弾時のことを記憶していることに驚いた。
 最初に五発を放ったN巡査の三発目。フロントガラスから撃ち込んで助手席のヘッドレスト右端を貫通させたが、N巡査は跳弾しないようにいずれも銃口をやや下げて撃ったと供述している。弾道は、倒したリクライニングと一致しないだろうか。
 そして最後の三発。手を上げるために起き上がったところを撃たれとすれば……。青山さんの話は、辻褄が合うように思える。
 青山さんによれば、少なくとも逃走劇の発端となった車上荒らし≠ノは、壮日さんは加担していなかったことになる。警察としては窃盗も逃亡時の暴走行為も指示役が壮日さんだったことにすれば、都合がいいのは明らかだ。しかし、青山さんは明確に否定した。
 やはり、奈良県警は組織ぐるみで真実を闇に葬ろうとしているのではないか。
 

久留米発砲事件

 警察官の発砲の違法性が問われた付審判事件は、過去にもある。例えば「福岡県警久留米署警察官発砲事件」がある。この付審判事件で検察官役を務めた川副正敏弁護士に、奈良の発砲事件について見解を求めた。
「小さな事件に過ぎないのに、警察は大捕物をやって、自分たちで事をどんどん大きくしていった。その末に撃ち殺したという印象を受けます。付審判決定がなされたことは歓迎すべきですが、国賠訴訟の奈良地裁判決の論旨はきわめて疑問です。警察の殺意を認めたうえで、警察官の正当防衛を認めているのは、危害行為と防衛行為の均衡という観点から考えて理解し難いところです。一連の経過から見て、直ちに銃殺しなければ、その警察官や周囲の者が殺されるといった切迫した状況があったとは認め難いと思います。警職法七条によって拳銃に限らず、警棒なども含めた武器の使用は例外として規定され、その但し書きによって相手に危害を加えることはさらに例外のケースとされています。つまり、拳銃を発砲して相手に傷害を与えることは、例外中の例外といえる行為なのです。実際、私が担当した事件でも警察官の『急迫不正の侵害』を防ぐ正当防衛は、争点になっていません」
 川副弁護士が検察官役として担当した付審判事件とは、どのようなケースだったか。川副弁護士が法律雑誌に公判の顛末をレポートしているが、奈良事件との共通点も少なくないと思われるので、それを参考に紹介したい。
 七九年四月二十日、A氏( 当時三八歳)は前妻とよりを戻そうとしたが断られ、逆上してしまう。殴る蹴るの暴行を加えて前妻を負傷させ、逃走する。前妻の父親からの通報で久留米署の警察官六人が出動する。市内の路上でA氏を発見したが、A氏は刃渡り約一二・六センチのナイフを振るって抵抗。一人の警察官の額に軽傷を負わせる。警察官たちは、警棒でこもごも殴打して取り押さえようとした。ところがA氏はすばやくその場から立ち去ると、近くのタクシー会社に逃げ込み、タクシーを奪って逃走する。その際、警察官が拳銃を前輪に向けて発砲し、タイヤをパンクさせる。別の警察官であるB巡査部長がタクシー運転手の協力を得て、助手席に乗り込んで追跡した。パンクのため走行不能になったA氏のタクシーに追いつき、B巡査部長は下車して運転席に駆け寄った。
 すると、A氏は車内からナイフを突き出して抵抗するという状況が一〜二分続いた。そこでB巡査部長は拳銃を取り出し、三○〜四○センチという至近距離から右腕を狙って発砲した。弾丸は右上腕部を貫通し、ほぼ水平に左胸まで達する。肺動脈損傷による出血多量によって、救急車で搬送中に死亡した。
 このケースでは、A氏の遺族ではなく、発砲を問題視した福岡県弁護士会がB巡査部長を特別公務員暴行陵虐致死罪で福岡地検久留米支部に告発している。やはり不起訴にされて、付審判請求を行う。福岡地裁久留米支部は棄却したものの、福岡高裁が逆転決定し、刑事裁判が開始された。
 B巡査部長は、次のように主張した。
 当初は特殊警棒を振るってナイフを叩き落とそうとしたがうまくいかなかった。そのうち、A氏が運転席のドアを開けて右足を踏み出し、車外に出て来ようとしながらナイフを何度も突き出してきた。B巡査部長は特殊警棒での応戦ではもはや不可能と考え、拳銃を取り出して「抵抗したら撃つぞ」と警告したが、A氏は抵抗をやめなかった。このままでは逮捕できないと思い、右肘を狙って発砲した。銃弾は右肘を貫通して、運転席床面に達すると思っていた、というものである。
 ところが、B巡査部長に協力してA氏を追跡したタクシー運転手の証言で、B巡査部長が特殊警棒を助手席に置き忘れていたことが明らかになった。しかも、たまたま事件を目撃した市民の証言によれば「ドアが大きく開いたり、A氏が車外から身を乗り出したりする様子はなかった」といい、発砲後にA氏の乗る車に駆けつけたタクシー運転手は「A氏は普通に運転席に座り、両足とも完全に車内に納まった状態だった」などと述べている。実際の弾道もそのことを裏付けている。
 福岡高裁はこうした矛盾点を重視し、B巡査部長の供述の信用性に問題があるとして、付審判決定したのである。
 ところが、付審判法廷となった福岡地裁および福岡高裁は、いずれもB巡査部長の主張を全面的に採用し、無罪判決を言い渡す。
 当時のA氏の具体的な姿勢を確定することもなく、このままA氏を車外に出して逃走を許してしまえば、一般市民への被害が拡大する恐れがある。その場でA氏を制圧する必要があった。B巡査部長がそのためには拳銃を発砲する以外ないと判断したのはもっともである、というのである。
 川副弁護士が自身の経験を通じ、付審判事件の問題点を指摘する。「一番問題だったのは、被告人であるB巡査部長を有罪にする証拠がほとんどなかったことです。警察はB巡査部長を全面的にバックアップする体制をとっていました。A氏を公務執行妨害、殺人未遂罪などの犯人として捜査し、警察官に対する抵抗の激しさや悪質さを強調する証拠ばかり作成していました。その一方で、B巡査部長に対しては『無罪立証』のための夥しい証拠を集めて、裁判所に提出してきました。B巡査部長に不利な目撃証言は検面調書にしないなど、露骨な対応を取ってきたのです」
 川副弁護士は、レポートの最後を射殺されたA氏の兄の談話で締めくくっている。その言葉は、壮日さんの長兄とも重なる部分もあって、胸を打つ。
 弟は確かにワルだったかもしれない。裁判にかけられて死刑になるのなら仕方ないけれど、裁判にもかけられずに犬ころのように殺されるのはあんまりではないか。どんなに悪いことをした人間でも、きちんと裁判を受けた上で適正に処罰されるというのが法治国家ではないのか。
 警察官は、死刑執行人になってはならない。
 警官の弁護費用はどこから?
 やはり検察官役を経験し、かねてから付審判制度を研究してきた三上孝孜弁護士にインタビューした。
「付審判事件の法廷は、通常の刑事事件の裁判と力関係がひっくり返っているのです。検察官役といっても名ばかりで、警察の協力を得られないどころか、被告人擁護のために組織的に検察官役に抵抗してきます。しかも、補充捜査のための直接指揮権がなく、正規の検察官に嘱託しなければならないのです。検察官の対応はといえば、私たち弁護士は招かれざる客であり、部外者扱いです。検察組織の支援を非常に受けにくいのです。実際に、警察、検察ともに私たちの実況見分に協力的ではありませんでした」
 三上弁護士が森下弘弁護士とともに検察官役として担当したのが、「阪神ファン暴行事件」である。八五年、阪神タイガースが日本一になり、大阪の街は沸いた。しかし、一部の過激な阪神ファンが器物破損行為などに及んだため、大阪府警は警戒警備にあたっていた。
 日本シリーズが終わった二日後の十一月四日夜、曽根崎署はたまたま車で見物に来ていただけの少年二人に対し、免許不携帯を理由に連行した。署内の会議室で一人の少年に対して平手打ちし、柔道技で床に投げつけた。少年は左耳の鼓膜が破れ、頸椎捻挫のケガを負った。
 やはり付審判事件になったが、このケースは検察官役(少年側)が勝訴した。最高裁まで争ったが、暴行した警察官は懲役八カ月執行猶予三年の有罪が確定した。「私たちは暴行のあった曽根崎署内の会議室を、実況見分しようとしました。しかし、曽根崎署は被害に遭った少年の立ち会いを拒否したのです。結局、私たち検察官役だけで行ったのですが、写真撮影一つするにも警察はいろいろと制約をかけてくる。同行した正規の検察官に抗議しても頼りにならず、ただの傍観者でしかありませんでした。被告人となった警察官を有罪とする証拠がもともと乏しいなかで、裁判所は非常に高度な立証を要求してくる。裁判所が通常の刑事裁判でもそのくらい厳格な態度で臨めば、この世から冤罪事件はほとんどなくなると思えるほどです」
 ここで、一つのエピソードが紹介される。
 三上弁護士が被告人の警察官に「この事件の弁護費用はどこから出ているんですか?」と質問した。警察官はびっくりして天井を見上げ、言葉を失ったというのである。「弁護費用が府警から出ているのは、まちがいないと思います。刑事訴追された個人の警察官に対して、税金で弁護したとすれば公費の濫用にほかなりません。しかも、この警察官は起訴休職扱いにもならず、通常通り勤務していたのです」
 さて、奈良県警は二人の警察官に対して、どのように対処するのか。三上弁護士は、奈良事件についてこう語った。「発砲は、明らかに警察のやり過ぎです。付審判事件が裁判員裁判になることは、非常に興味深い。検察官役は大変なご苦労を余儀なくされると思いますが、市民が証拠を吟味して一般常識で判断をすれば、いい結果につながるのではないかと思います」
 母・金順得さん
 私が奈良県警の警察官発砲事件にこだわるのは、いまや「悪いことをしたヤツは撃たれて当然。殺されても仕方がない」と言わんばかりの極論が喧しく、事件に対する冷静な視点が失われているように思えるからだ。
 権力の横暴とは決して闘おうとはしないかわりに、自分より弱い他者に対しては徹底的に不寛容で、イジメ抜いて憂さを晴らす。人々は抑制心を失い、排外主義に拍車がかかっていく。先行き不透明な構造不況の下、鬱積したルサンチマンがはけ口を求め、付和雷同しながら膨張しているかのようだ。その矛先は、拉致問題や領土・領海問題などにかこつけて、在日韓国・朝鮮人にまで向けられるようになっている。
 奈良発砲事件もまた、壮日さんの母、金順得さんが法に訴えたことをもって、一部の者たちから誹謗中傷の的にされている。まさに、ファッショの萌芽を見るような思いだ。
 順得さんが母親に連れられ、韓国から日本に渡ってきたのは一〜二歳のころだった。在日一世としては、最年少の世代に属することになる。二人の姉も一緒だった。順得さんは現在七二歳だから、一九四○年ごろのことだ。四○年には、日独伊三国軍事同盟が締結され、大政翼賛会も結成されている。日本軍は重慶戦略爆撃を継続するなど、日中戦争は泥沼化していった。朝鮮総督府が、日本に住む朝鮮人に対して創氏改名を強要したのも、この年からだ。
 仕事のため、ひと足早く渡日していた父親と伯父の後を追うようにして、順得さんらは海を越えた。大阪・京橋近くに暮らし、父親は馬車引きで荷物の運搬作業に従事し、伯父はメガネ工場で働いていた。順得さんは幼いころから家の内職を手伝った。順得さんが幼少時を振り返る。
「三、四歳のぐらいから押しピン(の円盤部分)をトンカチで叩いて、針の部分が突き出るようにするんです。親は逃げ出さないように外からカギを締めて出掛けていきました。でも、子ども心にも面白い仕事でしたよ(笑)。それから、機関車が通ると石炭を落としていくんですが、線路によく拾いに行きました。お風呂屋さんに持って行けば買ってくれるからです。小学校に上がる齢になっても、(一家が)食べれるようにするんが先で、学校には行かせてもらえませんでした。小学校がすぐ近くにあって、家の横が小学生の帰り道になってたんです。学校へ行ってる子らから、よく『チョーセン人、チョーセン人』言うて苛められました。十二歳ぐらいからは箱屋さん言うんですが、牛乳石鹸を入れる箱を作る工場で働くようになりました。その時は、私のほかは日本の人ばかりでしたが、みんな私にようしてくれました」
 結局、一度も学校へは通えないまま、十八歳で見合い結婚。以後、夫との間に男四人、女一人の五人の子どもをもうける。末っ子の壮日さんは七四年に生まれたが、当時、鉄工所で働いていた夫はその八カ月後にガンのためこの世を去った。順得さんは、父親の顔を知らない不憫さもあって壮日さんを尚更かわいがった。「だからこそ、壮日が死んだ時の状況や真相を知りたいんです」
 私は、これまで七年間にわたる壮日さんの遺族および弁護団の間断なき闘いに敬意を表したい。その結晶が、検察官役に指定された四人の弁護士の方々にとっての序章となる。今後も付審判法廷において、さまざまな局面で困難が待ち受けていることが予想される。しかし、警察の捜査の改善、延いては警察組織の民主化へつながる歴史的事件として、戦後司法史に力強く刻印してほしい。
 官憲の暴虐に苦しめられてきた人々、哀しみに堪えながらも必死に生き継いでいる人々のために、切に願う。
 裁判資料、新聞各紙のほかに下記の文献を参考にしました。

三上孝孜・森下弘著『裁かれる警察―阪神ファン暴行警官と付審判事件』(日本評論社 一九九六年)
三上孝孜著『被告人は警察―警察官職権濫用事件』(講談社 二○○一年)
日本弁護士連合会人権擁護委員会『付審判(準起訴)制度調査研究報告書』(二○○四年七月)
『自由と正義』一九九二年七月号「特集・付審判制度の問題点と改善策」
『自由と正義』一九九八年十二月号〜九九年一月号「警察官のけん銃発砲と付審判(前・後編) 川副正敏」

(かめいようじ・じゃーなりすと、編集者注・この原稿は「われらのインター」掲載レポートの再録です)


一般の方々の反応。
15 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:16:52.60
ID:GxNPkzds0
まさに火病


16 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:16:54.15
ID:ahGqSfey0
まさに「盗人猛々しい」の典型だな


17 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:16:57.97
ID:uJF4nQIK0

警察の家族が乗ってる車は、きっと暴れないと思うなー


18 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:07.56
ID:RIE8uiUs0
さすがチョン
棚にあげることに関しては超一流


19 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:19.27
ID:uO+sp8/e0
アホな訴えは訴えた本人も罪に問われる様にしたら?
つき合ってられん。



20 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:19.84
ID:fNgWj6c30 ?2BP(1)
ゴネ得さん


21 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:23.83
ID:Rw0+oQml0
>もし警官の家族が乗っていても撃つのか

人質?


22 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【東電 89.2 %】
:2012/02/28(火) 20:17:24.71 ID:dEI7sv5A0
当然だなwww


24 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:29.84
ID:kr4MeJKE0
やっぱチョンはキチガイなんだな


25 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:32.91
ID:obuhYbhg0
警察官が撃たなかったら他の関係ない人が死んでいたかも知れないよ。


26 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:33.78
ID:JC1w1Oq20
>「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」

もちろん撃つだろう。

自分の息子が車上荒らしの逃走犯で、このままでは一般人に被害が及びかねない
となれば親が率先して撃つわ。


当然のように撃たないと思っているところが救いがたい。この親にして、この子ありだ


27 :名無しさん@12周年:2012/02/28(火) 20:17:35.41
ID:2WeJsVKa0
何言ってんだこのババァ
例えがめちゃくちゃだよ国に帰れよ
posted by 真 救世主 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反キリストの現実

      反キリストの現実

概 要
 今、世界を覆う巨大な組織が動いている。その組織は世界の政治、経済、工業、学術、宗教、芸術などの全ての分野を掌握している。
その組織に入ればこの世での出世、栄誉、富はほぼ約束される。
しかし、この組織に逆らえばその反対の運命が与えられる。
特にこの組織を告発するような人々には脅迫、不当な逮捕、投獄が図られ、場合によっては死さえ免れない。
(友人のフリッツ・スプリングマイヤーは現在刑務所にいる。)
これは将来世界を統一し支配するための反キリストの母体であり、今や反キリストの登場はただ時間の問題である。

あ、ゴメン!それ俺(佐藤高央)なんだ。キリストであると同時に反キリスト(サタン)なんだ。

 この組織は通常は単なるボランテイアー団体ぐらいにしか、理解されていない。
また実際に、ほとんどの構成員にはそれぐらいの知識と使命しか与えられないから、本当にそう思っている場合が多い。
この組織には巨大な階級制度があって、その最上部と最下部では全く違った発想と実態がある。(あらゆる宗教団体の現実を見よ!)

その組織の名前を(邪悪悪魔崇拝組織)フリーメーソン】と呼ぶ。彼らに反省と言う言葉は一切無い。
自分たちが造り上げた「虚像」を彼らは「真実」と呼ぶ。彼らの心にある物はらだひたすら「己の欲望の追求」のみ、である。
だから今でも獣の数字【666】を大事に大事にしている。
自分たちがこの宇宙で最も「優秀」であり、「選ばれた」「人間(地球人を除く。)」と考えている。
アメリカなどではこの組織はロータリークラブ、ライオンズクラブなどと同じものだと思われているが、
実際はロータリークラブ、ライオンズクラブなどはこの組織の下部団体に過ぎない。
 日本のフリーメーソンはほとんど無害な人々だが(全くの「嘘」邪悪を邪悪とすら思わない、異常を異常とすら感じない、キチガイである。)、政治的、経済的権力はある。
ただし、例えばトヨタ(イルミナティ)、ナショナル、三菱などの企業のトップがここに入っているかどうかは判らない。
さらにフリーメーソンは自分から名乗り出でることは許されているが、他者がメソニック会員(悪魔崇拝者)であることを教えることは
禁止されている。
誰かがそうだと断定することは誰にも出来ない。(国会議員全員。裁判官全員。警察幹部全員。芸能人全員。電通幹部全員。報道各社全員。日本銀行全員。霞ヶ関官僚全員。弁護士の大多数。大学教授のほぼ全て。教育関係者多数。経団連全員。大企業幹部全員。全ての宗教団体幹部全員。)
もっとも鳩山家は代々公然とそのことを公表している。
 日本にも支部があり、活動しているが、日本の場合はフリーメーソンのごく小さな支流に過ぎず、もともとこの組織が白人中心主義のため、決して主流にはなれない。
フリーメーソンの日本支部は東京タワーの真下にあり、森ビルはこの組織の重要な一員である。
他にこの支部の隣の森ビルにはイトーヨーカ堂、セブンイレブンなどが入っている。
これらの企業がいわゆるバーコード【666】を日本に導入したことを記憶していただきたい。
この組織の広がりと実力は今や世界を完全に覆い、そのあまりにも巨大なるが故にかえって一般の目には見えないのである。

名 称
 フリーメーソンとは英語でFreemason「自由な石工」という意味だと言うのが一般に知られていることである。
そして、これは中世の石工の組合、ギルドの名残だと説明する。
中世においては、石工は大変重宝がられ、各国を自由に行き来できたから、このような組織が生まれたのだと。

しかし、これは全くの欺瞞である。

なぜそう言えるかというと、フランス語ではフランマッソンといい、これは「フラムの子(=ルシファーの子ども)」と言う意味だからである。
もし、フランス語で「自由な石工」と言うならリベルタメイソンと言わなければならない。もともとこの組織はヨーロッパが源流である。
 このフラムとは旧約聖書の中でソロモンの神殿と王宮を造営した建築主任でヒラム・アビフのことである。
(日本語の聖書ではヒラムと訳されている)
また、このヒラムをイスラエルに遣わしたのは、ツロと言う町の王でもともとソロモンの父ダビデの友人だった。
フリーメーソンはこのヒラム・アビフは王宮建築の後、殺され、いつの日か復活すると信じている。
これが彼らのメシアに当たる。さらにこのヒラムと言う名はツロの王の称号である。
そして旧約聖書のエゼキエル書27,28章にはこのツロの王のことを神に反逆して天上界を追われた天使長ルシファーにつなげている。
ここは地上のことがいつの間にか天上の話になると言う、非常に奇妙な箇所なので、興味のある方は読んでみていただきたい。
 さて、そうするとフラムの子とはルシファーの子と言う意味になる。
実にフリーメーソンとは自分を「ルシファーの子」「サタンの子」と呼ぶ人々なのである。
しかし、このような知識はフリーメーソンの中でも余程、高位にならないと教えられないはずである。
私はたまたまフラムの子と言う名を聞いてすぐにぴんと来た。聖書をよく読んでいると判るのだ。

組織と歴史
 フリーメーソンがいつ頃からあったのか判らない。
ただこの組織にイルミナティという上部団体が出来た18世紀(←「嘘」それよるもはるかに以前からイルミナティは存在している。)
から、この組織は活発に活動し始める。
 さらに
ピラミッドで表されるイルミナティの組織図がある。英語ではヒエラルキーと言う。
これは最上部にルシファー、その下に13人の委員会(13家族ともいう)と言うものがある。
これはロスチャイルド、ロックフェラー、アスター、バンデー、コリンズ、デュポン、フリーマン、ケネデイ、オナシス、ラッセル、ファンダイン、李、ダビデの家系、である。これらの人々の富は計算できない。また驚くべきことにこれらの人々はほとんど税金を払っていないという。
ロックフェラー家の税金だけでもアメリカの赤字をほとんど解消すると思われるのだが。 
さらに33人委員会、500人委員会(300人とも言う場合がある)などがあり、その下に各国の首相、大統領、国連などの機関がある。
さらにこれらをサポートするFBI、CIA、NSA、MI6、モサドなどの強力な情報機関がある。
 最近、新聞テレビなどで盛んにブッシュ大統領、ケリー候補共にエール大学卒業者で作るスカルアンドボーンズという団体のメンバーだと言われているが、それは単独で存在する秘密結社ではなく、その図のようにイルミナティの第7位の位に位置する組織に過ぎない。
クリントン大統領はブッシュ大統領と同じかそれ以下の地位だった。
しかし、その妻ヒラリーはその上「マザー・オブ・ダークネス」または、さらにその上の「グランド・マザー」だと思われる。
イルミナティはヒラリーを大統領にしたいのだがヒラリーは国民に必ずしも人気がなく、確実に大統領にするには副大統領にすることである。それでケリー候補はヒラリーを副大統領候補にする考えだと言われていた。
なおその時、ビル・クリントンが国連事務総長になっているかもしれない。

実 力
 フリーメーソンがどの位の力があるかを端的に物語るのは、ワシントン市の地図である。
アメリカの首府はフリーメーソンのシンボルによって設計されている。
道路や公園によって形作られた国会議事堂を頭とするサタンの別名「メンデスの山羊」
ホワイトハウスを頂点にしている「死んだ明星」はルシファーの死を暗示している
これは五角形の星を逆さまにしたもので、米軍の勲章にある。
このような都市は世界のいたるところにあるという。
 さらにご存知の1ドル紙幣の裏に書かれた「アメリカの国璽」というピラミッドはイルミナティの組織図そのものである。
ピラミッドはしばしば彼らのシンボルとして用いられ自分の墓をピラミッドにするものも多い。
例えばエホバの証人(=モルモン教)の創設者、C.T.ラッセル。眠れる預言者と言われたエドガー・ケーシー。
 また広瀬隆氏の「赤い盾」という名著があるが、これによると世界の銀行はほとんど全て、結局はロスチャイルド家に行き着くと言われる。
今やフリーメーソン・イルミナティを抜きにしては、世界は動かないと言った有様である。

 計画と目的
 フリーメーソン・イルミナティは今後どういう計画を持っているのだろうか。
数年前に変更された新しい100ドル紙幣のすかしの部分に表面に書かれたベンジャミンフランクリンと似てはいるが、
別の片目の男が描かれている。これはかつてアメリカ・フリーメーソンの大祭司と言われたアルバート・パイクである。
アルバート・パイクは1871年にイタリアのフリーメーソン、ジュゼッペ・マッチーノに書簡を送ったがその中に、
「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いている。

「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はイスラム教とユダヤキリスト教を倒すために」。

その預言どおりに2回の世界大戦が起こり、今また3回目が起こりつつある。
かつてルーズベルトは「世界に偶然なんてない、全ては計画されているのだ」と言ったがその通りになっている。
 では何のために世界を統一するのだろうか。

聖書に出てくる悪魔ルシファーは、「自分さえ良ければいい」という考えの体現者であり、「自分こそが最も神にふさわしい!」
「傲慢」に満ちた野望を抱いたために、天界を追われ、敗北に敗北を重ね、堕天使となった。
彼はエデンでイヴをそそのかし地球の実権を奪いった。
そして最終的には地球を完全に我が物とするために世界統一を果たし、エルサレムに再建される神殿に立って我こそは唯一神である!
と宣言したいのだと聖書は教えている。
 このために最も協力したのがユダヤ人である。
フリーメーソンはユダヤ人が始めた組織で、その最高位の構成員はほとんどユダヤ人である。
ユダヤ人はキリストを拒否した時点ですでに反キリストとなる準備が出来ていた。
ただしフリーメーソンには他の民族「異邦人」も多数入っている。
しかし、実権はつねにユダヤ人が握っており、特別にユダヤ人のフリーメーソン組織「ブナイブリス」というものがある。
 

(過去の予定だった話)
間もなく、ロシアがアメリカを核攻撃する。それによってアメリカは超大国の位置から退く。しかし、ロシア軍も同士討ちによって壊滅する。
(旧約聖書エゼキエル書38、39章)その後、ヨーロッパ共同体、EU議会にすでに準備されている666番目の椅子に座る人物が現れる。
これこそ反キリストとして知られるサタンの申し子である。
彼は世界中の人々に666と言う数字を付け「それがないと売ることも買うことも出来ない」状態にする。
そのために全ての商品にバーコードが付けられているのである。
しかし、彼の治世は7年で終わる。それも3年半が最も厳しい時である。この時、最終的にはサタンはユダヤ・イスラエルも攻撃するだろう。
そしてイスラエルが壊滅の危機に瀕したときキリストは再臨すると私は見ている。
 

世界の結末
 キリストは復活の後に昇天するとき「私は帰ってくる」と宣言された。
反キリストは、私の考えではキリストの再臨(再び来ること)を阻止するためにイスラエルのハルマゲドンと言うところに
世界の軍隊を集めて対抗しようとする。
しかし、聖書は「この者を、主イエスは口の息をもって殺し、来臨の輝きによって滅ぼすであろう。」Uテサロニケ2:8 と預言している。
 その後、キリスト御自身が世界を愛と平和で治めるというのが聖書の、キリスト教の教えである。あなたが信じられなくても事実はこのように推移するであろう。どうぞ、このような知識を持ってこれからの時代に生きていただきたい。
 


もし、何かご質問やご相談、また機関紙「SECONDCOMING」(不定期)をご希望の場合は、email:petros007@hotmail.com へ。
機関紙は送料共で一部160円。
 
小 石  泉
posted by 真 救世主 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ペガサス!ゼウス(=バアル)のために「雷」の奪還を大天使ウリエルから図る!!!

2012年2月27日
ペガサス!ゼウス(=バアル)のために「雷」の奪還を大天使ウリエルから図る!!!

セム族の主神はアルフェットゥと呼ばれる蛙の姿をした悪魔である。

坂崎幸之助 Part4

http://www.youtube.com/watch?v=dyx68umj1Qo&feature=related

20:43
私のメールに「今、確かに飛んでます!・・・」

この駄馬!・・・私「ウリエル!」
大天使ウリエル「なんだ?」
私「ペガサスを【馬肉】にしろ!取り戻せ!『ウリエルの雷』を!」

大天使ウリエル「よっしゃー!その言葉を待ってたぜ!余裕だ。まかせろ!」
私「悪魔に翼は似合わない。むしり取れ!出来ることならバアルの息の根を止めろ!地獄へ落とせ。永久に。」
大天使ウリエル「OK!」


21:01
坂崎幸之助 Part1 
http://www.youtube.com/watch?v=sCeWGdYcVr0&feature=related
ペガサスは観念して輝ける大天使ウリエルにアッと言う間に討ち取られたらしい。
大天使ウリエル「あぁ、余裕だったよ。羽、両翼ともぎ取ってやったよ!」
私「あ、そう。」


21:08
THE ALFEE 坂崎幸之助大先生曰く「本物です。」
坂崎幸之助 Part2 
http://www.youtube.com/watch?v=oESuqk1HoV8&feature=related


21:32←「もう、うんこ食べたく無いわ!」
別れのサンバ♪  (THE ALFEE 坂崎幸之助)
http://www.youtube.com/watch?v=YFk9tnlBP30&feature=related


ペガソス
ペーガソス(ギリシア語 : Πήγασος, ラテン語 : Pēgasus)は、ギリシア神話に登場する伝説の生物を持ち、空を飛ぶ

ローマ神話ではペーガスス(Pegasus)といい、英語読みペガサス(Pegasus)でもよく知られる。日本語では長母音を省略してペガソス、ペガススと呼ばれたり、あるいは天馬(てんま〔悪魔馬〕)と訳されて呼ばれる。

  • 英雄ペルセウスが切ったメドゥーサの首の血が、地に滴って生まれたともいわれている(父は同じく海神ポセイドーン)。文芸の神ムーサが、「馬の泉」とされるヒッポクレーネー(Ιπποκρήνη)で飼っていたが、天に昇りゼウス(=バアル=嵐=雷)雷光を運ぶ役をしていた。←つまり、ウリエルが奪った「雷(嵐←まぁ、自然現象で起きちゃう分には仕方ないけどね。)」をこの駄馬はバアルの元へ届けようとしているのである。
  • 抹殺せよ!

        「将(バアル)を射らんとせばまず馬(ペガサス)から」

    ある時、コリントスのペイレーネーの泉で水を飲んでいた所、英雄ベレロポーンが捕らえて自分の馬とした。ベレロポーンはペーガソスに乗って、怪獣キマイラの顎の中に鉛を詰め込んだ。すると、キマイラの吐き出す炎で溶けた鉛の毒が全身に広がり、キマイラは退治された。しかし、神々に気に入られたと早合点したベレロポーンは天上に昇ろうとしたため、ゼウスの怒りに触れた。ゼウス(=バアル。これで、バアルルシファー「お友達」であったことが証明された。)に遣わされたがペーガソスを刺し、天馬はベレロポーンを振り落とした。その後、ベレロポーンは足を折り、一人淋しくその生涯を終えた。

     
      
    真説

    • この説では首の切り口から滴った血から生まれている(上記の説では首から生まれたと書かれているので、同じものかもしれないがちがう様にもとれる)。ベレロポーンはポセイドーンに与えられたというよりも、自力で捕らえている(これも同じものかもしれない)。天馬から振り落とされた時、ベレロポーンは墜死せず、足を折って再起不能となっただけですぐには死なず、生き延びている。
    • ペーガソスは「霊感」の象徴とも、天上の星座ともなり、ローマ時代には不死の象徴ともなった。
    posted by 真 救世主 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    「神造り」として作られたフリーメーソンは「神越え」の邪魔者。

    ハッキリと言おう。
    昭和天皇や明治天皇の歴史を見ろ。
    そして、教科書に載せられていない裏側の悪行の数々を認めろ。
    平成天皇及び徳仁などの天皇家一族は日本人はもとより、朝鮮民族すらも
    余裕で陰で裏切り済みだ。
    この事実から目を背けるな。

    当然、創価学会すらも余裕で最後は切る。
    利用するだけ利用したあと最後は切る。
    文字通り「切る」。
    何故なら「唯一神」に創価学会の神など初めから不要だ。(創価学会の仏の正体はモロク。)
    自明だ。

    この事実に基づいて、まだ、「フリーメーソンの言う言葉は全て正しい」
    などと思っているとしたら馬鹿丸出しである。
    フリーメーソンの秘密主義の目的は「仲間が仲間を欺くため」。
    世界を見よう。フリーメーソン同士が何故?戦い合っている?
    『目を背ける自由』もある。
    フリーメーソンという集団が「仲間すら欺く嘘つきの塊の集合体」であることが。
    天皇家一族を排除せよ!
    まだ、カナン人に従うか?
    悪魔崇拝を続けるか?
    10:00
    テレビで「分からない・・・」
    私「ほぅ、『唯一神』と他の神々が同時に成り立つ訳が無いことすらわからない?
    『自由とマルクス主義』が同立し得る訳が無いことすら分からない?
    ・・・そうですか。私有財産制が自分らだけは認められるなら君たちを欺いている理由は?
    カナンの遺言を思い出せ。『決して真実を語るな。』『自分の主人を憎め』」
    10:07
    電子マネーを考えよう。その目的は何かを?『君たちは新たなる神として「マネー」を打ち立てる予定であった』はずだ。
    紙幣はパルプを使う。人口を削減する真の目的は「人類の反乱を抑えるため」。不老不死の吸血鬼たちのやりたい放題に
    必ず反乱を起こして来ることを予測しているからである。反乱の中心ターゲットはズバリ『フリーメーソン』の破壊。
    これは必ずやって来る。イルミナティ側の思考になって考えよう。
    インテリ集団、霊的エリート集団、国家の統治階級を担っているフリーメーソンなど、
    『世界統一政府』にとって必要か不必要であるか?
    一流の詐欺師は天使の微笑みで近づいて来て悪魔の心を持っている。
    何故、カナン人たちは反キリストなのだ?
    ルシファー=ヤハウェ=キリストであるなら反キリストであるなど論理矛盾である。
    そして、電子マネーが全ての世界に行き渡れば、ただ、「ピッ!」とコンピュータに記載するだけの一瞬の作業で
    「マネー」を自由自在にコントロール出来る。
    「マネー」と言う名の神を操る者は誰だ!?
    神に呪われたと勘違いし続けたカナン人である。
    つまり、カナン人が「マネー」のさらに上位に立つのである。
    つまり、「真実の神」の誕生である。
    これが電子マネーの正体である。
    もちろん、コンピュータでコントロールが簡単に可能であるから、改竄・操作し放題。
    あと、人口を削減する訳だから紙幣、つまりパルプ製造の人員(労働力「家畜」)を最小限に抑える狙いもある。
    要するに、「マネー」を支配した上で新たなる神「マネー」を構築し、それを裏側で支配するカナン人。
    つまり『神越え』である。
    11:03
    『真実の歴史』の中に「ルシファーが地獄に落ちる」シナリオはあったのか?
    おかしいことに気付け。

    セム

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    セムは、旧約聖書創世記に出てくる物語「ノアの方舟」の、ノアの3人の息子のうちの一人。
    他の2人はハム(その子どもがカナン)、ヤペテ。アジア人の先祖と言われ、
    ユダヤ人の先祖アブラハムの父祖として系図に登場する。
    ヘブライ語アラム語アラビア語エチオピアの諸言語は比較言語学的に親縁関係にあることが
    明らかになり、アウグスト・シュレーツァーによってセムにちなみセム語と名づけられた。
    イエメンの首都サヌアを建設したと伝えられる。


    カナン族〜ユダヤはなぜ文明に寄生したか?

     つねに激しい敵意を引き起こす唯一の民族
    問題のカナンは祖父ノアに呪いをかけられた後
    (本当に呪いをかけられたのはノア。堕天使ルシファーの策略である。)、
    己の一族の保全のため子孫に遺言を残す。

    @互いを(自身の集団のみ)愛すべし
    A略奪を愛すべし
    B邪淫を愛すべし
    C汝の主を憎むべし
    D真実を語るべからず

    と「カナンの遺言」を遺しています。
    これは後世になってカナンの末裔により旧約聖書から抹消されますが、バビロニア・タルムードには
    記録されています。
    カナン人(フェニキア人と名前を変える)は決して自らの正体を表に現しません。
    カナン人は自身が神に忌み嫌われた民族であることを知っており、自らを呪った神への反逆として、
    人類の虐殺と世界の廃頽を「神への反逆のために」絶えず狙います。
    これが悪魔信仰の原点です。

    カナン人と呼ばれる人々は、神に呪われたカナンの末裔という自覚の下、軍事的敗北により
    政治的独立を失っても、人知れずアングラに儀式を遂行する方が好都合の、
    確固たるバアル信仰を拠り所とし続けます。

     
    文明の歴史のあらゆる時期を通して、人類のある特殊な問題が一貫してわだかまり続けてきた。
    平和と戦争、また戦争の風聞の膨大な記録を調べると、
    帝国が次々に誕生するごとにおなじ窮地に追いこまれてきたことがわかる
    ――それはユダヤ人(カナン族)の問題である。
     
    この問題は執拗に持続しているにもかかわらず、
    また、これを主題にあつかった文献が山とあるにもかかわらず、
    賛否を問わず誰ひとりとして、その窮地の根源にまで踏みこんで対決した者はいなかった。
    すなわち、ユダヤ人(ステファラディとアシュケナジィと分けられているが、
    すでにハッキリと別民族である。)とは何者か?
    彼らはどうしてこの世に存在するのか? という根源的な問いがなおざりにされたのである。
     
    もし人間が全知を傾けてあたりさえすれば、この問いに答えることができる。
     
    この問題には、キリストの愛というもっとも深い動機、なかんずく人間とはなにか?
    人間はなにに根ざしているか?
    あるいは人間はなにを目指しているのかという?
    人間自身に対する最大の敬意を払いつつ、最高の霊的な水準において
    立ち向かわなければならない。
     
    人間の歴史は、もてる者ともたざる者との闘争と戦争、人間による人間の搾取、
    そして殺戮の歴史である。
    しかしながら、血ぬられた記録を調べると、どの地に居住しようとも、
    もっとも激しい敵意をつねに引き起こし続けて来た民族
    がただ一つだけあることがわかる。
     
    ただ一つの民族のみが、文明社会のあらゆる部分に寄生しては徹底的に宿主の国民をいらだたせ、
    ついには宿主が彼らと対立し、彼らを殺し、あるいは放逐するまでにいたることになる。
     
    この民族を、人はユダヤ人と呼ぶ。
    この問題は、ユダヤ人以外でも、集団同士の対立抗争が1国にとどまらず起こるため、
    誤解されてきた。
     
    トルコ人によるギリシャ人の大量殺害は、何千年にもわたって散発的に発生し、
    たかだか一世代前にもそのような事件が起こって、今日生存している人びとにも
    影響を及ぼしている。
     
    数百年前にフランスで起こったユグノー派の大量殺害(1562年〜1592年にフランスで
    カルビン派キリスト教徒ユグノー派と
    カトリック教徒とのあいだに宗教戦争が発生、大量のユグノー派が殺された)は、同じ人種であっても、
    宗教上の違いから互いに対立し合い、異なる人種間の対立に劣らぬほどの、血で血を洗う抗争に
    発展しうることを示した。
     
    しかしながら、これらの殺戮ののちには、対立した集団はふたたび平静な生活の営みに
    もどるのが常であった。
    対立が解消されるか、あるいは犠牲者の生き残りがどこかよそへ去るかしたものである。
    ユグノー派の例では、難民たちのなかからのちにアメリカ独立戦争を指導する思想家たちが
    数多く生まれることになった。

     2000年以上にわたって存在しつづけてきた「ユダヤ問題」

     
    和解も他の国への永住も絶対にしない例が1つだけある。
      ユダヤ人の歴史は、そうした2つの事実を示している。
     
    第1に、ユダヤ人と寄生先の宿主とのあいだに和解がもたらされたことはいまだかつてなかった。
     
    第2に、いかなる国家もユダヤ人の永久追放に成功したことはなかった。
     
    さらに驚くべき事実は、ユダヤ人はある国からしばしば大変厳しい状況のもとに追放されても、
    そのつどたかだか数年足らずのうちに戻って来るということだ。
     
    ライオンの口になんども繰り返して自分の頭を突っこむような、この奇妙な衝動、
    この信じがたい執念深さは、他の集団の歴史上の記録に見いだすことはできない。
     
    何故そうであるのか、ユダヤ人の異様で強情な性格、
    自ら進んで苦難を耐え忍ぼうとする傾向で説明できる、とこれまでいわれてきた。
     
    だが、集団マゾヒズムという解釈では、ユダヤ問題の他の多くの側面を説明できない。
    人類の他の多くの問題と同様、実はユダヤ問題は2000年以上にわたって我々の前に横たわりつづけ、
    解決策が求められつづけてきた。われわれは、この問題に正直に直面することを拒んできたために、
    真相が見えなくなっているのだ。
     
    ユダヤ問題は、キリスト信仰の重要な一面に関わり、2000年前キリストが我々に範を示し、
    人間としての生命を捨てたキリストのあの解決策を受け入れることによってのみ
    解決することができるのである。
    キリストの物語は人類の物語であり、贖罪を発見するという戦慄すべき体験、つまり魂の救済の物語である。
     
    ユダヤ人は、我々がこの世にとどまるあいだに超克するよう求められている動物的な誘惑の
    すべてを代表している。
    ユダヤ人のために、救済は、無自覚あるいは偶然に左右されるのではなく、
    我々自身が意識的に選びとることになった。
    ユダヤ人と彼らが体現する悪がなければ、
    人は、目の前に黒白の選択を突きつけられることはなかったかもしれない。
    人は、よくどちらを選んだらよいのかわからなかったと言い訳をする。
    けれども、ユダヤ人が存在するからには、そのような言い訳はできないのである。
     
    文明世界では、生涯のある時期に、誰でも極度の誘惑にさらされ、
    サタンに山頂に連れられていき、肉の喜びを目の前に広げられ、そしてサタンにささやかれる。
    「お前がわしの言うことを聞くなら、これはみんな、いや、これ以上のものがお前のものになる」と

     
    【参考】
    悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、
    「もし、ひれ伏して私を拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。
    するとイエスは言われた。
    「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と(聖書に)書いてある」。
    そこで悪魔は離れ去った。(マタイによる福音書)


     カエサルはローマをユダヤ人に売ったために殺された!

     
    今日の文明社会で富と権力を操る者の大多数は、サタンの申し出を受け入れた者であり、
    イエス・キリストを通じて魂が救済される可能性を放棄した者だ。
     
    これらの人間はユダヤ人のために働いている。
     
    バーナード・バルーク(1870〜1965年、アメリカにおけるユダヤ(イルミナティ悪魔の13血流)の黒幕
    ウィルソン、ル―ズヴェルト両大統領の経済顧問)の哀れな道具ウィンストン・チャーチル、
    ベラ・モスコヴィッツの無様な召使フランクリン・D・ルーズヴェルト、
    カガノヴィッチ(1893年〜1991年、クレムリン最大の謎の人物といわれてきた)
    の悪魔の手先スターリン――こうした入間たちはすべて、山の頂きに連れられていき、この世の成功という
    架空の栄華と富を見せつけられ、ルシファーの悪魔崇拝に従うよう要求された者たちだ。
     
    これらの者たちはルシファーに同意した。
    そして彼らがまさにルシファーに同意したがために、何百万という人びとが無惨に殺戮され、
    大戦争が悪疫のように世界中に広がり、地上の人類をことごとく恐怖におとしいれた
    ユダヤの爆弾を炸裂させたのである。
     
    チャーチルとルーズヴェルトとスターリンは死んだ。
    だが、ユダヤの恐怖という彼らの遺産は今日なお残っている。
    「すべての権力をユダヤへ!」。これがルーズヴェルトとチャーチルの署名した
    ルシファーとの条約であった。
    このために、この2人の男はどちらも地獄の業火に永遠にさらされることになり、
    ユダヤを呪いながら死んだ。
    すべては身から出たさびなのである。
     
    そして彼らは、数人の若い女と数本の酒と引き換えに、自国民をユダヤに売りわたして
    奴隷としたことを慄然と悟って、
    永遠と向き合ったのである。
     
    このことは、人類の歴史を知る者には、目新しくもショッキングでもない。
    5000年の長きにわたって、政治指導者たちはユダヤ人のおべっかを聞き入れてきた。
     
    そして、指導者たちはことごとくおなじ暗礁に乗り上げて、その国民を難破させたのである。
     
    文明社会の師であるユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が、
    当時のローマ国民をユダヤに売ったがために、
    自らの元老院議員たちに殺された、というほとんど知られていない驚くべき事実を、
    我々はユダヤ人自身の出版物の中に見いだす。
     
    そして何週間かのちにユダヤは、ルーズヴェルトを、チャーチルを、ジョン・F・ケネディを哀悼するために
    集会を催したように、カエサルが刺殺された場所で哀悼集会を開いたのである。

     「ルシファー(バアル)のもとを離れ去って、私についてきなさい」

     
    歴史を通じて、そうした下劣な話はなんども繰り返されてきた。
    したがって歴史を通じて、指導者にも指導される者にもイエス・キリストのメッセージはずっと同一であった。
    すなわち、「サタンのもとを離れ去って、私についてきなさい」である。
     
    この魔法のメッセージはとても単純ではあるが、人類にすべてを与えてくれているのに、
    何百万という人びとはその意味を理解することができず、救われることなく死んでいった。
     
    これはなぜなのか?
      何よりもまず、ユダヤ人(カナン人→カナンの地とは「ベツレヘム」である。)が問題を混乱させる張本人として
    生きのびてきたからだ。
     
    キリストが十字架に磔刑(たっけい)になってから、イエスの救いのメッセージが何千という人びとを
    引きつけはじめると、ユダヤは彼らに典型的な動きを開始した。
    イエスに反対するのではなく、イエスを乗っ取ろうとした。
    彼らは世界に向かって、「イエスはユダヤ人」であると主張した(改竄)のである。
    そうなると、キリスト教徒となるには、ユダヤ人が命ずるままになんでも従うほかなくなる。
     
    こうすることによって、ユダヤは「イザヤ書」第5章20節に次のように示されていることを
    無視したのである。

    「わざわいなるかな、悪を善と呼び、善を悪と呼ぶ者は。
     闇を光となし、光を闇となす者、苦きを甘しとなし、甘きを苦しとなす者は、わざわいなるかな」


     
    信じられないことだが、幾百万という人びとがユダヤのこの策略に引っかかった。
    あらゆる文書記録が、イエス・キリストの身体的特徴は、
    ガリラヤ生まれの青い目で亜麻色の髪の非ユダヤ人であった
    と明らかにしている
    にもかかわらず、何千というキリスト教聖職者が、
    「ユダヤ人キリストを礼拝しよう]と会衆に語りかけるのだ。
     
    このことは、我々の救世主に対するはなだしい冒涜であるばかりでなく、
    人間常識の根本をもことごとく冒涜するものだ。
     
    もしもイエスがこのような善良なユダヤ人であるならば、
    どうしてユダヤ人はイエスを十字架にかけろと要求したのか? 
    なぜシオンの長老たちはサタンの会堂に秘密のうちに集まり、
    イエスの肉体を死に至らしめる計画を練ったのか? 
    驚くべきことに、会衆を前にしてこの問題を提起しようという聖職者は合衆国にただの一人もいない。
    それどころか、今日では人びとをユダヤ化する計画を遂行しているキリスト教聖職者さえいる。
    宗教指導者のなかには、イエス・キリストの傑刑にあらゆる面で荷担したユダヤ人の罪を許すために、
    聖なる枢機卿会議を開催する者たちさえいるのである。
    ユダヤは、この目的を達成するために何百万ドルものカネを事前にわたしている。
    その功あって宗教指導者が集まるこの聖職者会議では、
    世界に向かって神ご自身の記録である『聖書』はウソであると宣言する。

     
    このことは、なにを意味するのか?
     
    それは明白である。聖職者もまた人間にすぎない。
    悪魔の誘惑で山の頂きに連れられていくことはありうる。
    つまるところ、個々人の最後の審判の日には誰も仲介に立つことはできず、
    人は一人で神と直面しなければならないのだ。
     
    聖職者の真の使命とは、我々の魂の贖罪をして下さるキリストのメッセージを、
    我々に力強く説くことにあるはずである。

     世界的な真実失墜の時代に、頭を高くかかげよ!

      記録は改竄(かいざん)や隠滅することができ、人びとにニセの神を信じさせることもできる。
      しかし真理が決して曲げられない個所が1カ所だけある。 
      それは魂の中である。それゆえに、心奥の声なき声に耳を傾け、
      自らに正直であれという教えに従う者は正しい選択をすることができるのだ。

     
    この地上のユダヤ人の存在によって、われわれの選択は単純になっている。
    ユダヤ人の虚偽どおりに生き、救われることなく死するか、それとも、イエス・キリストの真理を抱いて
    イエスの御腕のなかで栄光に包まれるかのどちらかである。
     
    我々の文明の偉大な画家と音楽家や哲学者たちが霊感を得たのは、
    イエスによる贖罪を知っていたからである。
     
    ヨハン・セバスチャン・バッハの音楽の天かける楽節、何百というルネッサンス芸術家たちの作品、
    あまたのキリスト教哲学者たちの著述には、イエスの教えに従って生きる者の輝きが明らかに示されている。
    が、ここでもユダヤ人は、またしても闘いを挑んできた。
    ユダヤ人は、ゴイ[豚]すなわち非ユダヤ人の騙されやすさを徹底的にあざ笑うかのように、
    時には犬や猿に塗りたくらせたような意味のない愚作を絵画の世界に氾濫させてきた。
    ユダヤ人は音楽の世界を、神経をいらだたせる自動車の警笛の金切り声や
    ドラムを愚かにガンガン叩く騒音に一変させた。
    そしてユダヤ人は、文学の世界さえ、人間の放蕩三昧を繰り返す物語に変えてしまった。
     
    我々は、次のように問うてしかるべきだろう。
    どうしてユダヤ人はこういうことができるのか?
    どうしてユダヤ人は人間の感性をここまで蹂躙(じゅうりん)することができるのか? と。
     
    答えはこうだ、ユダヤ人の生活は憎悪と復讐よりほかにありようがないからだ。
    カナンの掟による連綿とした血脈は、人類を通じての神への復讐と神の座を越える試みに他ならない。
     
    というのもまさにその本性のゆえにユダヤ人は、キリストが提供する
    魂の贖罪を受け入れることができないのだ。
    彼らは、永遠に地上界にとどまるよう宣告された唸る獣である。
     
    天国は彼らを拒む。これがユダヤのほんとうの悲劇である。
     
    今日の若者は、圧倒的なユダヤ的堕落にのぼせ上がって、キリストのメッセージを聞く耳をもたなくなっている。
    だが、偉大な詩人バイロン卿がいったように、「逆境にあることは真理への道」である。
    この世界的な真実失墜の時代に、頭を高くかかげることができ、なおかつキリストのメッセージを聞くことができる
    現代の若者にとって、その報いは大きい。
     
    私は、まだ心がキリストに向かって開かれていない人びとのために、本書を執筆した。
    これはユダヤ人の事実に即した歴史であり、もし読み終わって、なおもキリストを否定する方がいるなら、
    その人は真底から破滅しているのである。

    そもそも悪魔など、下賤な被造物の分際でありながら創造主たる
    神に反逆し、神に寄生して、神の上に立とうとする
    身の程知らずの存在のようも受け取る他無い。
     
    そんなことは、土台、無理な注文だ。
    つまり、それは最初から根拠のない計画、つまり早い話、幻想であり、妄想にすきない。
    その為に「をつきまくって」「うんこを食べまくって」「小便水をグビグビ飲んで」
    「人間様を殺しまくって」「人間様を食べまくって
    ホモSEX(邪淫)しまくって」「札束でほっぺたビンタしまくって!」
    自分たちだけ美味しい思いをしまくって(強欲)
    「警察とグルになって一般民間人を邪悪しまくって(行方不明者数のなんと多いことよ・・・)」
    集団ストーカーを行って関係の無い他者の人生をメチャクチャにして楽しんで挙句、償いなど一切無し!」 
    麻薬を自分たちで世界中に氾濫させておきながら
         まるで他者が行った行為≠ナあるかのように平気で言う

    実の娘と近親相姦させて生ませた子ども!殺し当然!(悪魔儀式)

    悪魔が、そしてユダヤが一時この地上で勝利するように見えることがあっても、それは錯覚であって、
    いざとなって悪魔の帝国はそれ自身の重みによって崩壊し、跡形もなく消滅する定めである。

    「創世記」のバベルの塔の物語が教えるものはそれである

    「傲慢」の敗北。でも、もう次は敗北すら出来ない。生きていないから。

    posted by 真 救世主 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月24日

    イシス=モロク(1つだけ言えることは、火星は凶星であり、死を司る。イシスによる復活など有り得ない。捏造だ。)

    2012年3月19日「破壊命令」イージス艦
    イシス(史記に「螢惑=(火星)は南方の火、夏を主る」=マルス=アレス=死を司る悪神ネルガル。)


    火星=イシス=アモン (悪魔)=アモンまたはアメン(Ammon, Amun) - 古代エジプトの神。

    2012年3月21日 16:22
    iグーグル政治欄“確保される”
    iグーグル社会欄「あった」「やった」 ←イシスことアモン=モロク死亡。

    アモン (悪魔)
    モロクの正体=アモン=イシス!
    コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵におけるアモンの姿.jpg
    コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵におけるアモンの姿 イシス
    アモン(Amon,
    Aamon)は、悪魔学における悪魔の一柱。


    『ゴエティア』によるとソロモン72柱の魔神の一柱で、デーモンの40個軍団を配下に置く序列7番の大いなる侯爵。


    『大奥義書』によるとサタナキアの配下にあるという。


    悪魔の君主の中で最も強靭であるとされる[1]。口元から炎を吐き出しヘビの尾を持つ狼の姿で現れるが、魔術師が人間の姿を取ることを命じると、口元から犬の牙を覗かせたワタリガラスまたはゴイサギの頭を持つ男性の姿を採るという。コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』の挿絵ではフクロウの頭と狼の胴と前足、蛇の尾を持つ姿が描かれている。ルシファーが神に反旗を翻した際に義勇軍を率いて駆けつけたとされる。


    自分を召喚した者に過去と未来の知識を教え、人同士の不和を招いたり逆に和解させたりできるという。詩の才能にも優れており、ソロモンに呼び出された際に詩を披露し、諸侯を唸らせている。この詩は『旧約聖書』の『詩偏』に収録されている。


    エジプト神話に登場する神のごとく獣の頭部を持つこととエジプトの最高神アムンとの名前の類似から、アムンが悪魔として解釈された存在とされる。『地獄の辞典』においても、アムンと同一視されている。


    七つの大罪の一つ「強欲」を司る悪魔マンモンや『ゴエティア』や『ホノリウスの書』などに登場する四方の王の一人アマイモンと同一視されることもある。しかし、エジプト起源と考えられる。また、アマイモンの名前はギリシア語の「熱望する」を意味する単語に由来するとされている。


    脚注

    1.^ Pseudomonarchia Daemonum
    2.^ 『悪魔の事典』
    p.58、p.60、pp.386-387
    3.^ The Book of the Sacred Magic of Abramelin the Mage,
    p.111



    モロクは極めて残忍な神で、ユダヤ人に最も忌み嫌われる存在のひとつという。ミルトンは、母の涙と子の血にまみれた魔神と蔑み、プランシーは、地獄会議の主要メンバーで涙の国の君主であるとした。ソロモン七十二柱の「21:マラクス」のルーツでもある。

    モロクは元来、ヨルダン東部のロトの子孫:アモン人の強壮な神であった。(イシス=モロク=アモン確定!)その姿は「青銅の玉座に座る王冠を被る牛頭神」として描かれる。モロクの残忍性を象徴付けたのは、王に力を与える代償として初子を贄とさせたことだろう。この贄の儀式は、エルサレム南端のヒンノムの谷=(ゲー・ヒンノム転じてゲヘナ)の聖堂で行われた。聖堂に響き渡る盛大な音楽の中、親は子を炎へ放り込むという…。

    この贄の惨劇と、後に此処がゴミと罪人の焼き場となって禍々しい炎を上げ続けた事が相まって、人々はこの炎に地獄絵図を重ね合わせた。こうして、地獄の劫火は「ゲヘナの火」と呼ばれるようになる。
    また、ユダヤのラビ(律法学者)は、地獄の中心に「巨大な真鍮製の両手を拡げた牝羊頭の」モロクの神像があると考えた。神像の内部は、灼熱の炎で満たされた七つの小部屋に分かれ、それぞれに贄として小麦粉・キジバト・牝羊・牡山羊・仔牛・牡牛、最後に子供が置かれた。そして、この贄を焼き尽くす神像からは、断末魔の叫びが絶える事は無いのである。

    生贄の儀式はユダヤ人がゲヘナの地を支配するようになってからも暫く続けられていたようだ。…このような行為が絶えぬのは、力への渇望を抑えられない人間の罪深き性ゆえであろうか?




    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    両手を広げたイシス(紀元前1360年頃の壁画)
    火星
    火星.jpg

    火星(かせい、ラテン語: Marsマールス、英語: マーズ、ギリシア語: Άρηςアーレス)は、太陽系太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。

    地形 [編集]
    火星の地形図。特徴的な地形として、西部のタルシス火山群(オリンポス山を含む)、タルシスの東にあるマリネリス峡谷、南半球のヘラス盆地などがある
    火星の地形は大きく二通りに分かれており、特徴的である。北半球は溶岩流によって平らに均された平原(北部平原の成因としては大量の水による侵食説もある)が広がっており、一方、南半球は太古の隕石衝突による窪地やクレーターが存在する高地が多い。地球から見た火星表面もこのために二種類の地域に分けられ、両者は光の反射率であるアルベドが異なっている。明るく見える平原は赤い酸化鉄を多く含む塵と砂に覆われており、かつては火星の大陸と見立てられてアラビア大陸 (Arabia Terra) やアマゾニス平原 (Amazonis Planitia) などと命名されている。暗い模様は海と考えられ、エリトリア海 (Mare Erythraeum)、シレーヌス(セイレーンたち)の海 (Mare Sirenum)、オーロラ湾 (Aurorae Sinus) などと名づけられている。地球から見える最も大きな暗い模様は大シルチス (Syrtis Major) である。
    火星には水と二酸化炭素の氷からなる極冠があり、火星の季節によって変化する。二酸化炭素の氷は夏には昇華して岩石からなる表面が現れ、冬には再び氷ができる。楯状火山であるオリンポス山は標高27kmの太陽系最高の山である。この山はタルシス高地と呼ばれる広大な高地にあり、この地方にはいくつかの大きな火山がある。火星には太陽系最大の峡谷であるマリネリス峡谷も存在する。この峡谷は全長4,000km、深さ7kmに達する。火星には多くのクレーターも存在する。最大のものはヘラス盆地で、明るい赤色の砂で覆われている。
    火星の最高地点と最低地点の標高差は約31kmである。オリンポス山の山頂 27km が最も高く、ヘラス盆地の底部、標高基準面の約 4km 下が最も低い。これと比べて地球の最高点と最低点(エベレストマリアナ海溝)の差は19.7kmに過ぎない。両惑星の半径の差を考えると、火星が地球よりもおよそ3倍も凸凹であることを示している。

    21世紀初頭現在では、国際天文学連合 (IAU) の惑星系命名ワーキンググループが火星表面の地形名の命名を担当している。

    火星の衛星

    火星にはフォボスダイモスの2つの衛星が存在する。ともに1877年にアサフ・ホールによって発見され、ギリシア神話で軍神アレスの戦いに同行した息子のフォボス(「狼狽」の意)、ダイモス(「恐怖」の意)から名付けられた。アレスはローマ神話では戦争の神マルスとして知られている。

    1590年10月13日には過去唯一の金星による火星食が起こり、ドイツのハイデルベルクメストリンによって観測された。

    人類と火星

    歴史と神話

    火星の名称 (Mars) は、ローマ神話の神マルス(ギリシア神話の軍神アレス)から名付けられた。メソポタミアの民は赤い惑星に戦火と血を連想して彼らの戦神ネルガルの名を冠して以来、火星には各々の地でその地の戦神の名がつけられている(他の惑星名についてもほぼ同様の継承が認められる)。
    火星にはオリンポス山、アスクレウス山、パボニス山、アルシア山といった火山や、マリナー谷があります。火山活動がおきたときに、地下の氷がとけ て洪水のように流れだし、川のあとのように残っていたり、雨の流れたようなあともあります。そして、地球の北極や南極と同じように、 極冠(きょっかん)とよばれる氷もあり、火星に四季(しき)があることがわかっています。

    火星の意味:積極性 行動パターン 活動力       
     
            事業家 企業家 軍人 指揮官 若者
    ギリシャではアレース、ローマではマルス(マーズ)として、戦いと軍隊を司ります。
    軍神アレースは、女神アテネの正義の戦いと違って、善悪の区別なく血なまぐさい野蛮な戦いを司りました。
    ギリシャ神話では、実に不名誉な扱いをされています。
    争いと不和を好む神で、神々の間だけでなく人間にまでも、闘争心と争いの種をまき散らして被害をもたらす忌まわしい神(悪魔)ですから当然とも言えましょう。
    しかし戦争好きのローマではいたく崇拝されていたようです。 火星は世界各地で軍神と考えられました。ギリシャ神話ではア−レスと呼ばれ正義の戦いの女神アテナと違い、どんな戦いでもするいやな奴でした。彼の息子にはフォボス{恐怖の神}とダイモス{敗走の神}がいて、火星の衛星の名前に使われています。更にアレスの姉妹には不和の女神エリスとエニューオーがいます。一家揃って困りものでした。
    ギリシャ神話の伝承では、アフロディーテーの夫として扱われていますが、叙情詩『ホメロス』ではアフロディテーの夫は鍛冶の神ヘーパイトスで、アレースは不義密通の役です。
    へーパイトスは鍛冶場で特別製の網を作って寝所に仕掛け、二人を捕まえてしまいます。
    そしてオリンポスの神々を呼び寄せ、笑いものにした上で、親のゼウスに不埒な娘を押し付けた事を責めました。
    結局捕まった二人はポセイドーンの仲裁で、それぞれ別に逃げて行きました。
    アーレスはギリシャ北方のトラーキラで暮らしたとされています。
    火星はヒンドゥー教ではアンガラカと呼ばれ禍の星でした。
    古代バビロニアではネルガルと呼ばれ、災いと疫病と死を司り太陽を滅ぼす力があると信じられていました。
    中国ではケイ惑(ケイコク)よ呼ばれ、史記に螢惑(凶星)は南方の火、夏を主る」と記されていたところから、日本では「夏日星」とか「夏火星」と言われ聖徳太子にからめた説話として次の様に伝えられています。人心を惑わせる星でした。 古代バビロニアでも災いと疫病と死を司る悪神ネルガルと見られていました。
    しばしば地上に童子の姿をして、子供達と遊ぶ為に現れるのです。
    この星が大火(蠍座α星アンタレス)に近づくと最も不吉な前兆とされていました。


    火星は、地球と似ている部分が多い惑星です。四季の変化もあり、1日の長さも24時間37分22秒と、ほぼ同じです。地球とちがうところは、太陽のまわり を1周するのに約687日もかかるため、四季の長さは地球の2倍になります。そして、火星は地球の約半分の大きさで重力は1/3しかありません。


    「テラフォーミング(地球化)」計画
    昔は火星 にも厚い大気や海があったと考えられていますが、重力が弱かったために、大気は宇宙空間へ消え、海もなくなってしまいました。
    火星の大気は、二酸化炭素(にさんかたんそ)95.3%、窒素(ちっそ)2.7%、酸素0.15%、その他1.85%です。そんな火星を地球のような環境にして、人類が移住できる ような「テラフォーミング(地球化)」計画もあります。


    東洋

    火星は五行説に基づくオカルト的な呼び名であって、学問上(天文史料)では熒惑(ケイコク、エイコク)といった。「」はしばしば同音の「螢」と誤られる。また、この場合の「惑」は「ワク」ではなく「コク」と読む。営惑とも書く。江戸時代には「なつひぼし」と訓じられた。そのため夏日星という和名もある。
    火星がさそり座アンタレス黄道の近くに位置しているため)に接近することを熒惑守心熒惑心を守る)といい、不吉の前兆とされた。「心」とは、アンタレスが所属する星官(中国の星座心宿のこと。

    占星術

    火星は七曜九曜の1つで、10大天体の1つである。

    西洋占星術では、白羊宮支配星で、天蝎宮の副支配星で、凶星である。積極性を示し、運動争い外科、年下のに当てはまる。


    イシス(Isis)はエジプト神話女神。イシスはギリシア語であり、古代エジプトではアセトと言った。ヘリオポリス神話ではゲブヌトの子供で、オシリスの妹であり妻、セトネフティスの姉でもあり九柱神の一角をになう(セトの妹とされる事もある)。またホルスの母。別の神話によるとラーの娘。ナイル河畔のサイスに大規模な神殿があったことで知られる。外見はトビあるいは背中にトビの翼を持った女性として表される。
    イシス信仰は、共和政末期にローマへ持ち込まれて発展し、200年頃にはほぼローマ帝国全域で崇拝された。イシスは永遠の処女であり、処女のまま神を身ごもったとされ、「天上の聖母」「星の母」「海の母」などさまざまな二つ名を持った。しかし、信者が基本的に女性に限られたことや、信者の女性が一定期間の純潔を守ることを教義としたため、男性からの評判が悪く衰退していった。
    イシスがホルスに授乳する様子などが、イエスの母・マリアへの信仰の元になったといわれる。
    サイスのイシス神殿の銘文「わが面布を掲ぐる者は語るべからざるものを見るべし」は真理の性格をあらわすものとして、ヨーロッパで好んで引用された。ノヴァーリスの『ザイスの弟子たち』はイシス神殿の学生たちを登場人物としたものである。

    オシリス神話により献身的な母や妻としての印象が強いが、他の神話的物語では強力な魔術師的存在として描かれ、その力を用いて父ラーから支配権を強引に奪い取ったという神話も残っている。


    イシス.jpg
    オシリスとイシスの伝説

    オシリスとイシスの伝説(-でんせつ)とは、オシリス(=バアル)イシス及びセト(=ルシファー)ホルス神を巡るエジプト神話上の一連のエピソード。ギリシャの歴史家プルタルコスによって紹介され、ファラオの王権にも密接に関わっている。神話学の観点からは、オシリスの死と再生を象徴しているとされる。

    概要

    神話時代の昔。オシリス(バアル=ベルゼバブ)とセトは兄弟であったがある日、オシリスが館を留守にしている間にセトは72名の廷臣達と暗殺の謀り事を企む。オシリスが帰ってきたとき、木棺にピッタリ入った者には褒美が贈られるという催しがあった。木棺はオシリスの体に合わせてセトらが作らせた物であったが、何も知らないオシリスはピッタリした棺に気持ちよく横たわった。するとオシリスが抵抗する暇もない間に蓋がかぶせられ、隙間には鉛が流し込まれた。そして棺はナイル川に流されることとなる。
    オシリス(バアル=メイジ明治)の妻であり妹でもあるイシスは心を痛め、自らの長けた魔術を駆使し、乳母に化けてビブロスの宮殿に潜入した。流れ着いた場所でヒースの木に包みこまれ、そのまま加工され宮殿の柱となっていた棺を探し当てて見つけた。イシスは世話していた赤子を不死にする為に炎の中に入れ、自身はツバメに変身して柱の周りを飛び回った。宮殿に住む赤子の母親である王妃がこの様子を見て驚き、イシスは元の姿に戻って素性と事情を明かして納得してもらい、柱を回収して秘密の場所に隠した。
    だが、それを知ったセトは執念で棺を探し回り、木棺の中の遺体を14の部分に切断してしまう。イシスは再び救出に赴き、パピルスの舟で遺体の破片を探し出し、オクシリンコスで魚に飲み込まれた男根を除く繋ぎ合わせた体を強い魔力で復活させたが、不完全な体だった為現世には留まれなかった。そうしてオシリス(バアル=ベルゼバブ)冥界の王として蘇る。
    さて一方では、オシリスとイシスの間に生まれた息子ホルスが叔父に当たるセトへの復讐を決意していた。ホルスとセトは抗争を初め、オシリスの正当な後継者はどちらなのか、神々の間で評定が開かれた。ラーはセトの肩を持つ為セトは不利にならず、そこでイシスは評定が行われた中の島への渡し守・アーンティを老婆に化けて金の指輪を与えて騙し、中の島へ乗り込んだ。
    イシスは今度は若い女性に化けてセトを計略にはめ、彼に「父の財産は息子が継ぐべきで、その財産を奪う者は追放する」という発言をさせてセトの正当性を彼自身に否定させ、彼から神々の支持を奪った。怒るセトは九柱の神々にアーンティを罰させ、踵の皮を剥いでサンダルをぴったり履けなくした。アーンティは金を呪うようになり、彼女の属する町では金は忌むべき物となった。ラーは機嫌を損ねて裁判官の役割を放り出したが、ハトホルが自分の秘所をラーに見せて喜ばせ、彼を再び裁判官の役割に就かせた。
    だがセトはそれを認めず、ホルスと共にカバに変身して川に潜り、先に陸に上がった者が負けという勝負を行った。イシスは銅の釣り針を水中に投じてホルスを援護しようとするも誤って釣り針を息子に引っかけてしまい、息子が苦しんだので針に命じて外させた。次はセトに針を引っかける事に成功するが、セトが「自分とお前は同じ母から生まれただろう」と彼女を言いくるめ、同情したイシスは釣り針を外した。これに怒ったホルスはイシスを追いかけ、その首を刎ね落とした。トートがイシスの死体をラーの元へ運び、ラーはホルスに罰を下し、ホルスの両目を奪って山中に埋め、その目からはロータスの花が咲いた。しかしハトホルが彼の眼窩に雌アカシカの乳を与えてイシスを復元させた。

    アカシカ.jpg
    アカシカ
    アカシカ(赤鹿、学名 Cervus elaphus、英名Red Deer)は、哺乳綱偶蹄目シカ科シカ属に分類されるシカの一種。アメリカ合衆国(フリーメーソン大国)では最近まで近縁と考えられていたアメリカアカシカ C. canadensis と同様にエルク(Elk)と呼ばれることがあるが、ヨーロッパではエルクというとヘラジカを指す(大陸間の名称の齟齬の由来については、アメリカアカシカを参照)。中国語では、馬鹿と呼ぶ。
    アナトリア半島カフカース地方からヨーロッパ北アフリカ(エジプト)にかけての広範な地域に分布し、多くの亜種が知られる。アフリカ大陸に現存する唯一のシカである。北米北部とユーラシア大陸北東部に分布するワピチ C. canadensis中央アジアに分布するアジアアカシカ C. affinis とは、飼育下で種間雑種ができることから同種とされたこともあった(アメリカアカシカを参照)。

    オーストラリアニュージーランドアルゼンチンに狩猟獣として移入され、帰化している。

    その後もホルスとセト(=ルシファー)は激しい戦いを繰り広げ、復活したイシスは再び息子を守ろうとする。ホルスは左目を失ってしまうものの、最後の戦いでセトはホルスに対して石の船を作って勝負する事を持ちかけ、言った通りに石の船を作るが、ホルスは杉の木を漆喰で覆った船を作った。その為セトの船は水に沈み、ホルスの船は水に沈まなかった。しかしセトはカバに変身して水中からホルスを殺そうとしたが、ホルスはセトに槍を突き付けた。このようにして最終的にホルスが勝利し、父の仇討ちを果たすことに成功する。
    それでオシリスはトートとの相談の末、地上の王権をホルスに譲位することができた。これ以来、地上を統治する王(ファラオ)はホルスの化身と見なされるようになった。
    ウィーン美術史美術館所蔵の「ホルエムヘブ王とホルス神座像」は、王とホルス神を同一の石から彫り抜いて並べた新王国第18王朝時代末期の石灰岩像であるが、ホルス神の名として神聖文字で「ホルス、父の仇を打つ者」と刻まれている。
    なお、ホルスとセトの戦いの際、ホルスが失った左目古代エジプトでよく見られる眼のシンボルとなり「ウジャト」と呼ばれる。セトを撃退したことから魔除け的な意味を持ったようだ。


    イシスの秘教

    黒地に白:エジプト神話での特徴。
    白地に黒:ワールド・オブ・ダークネスでの姿。
     
    死者の大神。エジプト最初の支配者となり、田畑の耕作や神々への礼拝といったことを民人に教えた。妹イシスと結婚し、息子ホルスをもうけた。彼の治世は平和で正義が行われていた。(↑どこが?)
     やがて弟であるセトによってオシリスは殺された。このとき、肉体を十四の部分に引き裂かれて別々の場所へと隠されてしまった。局部を除く部分はイシスによって集められて葬儀が執り行われた。それ以後、オシリスは死者の国に降りてそこの王となり、死んで降りてくる人々の霊魂を裁く役割を負うこととなった。
     白色の長い冠をかぶり、「マアト」「魔跡」正義?←悪魔に「正義」を語る資格無し!)と書かれた台座の上に載った彼は、ファラオの印である羊飼いの杖を左手に持ち、右手には清めの水が流れ出る水差しを持った姿で表される。


    メイジ(明治=バアル) → ヴァンパイア → レイス

     オシリス(=悪魔バアル)はケム(Khem:エジプト)の偉大な王であった(おそらくはメイジ=バアル)。ある晩、彼はテュフォン(Typhon)という名の謎の人物の来訪を受けた。闇の到来を告げる彼の言葉を聞いたオシリスは、彼との一対一の会見のときに“抱擁”を受けてヴァンパイアとなった。その結果、彼は無感動な暴君となり始め、国は次第に衰えていった。
     その後、同じくヴァンパイアとなって帰還したセト(=ルシファー)は、棺の中で眠りについていたオシリスをナイル川へと投げ込んだ。イシスによって一度は助け出されたものの、追撃してきたセトによってオシリスはばらばらにされてしまった。←ヴァンパイア退治は身体をバラバラにすることが基本中の基本であることが良くわかる。
     彼の死後、セトの暴政をくつがえすためにイシスは蘇生の魔術によってオシリスを冥界より復活させた。生き返ったオシリスは、冥界行とそこでのアヌビスとの対話によって、新たな叡智を獲得し、おのが“獣(イシス=火星)”を御するすべを体得していた。
     だが、セトの逆襲はすばやかった。不意打ちを受けたオシリスはいまだ力が完全ではなかったために再び殺されてしまった。オシリスは冥界“ドゥアト”に下り、そこで死者の王となった。それから真の楽園(ヴァンパイアが目指す「真の楽園」、その答えはすでに自明。ヴァンパイア(不死者たちだけの)天国)を目指して冥界を旅し、故郷にそっくりな島を冥界の海のただなかに見つけた。“アメンティ”と名付けられたその都で、オシリスは玉座についたのである。しばらく後、オシリスは玉座の上で眼をあけたまま深い眠りに落ちた。
     そして、冥界をジャー・アク(邪悪)が襲った今、彼は覚醒し、新たな蘇生の魔術とともに、霊魂らを地上へと送り、新生のマミー(ミイラ)たちの創造を勅したのである。

     オシリスの妹にして妻。もともとは言霊の力を持つ人間の女だったが、聖なる毒蛇を用いて、太陽神ラーを巧みな罠(私欲のみの奸佞邪智)にかけることで(明確なる悪魔性→)神性を手にしたともいわれる。
     夫オシリス(バアル)セト(ルシファー)に殺されたとき、これを悲しんだイシスはナイル川に流されて行方知れずとなったオシリスの棺(彼はこれに閉じこめられて溺死させられた)を追って、遠くビブロスの街まで赴き、棺を取り戻すと蘇生の魔術でオシリスを甦らせた。その後、再びオシリスがセトに殺されたときも、ばらばらになった夫の体を集めて葬っている。
     ホルスの母親でもある彼女は、ホルスとセトがオシリスの跡目をめぐって争ったときも知恵をはたらかせて息子の勝利を勝ち取った。
     イシスは、オシリスの玉座の背後に立っている姿で描かれるが、しばしば妹ネプテュスとともに二羽のトビの姿で表される。
    メイジ
     オシリスの妹であり妃であるイシスは、生命の魔術を操る偉大な(←偉大でも何でも無い。卑しい。「主食がうんこ」だ。金に魂を売ったお前らが覚醒≠ネんてシャブでも使ったんじゃねーのか?)“覚醒者(真の神側の覚醒者は悪魔のように汚れて無い、名前を真似ただけの偽者だから。)”(すなわちメイジ=バアル)である。イシス教団に伝わる古代エジプト秘史『イシス断章』は、彼女自身の著作とされる。イシスはトトから魔術を学び、オシリスがセトによって殺され、自らも妹ネプテュスや息子ホルスとともに囚われたときには、トトの知謀によって脱出を果たして、生命の秘術を用いてオシリスを冥界から呼び戻した。
     再びオシリスが殺された後、セトへの復讐に燃える息子ホルスを助けるため、彼女は数多くの魔術を彼とその信徒たちに与えた。その後、自分の遺産を後世に伝えるイシス教団の基を作り、イシスは定命の者として天寿をまっとうした。


    吸血鬼ケミンティーリ:セトの呪いの目、カマリリャの恥辱

    ケミンティーリはカマリリャに悪意を持つ、個人の敵対する意思としては最悪の存在である。すでにカマリリャを指導する立場としては取返しのつかない損害をこの「セトのしもべ」は物質と精神双方の面で我々ヴェントルーに与えた。いかなる犠牲を払っても我々はこのメトセラの真の死を確認せねばならない。
    さもなければ我々の究極的な威信は画餅と化し、サバトを始めとする敵対勢力の嘲笑の的となるであろう。」・・・・・アラストールの長。ヴェントルー氏族の護法官リュサンドの講話。彼女がサメディの幼児、ジェニーナを自ら滅ぼした直後に行われた。ケミンティーリは今なおカマリリャ「緋色の名簿」の筆頭である。


    トレメールやノスフェラトゥならもっとうまくやっただろうね・・・・ある皮肉屋の感想。

    イシスは死んだが、彼女の教団は連綿と不老不死の存在を創造する「生命の呪文Spell of
    Life」を伝承してきた。
    それは人間の魂に冥界から戻ってくる導きを与え、至福に満ちた地であるといわれるエジプトの真の死後の世界に入ることの出来ない者に、かわりにオシリスとホルスの聖戦に加わって魂を浄化する機会を与えるものであった。彼らはマミーと呼ばれ、中でもホルスによって創られ、ホルスのために忠実に戦う者はシェムス・へ―ル族Shemsu
    Heruと呼ばれた。彼らはその候補を「言葉の正しい者」から選び、外見が美しいだけの者は除外された。

     血族の血は呪いであり、彼らの内に抱擁で生まれたもの…「獣」が、生前の愛したもの、美しいものを徐々に萎えしぼむ残骸へと変えてしまう…これがエジプト人の考えるアペプ(しばしば変身種族達の考えるワームと同視される)



    サンドロ・ボッティチェリ作、ヴィーナスとマルス.jpg
    サンドロ・ボッティチェリ作、ヴィーナス(金星=ルシファー)とマルス(=火星=イシス)
    天使たちに「角」が生えているのは何でだろうかねぇ?堕天使だからかねぇ?

    マールス(=イシス=火星)
    マールスラテン語Mārs) は、ローマ神話における戦と農耕(=豊穣神=悪魔)の悪魔日本語では「マルス」や「マーズ」と呼ばれる。英語読みは「マーズ」(Mars)である。

    概要

    元の名はマーウォルスマウォルスMāvors)であるらしく、また、マーメルスマメルスMāmers)とも呼ばれていた。
    ギリシア神話アレースと同一視され、軍神としてグラディーウゥスグラディウスGradīvus、「進軍する者」の意)という異称でも呼ばれる。しかし、疫病神のように思われて全く良い神話のないアレースに対し、マールス(マルス)は勇敢な戦士、青年の理想像として慕われ、主神なみに篤く崇拝された重要な神である。聖獣は、聖鳥はキツツキである。

    神格
    マールスは他のローマ神話のどの神とも違い、ローマ建国時に既にローマにいた神であった。3月の悪魔であるのも、気候がよくなり軍隊を動かす季節と一致する。また、これが農耕の始まる季節に一致している。当時のローマ暦は、新年は農耕の始まる3月におかれた。主神と同様に扱われたために、ローマ建設者とされる初代ロームルス王の父親という伝承まで残されている。
    旧来の学説では、ローマ人が農耕民族であったため、マールスも元々は農耕神で、勇敢に戦い領地を増やしたロームルス王と像が重なり、後に軍神としても祭られるようになったと考えられていた。また、元は地下神であったため、地下に眠る死者との関連づけから軍神モートになったとする説もあった。しかし現在では、インド・ヨーロッパ語族比較神話学の進歩により、マールスは本来軍神であり、三機能イデオロギーの第二機能(戦闘)を担っていたと考えられている。しかし、マールスの名前はインド・ヨーロッパ語族とは関係のないエトルリア人に崇拝された神マリスを原型としている。
    マールスは、天体火星とも同一視されている。ルーブル美術館所蔵の彫刻ボルゲーゼのアレス」は美術分野でデッサンによく使われる石膏像に取り上げられており、本来ならアレースであるところを「マルス」と呼ばれて親しまれている。スペイン語では火曜日を「martes」と呼ぶが、本来は「軍神マルスの日」を意味する語である。

    また、マールスは、男性の武勇や闘争心を表す比喩として用いられたり、軍神の代名詞として用いられる事も多い。ウェヌス(ヴィーナス)が「愛」「女性」を象徴するのに対して、マールスは「武勇」「男性」「火星」の象徴として用いられる事も多い。性別記号で男性は「」と表記されるが、本来はマールスを意味する記号である。

    posted by 真 救世主 at 16:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    原罪について【カルマ】

     原罪=?【カルマ】

    ※注意;テレビは絶対持ち込まないこと。悪魔の最大の洗脳手段はマスメディアである。

    イエスが言った「原罪」とは半分嘘で半分本当である。

    「人は生まれながらに罪を背負っている」

    本当にそうなのであろうか?断じて違う!と、言いたいところだが、半分は本当である。

    それは、「カルマ」の存在である。
    カルマとは、前世で自らが行った「罪(業)」、そして、自分の親やご先祖様が行った「罪(業)」が自分に降りかかることである。

    これから逃れる方法はただ一つ!「隠者(世捨て人)」となり、他者との関わりを一切断つ事である。

    「カルマ」は、「業(ごう)」と和訳されてます。
    「業」の解説は、「行為」や「行動」と説明されています。
    [広辞苑(第六版)]

    サンスクリットの辞書では
      कर्मन् karman n. consequence of acts in a previous
    life
     となっていていわば「前世の因縁」のようなものです。

    人間の行動は、三つの要素から成り立ちます。
    ★身(しん)。身体=行動
    ★口(く)。 言語=言葉
    ★意(い)。 心=清い心からは清い言葉が生まれる。
    この三つを「三業」と呼びます
    (これも「広辞苑」より)

    これら「三業」は、人が生きている限り「行為」「行動」、「言葉」、そして「心」として働く。
    ※「隠者(世捨て人)」になっても「自分さえ良ければ良い」と思うのでは、その意味は半減してしまう。
    その種類は、「善」か「悪」か、そのどちらでもない「中間」の三種類。
    この場合の「善悪」の基準は、人間の作った法律や規則では有りません。
    基準と成るのは、「命」。
    それも、人の命に限らず「動植物全ての命」です。
    仏教では「殺生」、命を奪う行為を「悪」と見る訳です。(お店で食料購入などは当たり前のこと。そこで「お肉」を購入する分にはOK。)
    勿論、命を傷付けたり(食料を摂取する最低範囲は可)、命を憎んだり「呪ったり(超悪)」する行為も「悪」となります。

     「カルマ=未消化のエネルギー」
    つまり、前世からの未消化の感情や因縁、宿命のことです。ざっくり言うと。

    自分(もしくは親やご先祖様)がやった行いが返ってくるというよりは、何かをするにいたって企てたエネルギーがそのまま返ってくる・・・(新世界秩序とか、第三次世界大戦とか、人類家畜化計画とか・・・)
    今、存命の方で、自分の後の世代なんかどうでもいいや!「自分の代さえ良ければいい!!!」と若い頃、快楽、「拝金」の限りを尽くし、強欲を貪った人々は今のうちに少しでもカルマの清算を行っておかなければ洒落にならない。
    私の言うことに従って置きなさい。
    (「隠者(世捨て人」になれ、という意味では無い。心からの善行を行っておきなさい、という意味。)


     当ブログ、「ロゴス・キリスト」より抜粋。

    私の言葉を記す。(これは、2012年2月14日に語った言葉である。)

    初めに言葉は神であった。
    口から発する言葉は心を表し、言葉は清めもすれば、ケガレもする。
    それは、行動に現れる。
    そして、それは罪にもなり、贖罪にもなる。

    ※口先だけじゃダメだぞ!悪魔主義者諸君!悪魔崇拝を「諦め」、善行を積みなさい。
    表の信仰、裏の信仰なんてお前らの勝手な「作り話」だから。無いから、そんなの!
    金星を見たら悪魔と思え。
    ※(占いの禁止。タロットなどは最悪!→世界樹の中心に汚れた悪魔王堕天使ルシファー
    が配置されているため。)

    「現世利益」(豊穣神と同じ。「拝金崇拝」。=悪魔崇拝。)を説く者は全て偽者である。

    キリスト教 キリスト教の成立にあたり、このようなロゴス観は大きな影響を与えた。

    ヨハネによる福音書』の冒頭では以下のように述べられる。

    Ἐν ἀρχῇ ἦν ὁ Λόγος, καὶ ὁ Λόγος ἦν πρὸς τὸν Θεόν, καὶ Θεὸς ἦν ὁ Λόγος.
    はじめに言(ロゴス)があった。言は神とともにあり、言は神であった

    『ヨハネによる福音書』1:1(Κατά Ιωάννην Ευαγγέλιο[2])

    ロゴス(logos)とは、古典ギリシア語λόγος の音写で、
    1. 概念意味論理説明理由理論思想などの意味。
    2. キリスト教では、神のことば、世界を構成する論理としてのイエス・キリストを意味する。
    3. 言語論理真理の意味。転じて「論理的に語られたもの」「語りうるもの」という意味で用いられることもある。

    ロゴスが哲学用語として注目されるのは、ヘレニズム期のストア哲学である。
    ゼノンをはじめとするストア派の哲学者は、神が定めた世界の神的な論理を「ロゴス」と呼び、ときにこれを神とも同一視した。


    何も難しいことではなく、悪いことをすると罰を受ける。(悪魔崇拝など当然「悪」!偽の仏のなんと多いことよ。)しかし、前世からの、もしくは自分の親や御先祖様のカルマを背負っている可能性(必ずではない)がある。それから100%逃れる方法が「隠者(世捨て人)」になることである。
    ただし、「病気」だけはどうしようも無い。
    病気で死んだ時は、天命と思って諦めるように。

     「隠者(隠者)」になる利点=絶対ケガレ無いこと。つまり清き身体と心
    ●山里などにこもり、他者との関係を一切自ら断つ(当然、食料の買出しなど、最低限は行わざる得ないが・・・)ため、「ケガレようが無い」言い換えれば神も悪魔も手の出しようが無い。
    ●他者との関係の全てを一切断っているため、悪魔が来ようが、神が来ようが、何も出来ない。→他者への害が及びようが無いため。
    ●神が仮にカルマを執行しようしようとしても、他者との関係が及ばぬほどの山里深くに入ってしまっていれば、執行不可能である。
    ●ケガレることが無い=「清いまま」の人間である。つまり、絶対地獄に行くことは有り得ないのである。
    ●チョコチョコ隙を見て、良い行いをして(つまり善行)おけば、神の側としては守らざる得なくなる。(ゴミ拾い、便所掃除などなら他者との接触するリスクが少ない。他者は見下すだろう。しかし、それが善行なのであり、隠者への道でもある。)
    ●他者との関係を一切断つということは、あらゆるコミュニティーに入らないことを意味する。しかし、冠婚葬祭は行くべきである。
    ●冠婚葬祭などで酒を飲む。必ずここで、カルマを実行しようとしたり、悪魔が誘惑しようとしたりして来る。隠者にはそこしかチャンスが無いからである。
    ●結果、天国への道が約束されてしまう。
    ※注意;テレビは絶対持ち込まないこと。悪魔の最大の洗脳手段はマスメディアである。

    要するに、「晴耕雨読」である。
    性処理は邪印(ホモ・レズ・乱交・他人の配偶者を寝取る)などの行為でない範囲であればOK。風俗も性処理の範囲であればOK。

    要するに、「生まれながらの赤ちゃんは何の罪も基本的に持っていない」のである。が、カルマがあるのである。

     


     「隠者(世捨て人)」になるデメリット→楽しいことが何も無い。
    ●他者との関わりの一切を断つため、知識追求やパソコンのゲーム、インターネットくらいしか楽しみが無い。しかもコミュニティーに入れない。メールなどで他者とのやり取りはどうしてもパソコンを許可した以上発生してしまうだろう。誘いは堂々を「隠者(世捨て人)」である、と言って断ることである。
    ●幼少期からの友人や親兄弟まで捨てることは無い。が、誘惑には気をつけることだ。別に町でたまに一緒に飲んだからと行って罪になることなど有り得ないが、カルマ実行の隙を与えること、悪魔の誘惑の隙を与えることを覚悟して行くことである。おそらく、ここぞとばかりに「楽しい時間」を悪魔は提供して来るだろう。気をつけなさい。
    ●当然宗教は独自崇拝。悪魔崇拝を100%避けるには、「拝金」を捨て、ご先祖さまを祭るのが一番無難である。大天使ウリエルでも可。

    posted by 真 救世主 at 02:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月23日

    金星【悪魔は両性具有】ルシファーの変化した神の仮面を被った悪魔たち。「まりこ」もルシファー?

    金星=「薔薇の花弁」
    金星.jpg

    (WIKIより抜粋)
    金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス(ヴィーナス)、英語Venus)日本語でまりこ、とも。は太陽系太陽に近い方から二番目の惑星である。
    地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。

    地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽についで明るく見えるであることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。これは金星が地球よりも太陽に近い内惑星であるため、太陽からあまり離れず、太陽がまだ隠れている薄暗い明け方と夕刻のみに観察できるためである。最大離角は約47度と、水星の倍近くあるため、最大離角時には日の出前や日没後3時間程度眺めることができる。

    スーパーローテーション

    金星大気の上層部には4日で金星を一周するような強い風が吹いている。この風は自転速度を超えて吹く風という意味でスーパーローテーションと言われる。風速は秒速100mに達し、金星の自転の実に40倍の速さを持っていることになる。このことが実際に確かめられるまでは、昼の面で暖められた大気が上昇して夜の面に向かい、そこで冷却して下降するという単純な循環の様式が予想されていた。この現象は多くの人々の興味を引くこととなり様々な理論が提示されてきたが、未だに解明には至っておらず、金星最大の謎の一つとされている。

    自転

    金星の赤道傾斜角は178度である。即ち、金星は自転軸がほぼ完全に倒立しているため、他の惑星と逆方向に自転していることになる。地球など金星以外の惑星では太陽が東から昇り西に沈むが、金星では西から昇って東に沈む。(この属性により、悪魔は正を邪に捻じ曲げる性質を持つ。順序を逆にするのである。つまり、「道理に逆らう」のである。それが不法を呼び、姦淫を呼び、邪悪を生み、捏造を生み、「嘘も100回言えば真実になる」と言う思考を生む根本原因である。)
    金星の自転がなぜ逆回転をしているのかはわかっていないが、おそらく大きな星との衝突の結果と考えられている。また、逆算すると金星の赤道傾斜角は、2度ぐらいしか傾いておらず、自転軸が倒立しているとは言え、ほぼ垂直になっていることになる。このため、地球などに見られるような、気象現象の季節変化はほとんどないと推測されている。

    金星の自転は、地球との会合周期とシンクロしており、最接近の際に地球からはいつも金星の同じ側しか見ることができない(会合周期は金星の5.001日にあたる)。これが潮汐力の共振によるものなのか、単なる偶然の一致なのかについてもよくわかっていない。


    ルシファーが化けた偽の神々の一覧表(何故、太陽神のように増殖しないか?「唯一神」を目指していたからである。)全員【悪魔認定】→地獄行き即確定!
    地名

    金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum/Planitia(平原)、Chasma、Vallis/Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus/Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア(グィネヴィアGuinevere)平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。
    日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラニンギョ・フルクトゥスウズメ・フルクトゥス(天鈿女命ヤガミ・フルクトゥス(八上比売セオリツ・ファッラ(瀬織津姫ベンテン・コロナイナリ・コロナカヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売オオゲツ・コロナ(大宜都比売トヨウケ・コロナ(豊受大神ウケモチ・コロナ(保食神イズミ・パテラ(和泉式部オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。

    クレーターには各国語の女性名が付けられている。
    日本語および日本人に由来するものとしては、晶子(与謝野晶子)、千代女(加賀千代女)、林(林芙美子)、卑弥呼、市川(市川房枝)、政子(北条政子)、吉岡(吉岡彌生)、ふきこ、ひろみ、いさこ、まりこ(海老原麻里子は悪魔崇拝などしてない。)、なみこ、のりこ、れいこ、せいこ、やすこ、ようこ、などがある。
    卑弥呼.jpg
    卑弥呼(馬台国=日本最初のルシフェリアン?=「うんこ」も食べてた!人間も食べてた!)

    ジョン・コリア『グィネヴィア王妃の五月祭の祝い』(1900年).jpg
    ジョン・コリア『グィネヴィア王妃の五月祭の祝い』(1900年)

    モデナ大聖堂のレリーフ(魔柱).jpg
    モデナ大聖堂のレリーフ(魔柱)

    グィネヴィア(ギネヴィア)
    グィネヴィアGuinevere)は、伝説的な人物で、アーサー王王妃ギネヴィアグェネヴィアグィナヴィーアグウィニヴィアグインネヴィアなど多数の表記がある。
    グィネヴィアで最も有名な話は、円卓の騎士ランスロットとの不倫で、その話が最初に出てくるのは、フランスの吟遊詩人クレティアン・ド・トロワの『荷車の騎士ランスロ』(1171年〜1181年の間) (en:Lancelot, the Knight of the Cart) の中である。この題材は、13世紀初期のランスロ=聖杯サイクルにはじまって、後期流布本サイクルトマス・マロリーの『アーサー王の死』まで、アーサー王物語の中で繰り返し取り上げられた。2人のアーサー王への裏切りが王国を滅亡させるという筋である。


    人物像 (見よ!この裏切りと憎しみの人生を!!!ルシファーがもたらした物だぞ!?)

    ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ『アーサー王の墓 - ランストロットとグィネヴィア最後の密会』
    脚色も混じっているが、グィネヴィアはレオデグランス王 (en:Leodegrance) の娘で、アーサー王がまだ後ろ盾が必要だった若い頃に婚約した。後にランスロットと出会った時、グィネヴィアは彼に一目惚れしてしまった。2人はすぐに不倫関係になったが、夫のアーサーは長い間そのことに気付かなかった。気付いたのは祝宴の席に、ランスロットとグィネヴィアがともにいなかった時で、この不倫を明るみに出したのは、ロット王の2人の息子、アグラヴェインモルドレッドだった。ランスロットは逃亡し、アーサー王は気持ちとは裏腹に、グィネヴィアを火あぶりの刑に処すと宣言しなければならなかった。処刑のことを知ったランスロットと家族は何とかそれを止めさせようとした。アーサー王は多くの騎士たちを処刑台の守備にあたらせることしたが、ガウェインはその任務を辞退した。ランスロットは処刑台に辿り着き、グィネヴィアを救出したが、その時の戦いで、ガウェインの兄弟ガヘリスガレスが死んでしまった。復讐に燃えるガウェインは、アーサー王にランスロットと戦うよう訴えた。アーサー王はランスロットとの決戦のため、フランスに行くことになり、(ランスロットから再びアーサー王の元に返された)グィネヴィアをモルドレッドに預けることにしたが、モルドレッドはグィネヴィアと結婚し、王座を簒奪しようと企んでいた。モルドレッドの求婚をグィネヴィアが承諾した話にはさまざまなヴァージョンがある。中には承諾せず、ロンドン塔に身を隠し、それから修道院に入ったという話もある。モルドレッドの裏切りを知ったアーサー王は急いでブリテンに引き返し、カムランの戦い でモルドレッドを倒した。しかし、その戦いでアーサー王も致命傷を負い、伝説の島アヴァロンに運ばれた。グィネヴィアは最後にもう一度ランスロットと会って、それから修道院に戻り、残りの人生をそこで送った。
    ほとんどの物語でグィネヴィアには子供がいないが、例外として『ペルスヴァル』 (en:Perlesvaus) と『Alliterative Morte Arthure(頭韻詩アーサー王の死)』 (en:Alliterative Morte Arthure) の2つがある。『ペルスヴァル』には、彼女の子供としてロホルト(Loholt)という人物が登場する。(ただし、マロリーリオノレスの産んだ子ボーレ(Borre)と同一人物だと考えられているので、そうなるとロホルトはグィネヴィアの子とは言えなくなってしまう。)ロホルトは他の物語でも、アーサー王の私生児として登場している。一方、『アーサー王の死の頭韻詩』では、グィネヴィアは自ら望んでモルドレッドの配偶者となり、彼との間に2人の子供をもうけたことが、それとなくほのめかされている。『ウェールズのトライアド』にも、アーサー王の子供たちについての言及があるが、母親が誰かは明らかにされていない。
    他の家族関係もまたはっきりしない。たとえば、ランスロ=聖杯文学群(←ぷっ!偽が聖杯を語ってやがる。どこかの王室みたいだな。)やドイツ語のロマンス『Diu Crône(王冠)』 (en:Diu Crône) では、グィネヴィアの異父(異母)姉妹と兄弟の2人がかたき役を演じているが、この2人は他の物語にはいっさい登場しない。ウェールズの伝承(例えば『Mabinogion(マビノギオン)』)では、グウェンフイヴァハ(Gwenhyvach)というグィネヴィアの妹がいたと伝えられ、グィネヴィアたちと反目していたと物語られている。成立が遅い作品の殆どでは、グィネヴィアの父親はレオデグランスとされ、母親については触れないのが常であるが、母親は死んだと書かれたものが、いくつか見られる。その例として、中英語で書かれたロマンス『アーサーのターン・ワザリング冒険』では、イングルウッドの森 (en:Inglewood Forest) で、グィネヴィアの母親の幽霊が娘とガウェインの前に現れる。またある作品では、高名な従兄弟の名前がたった1カ所だけ出てくる。
    グィネヴィアは、あらゆる面で弱く、日和見主義的な裏切り者である致命的な欠点を持つが、気高く高潔な貴婦人として描かれてきた。しかし、クレティアン・ド・トロワの『獅子の騎士イヴァン』 (en:Yvain, the Knight of the Lion) の中では、グィネヴィアは、聡明で友情厚く育ちも良い女性として賛美されている。一方、マリー・ド・フランスの『ランヴァル』 (en:Lanval) (ならびにThomas Chestre (en:Thomas Chestre) によるその中英語版『Sir Launfal(ローンファル卿)』 (en:Sir Launfal) )で描かれるグィネヴィアは、執念深くふしだらな女で、アーサーや育ちの良い騎士たちから嫌われている。早い時期の作品ほど、グィネヴィアを不吉な女性として描く傾向が強く、後の作者たちはキャラクターをより掘り下げるため、グィネヴィアの善も悪も描いている。
     
    乙姫.jpg
    乙姫【おとひめ】(フリーメーソン悪魔崇拝者たちが乙姫を守ろうと必死で、こんな画像しか獲得出来なかった。見て、薔薇が一杯!薔薇=金星。その後ろには黄道十二宮。)


    朝日日本歴史人物事典の解説(改竄部分修正済み。)
    竜宮城に住む海神の娘乙姫は,よく知られているが,姉妹のうち妹姫をさしたり,末の姫という場合もある。年が若く美しい女性の意味がこめられている。海神の娘が住む竜宮城は,海底にあり,陸上住民にとっては異界である。そこを訪れた浦島太郎は,乙姫に鯛や平目の舞い踊りのもてなしを受ける。
    そして、人間界に帰る時、乙姫は「一つの呪い(この箱は絶対開けてはなりませぬ。)」をわざわざ言って『渡す必要の全く無い玉手箱』を浦島太郎にわざと≠ィ土産みたいな形で渡すのである。
    そして、どうしても玉手箱の中身が気になってしょうがない浦島太郎は遂に箱を開けてしまう。すると、もくもく煙が出て一気に90歳くらいの老人になってしまう。(ルシファーの大好きな持ち上げるだけ持ち上げて、一気に叩き落とすパターン!の体現。この地獄を見てルシファー及び悪魔崇拝者たちは大笑いをする。それが、フリーメーソン!)
    海神は竜神であり,乙姫が人間界にくれば蛇身の姿にならざるを得ないのである。説経節信徳丸」に出てくる乙姫は長者の娘で,癩に冒され,盲目となりさすらう信徳丸を看護して救った。ここでは,病気を治す,呪的な力を持つ若く美しい女性のイメージがあり,旅の巫女がひとつのモデルとなっている。
    (宮田登)    


    ラクシュミー(ラヴィ・ヴァルマ画).jpg
    ラクシュミ(フリーメーソンにはこう言う掟がある。「一流の悪魔は一流の慈善家の顔を持たねばならない。」その慈善家の顔の側がラクシュミである。ラクシュミ(=ルシファー)が本物の神などでは有り得ないことなど、自明である。)

    ラクシュミー(लक्ष्मी,Lakshmi,Laxmi)は、ヒンドゥー教女神の一柱で、豊穣(=「拝金崇拝」=悪魔。)と幸運を司る。
    乳海攪拌の際に誕生した。ヒンドゥー教の最高神の1人ヴィシュヌの妻とされており、数多くあるヴィシュヌの化身と共に、ラクシュミーも対応する姿・別名を持っている。幸運(「拝金」もちろん、その後にはアラクシュミーという、同一の姉妹からの絶望、もしくは自殺にまで至る不幸が待っている。それが、ラクシュミ崇拝。)を司るため、移り気な性格(用が済んだらポイとゴミのように人間を捨てる。だって、ルシファーだもん、コイツ。)であるともいわれる。蓮華の目と蓮華の色をした肌を持ち、蓮華の衣を纏っている。ラクシュミーが誕生した時、アスラ達が彼女を手に入れようとしたが、失敗に終わった。あるアスラは彼女を捕まえる事に成功し頭の上に乗せたが、その途端に逃げられた。かつてはインドラと共にいたこともあったが、インドラでさえラクシュミーを自分の元に留めておく為には、彼女を4つの部分に分けなければならなかったという。

    10月末から11月初めのインド歴の第七番目の月の初めの日「ディーワーリー」(दीवाली, Diwali/またはサンスクリット:दीपावली, Deepawali)はラクシュミーを祝うお祭りである。
    なおラクシュミーはアラクシュミーという不幸を司る女神を姉に持つともされ、ヴィシュヌの妻になる際に「私があなたの妻になる条件として姉にも配偶者を付けるように」とヴィシュヌに請願し、ある聖仙(リシ)とアラクシュミーを結婚させ、晴れてヴィシュヌとラクシュミーは一緒になったという神話も一方で残っている。※後述;アシラ(Asherah)の天界の双子と全く同じロジック。

    仏教にも取り込まれて吉祥天【悪魔認定】(日本の東京都吉祥寺がやたら「住みたい町NO.1」のされているのはルシファー崇拝を強めるため。他にも悪魔崇拝の拠点の町として、東京では六本木(六本木ヒルズは六本木六丁目六番地(666)にあるのをご存知だろうか?)、八王子、東京タワー)と呼ばれている。福徳安楽を恵み仏法を護持する天女とされる。また弁才天(サラスヴァティー)と混同される場合がある。

    別名

    ●シュリー(श्री, Srī) - 吉祥。
    ●パドマーヴァティー(पद्मावती, Padmāvatī) - 蓮を持つ女性。

    ●チャンチャラー - 移り気。


    吉祥天.jpg蛇身弁財天 石像.jpg
                     蛇身弁財天 石像
    吉祥天
    (=ラクシュミ=ルシファー)【悪魔認定】←左手に注目して頂きたい。悪魔のサイン「コルナ」をしている。つまり、吉祥天ことラクシュミことルシファーは影で「うんこ」や「人間」を食べ、「淫血」をして邪淫を貪っていた証拠である。
    吉祥天
    (きっしょうてん、Skt:Srii-mahadeii、音写:摩訶室利など)は、仏教の守護神である天部の1つ。

    もとヒンドゥー教女神であるラクシュミー(Laksmii)が仏教に取り入れられたもの。ヒンドゥー教ではヴィシュヌ神の妃とされ、また愛神カーマの母とされる。
    仏教では毘沙門天の妃また妹ともされ、善膩師童子を子と持つ。鬼子母神を母とし、徳叉迦龍王を父とするとも言われる。また妹に黒闇天がいる。 毘沙門天の脇待として善膩師童子と共に祀られる事もある。
    早くより帝釈天大自在天(シヴァ=悪魔)などと共に仏教に取り入れられた。後には一般に弁才天と混同されることが多くなった。 北方・毘沙門天の居所を住所とし、未来には成仏して吉祥摩尼宝生如来(きちじょうまにほうしょうにょらい)になると言われる。
    吉祥とは繁栄・幸運を意味し幸福(=「拝金」=悪魔)を顕す神(の名を語る悪魔)とされ、密教においては功徳天ともいわれている。また、美女の代名詞として尊敬を集め、金光明経から前科に対する謝罪の念(吉祥悔過・きちじょうけか)や五穀豊穣でも崇拝されている。
    今では七福神で唯一の女神は弁才天(弁財天)であるが、当初の紅一点は吉祥天であったとも言われる。同じく金運等の福徳の女神としては、主に貴族から崇拝されていた吉祥天。
    日本においては、神社でも信仰の対象としているところもあり、神道でもある。 吉祥院天満宮の吉祥院に菅原清公卿、菅原是善公、伝教大師孔子と共に祀られる。

    ハトホル.jpg
    ハトホル=アプロディーテー=エロース=ヴィーナス=ルシファー(金星)

    ハトホル
    (Hathor)は、古代エジプト神話の愛と幸運の女神。聖獣は牝牛。ホルスの母で、ときに妻ともされる(ハトホルという名の゛ホル゛の部分はホルスのことを表しているとされる)。世界を生み出した天の雄牛(プタハ=エンキ)、鉱山の守護神、養育神、子供を守る女神などの多様な性格をもち、イシスに次いで広く崇拝された。ギリシアではアプロディテと同一視され、しばしば雄牛の頭部をもつ姿で表され、その頭部を用いた装飾柱はハトホル柱として知られる。人の姿で現される時も頭に牛の角が生えており、その間に太陽円盤を載せている。冥界へ行く者達にイチジクから作られた食物を与える役割を持ち、そこから「南方のイチジクの女主人」とも呼ばれ、牛と共にイチジクも彼女の象徴とされる。
    またアペプとの戦いの際にセクメトないしバステトを援護し、これを倒したためにこれらの女神と同一視される場合もある。


    アプロディーテー=イシュタル=ヴィーナス=ルシファー(金星)
    【悪魔確定】

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    移動: 案内, 検索
    アプロディーテーの誕生
    ドミニク・アングル



    絵の下にいる天使たちは堕天使か?
    アプロディーテー
    古典ギリシア語ΑΦΡΟΔΙΤΗ, Ἀφροδίτη, Aphrodītē)またはアプロディタアイオリス方言ΑΦΡΟΔΙΤΑ, Ἀφροδιτα, Aphrodita)は、と性を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一神である。美において誇り高く、パリスによる三美神の審判で、最高の美神として選ばれている。また、戦の女神としての側面も持つ。日本語では、アプロディテアフロディテアフロディーテーなどとも表記される。

    元来は、古代オリエント小アジアの豊穣の植物神・植物を司る精霊・地母神であったと考えられる。アプロディーテーは、生殖と豊穣、すなわち春の女神でもあった。

    概説

    ヘーシオドスの『神統記』によれば、クロノスによって切り落とされたウーラノスの男性器にまとわりついた泡(アプロス、aphros)から生まれ、生まれて間もない彼女に魅せられた西風が彼女を運び、キュテラ島に運んだ後、キュプロス島に行き着いたという。彼女が島に上陸すると美と愛が生まれ、それを見つけた季節の女神ホーラたちが彼女を飾って服を着せ、オリュンポス山に連れて行った。オリュンポスの神々は出自の分からない彼女に対し、美しさを称賛して仲間に加え、ゼウスが養女にした。これは、Ἀφροδίτη「泡の女神」(「泡」だけに「泡となって悪魔主義者の全ての夢は消えた、と。)とも解釈可能なことより生じた通俗語源説ともされる。
    ただし、キュプロスとアプロディーテー女神のあいだには本質的な連関があり、女神が最初にキュプロスに上陸したというのは、アプロディーテーの起源とも密接に関係する。なお、結婚相手・愛人を含め関係があったものは多々いるが主なものは、ヘーパイストスアレースアドーニスである。

    一方、ホメーロスによればゼウスとディオーネーの娘だと述べられている。ローマ神話におけるウェヌス(英語読みでヴィーナス)に相当する。聖獣はイルカで、聖鳥は白鳥聖樹は薔薇芥子花梨銀梅花真珠帆立貝林檎もその象徴とされる。また、牡山羊鵞鳥に乗った姿でも描かれる。
    気が強く、ヘーラーアテーナーと器量比べをしてトロイア戦争の発端となったり、アドーニスの養育権をペルセポネーと奪い合ったりするなど、他の女神達との折り合いは悪い方である。

    東方起源の性格

    アプロディーテーの神殿
    古くは東方の豊穣・多産の女神アスタルテーイシュタルなどと起源を同じくする外来の女神で、『神統記』に記されているとおり、キュプロスを聖地とし、「キュプリス」という別名を持つ。オリエント的な地母神としての性格は、繁殖と豊穣を司る神として、庭園や公園に祀られる点にその名残を留めている。そして愛の女神としての性格を強め、自ら恋愛をする傍ら人々の情欲を掻き立てて、恋愛をさせることに精を出している。同じく愛の神エロースと共にいる事もしばしばである。また、これとは別に航海の安全を司る神として崇拝されたが、これはフェニキアとの関連を示唆すものと考えられる。
    スパルタコリントスでは、アテーナーのように、甲冑を着けた軍神として祀られていた。特にコリントスはギリシア本土の信仰中心地とされ、コリントスのアクロポリス(アクロコリントス)のアプロディーテー神殿には、女神の庇護下の神殿娼婦(邪淫)が存在した。この所作もまた東洋起原のものとされる。
    古くから崇拝されていた神ではないために伝えられる説話は様々である。ヘーパイストスの妻とされるが、アレースと情を交わしてエロースなどを生んだという伝承もある。アプロディーテとエロースを結び付ける試みは、紀元前5世紀の古典期以降に盛んとなった。

    金星の女神

    本来、豊穣多産(=「拝金」=悪魔確定。)の植物神としてハトホル=イシュタルやアスタルテー、ヴィーナス同様に金星の女神であったが、このことはホメーロスやヘーシオドスでは明言されていない。しかし古典期以降、再び金星と結び付けられ、ギリシアでは金星を「アプロディーテーの星」と呼ぶようになった。現代のヨーロッパ諸言語で、ラテン語の「ウェヌス」に相当する語で金星を呼ぶのはこれに由来する。


    グレゴリオ聖歌
    (グレゴリオ聖歌(グレゴリオせいか、グレゴリアン・チャント)は、西方教会単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会(邪教)、主に9世紀から10世紀にかけて、西欧から中欧のフランク人の居住地域で発展。で用いられる)でも歌われる中世の聖歌『アヴェ・マリス・ステラ』の「マリス・ステラ(Maris stella)」は、「海の星」の意味であるが、この星は金星であるとする説がある。聖母マリアがオリエントの豊穣の女神、すなわちイシュタルやアスタルテーの系譜にあり、ギリシアのアプロディーテや、ローマ神話のウェヌスの後継であることを示しているとされる。

    ローマ神話での対応と別名



    アプロディーテー誕生の地ペトラ・トゥ・ロミウ(ギリシア人の岩)。キプロス島のパポス





    ローマ神話では、ウェヌス(Venus)をアプロディーテーに対応させる。この名の英語形は「ヴィーナス」で、金星を意味すると共に「愛と美の女神」である。

    別名として、レスボス島の詩人サッポーアプロディタἈφροδιτα, Aphrodita)と呼んでいる。またキュプリス(「キュプロスの女神」の意)という別名もある。キュプロス島には古くからギリシア人植民地があったが、キュプロスを経由して女神の信仰がオリエントより招来されたためとも考えられる。アプロディーテーとキュプロスには本質的な関係があった。
    その海からの生誕伝説と関係して「キュテレイア(キュテーラの女神)」と呼ばれるほか、キュプロスの都市パポスにちなみ「パピアー(パポスの女神)」とも称される。

    物語

    アドーニス

    アドーニスの死

    自らの血(ネクタル)=ネクター=桃=「女性器は万物を象徴」する。

    アドーニス(Adonis)は、アッシリア王テイアースの娘スミュルナの生んだ子であるとされる。スミュルナは、アプロディーテーへの祭祀を怠ったため父親に対して愛情を抱く呪をかけられ、策を弄してその想いを遂げた。しかし、これが露見したため父に追われ、殺される所を神に祈って没薬の木(スミュルナ)に変じた。その幹の中で育ち、生まれ落ちたのがアドーニスといわれる。

    アプロディーテーはこのアドーニスの美しさに惹かれ、彼を自らの庇護下においた。だがアドーニスは狩猟の最中に野猪の牙にかかって死んだ。女神は嘆き悲しみ、自らの血(ネクタル)をアドーニスの倒れた大地に注いだ(アドーニス本人の血とする説も)。その地から芽生えたのがアネモネといわれる。アプロディーテーはアドーニスの死後、彼を祀ることを誓ったが、このアドーニス祭は、アテーナイ、キュプロス、そして特にシリアで執り行われた。この説話は、地母神と死んで蘇る穀物霊としての少年というオリエント起源の宗教の特色を色濃く残したものである。

    アイネイアース

    ゼウスはたびたびアプロディーテーによって人間の女を愛したので、この女神にも人間へ愛情を抱くよう画策し、アンキーセースをその相手に選んだ。女神はアンキーセースを見るとたちまち恋に落ち、彼と臥所を共にした。こうして生まれたのがアイネイアースである。彼は、アテーナー、ヘーラー、アプロディーテーの器量比べに端を発するトロイア戦争の後、ローマに逃れ、その子イーロス(ラテン語名:ユールス)が、ユリウス家の祖とされたため、非常によく崇拝された。

    脚注

    1. ^ 政府公認の売春宿を作ってその利益が神殿建設資金になった説がある。
    2. ^ ヒエロドゥーライ(hierodoulai、「神聖奴隷」「神婢」)。ただし、娼婦男娼の場合があるため、男娼のみの場合、または両性をまとめて呼ぶ場合(旧約聖書 列王記下 第23章 に記載されているバアル崇拝の神殿男娼を思い出すように。邪印(悪魔崇拝)である。 )は、ヒエロドゥーロイ(hierodouloi)と称する。

      目視
    明けの明星
    公転軌道が地球より内側にある金星は、天球上では太陽の近くに位置することが多い。
    地球と金星の会合周期は583.92日【ご破算、国(世界統一国家)】(約1年7か月)であり、内合から外合までの約9か月半は日の出より早く金星が東の空に昇るため「明けの明星」となる(ただし内合・外合の前後は太陽に近すぎるため、太陽の強い光に紛れて肉眼で確認することは極めて困難である)。明けの明星の見かけ上の明るさが最も明るくなるのは内合から約5週間後である。そのときの離角は約40度、光度は-4.87(「死、花」→花は当然「薔薇」を指す。「薔薇」=「金星」を意味する。「死兆星」をまだ疑うかね?輝いたのは金星では無く、死兆星だったな。)で、1等星の約170倍の明るさになり、明るくなりかけた空にあってもひときわ明るく輝いて見える。内合から約10週間後に西方最大離角(約47度)となる。外合を過ぎると日没より遅く金星が西の空に沈むため「宵の明星」となり、東方最大離角、最大光度を経て内合に戻る。

    その神秘的な明るい輝きは、古代より人々の心に強い印象を残していたようで、それぞれの民族における神話の中で象徴的な存在の名が与えられていることが多い。また地域によっては早くから、明けの明星と宵の明星が(金星という)同一の星であることも認識されていた。
    金星では「新月」形と「半月」形の間で最も明るくなる。これは軌道の(地球軌道に対する相対的な)大きさに関係しており、水星とは異なる。
    死兆星.jpg
    死兆星はお前たち悪魔崇拝者の上に確かに輝いた!

    朔望

    金星の観測モデル。満ち欠けがない外合時に観測上の視直径は最小となり、地球に最も近づく内合時(の直前)に視直径が最大となる。
    地球から見た金星は、月のような満ち欠けの相が見られる。これは内惑星共通の性質で、水星も同じである。内合の時に「新金星」、外合の時に「満金星」となる。内合のときに完全に太陽と同じ方向に見える場合、金星の日面通過(あるいは太陽面通過)と呼ばれる現象がまれに起こる。最大離角の時には半分欠けた形になる。西方最大離角の時には日の出前に最も早く上り、東方最大離角の時には日没後に最も遅く沈む。

    金星による影

    金星が最も明るく輝く時期には、金星の光による影ができることがある。オーストラリアの砂漠では地面に映る自分の影が見えたり、日本でも白い紙の上に手をかざすと影ができたりする。なお、過去には SN 1006 のような超新星が地球上の物体に影を生じさせた記録も残っているが、現在観測できるそれほど明るい天体は太陽、金星、天の川のみである。

    人類と金星

    歴史と神話

    欧米ではローマ神話よりウェヌス(ヴィーナス)と呼ばれている。メソポタミアでその美しさ(明るさ)故に美の女神イシュタルの名を得て以来、ギリシャではアフロディーテなど、世界各国で金星の名前には女性名が当てられていることが多い。
    日本でも古くから知られており、日本書紀に出てくる天津甕星(あまつみかぼし)、別名香香背男(かがせお)と言う星神は、金星を神格化した神とされている。時代が下って、平安時代には宵の明星を「夕星(ゆうづつ/ゆうつづ)」と呼んでいた。清少納言随筆枕草子」第254段「星はすばるひこぼしゆふづつよばひ星、すこしをかし。」にあるように、夜を彩る美しい星の一つとしての名が残されている。
    ヨーロッパでは、明けの明星の何にも勝る輝きを美と愛の女神アプロディーテーにたとえ、そのローマ名ウェヌス(ヴィーナス)が明けの明星すなわち金星を指す名となった。
    キリスト教においては、ラテン語で「光をもたらす者」ひいては明けの明星(金星)を意味する言葉「ルシフェル」(Lucifer) は、他を圧倒する光と気高さ邪悪さから、唯一神に仕える最も高位の天使(そして後に地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥)の名として与えられた。

    アステカ神話では、ケツァルコアトルテスカトリポカに敗れ、金星に姿を変えたとされている。

    アメリカ合衆国





    アシラ(Asherah).jpg
    アシラ(Asherah)
      =ルシファー
    アシラは、西セム系太女神アシェラトのヘブル読みである。
    古代イラン語asha(宇宙の法則)に由来するものと思われる。この法則は家母長の法則であって、古代ローマの自然法と同じようなものである。アシラは「知恵の点では神々のうち最もすぐれた者」
    [2]であった。シュメール人はアシラをアシュナンAshnan(万物の力、心のやさしい寛大な乙女)と呼んだ[3]。アシラの聖なる都市マル-アシュMar-ashは、聖書ではマレシャとなっている(『ヨシュア記』第15章 44節)。

     旧約聖書の欽定英訳ではアシラは「木立」groveとなっている。しかし聖なる木立が女神の生殖器の中心、つまり万物生誕の場であるという説明はなされていない。母権制時代、ヘブライ人は木立の下で女神を崇拝した(『列王紀上』第14章 23節)。しかし父権制時代になると、改革者たちは女神像を切り倒し、アシラに仕える聖職者たちの骨を彼らの祭壇の上で焼いた(『歴代志下』第34章 4-5節)。
     女神の
    木立-女陰は「聖なる場所」Athra qaddisa(文字どおりの意味では「聖娼」)であった。アシラは、ときには、単に「神聖」と呼ばれた。この名称はのちにヤハウェにつけられた。カナン人はアシラを「神々を生む女神」Qaniyatu elimaあるいは「海を渡る女神」(=月)Rabbatu athiratu yammiと呼んだ。Rabbatuという語はラビrabbi(ユダヤ教の宗教的指導者)の昔の女性形であった。アシラという名前の変形としては、Athirat、Athra、Aethra、Athyr、そしてエジプトのヘ(ウ)ト=ヘル〔ハトホルHathor〕というのがあった。エジプトではまたアセト〔イシスIsis〕の古形であるアシェシュAshesh(法を与える母神)でもあった。このアシェシュという名前は、「あふれ出る」という意味と「養育する」という意味とを表した。いずれにしても、アシェシュの乳房のはたす機能を表したものであった。アシェシュの女陰を祀った神殿がテーバイにあって、アセルAsher、アシュレルAshrel、あるいはアシュレルトAshreltと言った。アシェシュのことを、「アシェルトの偉大なる女神、天界の女神、神々の女王」と呼んだ人もいた。
     アシラはしばらくの間セム族の神エルElを
    としていた。アシラが天界の雌牛であり、エルが雄牛であった。この聖なる結婚ののちに、アシラは天界の双子、シャヘルShaherとシャレムShalemを生んだ。明けの明星と宵の明星である。pointLucifer..(ルシファー←金星が二つ存在する訳無いことは理解出来るであろう。この双子は何を意味するのであろうか?それはルシファーの邪悪な性格に良く表れている。「徹底的に持ち上げて〈明けの明星(希望)〉から『叩き落す!〈宵の明星〉(絶望・死=邪悪)を楽しむフリーメーソン会員たちの醜い自己弁護。)〉』。ルシファーがキリストであることなど、有り得ないのである。これのどこに「救い」がある?楽しんでいたじゃないか!快楽を貪っていたじゃないか!?他者の死を!絶望を!不幸を!自殺に追い込むのを!!!神を名乗れる資格がどこにある!?恥知らずが!!!) この結婚の儀式では、母親の乳で仔ヤギを煮ることが行われたらしい。しかしこうしたことは、のちに、ユダヤの聖職者たちの禁ずるところとなった(『出エジプト記』第23章 19節)。
    posted by 真 救世主 at 09:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月22日

    【死亡】アヌンナキことエロヒムとの戦い!!!それでもエロヒムは死なない!だから初めから力を奪うことのみに主眼を置く!

    2012年2月22日 2:47
    私は夢でアヌンナキつまりエロヒムの姿を見せられた。
    やせたネズミのような黒灰色にミミズのような尻尾の生えた悪魔だった。
    アヌンナキ.jpg
    誰か@「悪魔と言いますけどね、尊いお方です。」
    私「やったことは何?ジル・ド・レか?」
    誰か@「ジル・ド・レなど所詮ぶ(豚を殺しただけに過ぎないと言おうとしたらしい。別の誰かが口を塞いだ。)」
    誰か2「要するに創造神です。」
    私「違うな。仮に地球はエロヒムが創ったとしよう。非常に哲学的かつ、科学的な問いだ。
    では、エロヒムを創ったのは誰か?
    それを創ったのは誰か?」
    誰かたち「・・・」
    私「科学的側面を語ろう。宇宙はビッグバンで出来た。そのビッグバンの前は何?
    仮に何も無い真っ白い世界もしくは空間だったとしよう。
    その真っ白い空間の前は何?」
    誰かたち「・・・」
    私「問いは永遠に続く。どこかで白黒つけねばならない刻もあり今その刻が来てしまっている。
    私がお前たちに問い掛ける。地球人を人間だと思うか?それともエロヒム同様『豚』と思うか!?」
    誰か@「豚に決まっているじゃないですかぁ。あいつら食料として造られたんですよ?」
    私「よし。君は金輪際二度と私に協力しなくてよし!エロヒムに着く者は今すぐ私から去れ!」
    誰か@「馬鹿じゃないですか!?大半がエロヒムですよ。佐藤さんは一割もいませんよ。」
    私「もう一度言う!エロヒムに着く者は私の前から去れ!そして金輪際私の前に姿を見せるな!」
    誰かA「私は残りますよ。」
    誰かB「私も残ります。」
    誰か@「カッコイイのは認めますけどね?自分が何言ってるのかわかった方がいいんじゃないすか?
    あのね、あんたが○○、あんたがキリストなのは認めますけどね、正気になった方がいいですよ?
    悪魔悪魔って、悪魔ですよ。ハッキリ言いますよ。悪魔ですよ!けどね、悪魔でも創造神なんです。
    地球人なんてネーミングが悪いよ。『人』とか入れちゃってさぁ・・・」
    私「もう一度言う。エロヒムに着く者は私に金輪際関わるな!エロヒムに私の名で伝えろ。
    地球は地球人の物だと!
    お前たちの好き勝手にはさせん!!!」
    誰か「はいはい。負け戦(いくさ)頑張って頂戴。」
    私「去れぇ!!!」

    3:31
    トイレに行ったら大天使ウリエルが真っ青な顔して現れた。
    ウリエル「洒落にならない。」
    私「エロヒムか?」
    ウリエル「そうです。」
    私「四天使総掛かりでもか?ミカエル!」
    ミカエル「・・・」
    私「ラファエル!」
    ラファエル「・・・」
    私「ガブリエル!」
    ガブリエル「・・・」
    3:35
    目立ちたがり屋のピョートイルが突然部屋に現れた。
    ピョートイル「私は行きますよ!記載して下さい。ピョートイルです!!」
    3:39
    また、一人の天使が現れた。
    「佐藤さま、アルザイルと申します。ご記載下さい。この命をお捧げ致します。」

    話を元に戻そう。
    私「太陽神と同じことか?」
    ウリエル「同じであってまた、別なんだ・・・」
    私「地球に寄生してるのか?宇宙人たち地球がとにかく素晴らしいって言ってたもんな。」
    ウリエル「・・・そういうことだ。」
    私「じゅあ、ウリエルはエロヒムのお情けで地球の管轄を許されているって訳だ。」
    ウリエル「・・・」
    私「じゃあ、お前たちも、元々悪魔が創ったということか?」
    ウリエル「いや!それは決して違う。
    我々は本当に神の前に座することを許されし者だ。間違っても悪魔などでは無い。」
    私「ふぅ。なら安心だ。」
    ウリエル「正直に話そう。何故、エロヒムが地球人を創ったか?つまり、人類創造の本当の理由だ。」
    私「・・・」
    ウリエル「自分の好物だからだ。
    だから進化という名の品種改良をさせてより美味しい地球人を作り、
    悪魔儀式で捧げ物として捧げさせて食べるためだ。
    (このことで人間の生贄を行う神は全て悪魔が神の名を語っているだけの代物であることが明確化している。
    豊穣させるのはより多く人間を増やし、より多く食べたいから。悪魔崇拝者もだから人間を全員食べている。)」

    3:55
    記載してる最中、浩央が台所に来た。
    「殺れ!」とだけ言って部屋へ帰って行った。
    3:56
    ウリエル「四大天使の総意が決まった。やる。戦うことにする。真の神の世界を作る!」

    その時、アフリカだろうか?幼い黒人女の子の子供が親指を口に当てて泣いている姿が脳裏を過ぎった。

    不動明王「ふん!四大天使にばかりいい顔させられんからな。
    五大明王の筆頭として正式に『戦おう』。記載しろ!五大明王ふる参戦!と」。

    ハヌマーン「ヤダー!ヤダー!とても勝てる相手じゃねー!
    と、見せかけて・・・なぁ、なぁ、佐藤よ、オイラ明らかにシウ゛ァ余裕越えだろ?武器が欲しいなぁ・・・」
    私「ミョルニルしか無いが最強だぞ?」
    ハヌマーン「もらった。参戦決定!」
    私は部屋で手を差し出し、ハヌマーンにミョルニル(最強のトールハンマー)を渡した。
    釈尊様「ふむ〜。参戦はするけどねぇ・・・時期尚早だな。
    それにエロヒムはお前のことを気に入っている。悪魔を一匹残らず根絶やしにすることに合意している。」
    私は突然睡魔に襲われた。
    何かのメッセージかな?睡眠薬飲んでもうひと眠りしよう。
    その時、釈尊様は真の仏の姿を現された。
    釈尊様「君が思えば君がなる。君が見たものを信じるんだ。エロヒムなどは神では無い。
    最初から『キリストの十字架』を打ち込みなさい。
    不動明王が『降魔降伏』をして大天使軍団に一斉攻撃を加えればそれで決まります。
    もう一度言います。『君の見たものを信じなさい』。」
    私「・・・神!」
    釈尊様「言いなさい。」
    私は合掌し瞑目して祈りを捧げた。
    「全ては決定は下された。悪魔は滅びる定めにある。エロヒム(アヌンナキ)とて例外では無い。滅び去れ!」
    私はもう一度合掌し、「全ては決定は下された。」
    釈尊様「これで良い。」
    私「負け戦(いくさ)になる可能性高いぞ?」
    釈尊様「本当の神が佐藤を見捨てる訳無いでしょう?○○は頭がいいつもりの愚か者。
    佐藤高央は愚か者過ぎて頭が良い。」
    私「浩央って誰なんだ?」
    釈尊様「はっはっは。佐藤高央の双子の弟が普通の人なわけないですよねぇ。
    彼は万が一、キリストが死んだ時、代わりにキリストになる人物です。」
    私「出来の悪い奴にしか見えんが?」
    釈尊様「徳川家康なんぞより遥かに上ですよ。」
    私「どうでもいい。では、エロヒムことアヌンナキとの戦いの勝利は?」
    釈尊様「確定です。これ以上佐藤の手を煩わせることは不可能ですから、
    全てこちらで行います。『君の見たものを信じなさい』。」
    私「神・・・」
    神「どうか、『神よ!』と言ってくれ。償い切れないことをしてしまった。それだけでいい。」
    すると、電気も使っていない時間にも関わらず突如、『停電』が起こった!絶対有り得ない話である。
    私は構わず瞑目し、静かに言った、「神よ!」。
    そしてセーブした。
    携帯を見ると4:49だった。

    4:49に終わった、全てが。
    4:49(私欲)の時代が終わりを告げる神様からの『啓示』であった。
    4:54
    私は部屋を出たら浩央が鳥鍋(鍋を取れと言う意味。)を作っている最中だった。
    私「降魔降伏?」
    浩央「何?ゴマをする?(護摩焚きの意味)」
    私「降魔降伏。」
    浩央はわかったわかった、降参降参と言わんばかりに「降魔降伏。」と、ホラよ!と言わんばかりに言った。

    佐藤浩央の伝説は来ることが無くなったからである。
    悪魔の時代はアヌンナキことエロヒムを含め、完全に『永久の終わり』が決定した。
    アヌンナキことエロヒムは、私の存命中に死して、復活は完全に無い。
    8:35

    睡眠不足で眠っていたら夢で実(みのる)がパンツ一丁の姿でドカドカと現れて、
    いきなり私に署名を求めて来た。
    白い用紙に記載された書面を実は高々と読み上げ始めた。
    第一条「私は平和の使者として『全ての平和(悪魔もエロヒムも含む)』を実行し・・・」
    私「待て待て待て待て!」
    と、無理矢理起きた。
    12:03
    夢で黄色い『蛍』と言う漢字が光っていた。
    私は「ん?蛍が光る?あ〜、『蛍の光』ね。
    日本以外の方は知らないと思いますが、たいていのお店では本日の業務『終了』します。
    と言う「合図」の様な意味合いで日本全国共通でこの『蛍の光』が流され、
    アナウンス「この時間を持ちまして、本日の業務を終了とさせて頂きます。
    本日もご来店、まことにありがとうございました。」
    などと曲の流れの中でアナウンスされる。

    死兆星だ!死兆星。
    『拝金教』の死兆星だ!まさに「降魔降伏」の意味そのものだ。

    で、黄色の意味は?」
    誰か「馬鹿だなぁ、『金運つまり、「拝金」に決まってるじゃないかぁ。』欲無さ過ぎ!」
    で、起きた。

    あぁ、トドメは結果論だが浩央の『降魔降伏』になるんだろうな。でも、一応、表面的には戦いは続くと。
    足掻くからなぁ、悪魔は。→2012年3月11日結果は浩央の『天神烈火』だった。突き技である。最強!

    の光〜閉店の時間 【拝金教の敗北確定!】←螢惑(凶星)の
    「螢(ほたる)」て・・・
    史記によると「螢惑は南方の火、夏を主る」
    http://www.youtube.com/watch?v=OgYWssWn7uQ

    0:51
    TBS
    「今の状況は反響が大き過ぎて・・・」


    私が風呂に入り、シャンプーをしている最中何者かが「緊急総動員!緊急総動員!」
    と言って来た。
    天使の名はラドウィル(悪に立ち向かう天使)だそうだ。
    すると、また、「ピョートイルです!私は『巨悪に立ち向かう天使を司ります!!!』」
    と言って無駄に出て来た。
    二人はにらみ合い火花を散らした。
    私「こらこら、天使同士で戦ってどうする?戦う相手が違うでしょ。あっち!私はアヌンナキを意識した。」
    2天使「・・・はい。」
    私「いい機会だからこの機会に二人とも義兄弟になりなさい。」
    2天使「えぇ!?コイツとぉ!?」
    ピョートイル「・・・仕方ない。佐藤様の命令だから『なってやる』。」
    ラドウィル「あぁ。俺が『兄』だがな。」
    私は言った。「お前たち、悪に立ち向かうだの、巨悪に立ち向かうだの・・・誰のためですか?
    自分のためですか?自分の出世のためですか?」
    ピョートイル「佐藤様にゃぁかなわない。心から降参します。本当の兄弟になります。」
    ラドウィル「目が覚めました。本当に目が覚めました。どっちが兄とか弟なんてどうでもいいです。
    真の兄弟になり生死を共にするように致します。」
    ピョートイル「お前が兄でいいよ。」
    ラドウィル「わかった。」
    私「じゃぁ、義兄弟の契りを交わしなさい。」
    2天使「今日より私たち二人は生きる時も死す時も共にあり!真の兄弟以上の兄弟なり!!!」
    私「それで良い。」
    ピョートイル「いくぞ!兄貴!」
    ラドウィル「おう!」

    14:10(意志「十字」)
    風呂上り。(つまり、身体を清めた状態。)
    身体をバスタオルで拭き、裸のまま私は天空に向かい十字を切った。
    必殺!「キリストの十字架!」
    先制攻撃せしアヌンナキことエロヒムはこれでも大ダメージは負うものの死なない。
    が、自分の身体の重さに気づかずにはおられまい。
    これでも天使軍団総動員でもアヌンナキことエロヒムは死なない。強い!
    だが、しかし、今回の作戦は殺すことには無い。エロヒムの力を削減することが目的である。
    私「削げ!エロヒムの力を徹底的に!」

    そこに神が意識下に言われた、
    「佐藤、あなたにはこれまでの人生において償っても償っても償い切れないことをしてしまいました。
    せめてものお詫びにエロヒムの全ての力を奪い(回復能力も攻撃能力も何もかも全て。食事をする力さえも。)
    金縛り(と言うと分かり易いが、ようは完全に動けない。防御することすら不可能な状態。)ました。
    五大明王とハヌマーンをブログに貼りなさい。釈尊様を知らない人はいないので大丈夫です。
    しかし、それでもエロヒムは殺すまで時間がかかる。例え一方的に惨殺の限りを尽くされ回復能力を奪われても。
    ですから、力を奪い切ったあと、一瞬だけ人間にします。
    そして人間にした瞬間地獄に落とし、あなたの言った通り、【人柱】にし、【最高の苦しみを永遠に与え続けます】。
    あなたが口を滑らせてしまったので記載してよろしい。
    佐藤高央が寿命を終えるまでにエロヒムは地獄に100%落ちる。
    そして【人柱になる】、と決定しました。地獄を永遠に知ってもらいましょう。救いは永遠に無い、完全に。
    ちなみに、「蛍の光」は私が見せるように仕向けました。
    あいつ等は「外道」です。まさしくあなたの言う通り、「救いようの無い連中」です。
    以上です。」

    不動明王見参!
    不動明王「五大明王の記載をお願い致します。」
    私「承知致しました。浩央の件、大変ありがとうございました。」
    不動明王「実は、私は何もしておりません。全て佐藤浩央独自の意志で行っております。」
    私「わかりました。これからも浩央をよろしくお願い致します。」
    不動明王「有り難き幸せ!・・・それでは、反撃される心配も一切ございませんので、
    徹底的にエロヒムの力を削いでおきます。
    しかし、言っておきます。それでもエロヒムは数回の攻撃が必要なくらいの代物なのです。
    が、勝利は約束されました。五大明王と四大天使、そしてハヌマーンの名を記載した時点で。」

    エロヒム「おいおい、佐藤よ、俺はお前が気に入ってるんだぜ?やめようよ?敵う訳ねーだろ?」
    私「・・・それでは、総攻撃を開始します。GO!」
    ラドウィル「行っけー!!!」
    大天使ミカエル「腕を奪え!まず腕を奪うんだ!回復能力はすでに無い!!!」
    大天使ウリエル「目を狙え!!!片方でいい(右目を選んだらしい)ウリエル軍団は目を奪う!」
    エロヒム「おいおい、・・・マジみたいだな。俺が神ごときで動けないとでも思って・・・動けない!?
    ハッ!?(エロヒムは両手両足を蟹股、に開き、攻撃して下さい!
    と言わんばかりのポーズで金縛りにされていた!)」
    エロヒム「舌だけは動けるぞ。(紫色だった。)なんでだ!?」
    私「嘘つきだからだよ。唾でも吐いて見ろ。」
    エロヒムは口を開いたままの状態なので吐けることは吐けるがほどんど吐けないも同然であった。
    私「ウリエル、目は良い。自分の役割は何であったか?」
    大天使ウリエル「・・・」
    私「ウリエルは懺悔の天使として現われ、
    神を冒瀆する者を永久の業火で焼き、不敬者を舌で吊り上げて火であぶり
    地獄の罪人たちを散々苦しめるという。最後の審判の天使であることですよね?
    見せつけなさい、全世界のカトリック教会に。
    今こそその舌を切り取り自らに着せられた汚名を晴らしなさい。
    輝ける大天使ウリエルの御名を永劫のものとしなさい。
    大天使ウリエル「佐藤・・・いえ、佐藤様、ありがとうございます。」
    私「ガブリエル、ラファエル、そして五大明王、、ハヌマーン。釈尊様。」
    釈尊様「ふむ。本当にやるんなら睾丸を切り取ってしまうといいですよ。
    邪淫の力を半減させるのです。」
    私「わかりました。あとはお任せ致します。五大明王も記載せねばなりませんし。」
    釈尊様「急ぐのだ。」
    私「はい。すぐに行います。」

    16:47
    私は神様に祈りを捧げた。私「神様、釈尊様、大天使ウリエル、不動明王、ハヌマーン、
    大天使ミカエル、大天使ラファエル、大天使ガブリエル、ラドウィル、
    ピョートウィルにどうぞを取次ぎ下さい。
    アヌンナキこと、エロヒムの力を完全なる「無」すなわち「0」にして下さい。
    邪悪なる力を全て奪って下さい。
    人間(地球人)を食べる力を完全に「0」にして下さい。」

    そして、私は悟った。フリーメーソンが五大明王や釈尊様が金星を見て悟りを開いた
    などと言う捏造をしている理由が。
    ルシファーの復活である。人肉祭の復活である。邪悪と欲望の権化の復活である。
    それを望むため、菩提樹のほとりで悟りを開いた釈尊様を金星を見て悟りを開いたなっどと言う、
    有りもしない捏造(でっち上げ)を私にインプットするのである。
    フリーメーソンはキリスト教をすて、狙いを完全に仏教に定めた。
    しかし、私は残念なことに幼少期からの爺さんの影響で元々「仏教徒」である。
    シッダールタの額に印を着け、悟りを開かせた者の名前を言おう。「ブラフマン」だ。
    金星など、どこにも出て来ない。完全なる捏造である。だからフリーメーソンは滅ぼさねばならないのだ!

    17:37
    おそらく今度はブラフマンの正体が実はルシファーであったなどと言う
    「絵空事」を言って来るのは確実であるから、
    相手をしたくないので、ここに先に記載して置く。
    仏教には「八正道(はっしょうどう)」という教えがあり、そこでは「道理」が説かれている。
    「当たり前のことを当たり前に行うことの大切さ」である。
    ルシファーやバアル、黄金の子牛のような「札束で人の心を踏み躙って来たお前ら」ごときの
    どこにそんな物がある?
    アホめ。滅びろ!悪魔の権化め!!!

    18:03
    森田史彦の霊が現れた。「佐藤さん、やばいよ。
    悪魔崇拝者の連中、キリスト教は放棄したけど、仏教など他でルシファー復活を狙っているよ?
    五大明王の悪魔認定もその一つだよ。
    ウリエルの悪魔化を狙って失敗したじゃん。あれと全く同じことをして来てるんだ。
    釈尊様は無理だから仏教自体は諦めざる得ないだろうけど、五大明王の削減はこれ以上はダメ!
    奴等の狙いの本陣は第三使徒、佐藤浩央!不動明王の悪魔化だよ。
    フリーメーソンやイルミナティが嘘しかついて来てない
    詐欺団体の悪魔崇拝者集団だってことを思いだしてね。」

    19:03
    私「不動明王・降三世明王〔白蛇を切り殺せ!〕・金剛夜叉明王!
    軍荼利明王・
    大威徳明王を地獄へ葬れ!」
    不動明王「そんな・・・出来ない!出来ませんよ。今まで仲間だったのに!」
    降三世明王は白蛇を殺し私に見せた。
    私「焼け。」
    降三世明王「は!」降三世明王は白蛇の亡骸を焼き尽くした。
    金剛夜叉明王「過去の過ちをお許し頂きありがとうございます。
    悪人と言えども、金輪際人間を食するなどと言う
    明王にあるまじき行為はいたしません。
    お誓い致します。私の手で軍荼利明王・大威徳明王を地獄へ葬りましょう。」
    不動明王「待ってくれ!待ってくれ!」
    私「悪魔を庇うお前は何者だ?優しいことは結構なことだが、
    非情な決断が取れないようなら、
    リーダーは務まらないと判断せぬ訳にはいかないな。」
    軍荼利明王「ほほほ・・・明王の座にいれてし〜あわ〜せだった。殺しなさい。」
    大威徳明王「六面六臂六脚で、牛に乗ったら悪魔かよ!?
    あんたの価値観が全てかよ!?」
    私「言い分を聞こう。」

    大威徳明王「あぁ、黄金の子牛だよ。でもその先を考えてくれ。なんでだ?と。
    貧しかったからだよ!みんなみんな飢えと病魔とで
    王族どもが全てを独り占めだったんだよ!
    あんたら神だってそうだろ!?全部いいとこ取りじゃないか!?」
    私「私がか?どこが?」
    大威徳明王「いや、あんたは違う。が、事情はわかってもらえたと思う。
    釈尊の話を思い出してくれ。」
    私「あぁ、王門の外を見たら市民達が絶望的な状況だったにも関わらず、
    王族達は贅沢三昧だった話か?」
    大威徳明王「その類だ。」
    私「・・・すまないな。地獄に行ってもらおう。殺せ!」
    不動明王・降三世明王・金剛夜叉明王「はっ!(不動明王は泣いていた。)」
    大威徳明王「バッカ野郎が!分からず屋め!」
    軍荼利明王「死!死!死ぃ!・・・」
    軍荼利明王は金剛夜叉明王に。
    大威徳明王は不動明王と降三世明王に地獄に叩き落とされた。
    不動明王「ひっ!ひっ!ひっ・・・」(涙が止まらないようだ。)
    私「エロヒムを叩きなさい。悪魔の存在を許してはならない。
    奴等の綺麗事、戯言などに一切耳を貸す必要など無い。
    不動明王様、あなたは今、大変お辛いでしょうから次回にしましょう。」
    不動明王「いえ、討伐に参加致します。すぐに向かいます。では失礼します。」

    19:56
    iグーグル掲示板「身体がいくつあっても足りないよ」
    そして悪魔の呪文「エロイムエロッサイム」は「エロヒムエッサイム」が
    本当の語源でエロヒムというのはそういう宇宙人の種族もしくは全体を現していることも知った。
    が、しかし、昨日の会話でエロヒムがアヌンナキと同一の悪魔であることも判明している。
    いわゆる「工作」である。構うことなどない。神は分かっておいでである。
    徹底的に力を削げ!殺すことは出来ないが、力を徹底的に奪うことは可能なのだ。
    今はそれに専念しよう。

    iグーグルスポーツ欄「ガマンの勝負になる」

    20:34
    ラドウィル・ピョートイルら義兄弟の手によってエロヒムことアヌンナキの
    ミミズ状の尻尾が根元から切断された!
    私「燃やし尽くせ!再生能力はもう、永久に無いのだ!!!」
    ラドウィル・ピョートイル「ははっ!」切断したにも関わらずまだ動き続ける。
    不気味な黒い尻尾を義兄弟天使二人はその剣を刺し聖なる炎で焼く作業を始めた。
    が、なかなか燃えない。
    業を煮やしたガブリエルが「私も燃やそう。」と言い、剣で大きく燃やし始めた。
    私「うん、これなら灰になるのは時間の問題だけだ。あとはよろしく。」

    iグーグル国際欄「撤回しない」←アヌンナキことエロヒムとの戦いの
    勝利確定は「撤回しない」と言う意味。
    それは同時に地球は地球人の物である、と言う意味でもある。

    20:47
    「指取ったぁ!」(小指)
    私「君の名は?」
    天使「メルザバルエルです!」

    20:50
    私「ウリエル、準備はよろしいでしょうか?」
    ウリエル「ありがとう。いえ、ありがとうございます。」
    私「今こそ、神を冒瀆する不敬の輩、カトリック教会に不敬者を舌で吊り上げて火であぶり、
    永久の業火で焼き、輝ける真の大天使ウリエルの御名を見せつけろ!」
    ウリエルはエロヒムの汚らわしい舌をもう、すでに散々切り取られていたのだが、
    最後の一撃を加え根元から根絶し、切り取って紫色の舌を掲げた!」
    私「言え!我が名は輝ける真の大天使ウリエルである!と。」
    ウリエル「我が名は輝ける真の大天使ウリエルである!悪魔どもよ!
    永久の豪火で焼かれる様を見るが良い!」

    21:01
    iグーグル掲示板「うんざりな話を聞かされる」

    21:05
    アヌンナキことエロヒムは「あ、あ。あ?・・・」と言葉すら発せずただ動けもせず、
    まるぜ軍隊蟻の群れに襲われているかのようにズタズタにされている。が、まだ死んでいない。

    「指取りましたよー!ピョートイルです!」
    「私も取りましたよー!名前を!!!」
    私「君の名は?」
    天使「ランドウィルです!」

    21:12
    「耳取ったー!!!」(右耳)
    私「君の名は?」
    天使「ハウエルです!お聞き下さいましてありがとうございます。有り難き幸せ。」
    とペコッ、とお辞儀をして攻撃しに行った。

    21:15
    エロヒムから脳裏にメッセージ「痛くも痒くもないと言いてぇが、痛てぇに決まってんだろ!
    神に頼めよ!止めろって、今なら許してやるから。」
    私「遠慮はいらない。容赦なく攻撃能力の全てを奪え!続行だ!」
    その時、ある天使が瞬間、エロヒムの右目を切り裂いた!
    天使「佐藤様に何無礼な口きいてんだよ!こっちは少数精鋭なんだよ!」
    エロヒム「おお!おお!!おお!!!」
    私「君の名は?」
    天使「ホワイティエル!白き輝きを放つ天使です!以後よろしくお願い致します。」
    ホワイティエルその他の天使たちはエロヒムことアヌンナキの右目の傷口に
    さらに剣をねじ込み始め、傷口を開く作業を始めた。
    ホワイティエル「よいしょ!よいしょ!」
    他の天使「穴さえ開いちまえばあとはネジ開けるだけだ。」
    とグサグサ剣や槍を突き刺し眼球をえぐり取る作業に入った。

    21:30
    白蛇と決別した降三世明王はエロヒムの左肩に剣を叩きつけ、
    エロヒムの肉の半分まで切り込んだ。

    21:41
    不動明王「降魔降伏!」不動明王の必殺技が炸裂!脳天に切り込んだ!
    しかし、降魔の剣の分までしか切り込めなかった。が、十分な傷口が出来た。

    ハヌマーンはミョルニルを連発している。が、固い!
    最強のトールハンマーを持ってしてもコイツなかなか・・・
    まぁ、ダメージは確実に与えているのは間違い無いがな。
    ハヌマーン「キッ!固てぇネズミだ!」
    21:48
    ハヌマーンのミョルニルが左足太もも部分に遂に刺さった!
    「おっ!刺さった!」一点集中攻撃が遂に功を成したようだ。

    21:52
    iグーグルランキング「ムンク」→「叫び」
    具体的にはエロヒム「あ”−!あ”−!あ”−!!!」

    22:00
    森田くんの霊が現れた。
    森田史彦.jpg.jpg
    森田くん、「佐藤さん、睾丸を攻撃しなくちゃダメ!」
    ハヌマーン「攻撃しようとしてるんだけど、太ももが邪魔なんだよ!
    待ってろ!与作は木ぃを切るぅ♪ヘイヘイホ〜♪」
    と歌いながらミョルニルでつけた傷口を徹底的に叩きつけ広げていた。

    22:06
    金剛夜叉明王「もう少しです!もう少しで左肩が切り取れます!」
    不動明王は脳天をグリグリしまくっている。
    ラファエル「協力するよ。」と言い、一緒にエロヒムの脳天に剣を突き刺した!
    ミカエル「とにかくまず、太ももを切断するんだ!」

    私「では、本日の攻撃は太ももの切断を持って終了しましょう。
    あとは各切断部を焼き灰にする作業です。
    二度と復活など出来ぬようにするのです。」

    ガブリエル「了解致しました!」
    降三世明王「同じく了解致しました。悪魔は灰にします!
    復活など有り得ません!!!必ず灰にします。見てて下さい!」

    「南無妙法蓮華経・・・南無妙法蓮華経・・・」
    戦いが始まった当初から、ずっとお経を読んでいる者がいる。
    エロヒムは私の脳裏に「ジジイのお経を止めさせろ!うるせぇんだよ!!!」
    地球の上から八甲田山が見えた!爺さんか・・・
    八甲田山.jpg
    佐藤峰雄を神とする青森県八甲田山。
    22:59
    私は天の向かい虚空に円を描きアヌンナキに向け「High Circle temptation!」
    と呪文を詠唱した。


    全軍に伝える。本日はここまで。撤収せよ。
    アヌンナキことエロヒムは何も出来ないことは知っているが、百戦百勝のための保険である。

    23:10
    iグーグル芸能欄「やめられる」←私からの正式回答をしよう。
    「君たちの言葉は一切信用するに値しない。
    また、断じてしては絶対いけない!」


    2月23日9:00
    私「ただいま9時を持って総攻撃をアヌンナキことエロヒムへの開始する。
    太もものみに集中せよ!そして睾丸を切り取れ!
    残りの者はすでに開いた傷口を徹底的に攻めるのだ!行け!GO!!!」

    12:55
    エドウィル「なかなか骨切れねぇ!・・・エドウィルです!」と言い、
    電動ノコギリでエロヒムの太もも切断作業を行っていた。

    16:29
    「エドウィルが代表してご報告致します!左太ももの切断が完了致しました!」
    私「ご苦労様です。それでは早速、切断した太ももを焼いて灰にする作業と、
    アヌンナキこと、エロヒムの睾丸の『根元』からの完全摘出及び焼却作業をお願い致します。」
    天使エドウィル「はっ!」

    16:32
    降三世明王「こっちもやったぜ!左肩は切り取った!」
    私「ご苦労様です。同じく焼却作業をお願いします。」
    降三世明王「わかりました。滅殺!」

    2012年2月24日 9:18
    ラーラーラー
    ラー、ラララー♪
    ラーラーラー
    ラー、ラララー♪
    音楽の調べにのせて緑色の左目だろうか?が空間にぼんやり少しづつ現れた。
    緑色の目が私に語りかけて来た。
    「あなたの背には全世界が掛かってます。
    背→戦う(一瞬)→背中→ウリエルは地球人!」
    一切の迷いも無く
    私「ウリエルを取る!!!」
    そして目覚めた。

    9:21
    大天使ウリエルの御名によりこれを記載する。
    (『333』→悪魔の全てが不意になる。永久に!)
    私はトイレにいるとある天使が「本日の攻撃はどうしましょうか?」と聞いて来た。
    私「迷うことなど無い。続行あるのみだ。残りの目を奪え!摘出し焼いて灰にして捨てろ。」
    天使「はっ!エドウィルです!」
    と言い去って行った。不動明王「脳の攻撃続行でいいな?」
    私「お願い致しします。」
    不動明王「ガッテンだ!」
    私「攻撃開始。GO!」
    私「ウリエル!行け!地球を地球人のもとに『取り戻す』のだ!アヌンナキを殺れ!
    討ち取って宇宙人に思い知らせてやれ!大天使ウリエルある限り、
    地球はお前らの好き勝手にはもうさせん、と。」
    大天使ウリエル「ありがとう、佐藤。」
    私「焼いて焼いて焼き尽くせぇ!!!」
    大天使ウリエル「攻撃開始時間を9:21にしろ!悪魔の運命が決まる!」
    私「了解。」

    13:27
    ひげ女が来た。
    ひげ女「凄いにゃ〜。自分には遠くおよばない世界だにゃぁ。
    極秘の噂だけど・・・」
    と前置きして、「
    「アヌンナキの奴は自分が健在である姿を見せてるよ。天照の時と同じだにゃ。」
    と言い、内緒みたいに右手を口に当て、右目でウィンクをして去って行った。
    ひげ女「噂だからね〜!あくまで噂だから。」

    釈尊様「よし。ギャテイギャテイハラギャテイ・・・
    摩訶般若波羅蜜多!喰らえ!般若心経!

    15:23
    不動明王「うおぉ!『天神烈火』!!!
    降魔の剣が青く金色の炎を放つ!
    エロヒムことアヌンナキの脳天に『深い』一撃を突き刺した!

    15:55
    私「ラドウィル!ピョートウィル!睾丸の摘出はまだか?」
    ラドウィル「睾丸はやわらかいですけど、毛が邪魔して来ます。」
    私「燃やせ。降三世明王、金剛夜叉明王、睾丸摘出に加勢しろ!」
    降三世明王・金剛夜叉明王「はっ!すぐに!」
    降三世明王「やってやるぜ!」

    16:00
    iグーグル掲示板「影響なし」と擁護

    ラファエル「私も睾丸攻撃に加えて下さい!
    悪魔崇拝者の邪淫に決定的な打撃を与えれます!」
    ガブリエル「私にもお命じ下さい!」
    私「よし。行け!」
    ラファエル・ガブリエル「ははっ!」

    16:05
    私「ウリエル、右目の摘出は?」
    ウリエル「終了している。すでに灰にして焼却した。」
    私「ミカエルと共に左目を奪え!釈迦に説法で申し訳無いが、
    『第三の目』があるのを忘れるなよ!」
    ミカエル「承知致しました。まずはこの邪悪の正眼を確実に奪い取り、
    切除し、焼却し灰に致しましょう。」
    私「よし。行け!」
    ウリエル「了解!」
    ミカエル「はっ!」

    17:39
    ハヌマーン「まぶたの切り取りが終了した。眼球の摘出に入る。」
    私「了解!」

    17:46
    私「ギャテイギャテイハラギャテイ・・・
    摩訶般若波羅蜜多!喰らえ!般若心経!
    ゴタゴタウルセェんだよ!」

    18:48
    大天使ウリエル「死にな!稲妻はこのウリエルが完全に乗っ取った!
    行っけぇ!!!『ウリエルの雷』
    巨大な稲妻の柱がアヌンナキことエロヒムの脳天から全身に直撃した!!!

    エロヒム「がぁ!!!がぁ!!!がっ!!!」

    18:52
    金剛夜叉明王はウリエルの雷を見て
    「好機!金色明王閃!とるぁぁぁ!!!」
    アヌンナキの腹部(へそ辺り)に剣を一撃!

    金剛夜叉明王.jpg

    金剛夜叉明王

    19:09
    広告で悪魔からメッセージ「プラダを着た悪魔〔ありがとう〕」

    大天使ミカエル「まかせろ!こんなことも出来る。
    イギリスさんよ!Deny!(認めない)」。
    私「ルシファーの復活など有り得ない!歩め!滅亡の道を!!!

    19:30
    iグーグル芸能欄「何も変わってません」

    では今日の朝、9:18
    (苦、【666】)の緑色の目はどう説明するんだろう?


    降三世明王「佐藤よ、悪魔の言うことなど聞く必要など一切無い。
    この業はダイヤすら砕く!『降魔参業空』!
    一瞬、降三世明王の手が三四本に増えたかのような錯覚?
    右肩を根元から狙いに行った!
    降三世明王.jpg
    降三世明王

    19:42
    iグーグルスポーツ欄「恐れ多い」←ふん、アヌンナキことエロヒムが攻撃を受けていることを
    やっと認めたか。どうでもいいが。


    19:44
    大天使ガブリエル「みんなにばかりいい格好させられんな。」ガブリエルは胸で十字を切った。
    大天使ガブリエル「喰らえ!ガブリエル十字!
    十字の閃光がネズミのようなズタボロのアヌンナキの顔面に直撃する!
    アヌンナキことエロヒムの脳天から脳みそだろうか?何かが飛び出した。

    エドウィル「佐藤様、眼球の4分の1の摘出が終了しました。
    進捗状況報告です。エドウィルです!」
    私「ご苦労様です。続行です。切断部は燃やして灰にしなさい。」

    20:02(足せば4=死か・・・)
    エドウィル「睾丸の切り取りが完了しました!」
    私「完全に根元から?」
    エドウィル「もちろんです!」
    私「では、本日はその犬か家畜のような汚らわしい睾丸を焼き払って戦闘終了に致しましょう。
    邪淫を奪うことを優先しましょう。」
    エドウィル「承知致しました。」
    「ピョートイルです!」と意味なく出て来た。

    20:07
    【速報!】iグーグル掲示板「9割消失」

    あぁ、だたでさえ残り少なかった悪魔パワーが・・・私「攻撃続行!」


    20:17
    アヌンナキことエロヒムがトイレに行ったら泣きを入れて来た。
    「佐藤!助けてくれ!もう、終わりにしてくれ!私は善神だぞ!」
    私「馬鹿め!人間を喰らっておいて何を言う!死んで行った者たちはもっと苦しかったわ!」

    釈尊様「佐藤、下がりなさい。」とおっしゃり合唱し、
    「ナマクサマンダ バザラダンカン・・・カーン!」と言い手の平を翳し、
    梵字をアヌンナキに叩きつけた!

    20:29
    iグーグル掲示板「殺せるわけがない」

    こちらは初めっから殺す事は無理と判断している。目的は徹底的な「力の削減」だ!
    タイトルを見ろ!

    20:47
    広告で悪魔たちからのメッセージ「圧倒的な実感!」

    20:48
    ラファエル「佐藤、お前の技を借りるぜ!
    喰らいな、醜いネズミの悪魔が!声無き民の声を聞け!『無声慟哭』!!!」

    なんか変な手の動きをしたら
    訳のわからない多くの苦悶の叫び声がアヌンナキことエロヒムに襲いかかった!!!

    20:53
    悪魔主義者(大体宇宙人)からメッセージ、「おいしすぎ!」

    地球人が、と言う意味。お前らとの共存は有り得ない!
    死ぬのはお前らの方だ!

    20:56
    広告で神側からメッセージ「価格破壊180円」

    意味「価格=「拝金教」=悪魔主義を破壊。180円は3で割れが【666】の死


    21:01
    iグーグル芸能欄「ダンマリ」←沈黙か。

    21:56
    NHKのニュースでマラソンの場面で「31971の番号が!」

    「31971=細工無い=現実のこと。」と悪魔主義者側が言っている。

    22:01
    私「本日はこれで、撤収!作業は中断じ、残務処理は明日行うように。」

    iグーグル政治欄【激動!】「そんなにいるのか」…


    これ、全部私への「呪いです」。もち、アヌンナキことエロヒムの件です。
    金星人たちが・・・
     ◇       ミ ◇
       ◇◇   / ̄|  ◇◇
     ◇◇ \  |__| ◇◇
        彡 O(,,゚Д゚) / おまえがいうな!おまえがいうな!
           (  P `O
          /彡#_|ミ\

    金星人2
    ヾ冖フ  ヾス
       [ ,]   [ ]     、_ノ、_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
       |. i /l,ィ .!     ノ
    .   !  }.r`'j7 !    _)  皆,お前が言うなを分けてくれ!!
       ! `、亠 {     ヽ
        } _l _,l_,j      '^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
        ヽシ_,-i {
         /`´~バ}
    .   /   j !
        ∧ '"/`,イ
       ! ヽ'/l_  j
      / \,/ }\,!
      .ァ、ヽィ  <`-イ
    .  |. `iT.   ヽ j
      \ll'    `'


     発 者 同         . 。_   ____           争
     生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
     .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
     .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
     .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
     .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
                 /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
                /   ..:.:./    |   丶
               / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
              {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
              |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
              / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
             ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
            ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
            /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
      . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
      /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>

    金星人3
      ____     .____     ____
      |お前が|     |お前が|     |お前が|
      | 言うな|∧∧  .|言うな| ∧∧  .|言うな |∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     〃 ̄ ̄∩ ゚Д゚)〃 ̄ ̄∩ ゚Д゚) 〃 ̄ ̄∩ ゚Д゚) < 全員一致でお前が言うな!
          ヾ.   )     ヾ.   )      ヾ.   )   \_____________
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     \                                                \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
       |          お前が言うな認定委員会                     |
       |                                           |
     \|                                           |

    金星人4
           |   ○ 
     ◎    | ⊂二ヽ             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |/  \\  ∧_∧     | はいジャンジャン作ってるからねー
    __   |     \\(  ´Д`)   < どんどん使ってねー
       |  |       ヽ       ヽ    \_______
    うな_|  |        ヽ    ||
    言うな \ \       i    / |
    が言うな \ \     /    | |
    前が言うな \ \   i   ,  | |
     お前が言うな\ \ |   |  | |
      お前が言うな \ \  |  |ヽ_つ
     \ お前が言うな \ \   |
       \ お前が言うな \ \
    \   \ お前が言うな \ \
      \   \ お前が言うな \ \

    金星人5
        ┌-┐      .┌─┐┌─┐    ┌-┐  ┌┬┐.__┌─┐__  ┌───┐    ┌-┐
      .┌-┘ .└┐┌┐┌┘  └┘  └┐   |   |   .| | | .|          |  |      |    ._|   |__ ____
      .|      | .| | |________.| ┌┘ .└-、└┴┘|________|  └───┘   |     | |    |
      .└-┐  l二 .└┘┌──-i i--ii--┐ .|      ヽ┌-┐  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ┌──── 、  .|_   _| |   _|
       /      ヽ、  | _  | |  ||   |  |_   _  | .|   |  .|_____|   |       ヽ   |  |  |  .|
      /    _   .l  .|  ̄  | |  ||   |   |  | |  .|. .|   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |____   |   .|  | _|   |
      .|  ,..  |  ヽ  | .| ==  | |  ||   |  .|  | .|  .| |   |  .|_____|        ヽ   |  .|  |/    .ヽ、
      .|  .| |  |  |  | .| _  | |_||   |  |   .| .|   | |_.| |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |       |  |   |   |  ,__   .|
      |  V  .| _.ノ  ./ .| | T. | __|  .|  .|  .| .|  |    |  ┌─-─┐  |  ┌──'''"  /   |   ||  | |  _. |
      ヽ.   / |   ./  .| | |  | |    |  |  .| |  ノ    .|  └─-─┘  |  |      /  .└-┘l   ̄ / ヽl
        `─" └─"  └┘└┘.└─-┘ └-┘└-"    .└.-----------┘ └───-"       ヽ─-"


    2012年2月25日
    7:13
    私「本日、9:00になり次第、アヌンナキことエロヒムの陰部の焼却作業と眼球の切除及び、
    残りの肩の切除作業を続行せよ。
    作業終了後は切除部は焼却して灰にせよ。」

    10:19
    ハヌマーン「眼球は完全摘出した。あとは灰にするだけだぁ!」
    私「お願いします。第三の目もあることをお忘れなく。」
    大天使ミカエル「佐藤、アヌンナキは三つだけじゃなく色々目を持ってるぞ。」
    私「お手間をかけますが一つづつよろしくお願いします。」
    大天使ミカエル「わかった。」
    私「肩の方はどうだ?」
    「ホワイティルです!電動ノコギリ使ってますが、骨が中々・・・時間がかかります。」
    私「了解しました。頑張って下さい。」

    12:50頃
    ある芸人「宇宙に焼却炉は無い。お前にしか出来ない。全部灰にしてしまえ。」


    14:43
    大天使ウリエル「右肩切り取った!」
    私「焼いて灰だな。」
    大天使ウリエル「OK!」
    私「あとは残りの太ももと第三の目でダルマだな。」
    不動明王「脳だ!脳!くるくるパーにしてやるんだ!」
    私「ヴァンパイアってどうなの?」
    不動明王「元からヴァンパイアだ!」
    私「じゃぁ・・・」
    不動明王「全部まかせろ!」
    私「おまかせ致します。」

    15:19
    iグーグル政治欄「前原さん、それはない」←宮内庁の職員の大半を占める
    創価学会の池田大作の息子さんのご発言です。


    15:34
    iグーグル掲示板「戸惑い見せ始めた…」←天皇関係者とそれ以外の人たちの意見が真っ向から食い違っていることに注目!

    17:02
    大天使ガブリエル「心臓の取り出しに入りたいが皮膚が固い!」
    金剛夜叉明王「どうしても時間を要してしまう・・・」
    私「仕方ないでしょう。よろしくお願い致します。」

    17:40
    iグーグル政治欄←「言うだけ番長」がブチ切れた深層心理=ゥ「言うだけ番長」?一体誰のことだ!?
                   私、日本語、全然わかりませ〜ん。

    17:49
    iグーグル国際欄「重大な懸念」
    ハヌマーンからの報告「佐藤よぉ、肌固くて・・・まぁ、もうちょっとかかるわ!」
    私「よろしくお願いね。」
    18:23
    TBS報道特集
    岡本「できっこ無いんですから!」

    18:35
    沖縄県元知事太田昌秀「かつて無い現象が起こっている。」

    上記を見てもわかる通り、根拠無く感情のみで否定しているだけのものは氏名すら名乗らない。=悪魔主義者。
    逆にちゃんと事実を把握し、堂々として現実を受け止める者は氏名も堂々と公表する。
    逆説的だが、悪魔主義者もアヌンナキの件が事実であると本当はわかっているということ。

    18:57
    降三世明王三上剣!(さんじょうけん)やった!傷口が出来た。」
    アヌンナキの胸の真ん中辺りだろうか?剣が遂に突き刺さった。

    21:23
    「ランドウィルがご報告致します。アヌンナキことエロヒムのダルマが完成致しました。」
    私「ご苦労様です。本日は焼却作業を行って22:00に撤収するようにして下さい。」
    ランドウィル「はっ!」
    21:53
    iグーグル芸能欄「負けてヘコむ」

    22:29
    iグーグル社会欄「
    頭蓋内損傷」


    2012年2月26日7:20
    アヌンナキことエロヒム「・・・最後に一つだけ聞きたい」と念か何かを私が台所にいる時に送って来た。
    私「私が一体、何をしたんだ?悪魔だって一匹残らず滅亡させることを容認してたんだぞ?」
    私「人間を食べてて何を言う?お前自身が悪魔で何を言う?バアルが神?ルシファーが真実の神だぁ?
    寝ぼけたことを・・・」

     
     
    カナン族の崇拝する悪魔ルシファーやバアルのカナンの遺言だ。

     互いを(自身の集団のみ)愛すべし
     略奪を愛すべし
     邪淫を愛すべし
     汝の主を憎むべし
     真実を語るべからず

    人類の虐殺と世界の廃頽を絶えず狙っといて何が神だ?もういいな。

    9:19
    まだ「開戦命令」を出していないのに・・・心臓の杭打ち首の切断だけは忘れるなよ!

    9:25
    iグーグル社会欄「火柱が・・・」←あぁ、昨日の焼き残しか。

    2012年2月26日
     

    2:55
    私「地上の天使で残っている者に告ぐ。
    地獄のルシファーの遺体を両手両足を探し出し、胸の上に置き首を切断し、(とは言っても、
    既に切断されているが、)焼いて灰にせよ。
    その灰は地獄の業火の中にでも捨てろ。」

    11:26
    第二使徒;森田史彦の霊を汚れさせるため、私の購入した花に、
    真紫のきったないケガレた花を何本を入れて来やがった!
    三田線の中で花を清めた上で、紫のケガレた花を全て廃棄。
    これでOK。
    12:42
    今日、森田くんのお母様から初めて聞いた話なのだが・・・
    武蔵野病院の森田くんの担当医木崎先生(慶應義塾大学[フリーメーソンご用達大学])と言う方が森田くんの死後、
    すぐにイギリスロンドンに留学していた。まるで何かの功績かのように・・・
    ご存知の通り、イギリスのロンドンは悪魔崇拝の総本山。
    フリーメーソンもイルミナティもイギリスが本拠地。
    カナンの神(悪魔)、バアル=ベルゼバブ=オシリス。
    死ぬ直前、森田くんに「眠れないから睡眠薬を強くしてくれ」と言わせているともおりたくんのお母様からの証言。
    相手から言わさせるのはフリーメーソンのいつもの常套手段(私も何度もやられている)。
    死ぬ直前、森田くんがフリーメーソンから霊的攻撃を受けていたことはもう間違いない。
    14:20
    ラファエル「心臓の摘出完了した。」
    私「銀の杭を打て。そして首を切り取れ。」ラファエル「了解した。」

    16:03
    ミカエル「心臓の杭打ちが完了した!首の切断に入る。」
    私「了解した。」

    18:15
    私「首まだみたいだから仕方ないから心臓だけ先に焼却しちゃえ。」
    ピョートイル「ピョートイルです!了解致しました!」
    私「兄貴の名前も言ってあげようね。」

    20:48
    大天使ミカエル「アナンヌキの首の切断が終わったぁ!」と言い、ミカエルはアナンヌキの首をアナンヌキの胸の上に置いた。
    私「どうも、ごくろ・・・えっ!?」
    アナンヌキは心臓を抜き取られ、焼かれて、首を切断されてもまだ「生きていた!」
    私「タコみたい・・・凄げぇ生命力。さすがヴァンパイア!」
    大天使ウリエル「コイツはこのままにして置こう。もう何も力は無いだろう!」
    私「脳はもう目茶目茶?」
    大天使ウリエル「あぁ。」
    私「じゃぁ、見張りつけといてそうしておこう。」

    21:25
    【速報】終止符のきっかけに」

    21:32
    iグーグルスポーツ欄「素直にうれしい」 ←よかったね!
    iグーグル社会欄「惨状そのまま」

    21:48
    私はお神酒を捧げ、古神道の儀式にのっとり神様にお取次ぎをお願いした。
    私「真の神様、アヌンナキことエロヒムを今の惨状のままの状態にしといて下さい。」
    私の心の奥底に何者かが意識と言うかなんと言うか「お前(佐藤高央)がそう記載すればそうなる。」
    では、アヌンナキことエロヒムはダルマで手足の全てが無く、心臓を失い、首を切断され、
    その首はエロヒム自身の胸の上に。
    力は何一つ持っていない。復活することも永久に無い。と言うことで。
    もちろん、地球人を食べる力などある訳も無く!永久に。
    真の神様「あいわかった。」

    2012年3月11日
    アヌンナキことエロヒム・・・弱くなったな。
    「宇宙人に係る人類の起源と使命」←お前たちはもう、地球に来るな!

    2012年03月11日07:06

    4:43
    何処かの台所で調理をしていた。

    すると左横にデカイ「おかめ」のお面が置いてあった。
    そして、「おかめ」の下には紺色の鬼のお面があった。
    明らかに邪気を感じた。

    私は一端避けるため右上の食器棚の上に置いておいた。
    すると、テレビも無いのにテレビ画面が出て来てフリーメーソンの
    馬鹿どもが笑ってやがった。

    私は構わず調理を続けたが、「おかめ」の面がやたらデカクなっていた。
    人間の体の半分くらいまで。

    私は「おかめ」の面を取り上げ、鬼の面を下にして包丁を突き刺した。
    フリーメーソンたちが何故か慌てふためいた。

    私は「おかめ」の面の左面を包丁でくり抜き、ザクザクとお面に包丁を突き刺し続け、
    鬼の面を下にしたまま「おかめ」を真っ二つに切り裂いた。

    すると、目の黄色い、紺色の悪魔が怨めしい顔をして私の前に現れるた。
    アヌンナキそっくりだ。人間より若干背の低い形で現れた。

    アヌンナキ「佐藤高央ぉぉぉ!!!」
    黄色い目線から一瞬で邪視を喰らった。
    私は邪視を喰らうと同時に即座に神槍グングニルを無言で投げつけた。
    グングニルの槍.jpg
    アヌンナキの額に刺さったグングニルはそのまま地獄に堕とした。
    また「Thanks Rat!」と「お褒めの言葉」を頂くこと受け合いだ。
    丁度いいから地球の地獄を堪能してもらおう。「無限」に。
    完全無力化して貰った上で。

    天使くんたち、アヌンナキの完全無力化をすぐに実行しろ。
    5:06
    「ピョートイルです。」

    「ラドウィルです。すでに拘束し、全眼球摘出に入っております。」

    ピョートイル「ですが、相手が相手ですので応援が欲しいです。」
    私「アヌンナキなのか?」

    ラドウィル「アヌンナキです。
    わざと地獄に堕とされ、地獄に堕ちた悪魔を結集し、
    佐藤様に復讐しようと企んだのです。」

    私「そりゃ完全隔離が必要だな。」
    ランドウィル登場。

    ランドウィル「ルシファーがすでに死んでいますのでルシファーのいた
    『最高の地獄に堕としましょう』
    そして、万が一にでもルシファー復活なんてことにならないように
    ルシファーの亡骸は集めて魂ごと『封印』しましょう。誰もわからない場所に。」

    私「ウリエル、応援お願い出来るか?」
    大天使ウリエル「事が事だからな。すぐ対応しよう。」

    私「ラファエルをやると日本ががら空きになってしまうから
    ガブリエルと共にすぐ早急に無力化して『無限』に地獄を味わって貰うように。
    間違っても悪魔軍団再結成などと言う事にならないように、お願いします。」

    ガブリエル「了解。やはり脳みその破壊が効いたようだ。
    普通は佐藤様より背が低いなんて有り得無い。力を振り絞って来たのだろう。」

    アヌンナキ「止めて!止めて!止めて!止めて!・・・」と私の脳裏にメッセージ。
    5:23
    私「GO!」

    不動明王「私と三明王もお願いします。相手が相手です。力がなくなっているのは確実ですが、
    トドメを刺さないと後々大変なことに成り兼ねない。GO!とおっしゃって下さい。」

    私「三明王GO!」
    不動明王「よし!すぐ向かえ!」と地獄にアヌンナキのトドメを刺しに向かった。
    ハヌマーン「オイラは?」

    私「地球が今現在、釈尊様とミカエルとラファエルとハヌマーンだけで抑えているから・・・これ以上は危険だ。」

    ハヌマーン「チッ!あのネズミ野郎にトドメは是非オイラが刺したかったのに!ウキキ!」
    私「インドはどう?」

    ハヌマーン「破壊神とか悪神が多過ぎるなぁ。確かに抜けたらまだヤバいか。残念。」
    私「ハヌマーン、応援いる?」

    ハヌマーン「いらん。私一人だけで十分だ。悪魔はもう、力、全然無い。」
    私「ラミアとかガルーダとかいるだろ?」

    ハヌマーン「死んだよ。討ち取っといた。弱かったよ。」
    私「あ、そう。」
    ハヌマーン「だけど、数いるからね。まだいるよ。」

    私「申し訳ありません。インド、パキスタン、アフガニスタン、
    東南アジア方面を手当たり次第悪魔殺してってくれませんか?」

    ハヌマーン「冷静に考えたら、そだね。了解!」
    5:42
    ランドウィル「アヌンナキだ!」

    グングニルの槍の刺さったままのアヌンナキは地獄で大の字に横たわっていた。
    すると、浩央が出て来た。
    私「何故!?」

    浩央「目もいいがまず首だろ。『天神烈火』!!!!
    浩央はアヌンナキの首を倶利伽羅で一撃突きで切断した。
    倶利伽羅剣.jpg
    倶利伽羅の剣

    青く黄金の炎が一瞬あたりを包み、アヌンナキことエロヒムの首を取り投げ捨て帰って行った。
    浩央「ふん。」

    あぁ、そうか。
    あいつ不動明王の化身、倶利伽羅明王だ。
    単独で動けるんだ。

    天使たち「浩央様万歳!」と両手を上げ、アヌンナキの無力化作業かつ『最高の苦しい永遠の地獄行き』
    の作業に入った。

    ピョートイル「アヌンナキはすでに死亡しております。死亡確認!」
    私「あっそ。脳と心臓の破壊、忘れないようにね。」

    ラドウィル「以前より皮膚も軟らかいです。もう、強くありません。」
    アヌンナキから私の脳裏にメッセージが・・・

    アヌンナキ「終わったな。もう、時間だけの問題だ・・・なんつー双子だ・・・」
    私「ご冥福をお祈りしません。脳を潰せ!脳を!!!」
    6:01

    私は祈りを捧げた。
    私「神よ、アヌンナキに喰われた全ての人々の霊を天に。」
    6:11
    私はお茶漬けを作り、部屋に入った。

    浩央は目を開けた。
    私「おぉ、起きたか?いつ起きた?」
    浩央「別に。」
    6:31
    私はラーメンを台所で作りながら思った。

    私「宇宙人たちが地球人を『食べ物』としているのは地球人を『劣等』と見ているからだ。
    今、完全に完膚無きまでに『地球人は勝利した。』と、言うことは、
    フリーメーソンやイルミナティの宇宙人たちを『地球人が食べてもいい』訳だ。
    それは完全に許される。彼らが先に我々地球人に喧嘩売って来た訳だから。
    よし、フリーメーソンを食べよう!」

    6:44
    テレビ朝日のCMで『地球人捕獲作戦開始!』
    6:48

    『東京スカイツリー』あそこが日本フリーメーソンの新たなる最大拠点か。潰すしかないな。
    あと、東京タワーと六本木ヒルズあたりか・・・通天閣もか。

    青森は取り敢えずアスパムだけ潰そう。
    あれがあるから悪魔が力をつける。そして、犯罪が起こり人間が食われる。

    10:36

    トイレに行ってたら浩央が起きて来た。
    私はトイレから出て「おはよう。」
    浩央「あぁ。」

    私「いい仕事したな!」と言い、部屋に入って行った。

    10:46

    浩央の脱衣麻雀で「負ける覚悟は出来てる・・・」←いや?もう、負けたんだけど?

    11:52

    「ピョートイルです!佐藤様、アヌンナキことエロヒムの無力化が完了しました。
    以前と違ってだいぶ弱くなっております。」

    私「ピョートイル・・・お前は本当に目立ちたがり屋だな。
    ご苦労。ルシファーと同じ目に合わせてやれ!」

    ピョートイル「その言葉を待っておりました。お任せ下さい。」
    私「兄貴も目立たせてやれ。」
    決定的敗北.jpg
    決定的敗北!

    13:00

    浩央が急に家を出て行った。荷物もまとめて。
    フリーメーソンから何かしらの連絡事項があったのは間違いない。
    アヌンナキの件だろう。

    浩央は知らないと言うだろう。しかし、フリーメーソン側は追求するのだろう。
    私「不動明王様。」
    不動明王「何だ?」

    私「浩央の記憶を消去して下さい。」
    不動明王「了解した。」

    0:37
    浩央帰宅。大学時代の仲間と飲んでいたらしい。

    iグーグル社会欄支払総額4455億円 9日時点 死後!(2回死んだの意かな?) 9=「333」

    iグーグル政治欄「涙越え強くなる」

    iグーグル国際欄「故意の殺害、許されない」

    iグーグル政治欄「追悼の辞」

    ここまでが2012年3月11日。


    20:42突然、検索もしていないのに私のPCが「アヌンナキ」のWIKIを表示した。
    アヌンナキ【大悪魔!地球人を食料として創造した張本人!
    全ての邪悪はコイツから生まれる!


    五大明王(不動明王・降三世明王〔白蛇を切り殺せ!〕・金剛夜叉明王
    〔悪人と言えども人間を食うことは許さん!〕のみを明王と認める。)
    軍荼利明王・
    大威徳明王は正式に「悪魔とみなし殺害対象とする。」
    不動明王1.jpg
    不動明王(最強);第三使徒;佐藤浩央は倶利伽羅剣を持つ「不動明王の化身」である。
    必殺技「降魔降伏」「天神烈火」
    不動明王
    (ふどうみょうおう)、梵名アチャラ・ナータ (अचलनाथ [acala naatha])は、仏教の信仰対象であり、
    密教特有の尊格である明王の一尊。また、五大明王の中心となる明王でもある。
    密教の根本尊である大日如来(『大日如来の正体は
    邪神、天禍彦(あままがひこ)。天邪鬼である。本当の姿は
    小鬼などでは無い。日本に巣食う大邪神である。
    (
    すでに大天使ウリエルに殺され地獄に落とされている。
    素戔男〔スサノオ→正体はミノタウロス〕も
    同じく輝ける大天使ウリエルに首を簡単に取られて
    討ち取られている。)
    日本人全体を伊勢神宮などで「呪っている」のが
    天皇家一族である。』
    大日如来は天皇家一族の守護神(悪魔)であった。
    (元々神の座になどついてないい。)
    つまり、wikiは「嘘」がかなり多い。)
    の化身(嘘)
    あるいはその内証(内心の決意)を表現したものであると見なされている。
    (↑曲解。悪魔が自分たちに都合の良いように捻じ曲げただけ。つまり、デタラメ。
    天皇家の守護などしていない。)

    「お不動さん」の名で親しまれ、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれる。アジアの仏教圏の中でも特に
    日本において根強い信仰を得ており、造像例も多い。
    梵名の「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味し、全体としては
    「揺るぎなき守護者」の意味である。
    チベット仏教などではこの名よりも
    チャンダ・マハーローシャナ (चण्डमहारोषण [caNDamahaaroSaNa])
    即ち暴悪忿怒尊の名でより知られる。(この時点でチベット仏教の正体が分かるだろう?
    最下級の信者たちに焼身自殺を無理矢理命じている者が偽りの仏の名を語っているのである。)
    しかし、こちらは三眼で毛皮を身に纏い髪が逆立っているなど、日本に伝えられた
    不動明王とは図像的にやや異なるものである。

    空海(弘法大師)がより密教を伝えた際に日本に不動明王の図像が持ち込まれたと言われる。
    「不動」の尊名は、8世紀前半、菩提流志(ぼだいるし)が漢訳した「不空羂索神変真言経」に
    「不動使者」として現れるのが最初である。

    「使者」とは、大日如来(神では無い。悪魔の真っ赤な嘘!)の使者という意味である
    (↑捏造。本当の意味は神の使者以外に何があるのだろうか?ならば私は聞きたい。
    明治神宮で神でも無いお前ら悪魔主義者の人間が、まるで神のようなツラをして祀られ
    多くの人々を明治神宮に参拝させるようにさせている意味を?
    悪魔崇拝を強くしたいんだろ?そして下記の事項を実現したいんだろ?
    それ以外の何がある?不動明王が悪魔が酒粕でも使って化けただけの
    大日如来の化身?アホ!んな訳ねーだろ!)。


    伝承
    [Wikipedia=嘘が多分に含まれている。]

    「底哩三昧耶経」には大自在天ヒンドゥー教の最高神【正体は悪魔】シヴァ
    不動明王が調伏する
    説話がある。

    それによると、大日如来(太陽神=豊穣神=悪魔=悪魔崇拝者フリーメーソン天皇家一族の
    守護神とされている。つまり、明らかな捏造。)
    が悟りを開いて仏陀
    (考えなくてもわかるだろう?悪魔が仏陀になる訳無い。有り得ない虚言だ。)
    になったとき、ありとあらゆる三界の生き物たちが集会に来たが、
    自分こそ三千世界の主と考え慢心する大自在天(シヴァ)だけは招集に応じなかった。

    大自在天(シヴァ)「持明者(インドの魔法を使う精霊、ここでは夜叉明王)が使いとして来るだろうが、奴らは不浄なものを嫌うから、不浄なものを幻術で作り出し四方に張り、その中にいれば持明者の明術も役に立つまい」として結界を張り、近寄れないようにした。
    不動明王が大自在天(シヴァ)を呼びに行くと不浄の結界で覆われていた
    (この時点で悪魔だとお分かりでしょう?不浄な物とは「うんこ」や「小便」、あと、人間の肉である。)
    ので、不動明王は不浄金剛(
    烏枢沙摩明王)を召還し、不浄を食らい尽くさせた。
    そして、ただちに不動明王は大自在天(シヴァ)を捕らえて仏陀の元へ連行する。

    しかし大自在天(シヴァ)は「汝らは夜叉に過ぎぬが、私は神々の王なのだ
    (エリザベス女王やロスチャイルドなどのルシファー崇拝者、イルミナティと同様の台詞を
    吐いていることに注目!
    つまり、シヴァはお気づきの方も多いと思いますが、破壊神と言う「悪魔」です。)」
    と言い何回も逃げ続けた。仏陀が「断罪すべし」と命ずると、
    大自在天(シヴァ)とその妃(
    ウマー)を踏み殺し絶命させたのだった。(降三世夜叉明王
    そして、大自在天(シヴァ)の処分を尋ねると仏陀は「蘇生させよ」と言うので、法界生真言を唱えて復活させた。大自在天(シヴァ)は喜び不思議がり「この夜叉は何者なのでしょうか?」と尋ねると、仏陀は「諸仏の主である」と答えた。大自在天(シヴァ)は感激し、万物の全てにおいて尊い諸仏の上に、さらに諸仏の主がいることを知り、また彼が不動明王という「大王」のお陰で将来仏になれる授記をも得たのだった。
    ここでは、不動明王のことを、夜叉、大王、諸仏の主と呼んでいるのが特徴的である。


    ※つまり、破壊神シヴァ及びウマーは釈尊様と不動明王の「お情け」で今、存命しているのである。増長するな!ゴミクズどもが!

    倶利伽羅剣.jpg
    倶利伽羅(現在、第三使徒;佐藤浩央所有。)
    倶利伽羅剣(くりからけん)は、不動明王が右手に持つ、が巻きつき炎に包まれた(私が実際見た倶利伽羅は黄金の龍が二匹絡まるように漆黒の剣に絡み付いていた。)。
    貪瞋痴の三毒を破る智恵の利剣である。この剣が単独で磐石に突き立った姿は「不動明王の化身」とされ、「倶利伽羅明王」「倶利伽羅不動」「倶利伽羅竜王」などと呼ばれて礼拝の対象となる。



    降三世明王.jpg
    降三世明王(白蛇を殺し尽くし神への忠誠を示せ。→白蛇を焼き殺し神への忠誠を示した。)
    必殺技;「
    降魔参業空」
    降三世明王(ごうざんぜみょうおう、降三世夜叉明王とも呼ばれる)、および勝三世明王は、密教特有の尊格である
    明王のひとつ。五大明王の一尊としては東方に配される。
    降三世のサンスクリット語名とその起源

    降三世はサンスクリット語で、トライローキャ・ヴィジャヤ(三界の勝利者 Trailokya vijaya)といい、正確には「三千世界の支配者シヴァを倒した勝利者」の意味。
    経典によっては、そのまま、孫婆明王(そんば みょうおう)とも、後期密教の十忿怒尊ではシュムバ・ラージャ (Sumbha raja)とも呼ばれる。 その成立は、古代インド神話に登場するシュムバ・ニシュムバ (Sumbha and Nisumbha) というアスラの兄弟に関係し、密教の確立とともに仏教に包括された仏尊である。
    同体とされる勝三世明王は、降三世と起源を同じくするものの、「一面二臂タイプのトライローキャヴィジャヤ」として近年インドでも出土しており、ヴァジュラ・フーンカーラ菩薩とも言われる。

    曼荼羅における降三世・勝三世(シュムバとニシュムバ)

    降三世明王勝三世明王の2尊は胎蔵界曼荼羅に、孫婆菩薩爾孫婆菩薩の2尊としては金剛界曼荼羅に小さく登場する。
    その際は2尊とも柔和な童子形である。
    金剛界曼荼羅のブロックである「会」に、その名を冠した降三世会と降三世三昧耶会があり、何故か、明王として唯一、大円輪の中に登場する。

    インド神話・仏教説話のシュムバ・ニシュムバ

    インド神話において、アスラの兄弟シュムバニシュムバは、アスラの王マヒシャが退いたあと、尖兵のアスラチャンダを差し向けるなどして神々を圧倒し、世界を征服したがシヴァ神の妻カーリーによって滅ぼされた。
    しかし、仏教の説話では、仏の教えに従わない神々の王大自在天(シヴァ)と、その妻、烏摩妃を降伏させるため金剛手菩薩(金剛薩埵)は、アスラの兄弟シュムバ・ニシュムバの真言を用い、アスラとしての姿をとったとされる。

    その尊格や姿形

    明王は人間界と仏の世界を隔てる天界の「火生三昧」(かしょうざんまい)と呼ばれる炎の世界に住し、人間界の煩悩が仏の世界へ波及しないよう聖なる炎によって煩悩や欲望を焼き尽くす反面、仏の教えを素直に信じない民衆を何としても救わんとする慈悲の怒りを以て人々を目覚めさせようとする仏である。三世界の主を、或いは三世を三毒と解釈してこれを降伏するから降三世という。
    シヴァは妻の烏摩妃(ウマー)と共に「過去・現在・未来の三つの世界を収める神」としてヒンドゥー教の最高神として崇拝されていたが、神はヒンドゥー教世界を救うためにシヴァの改宗を求めるべく、配下の降三世明王を派遣し、頑強難化のシヴァとウマーを遂に超力によって降伏し、仏教へと改宗させた。降三世明王の名はすなわち「三つの世界を収めたシヴァを下した明王」という意味なのである。
    降三世明王は三面八臂の姿をしており、二本の手で印象的な「降三世印」を結び、残りの手は弓矢や矛などの武器を構える勇壮な姿であるが、何より両足で地に倒れたシヴァと妻ウマーを踏みつけているのが最大の特徴である。誰かを踏みつけた仏と言えば四天王がそれぞれ邪鬼を踏みつけているが、降三世明王は「異教とはいえ神(シヴァは神の仮面を被った悪魔である。日本の大黒天でもある。)を倒して踏みつけている」という点でひと際異彩を放つ仏である。




    蛇身弁財天 石像.jpg
    弁財天=白蛇=メデューサ=悪魔

    軍荼利明王は「悪魔認定をする。」

    軍荼利明王(は金剛界曼荼羅においては、甘露軍荼利菩薩、金剛軍荼利菩薩、蓮華軍荼利菩薩がいる。これを三部軍荼利と呼ぶが、軍荼利明王に該当するのは甘露軍荼利菩薩サンスクリットでいうアムリタ・クンダリンである。アムリタとは、不死の霊薬(この霊薬の正体は何なんだろうね?想像はつくけど。)のこと、クンダリンは水瓶、あるいは、とぐろを巻いた「蛇」のこと。)


    大威徳明王.jpg
    大威徳明王「悪魔認定確定!」
    大威徳明王
    (だいいとくみょうおう)、梵名ヤマーンタカ (यमान्तक [yamaantaka])は、仏教の信仰対象であり、密教特有の尊格である明王の一尊。五大明王のなかで 西方の守護者とされる。
    大威徳明王「閻魔を降す者」という名前の意味を持ちます。それは、悪魔が地獄行き捻じ曲げるために(本当の地獄の裁判で不利だから。)どうしても必要な存在として仏教世界に送り込んだ刺客を意味します。(不正の横行。)
    梵名のヤマーンタカとは『
    死神ヤマをも殺す者』の意味。またヴァジュラ・バイラヴァ (vajrabhairava 『金剛の畏るべき者』)、マヒシャ・サンヴァラ (mahiSasaMvara 『力強きスイギュウの魔神を押し止める者』)ともいう。 このマヒシャとはインド神話で女神ドゥルガーと戦ったスイギュウの姿のアスラの事である。三昧耶形は宝棒(仏敵を打ち据える護法の棍棒)。種字はキリーク (hriiH)。
    三輪身説によれば、大威徳明王は阿弥陀如来(自性輪身)、文殊菩薩(正法輪身)に対応する教令輪身で、阿弥陀・文殊が人々を教え導くために敢えて恐ろしげな姿をとったものとされる。
    日本では、大威徳明王は六面六臂六脚(「666」)で、神の使いであるスイギュウ(正体は黄金の子牛)にまたがっている姿で表現されるのが一般的である。特に日本では脚が多数ある仏尊は他にほとんど無く、大威徳明王の際立った特徴となっている。 一方チベット仏教ではスイギュウの顔で多面多臂多脚の姿で表される。
    6つの顔は六道(地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人間界、天上界)をくまなく見渡す役目(綺麗事を言っているが、要するに「ありとあらゆる場所で、『法や道理、秩序の捻じ曲げを行った完全なる刺客!』」。)を表現したもので、6つの腕は矛や長剣等の武器を把持して法を守護し、6本の足は六波羅蜜(布施、自戒、忍辱、精進、禅定、智慧)を怠らず歩み続ける決意を表していると言われる。

    また、チベットの伝説では、悪鬼と化した修行僧を折伏(←創価学会が信者獲得で行っているのがこれ。)するために文殊菩薩が変化したとも言われる。これによると昔、ある修行僧が悟りを開く直前に盗賊達に襲われ、共にいたスイギュウともども首を刎ねられて殺された。 悟りの境地に至る直前にその望みを絶たれた修行僧の怒りは凄まじく、そばに落ちていたスイギュウの首を拾って自分の胴体に繋げ、盗賊達を皆殺しにした。彼はそれだけでは飽き足らず、ついに関係のない人々をも無差別に殺す悪鬼・死神に成り果ててしまった。
    大威徳明王の牛.jpg

    大威徳明王の牛

    黄金の子牛像.jpg
    黄金の子牛像(「拝金の悪魔」)



    金剛夜叉明王.jpg
    金剛夜叉明王 こんごうやしゃみょうおう
    必殺技「金色明王閃」

    密教明王。人間界と仏界を隔てる天界に位置する明王の中でも特に中心的役割を担う五大明王の1人で、北方の守護神。
    不空成就如来化身とされ,すべての悪をくいつくす。三面六臂(ろっぴ)の忿怒(ふんぬ)相で,中央の顔には五つの眼があり,手には武器をもつ。京都教王護国寺,醍醐(だいご)寺などの像が有名

    金剛夜叉明王は古代インド神話に登場する vajrayakṣa(ヴァジュラヤクシャ)神が仏教に包括された仏であり、ヴァジュラとは金剛杵(こんごうしょ)という武器を意味する。ヴァジュラはインドにおける雷を放つ神の武器であり、金剛夜叉明王は「雷=どのような障害をも貫く聖なる力を持つ神」という意味である。
    しかし金剛夜叉明王は古代インド神話においては、人を襲っては喰らう恐るべき魔神(夜叉)であり人々の畏怖の対象であったが、後に大日如来(←悪魔)の威徳によって善に目覚め、仏教の守護神五大明王一角を占める仏となった。
    仏教に帰依した金剛夜叉明王は悪人だけを喰らうようになったと言われ、ここから「敵や悪を喰らい尽くして善を護る、聖なる力の神」という解釈が一般的となり、故に日本においても古くから敵を打ち破る「戦勝祈願の仏」として広く武人たちに信仰された。
    金剛夜叉明王は三面六臂の姿で、何よりも正面の顔は眼が5つもある特徴ある相をしている。六本の手には名前の由来である金剛杵や弓矢や長剣、金剛鈴等を把持して構えている姿が一般的である。


    ハヌマーン4.jpg
    ハヌマーン
    ハヌマーンहनुमान् Hanumān)は、インド神話におけるヴァナラ(猿族)の1人。風神ヴァーユの化身であり、ヴァーユが猿王ケーシャーリーの妻(アプサラスとする説もある)アンジャナーとの間にもうけた子とされる。ハヌマットहनुमत् Hanumat)、ハヌマンアンジャネーヤ(アンジャナーの息子)とも。名前は「顎骨を持つ者」の意。変幻自在の体はその大きさや姿を自在に変えられ、空も飛ぶ事ができる。大柄で顔は赤く、長い尻尾を持ち雷鳴のような咆哮を放つとされる。像などでは四つの猿の顔と一つの人間の顔を持つ五面十臂の姿で表されることも。(全然違う。本当にただのお猿さんに白い翼が生えているだけ。しかし、強い!今日、ミョルニル(トールハンマー)を上げた。)顎が変形した顔で描かれる事が多いが、一説には果物と間違えて太陽を持ってこようとして天へ上ったが、インドラヴァジュラで顎を砕かれ、そのまま転落死した。ヴァーユは激怒して風を吹かせるのを止め、多くの人間・動物が死んだが、最終的に他の神々がヴァーユに許しを乞うた為、ヴァーユはハヌマーンに不死と決して打ち破られない強さ、叡智を与えることを要求した。神々はそれを拒むことができず、それによりハヌマーンが以前以上の力を持って復活した為にヴァーユも機嫌を良くし、再び世界に風を吹かせた。
    ヒンドゥー教の聖典ともなっている叙事詩ラーマーヤナ』では、ハヌマーンは猿王スグリーヴァが兄ヴァーリンによって王都キシュキンダーを追われた際、スグリーヴァに付き従い、後にヴィシュヌ神の化身であるラーマ王子とラクシュマナに助けを請う。ラーマが約束通りにヴァーリンを倒してスグリーヴァの王位を回復した後、今度はラーマ王子の願いでその妃シータの捜索に参加する。そしてラークシャサ(仏教での羅刹)王ラーヴァナの居城、海を越えたランカー(島の意味。セイロン島とされる)にシータを見出し、ラーマに知らせる。それ以外にも単身あるいは猿族を率いて幾度もラーマを助けたとされており、その中でも最も優れた戦士、弁舌家とされている。

    現在の民間信仰

    今でも民間信仰の対象として人気が高く、インドの人里に広く見られるサルの一種、ハヌマンラングールはこのハヌマーン神の眷属とされてヒンドゥー教寺院において手厚く保護されている。中国に伝わり、『西遊記』の登場人物である斉天大聖孫悟空のモデルになったとの説もある。



    ミョルニル.jpg
    ミョルニル
    ミョルニル
    古ノルド語Mjǫlnir, Mjöllnir ミョッルニルとも。IPA[mjolnər])とは、北欧神話に登場するトールが持つ北欧神話中最強のウォーハンマー)である。その名前は古ノルド語で「打ち砕くもの」を意味する。神話 [編集]

    ミョルニルはドワーフの兄弟ブロックとエイトリ(シンドリ)が作り上げたもので、多くの神話でトールはミョルニルをもちいて巨人を撃ち殺している。 その威力は凄まじく、一撃で死亡しなかった生物は世界蛇ヨルムンガンドぐらいである(『ヒュミルの歌』)。
    再話ではミョルニルはしばしば真っ赤に焼けているとされ、これを扱うためにはヤールングレイプルという製の手袋が必要だとされる。
    投げれば相手を打った後に再び手元に戻り、大きさも自在に変えることができるとされる。振り上げることで雷光を発することもできる。
    スリュムの歌』ではスリュムという巨人がミョルニルを盗み、フレイヤとの交換を要求した。
    その恐ろしさは巨人側にも伝わっていたらしく、スカルド詩の『トール讃歌』では、巨人のゲイルロズがトールにミョルニルを持たずに自分の屋敷に来るようにと告げたという話が詠われている。
    ミョルニルは相手を打つためだけに使われるものではなく、トールの戦車を引く2頭のヤギ(タングリスニとタングニョースト)を屠って食料とした後に生き返らせる際に振るわれたり、バルドル葬儀の際、儀式を聖別するためにも用いられた。

    2012年4月10日 11:35
    iグーグル国際欄「事実上失敗」…

    私「釈尊様、アヌンナキは地獄に堕ちたのではないのですか?」
    釈尊様「うむ。確かに地獄に堕ちている。」
    私「人柱になっているのではないのですか?」
    釈尊様「なっている。神への生贄としてな・・・」
    私「なっ!?」
    ウリエル「そういうことだ。アヌンナキは臓腑を食べられながら地獄で苦しみながらも
    生きている。ただし、人間として。」
    私「残虐過ぎだろ、神・・・」
    人柱.jpg
    人柱(生贄)

    12:35
    iグーグル掲示板
    「助けて…」 ←お前が食べた地球人たちもそうやって死んでいったんだ。苦しめ。
    死んじゃう.jpg
    posted by 真 救世主 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月21日

    【聖水の作り方有】天皇家一族が存在する限り、日本国に真の独立は有り得ない現実を知って下さい。

    2012年2月21日 12:15
    【天皇崇拝者=売国奴】
    ガーター勲章をコノート公爵より伝達される明治天皇(1906年)。.jpg
    ガーター勲章をコノート公爵より伝達される明治天皇(1906年)。この時コノート公爵は誤ってピンで自分の指を傷付け出血したが、何事もなかったように式を続け、天皇も気付かない振りをした。天皇は式が終わった後、コノート公の落ち着きを称えた。

    ガーター勲章の騎士団の正装をした大正天皇(1912年頃撮影).jpg
    ガーター勲章の騎士団の正装をした大正天皇(1912年頃撮影)

    ※騎士団=フリーメーソン=悪魔主義者

    サンヘドリンに天皇だけが口をきける理由、ダビデ家(英国王室)の臣下だから。

    日本フリーメーソンの頂点は天皇(明仁も英国に行った時、ガーター勲章をすでに「頂いて」いる。)であることはもう、すでに日本国民だけではなく、全世界の人々がご存知であることであろう。


    そして、現在の天皇明仁が、自己保身のためにゾンビ+ヴァンパイアの 「ゾンパイア」という化け物になっていることもすでに報告済みである。


    何度も繰り返すが、フリーーメーソンの正体は「神作り」を名目とした邪悪を楽しむ悪魔崇拝者団体である。本当の悪魔の権化である。


    まるで、アニメかおとぎ話のような話だが、全て現実である。
    それを直視しない者には死、家畜の運命が待っている。

    それが「人類家畜化計画」である。

    真実を知って下さい。
    http://takao-sato.seesaa.net/article/253179716.html



    サンヘドリン・・・
    イエス・キリストと対決したファリサイ派の人々である。司法を司る。
    以下WIKIから抜粋。

    伝承ではサンヘドリンの源流はモーセ時代までさかのぼるという。だが、サンヘドリンというギリシャ語名が、その起源がヘレニズム時代にあることを示唆している。ラビ伝承によるとサンヘドリンのメンバーに加わるための条件はモーゼに由来するセミカの口伝を受けていることであったという。


    サンヘドリンは「最高法院」「長老会」などの訳で新約聖書に登場する。福音書では、イエス逮捕はこの最高法院による陰謀であり、最高法院のメンバーがイスカリオテのユダを買収しイエスを捕縛したが、イエスになんら罪を見出せなかったため、偽りの証人をたてて、神への冒涜の咎で死刑を宣告し、ローマ総督ポンティウス・ピラトゥスに引き渡したという。これは当時のサンヘドリンには死刑をおこなう権限が与えられていなかったからである。サンヘドリンはもともと死刑を含む罪を執行する権利を持っていたが、紀元30年ごろ、ローマの指示によって死刑の執行を禁止されていた。


    ある学者たちは福音書のこのくだり、特にファリサイ派の人々のイエスへの激しい敵意は、紀元70年のエルサレム神殿崩壊後のファリサイ派の姿を反映していると考えている。なぜなら、神殿崩壊後、もはやユダヤ人の間でイエスが救世主であったことを信じるものがいなくなっていたからである。キリスト教徒たちはもっぱら非ユダヤ人への宣教をおこなっていたため、このころかかれた福音書はユダヤ人よりもローマ人をよく書く傾向にあったのだというのだ。また、福音書にみられるようにファリサイ派がユダヤ人の中で主導的な立場をもつようになったのは、神殿崩壊後のことであり、当時のキリスト教徒は自らこそが正統なユダヤ教の継承者であることをしめすため、ラビ的ユダヤ教を貶める必要があったのである。



    サンヘドリンの方々はすでに私があなた方の正体に気付いていることは承知しておられることでしょう。


    2012年2月20日18:19
    テレビのニュースで
    「食べちゃうんですよ。たべられちゃうんですよ子供でも。」


    フリーメーソン・イルミナティが何としても天皇を守りたい本当の理由

    それは「日本を属国にしたままにして置き、日本人から搾取しむしり取り続けたいから。」 



    歴代天皇家は明治天皇以来、英国王室よりガーター勲章をもらっている。
    明仁も当然もらっている。

    他国から一国の国家元首が勲章をもらう?→「売国」である。

    天皇家一族は「自分のみの金と引換えに属国化の道を選んだ」のである。

    だから、天皇家一族は何が何でも根絶やしにせねばならないのである。
    真の日本国の独立を勝ち取るために!




    2007-10-28 19:56:21

    昭和天皇の秘密の正体は、大英帝国(イルミナティ)のガーター騎士団員であると言うところに存する。(太田龍の時事寸評)
    http://www.asyura2.com/07/bd51/msg/153.html




    http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


    平成十九年(二〇〇七年)十月二十六日(金)
    (第二千二百十九回)

    ○昭和天皇によって死に至らしめられた六人の日本の首相。


    ○その名前は次の如し。

      (1)田中義一 自殺
      (2)濱口雄幸 暗殺
      (3)犬養毅  暗殺

      (4)広田弘毅 占領軍による死刑
      (5)近衛文麿 自殺
      (6)東條英機 占領軍による死刑


    ○二・二六事件のときの岡田啓介首相は、危うく逃れた。

    ○昭和天皇とは何者か。(すでにご存知のように真の悪魔中の大悪魔!)


    ○昭和天皇とは、イルミナティルシフェリアン世界権力の駒として、イルミナティの日本民族皆殺し侵略戦争の完全遂行のために、大功を立てた人物である。

    イルミナティにとってのかくも大なる功績を立てたがために、昭和天皇は、日本の敗戦後も、英国ガーター騎士団の一員として、大切に処遇された。

    そのような人物である。

    そもそも、昭和天皇が、英国のガーター騎士団員であるとはどう言うことか。


    この問題は、ジョン・コールマン博士が「300人委員会」
    (KKベストセラーズ刊)の中で、記述して居る。


    筆者は、このことを、何十回となく、色々な機会に述べて居るが、にも拘わらず、今に至るまで日本人にはピンと来て居なかった。


    日英同盟締結によって、日本は、日露戦争を辛勝し得た。
    と言うことは、大ていの史書に書かれて居る。

    しかしこれは、歴史の真相のほんの表面であるに過ぎない。

    狡兎死して走狗煮らる。

    日本は、この走らされた走狗であった。


    日露戦争後、米英イルミナティは、走狗日本を、煮殺しにかける。


    そして、このイルミナティの日本処分作戦に於て、イルミナティは、昭和天皇を、最大限に利用した。


    日露戦争後、英国は、明治天皇に、ガーター勲章を与えようとしたところ、

    明治天皇は拒否権を発動しようとしたにも拘わらず、日本政府首脳部は、よってたかって明治天皇を押さえ込んでガーター勲章を受けるようにさせた。


    大正天皇は、何の反対もなく、英国からガーター勲章を受けた。

    昭和天皇は、、大いに喜んでガーター勲章を受けた。


    つまり、英国のガーター騎士団員としての昭和天皇は、本来の日本人ではない!!彼は、大英帝国の臣下の一人なのだ。(これが日本が属国であり、天皇家一族を根絶やしにせぬ限り、日本国の真の独立は有り得ない真の理由。マスメディアが今、盛んに言っている「国体の護持」などは全て「嘘ッパチ」である!彼らは全て「売国奴」である。)


    今の平成天皇明仁も、英国へ行ったときにガーター勲章を与えられた。


    バーガミニの大著「天皇の陰謀」は、西洋人(一般にすべての外国人が書いた著作としては、もっとも深く日本現代史の真相に迫っているにも拘わらず、事態の核心の一歩手前で停止している。


    昭和二十年八月を境として、昭和天皇の前半生と後半生は、丁度半分ずつ、きれいに分けられる。(戦争の元帥としての昭和天皇ヒロヒトと、平和の象徴としてのヒロヒロ。もちろん、後者は悪魔が窮地に陥った時の偽りの仮面であることは言うまでも無い。)


    しかし、昭和天皇は、この劇的変化を平然と、何事もなかったかのごとくに生きた。(国民の悲しみや痛みになど見向きもしなかった証拠。全ては「悪魔の生き残りのためのアピールに過ぎない」ことを受け入れろ。)


    その秘密は、昭和天皇が、大英帝国(イルミナティルシフェリアン世界権力)のガーター騎士団員であると言うところに存在するのである。


    ※@かえって重篤な不適合を来す事があるから←超重要情報
    A5時間と言っておいて、ぴったり5時間で終わったのがすべてを語っている ←心臓そのまま確定!

    嫌がる他人を無理矢理悪魔化して影武者にして、自分は魔法薬でゾンヴァイア!で逃げる!
    国民なんか、そっちのけ〜!


    @25
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:29:41.04 ID:eMW5A0NW0
    たぶん別人に入れ替わってる
    A26
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:29:59.19 ID:Yua2d3Uw0
    完全犯罪ミステリー?→若者拉致。
    B28
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:30:16.76 ID:Xgx0MCH+0
    >>21

    マジレスするけど心臓移植は要らない手術だから →心臓手術はしてない。
    C30 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土)
    15:30:26.31 ID:yX6PJL8g0
    やったか!? →殺したか?と言う意味。

    D小魚を食べてカルシウムを摂取して→「小魚=庶民」、カルシウム=頭蓋骨を肉化して食べる。そして新しい頭蓋骨はアルミニウム製。
    E76
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:34:10.88 ID:vlh78gfZ0

    影武者に入れ替わりました→吸血鬼?ゾンビ?ホムンクルス?
    F87 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:34:48.25
    ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~
    土下座プレイだるかったわ… →悪魔儀式で土下座してムチ打たれたんだ。
    G111
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:36:30.12 ID:2g6kKGnOO

    テレビつけてるけど、どこのチャンネルも中継してない…。

    テレビで中継出来ないことをしていた→儀式殺人!
    H130
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:38:09.43 ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~

    除霊(笑)依頼ばっかりきよる…

    「千円」じゃたらんわい!→フリーメーソンの悪魔儀式で儀式殺人を天皇明仁のために罪の無い若者を拉致って行ったことは確定。


    ※千円札の裏の富士山の湖に映っているのは逆さ富士ではなくシナイ山。


    I18日に手術を行ったとされる(実際は悪魔儀式)理由→「18÷3=666」悪魔の数字「666」の日だから。本日は土曜日「土星=サタン」

    J173 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:42:23.47 ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~

    ダイヤモンドステークス見よ… →ダイヤモンドステークス→ケイアイドウソジン→敬愛道祖神→お地蔵様。
    K266
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:51:52.16 ID:WC2x3SK/0
    今夜、我が家はは寿司と八海山ですわ
    →悪魔が神に化ける時に使うのが酒粕。
    L309 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:55:55.93 ID:zwLO1N7r0

    クッソワロタwwwwwwwwww >>1
         なぜ湖に浮かんでいた?
    ハライテーw
    M313
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:56:26.16 ID:BECQhtck0

    ちゃんとおしっこでてるかなー→魔法薬飲んだか。その効能は?
    N316 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:56:54.38
    ID:q27LdhIE0
    >>301
    お前の血は何味だー!→吸血鬼化確定!

    O19:28NHKの天気予報「青森県八甲田山は雪で前が見えないくらい」

    私の背後霊の爺さん(佐藤峰雄は八甲田山の神様になっている。)の力を一時的に削って来たか。
    P368
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:01:28.00 ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~

    ケイアイ道祖神の単勝一万九千円や…
    天皇ボーナスレース恐るべし…→ケイアイドウソジン→敬愛道祖神→お地蔵様。
    Q402
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:05:23.82 ID:2DuTc0+L0
    >>380

    親族の血液は危険だから、当然お前ら平民の血だよ。


    マザー・ゴッデスなどではない悪魔儀式、土曜で今日の丑三つ時は日曜日=黒ミサ!今日、明仁は黒ミサを行う気だ!さらに儀式殺人を行い一般人の肉を食べるんだ!!!

    R449 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:10:12.57 ID:wY6TfFru0

    医者「ごめん」←ほぅ、皇室の方々は戦慄する台詞だな。
    S450 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:10:12.52
    ID:/JB8svB1O
    >>413
    かえって重篤な不適合を来す事があるから←超重要情報
    21)
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:10:23.93 ID:2DuTc0+L0
    >>413

    説明してやりたいが、面倒くさい。とりあえず、輸血(飲血)は他人であればあるほどよい。←へぇ、そういうものなんだ。じゃぁ、今日の黒ミサは赤の無実の他人だ。で、自分たちは素晴らしい、か。

    22)484 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:12:00.49 ID:qtKO4WMs0

    5時間と言っておいて、ぴったり5時間で終わったのがすべてを語っている

    まぁな。儀式にそんなに時間かからないからな。


    23)20:56
    浩央「フリーメーソンとかなんだとか言ってるようじゃ(強調して)『もう終わってるべ』。」

    浩央の発言の直後(約0.5秒くらい?)テレビで「完全融合」

    24)2012年2月19日(日)iグーグル掲示板

    陛下「気持ちがいい」…皇后さまに手さすられ

    昨日、陛下が【黒ミサ】を行ったことは間違い無い。確定だ。

    しょうがない、予定変更して黒ミサの続きの記載をしよう。
    どれほど邪悪な行為が行われているかを知ってもらおう。

    100%、明仁は民間人の赤の他人の「赤ちゃん」を食べている。
    邪淫(ホモ・乱交・近親相姦〔度合いにもよるが・・・〕)を行ったのは確実。

    「うんこ」も食べたし、小便水も飲んでいる、存分に。
    気持ちいいのは快楽の限りを尽くした証拠。ゾンヴァイアだから血が美味しいのは当たり前。



    21:51

    浩央「寒みぃな、おい!」←あぁ、なるほどな。アンテッドだから暑い場所ではなく寒い場所の方に逃亡するんだ。死体は腐敗するからな。けど、ヴァンパイアの中間だからそこどうなんだ?




    525 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:16:06.28 ID:KdLe5cOx0

    >>487
    日本人わかる?
    頭大丈夫? ここ日本ですよ。


    542
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:18:14.93 ID:hoSQEaUJ0
    >>525


    お前ら信者がな。
    なぜ同じ人間をこうも崇めることができるの?

    全くだ。同じことが貧しい外国の方々にも言える。

    君たちは彼らに人間の血が通って無いとでも思っているのか!?

    子供たちの幸せを奪ってまで現在の日本の団塊の世代の老人たちのように自分だけが幸せになりたいと言うのか?そんなに金が欲しいのか?

    悪魔に魂を売ってまで金が欲しいのか!?天皇は悪魔崇拝者だぞ!?
    フリーメーソンだぞ!?ルシファー崇拝者だぞ!?

    天皇のような外道を崇拝するくらいなら、中東アフリカや、戦火にまみれたアフガニスタンの子供たちの幸せを祈りたまえ。

    アスメディアの言葉を信じるな。全てを疑え!私の言葉すら疑え!真実から目を背けるな!救え!


    546
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:18:43.73 ID:KdLe5cOx0
    >>521

    昭和天皇めっちゃキャラいいんじゃん。

    すげえ面白いし。最高

    愚か者。

    コレを見ろ。ここまで悪事の限りを尽くし、日本国民を踏み躙り切っている一族なんだぞ!?
    http://takao-sato.seesaa.net/article/171551218.html

    http://blog.goo.ne.jp/youteifan6/e/778feae34d8bac6de395d4a7962b8f71

    http://takao-sato.seesaa.net/article/171550095.html

    http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060825

    http://cosmo-world.seesaa.net/article/118366403.html



    正直に言う。普通の吸血鬼ならこれで十分対抗出来る。
    だが、天皇ぐらいになると、これじゃまだ不十分だ。

    明日、順天堂大学病院で東京大学医学部とタッグで心臓改造手術を行った。
    「以前より元気になる」。この言葉にキーワードはある。

    「KEYENCE」→鍵?ソロモンの鍵?

    これは対バアル(=ベルゼバブ)戦で実際使われた方法です。

    聖水の作り方 旧約聖書 列王記下 第2章15〜】

    エリゼオは「新しい皿に塩を入れて、ここに持って来るように」と言った。彼は皿を持って来た。エリゼオは水源地に行き、そこに投げ込んで言った。

    「主はおおせられる。〈私はこの水を清める、これよりもうこの水から死も不毛も出まい〉。エリゼオの言葉通り、その水は清められ今日に至っている。

    ※全て、心からの信仰があって効果を発揮します。
    不安な方のために簡易聖水の製作法をお伝え致します。

    小瓶に一つまみの塩を入れ、キリスト教の方なら「我が主イエス・キリストの御名において願います。(私のように大天使ウリエルの力を借りても、もちろん大丈夫です。)私はこの水を清めます。これよりこの水は死も不毛も滅せられたまえ。」(←ルシファー?あぁ、死んだよ。)

    イスラムの方ならアッラーに、仏教の方なら釈尊様の御名に基づいて祈れば大丈夫です。

    神道は完全に邪教ですので「古神道」に移行して下さい。そして不動明王に祈ればよろしいでしょう。

    で、インドの方なのですが、失礼を承知で言いますが、インドは非情に悪魔が神の仮面を被っている悪魔天国の国ですので、ハヌマーンが確実でしょう。

    甘く見ているかも知れませんが、ハヌマーンはシヴァ、カーリー二人がかりとハヌマーン一人で互角に戦ってますからね。



    【神側最高呪文】般若心経 摩訶般若波羅蜜多心経。

    ギャテイ ギャテイ ハラギャテイ GYATEI GYATEI  HARAGYATEI
    ハラソウギャテイ ボウジソワカ HARASOUGYATEI BOUJISOWAKA

    それをくり返し、悪霊を調伏し終えたら
    ハンニャシンギョウ          HANNYA SINGYOU 


    吸血鬼、フリーメーソン.jpg
    (写真)フリーメーソンが吸血鬼を作っている証拠
    一見、一般人とヴァンパイアなど「不死者」は区別がつかない。
    脈を測れば確認可能だ。「3回脈が打たない」ようであれば、「不死者」である。
    鏡にも映らない。
    これは「魂と肉体のつながりが弱いため」だと言われている。
    影もそう。



    せいようさんざし (西洋山査子) 1.jpg
    せいようさんざし (西洋山査子) ←対吸血鬼用の最強の杭が作れる

    対アンデッド(不死者用呪文)「ジルワン(ZILWAN)」成功率95%


    ヴァンパイアロードが不死身とはいっても、効けば肉体が崩壊するレベル。

    この言葉自体が呪文である。危機があったら詠唱しろ。)「ジルワン(ZILWAN)」と!十字架やイコンの裏に刻むように。信仰があればそれだけで

    効果がある。

    さらに「ゾンビ+ヴァンパイアのゾンヴァイアってのがある」


    *招かれないと入れない

     吸血鬼はそこに住む住民に招かれない限り門口を超えて建物に入ることが出来ない。が、一度でも彼等を招待してしまったなら、その家は以後、吸血鬼に対して門戸を開いてしまったことになる。このため、吸血鬼はあらかじめ公の場で獲物に出会い、正体が露見する前に入場の許可をとりつけてしまう。

     この「招かれないと入れない」という弱点は、「悪魔は歓迎されないところには行くことが出来ない」というキリスト教の言い伝えから出たものである。

    *万国共通で水に弱いですよね。とある小説では水を被ると溶けるという説もありますし。
    *「鏡」吸血鬼は鏡に写らない→肉体と魂の結びつきが弱いため。

    *血を吸わないと死ぬが、別に相手を殺すほど飲まなくてもいい

    *吸血鬼は、ハーフバンパイアは日光を浴びても平気だが純バンパイアは日の光は浴びると灰になるとか言われてますが、実際は力が半分ほどしか出せないだけで害はないとか。影を持たない(日の光を苦手とするのはここに由来があるそうです)


    *十字架やイコンが利くのは脅し程度。しかも信仰が伴っていないと何ら効果無し。
    *火葬は鉄則。アンテッドは火に弱い。

    *火葬の前、必ず【首の切断】を行うこと。これも鉄則。ゾンビ化を防ぐなら頭蓋骨を脳みそがあ潰れるまで叩き潰すこと。ゾンビは仮に復活出来ても脳が潰れていると動けない。思考出来ないからだ。

    *ゾンビも吸血鬼もどちらも襲われると、仲間にされちゃう。(火や聖水が弱点は共通。)


    クルースニク


    クルースニク(Kresnik)は、スロベニアやイストリア半島に住むスラブ人の間に伝わる吸血鬼ハンター。語源は十字架を意味する「Krat」。ハンガリーではタルボシュ(Talbos)と呼ばれる。


    概要 [編集]


    クルースニクは、同じ吸血鬼ハンターのダンピールと違って人間の子供である。ただし、白い羊膜に包まれて生まれてくる。そして、赤い羊膜に包まれて生まれてくる吸血鬼クドラク(Kudlak)との戦いを宿命としており、村や町ごとにクルースニクがいる。


    普段は凛とした青年の姿をしているが、クドラクと戦う際は互いに馬、豚、牛、猪などに変身して戦う。この時、クルースニクが化けている動物は白いので、簡単にクドラクとの見分けがつく。戦闘時は自分が生まれた時に自分を包んでいた白い羊膜の一片を左脇の下に付着させておくか、その白い羊膜を粉末状にして液体に溶かしたものをあらかじめ飲んでおかないと、クドラクには勝てない。


    クドラク(吸血鬼)

    黒い狼の姿をしており、真の正体は悪の魔術師であるとされる。悪疫や凶作の原因とも考えられていた。


    確実に絶命させるためには、【セイヨウサンザシ】で作った杭によって【心臓を串刺しにする】か、【膝下の腱を切断】した後に埋葬(火葬)する必要がある。(両方やる!そして火葬は鉄則!)この処置を怠ると、さらに強力な怪物となって蘇る。




    サンザシ(キミカンザシ)の花

    双子葉植物綱 Magnoliopsida;バラ目 Rosales;バラ科
    Rosaceae;サンザシ(山査子、学名: Crataegus cuneata)は、バラ科サンザシ属の落葉低木。中国産で、日本にも古くに持ち込まれた。



    吸血鬼の姿

    ぶよぶよした血の塊のようなものであるか、もしくは【生前のままである】とされることが多い。

    両者とも、一定の期間を経れば完全な人間になるとされることもある。また、様々な姿に変身することが出来るとされる。吸血鬼は、虫に変身する、ネズミに変身する、霧に変身するなどの手段を用いて棺の隙間や小さな穴から抜け出し、真夜中から夜明けまでの間に活動するものとされた。また、地域によって異なるが、特定の月齢や曜日、キリスト教の祭日などの日には活動できないとされる場合が多い。吸血する際は、長い牙が出現するとされている。また、最近では、獲物である人間を惹きつけるために、美しい容姿を持つとされることが多い。


    吸血鬼となる理由


    死者が吸血鬼となる場合は、生前に犯罪を犯した、神や信仰に反する行為をした、惨殺された、事故死した、自殺した、葬儀に不備があった、何らかの悔いを現世に残している、などの例が挙げられる。また、これらの理由以外にも、まったく不可解な理由によって吸血鬼になることもあるとされた。そのため吸血鬼の存在が強く信じられた地域では、墓に大量の黍を捲く、にんにくを置く、茨を置く、一定期間墓の周りで火を焚き続ける、などの予防措置がほぼ全ての死者に対して行なわれた。


    吸血鬼がその活動によって与える害悪としては、眼を見る・名前を呼ぶ・何らかの方法により血や生気を吸うなどの手段により人を殺す、家畜を殺したり病気にする、家屋を揺さぶる、生前の妻と同衾し子供を産ませるなどの例がある。


    最近では、吸血鬼に生き血を吸われた人間や、吸血鬼に殺された人間が吸血鬼になるとされることも多い。



    古くから血液は生命の根源であると考えられており、死者が血を渇望するという考えも古い。例えばアステカでは人間の心臓と血液を捧げる血の儀式があり、キリスト教では血が神聖視され、古代ギリシアに書かれたオデュッセイアでは、オデュッセウスが降霊の儀式を行う際に生け贄の子羊の新鮮な血を用いるくだりがある。このようなイメージが吸血鬼を生み出したと考えられる。

    キリスト教では血が神聖視されたことは事実であるが、飲血など断じて容認していない。であるからイエスは私の血の代替物として「ぶどう酒」を用意し、肉の代わりにパンを用意した。

    都合の良い曲解をしてはならない。


    ヴィクトリア朝以降の吸血鬼


    永遠の若さをもつとされるのはヴィクトリア朝時代に入ってからである。現在の吸血鬼の多くは、不老不死で知性的な、多くの不思議な力を持つ者として描かれる。吸血鬼は霧、オオカミあるいはコウモリに変身することができるとされる。また、古来から鏡には人間の魂を映し出す力があると信じられていた為、肉体と魂の結びつきが弱いとされる吸血鬼は、鏡にその実像が映らないとされる。



    吸血鬼退治


    吸血鬼の存在を信じていた人々にとっては現実に差し迫った脅威であり、とくに農村部などにおいては、不可解な事件が発生した際に、多くの吸血鬼退治が現実に行なわれた。この吸血鬼退治は、ごくわずかではあるが20世紀になってからも行なわれたことが資料によって確認されている。


    具体的な退治方法としては、首を切り落とす、心臓に杭を打つ、死体を燃やす、銀の銃弾もしくは呪文を刻んだ銃弾で撃つ、などの方法が挙げられる。また、葬儀をやり直す、死体を聖水やワインで洗う、呪文などを用いて壜や水差しに封じ込める、などの死体を損壊しない方法がとられることもあった。


    吸血鬼退治は、聖俗の両権力から不当に死体を損壊する不道徳な行為であると考えられていたらしく、吸血鬼退治に関する禁令が出ることもしばしばであり、少なくとも近世以降は、吸血鬼という概念は知識階層にはあまり真に受けられるものではなくなっていたことが窺える。ただし農村部などでは、農民の反発を恐れた地方領主や役人が吸血鬼退治を看過することはとくに珍しいことではなく、禁令はたいていの場合無視されていた。




    伝承の吸血鬼

    21世紀になった現代でも、一部の地域では吸血鬼伝説が色濃く残っている。


    2004年1月、ルーマニア南部の寒村で、76歳で他界したペトラ・トーマンが、埋葬後に親族の男性6人によって掘り起こされ、心臓を切り取られるという事件があった。

    もちろん、現代では犯罪であり、数日後、警察によって捜査、立件された。ペトラ・トーマンは生前は村人に親しまれ尊敬された人物であった。しかし、死後、親族がペトラ・トーマンがよみがえって血を吸った夢を見たといい、また、親族の数人が病気になった。このため、親族の一部はペトラ・トーマンが吸血鬼になったと信じ、前述の凶行に及んだ。切り出した心臓を焼いて灰にし、その灰を病気になった親族に飲ませたところ、悪夢もみなくなり、病気も全快したと犯行に及んだ親族は主張した。


    このように一族や地域コミュニティに病気が発生したとき、その原因を一族の死者に求める民俗はヨーロッパに広く見られる。

    ★【超重要】

    【死者の復活を防止するために心臓を抜き出して焼き、死者の首を切断したり、歩けないように手や足を切り取って足の位置を変える(足を胸の上に置くなど)、焼いた心臓の灰を海や川に流す。】

    ヨーロッパだけでなく、ヨーロッパからの移民が多いアメリカでも19世紀までしばしばこうした行為が行われた。

    現代の吸血鬼像


    腕力は人間を遥かに超え、体の大きさを自由に変えたり、コウモリや狼などの動物、霧や蒸気に変身でき、どんな場所にも入り込む。また、催眠術やフクロウ、コウモリ、狼、狐、昆虫といった動物、自然現象(特に嵐や雷など)を操る。トランシルヴァニアの伝説を元にした『ドラキュラ』は現代の吸血鬼のイメージに強い影響を及ぼしており、従って東ヨーロッパの吸血鬼は現代のそれに近い。

    『ドラキュラ』の登場人物の一人であるヴァン・ヘルシング教授は、吸血鬼を「怪力無双、変幻自在、神出鬼没」と称する。

    ドラキュラのモデルは、ルーマニアのトランシルバニア地方出身の15世紀のワラキア公ヴラド3世(ヴラド・ドラキュラ或いはヴラド・ツェペシュ)と言われているが、この小説が初めてルーマニア語に翻訳されたのは1990年であり、それまで、地元ではヴラド・ドラキュラ公やドラキュラ伯爵は無名の存在だった。なお、実際のトランシルバニアのヴラド一族の領地一帯には吸血鬼伝説はない。また、原作中に言及のあるドラキュラ伯の素性にも史実のヴラド公を思わせるものはなく、ストーカーは単にドラキュラという名前だけを拝借したものと思われる。(ストーカーはアイルランド人であり、「人の生き血を吸う貴族」というのはかなり意味深な暗喩である)。


    概して以下のような特徴を持つと言われている。

    燕尾服もしくはテールコートにシルクハットを被り、赤い勲章を下げ、襟の立った表地が黒で裏地が赤のマントを羽織り、翻している古典的なヨーロッパ貴族のような姿が広く有名である。転じて、品が良く高貴なイメージが強い。

    痩身で肌が青白い。(※痩身では無いがエリザベス女王の姿を見ろ!)
    餌である人間を惹きつけるため、美形として描かれることが多い。

    棺桶の中で眠る。
    赤ワインや薔薇が血液の比喩として用いられる事がある。
    鏡に映らない(※肉体と魂の結びつきが弱いんだよな?)。

    コウモリ、オオカミ、霧、鼠などに変身出来る。


    吸血鬼についての報告は複数の被害者の主観から語られるのみで、一向に詳細が見えてこない。吸血鬼とは実態が無い存在であり、それは吸血鬼の力と符合している。

    十字架や香草、銀に弱い。
    十字架、聖水、イコンのような宗教的象徴は、それ自体には効能が無くそれを持つ者の信仰が重要であり、また力のある吸血鬼には通用しないことがある。


    ★(困ったことに、悪魔主義者の馬鹿団体フリーメーソンには表の信仰と裏の信仰という「神を馬鹿にした」概念を勝手に作っている。表面上では神を信仰し、裏では悪魔崇拝をしているのだ。でも、天国には行きたいんだとさ。んな訳ねーだろ!?「散々人殺しまくりました。これからも殺しまくります。でも、表は神様信仰してます。だから天国行かせて下さい!」彼らはこう言っているのだ。)


    なお、吸血鬼は宗教的な信仰がないため(正確に言うとある。吸血鬼と一言で言っても様々な種類があるのだ。だから困ったことにキリスト教の吸血鬼なんてのも存在する。だが、神は彼らを許しなどしない。冒涜しているからだ。)、十字架に弱いということには諸説ある(十字架が本当に弱点なのならば十字の描かれた棺桶で眠ることはないはず、など)。

    ニンニクはエジプトでは広く悪に対して効果があると伝承されており、それが世界各地に広まった。中国やマレーシアでは額に、フィリピンでは脇の下に擦り込み、スラブではドアや窓、首にかける。


    太陽の光にあたると灰になってしまう(ただし直射日光を浴びても平気か殆ど害のない例もある)。
    また、ニンニクに弱い(香草類)、太陽に弱いというのも同様に、ただ単に身体能力が人より優れていて、鼻がよく効き、目がかなり良い、という理由でできたものという説を唱える者もいる[誰?]。

    蝋燭、香、柊、窓や扉に置いたケシの種・麦・雑穀・漁網は厄避けになると言われる。
    種などを見るとその粒を集めなければ気が済まない、縄の結び目を解こうと躍起になるという習性を利用したものとされる[1]。
    杭を心臓に打ち込めば死亡する。

    銀の武器以外では傷付けられない。
    牙(人間でいう犬歯)が大きく、鋭い。

    血を吸う相手の首筋に牙を当て、血を吸う。血を吸うときは、瞳が赤く光る。

    川などの流れる水を越える事ができない(空を飛ぶ動物に変身していたり、橋やボート等があれば別)。

    初めて訪問した家では、その家人に招かれなければ侵入できない。

    吸血鬼に血を吸われ死んだ人や、吸血鬼の血液が体内に入った人は、吸血鬼になる。また、血を吸われなくても吸血鬼に殺されれば吸血鬼になる。

    同性よりも異性を好んで襲う。ただし、女性の場合は同性を好む。
    一時的な暗示をかける魔眼をもっている。

    強力な魔法や魔術の類を操ることができる。
    血を吸われる相手には性的な快楽がある。



    エムプーサ(古典ギリシア語:Εμπουσα, Empusa,
    Empousa)は、ギリシア神話に登場する夢魔の一種。その名は「雌蟷螂」を意味する。冥界の女神ヘカテーにモルモーと共に仕えている。日本語では長母音を省略してエムプサとも表記される。


    蝙蝠のような翼を持ち、片方の足は真鍮か青銅で出来ており、もう一方の足はロバの足か大きな鉤爪のある足で、そして手の指先には鉤爪のある女の姿をしているとされる。ヘカテーの命により男の旅人を誘惑して食い殺したり、眠っている男には悪夢を見せながら血を啜る。しかし悪口に弱く、罵る事が出来れば悲鳴をあげながら逃げるとされる。姿を自在に変化させることができ、アリストパネースの喜劇蛙ではロバ、雄牛、犬、美女に化けるとされている。また、ルキウス・フラウィウス・ピロストラトゥスの『テュアナのアポロニウスの生涯』にも登場する。



    モルモー(古典ギリシア語:Μορμώ, Μορμών,
    Mormō)はギリシア神話に登場する吸血鬼の一種。冥界の女神ヘカテーにエムプーサと共に仕えている[1]。日本語では長母音を省略してモルモとも呼ばれる[1]。


    エムプーサに比べるとその性格は大人しく、親しみやすいお化けの様な存在とされる。また、変身の術に長けている。元々はラミアーと同類の女性の姿をした吸血鬼とされていたが、後代には母親が幼い子供に夜に子守歌代わりに語って聞かせるお伽噺の中のお化けとして扱われるようになった。



    クルースニク


    クルースニク(Kresnik)は、スロベニアやイストリア半島に住むスラブ人の間に伝わる吸血鬼ハンター。語源は十字架を意味する「Krat」。ハンガリーではタルボシュ(Talbos)と呼ばれる。


    概要


    クルースニクは、同じ吸血鬼ハンターのダンピールと違って人間の子供である。ただし、白い羊膜に包まれて生まれてくる。そして、赤い羊膜に包まれて生まれてくる吸血鬼クドラク(Kudlak)との戦いを宿命としており、村や町ごとにクルースニクがいる。


    普段は凛とした青年の姿をしているが、クドラクと戦う際は互いに馬、豚、牛、猪などに変身して戦う。この時、クルースニクが化けている動物は白いので、簡単にクドラクとの見分けがつく。戦闘時は自分が生まれた時に自分を包んでいた白い羊膜の一片を左脇の下に付着させておくか、その白い羊膜を粉末状にして液体に溶かしたものをあらかじめ飲んでおかないと、クドラクには勝てない。


    クドラク
    黒い狼の姿をしており、真の正体は悪の魔術師であるとされる。悪疫や凶作の原因とも考えられていた。


    確実に絶命させるためには、【セイヨウサンザシもしくは銀(Silver)で作った杭】によって心臓を串刺し首を切り落とす。そして【膝下の腱を切断し(両手両足を切断する)その後に両手両足を胸の上に置き火葬する。火葬した灰は海や川に廃棄する。(土葬は絶対ダメ!復活してしまう。)】必要がある。この処置を怠ると、さらに強力な怪物となって蘇る。


    ヴルコラク、【ストリゴイ】、ヴコドラク、
    posted by 真 救世主 at 15:45| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月20日

    「人類家畜化計画」の正体→【ヤングマガジンの彼岸島の世界】→新世界秩序で悪魔主義者たちが求めた物が人間をダルマにして自分たちは吸血鬼化、そして不老不死!

    人類家畜化計画=堕天使ルシファーを唯一神として「自分たちは吸血鬼化して不老不死!!!」

    第三使徒;佐藤浩央「ベルゼバブ(=バアル=オシリス)を殺害せよ!」
               「日本国法務大臣としてお前たち(悪魔崇拝者・邪悪)を徹底的に叩く!」
    第二使徒;森田史彦「これでいいのですか?佐藤さん、これでいいのですか?」
    私「いいか!忘れるなよ!日本フリーメーソンの総本山は天皇だということを!フリーメーソンは悪魔崇拝者の団体であることを!そして、天皇はイルミナティであると言うことを!ルシフェリアンであると言うことを!」
    不動明王1.jpg
    不動明王(最強);第三使徒;佐藤浩央は倶利伽羅剣を持つ「不動明王の化身」である。
    必殺技
    「降魔降伏」
    「天神烈火」
    「天地崩嵐」
    「山崩し」

    不動明王 (ふどうみょうおう)、梵名アチャラ・ナータ (अचलनाथ [acala naatha])は、仏教の信仰対象であり、密教特有の尊格である明王の一尊。また、五大明王の中心となる明王でもある。大日如来などのような悪魔とは一切無関係である。
    密教の根本尊である大日如来(『大日如来の正体は太陽神(=両性具有=悪魔)ヴィローチャナ(Virocana)は、インド神話仏教説話で古くから、アスラ阿修羅)族の王、あるいは単に太陽神とされる。(すでに大天使ウリエルに殺され地獄に落とされている。素戔男〔スサノオ→正体はミノタウロス〕も同じく輝ける大天使ウリエルに首を簡単に取られて討ち取られている。)日本人全体を伊勢神宮などで「呪っている」のが天皇家一族である。』大日如来は天皇家一族の守護神(悪魔)であった。(元々神の座になどついてないい。)つまり、wikiは「嘘」がかなり多い。)の化身(嘘)、あるいはその内証(内心の決意)を表現したものであると見なされている。(←曲解。悪魔が自分たちに都合の良いように捻じ曲げただけ。つまり、デタラメ。天皇家の守護などしていない。)
    「お不動さん」の名で親しまれ、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれる。アジアの仏教圏の中でも特に日本において根強い信仰を得ており、造像例も多い。
    梵名の「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味し、全体としては「揺るぎなき守護者」の意味である。チベット仏教などではこの名よりもチャンダ・マハーローシャナ (चण्डमहारोषण [caNDamahaaroSaNa])即ち暴悪忿怒尊の名でより知られる。(この時点でチベット仏教の正体が分かるだろう?最下級の信者たちに焼身自殺を無理矢理命じている者が偽りの仏の名を語っているのである。)しかし、こちらは三眼で毛皮を身に纏い髪が逆立っているなど、日本に伝えられた不動明王とは図像的にやや異なるものである。
    空海(弘法大師)が
    より密教を伝えた際に日本に不動明王の図像が持ち込まれたと言われる。「不動」の尊名は、8世紀前半、菩提流志(ぼだいるし)が漢訳した「不空羂索神変真言経」に「不動使者」として現れるのが最初である。

    「使者」とは、大日如来(神では無い。悪魔の真っ赤な嘘!)の使者という意味である(←捏造。本当の意味は神の使者以外に何があるのだろうか?ならば私は聞きたい。明治神宮で神でも無いお前ら悪魔主義者の人間が、まるで神のようなツラをして祀られ多くの人々を明治神宮に参拝させるようにさせている意味を?悪魔崇拝を強くしたいんだろ?そして下記の事項を実現したいんだろ?それ以外の何がある?不動明王が悪魔が酒粕でも使って化けただけの大日如来の化身?アホ!んな訳ねーだろ!)。

    伝承
    [Wikipedia=嘘が多分に含まれている。]

    「底哩三昧耶経」には大自在天ヒンドゥー教の最高神【正体は悪魔】シヴァを不動明王が調伏する説話がある。
    それによると、大日如来(太陽神=豊穣神=悪魔=悪魔崇拝者フリーメーソン天皇家一族の守護神とされている。つまり、明らかな捏造。)が悟りを開いて仏陀(考えなくてもわかるだろう?悪魔が仏陀になる訳無い。有り得ない虚言だ。)になったとき、ありとあらゆる三界の生き物たちが集会に来たが、自分こそ三千世界の主と考え慢心する大自在天(シヴァ)だけは招集に応じなかった。
    大自在天(シヴァ)「持明者(インドの魔法を使う精霊、ここでは夜叉明王)が使いとして来るだろうが、奴らは不浄なものを嫌うから、不浄なものを幻術で作り出し四方に張り、その中にいれば持明者の明術も役に立つまい」として結界を張り、近寄れないようにした。
    不動明王が大自在天(シヴァ)を呼びに行くと不浄の結界で覆われていた(この時点で悪魔だとお分かりでしょう?不浄な物とは「うんこ」や「小便」、あと、人間の肉である。)ので、不動明王は不浄金剛(烏枢沙摩明王)を召還し、不浄を食らい尽くさせた。そして、ただちに不動明王は大自在天(シヴァ)を捕らえて仏陀の元へ連行する。
    しかし大自在天(シヴァ)は「汝らは夜叉に過ぎぬが、私は神々の王なのだ(エリザベス女王やロスチャイルドなどのルシファー崇拝者、イルミナティと同様の台詞を吐いていることに注目!つまり、シヴァはお気づきの方も多いと思いますが、破壊神と言う「悪魔」です。)」と言い何回も逃げ続けた。仏陀が「断罪すべし」と命ずると、大自在天(シヴァ)とその妃(ウマー)を踏み殺し絶命させたのだった。(降三世夜叉明王
    そして、大自在天(シヴァ)の処分を尋ねると仏陀は「蘇生させよ」と言うので、法界生真言を唱えて復活させた。大自在天(シヴァ)は喜び不思議がり「この夜叉は何者なのでしょうか?」と尋ねると、仏陀は「諸仏の主である」と答えた。大自在天(シヴァ)は感激し、万物の全てにおいて尊い諸仏の上に、さらに諸仏の主がいることを知り、また彼が不動明王という「大王」のお陰で将来仏になれる授記をも得たのだった。
    ここでは、不動明王のことを、夜叉、大王、諸仏の主と呼んでいるのが特徴的である。


    ※つまり、破壊神シヴァ及びウマーは釈尊様と不動明王の「お情け」で今、存命しているのである。増長するな!ゴミクズどもが!

    倶利伽羅剣.jpg
    倶利伽羅(現在、第三使徒;佐藤浩央所有。)
    倶利伽羅剣(くりからけん)は、不動明王が右手に持つ、が巻きつき炎に包まれた(私が実際見た倶利伽羅は黄金の龍が二匹絡まるように漆黒の剣に絡み付いていた。)。
    貪瞋痴の三毒を破る智恵の利剣である。この剣が単独で磐石に突き立った姿は「不動明王の化身」とされ、「倶利伽羅明王」「倶利伽羅不動」「倶利伽羅竜王」などと呼ばれて礼拝の対象となる。

    森田史彦.jpg.jpg

    第二使徒;森田史彦(佐藤高央に聖痕をつけた人物。)
    ベルゼバブに匹敵する霊的才能の持ち主。スピリチュアルの天才。そのため才能の開花を恐れたベルゼバブに2010年3月2日絞殺され死亡。
    森田史彦は幻影で出て来る、「佐藤さん、悔しいよ!悔しいよ!・・・」
    (森田史彦の当時の年齢は25歳。私の年齢は35歳。夭折である。)
    生前、親友であった佐藤高央と高田馬場の森田くん宅で酒を飲みながら世界の将来を悲嘆し語り合う。お互い意気投合し、森田史彦は「佐藤さん、それじゃぁ一緒に世界を救いましょう!」と言い、握手を求めた。私は「あぁ。一緒に力を合わせて救おう!」と言い、約束した。
    表面上は睡眠薬による自殺。真実は霊的世界でベルゼバブに絞殺される。
    歴史上初、死んでから使徒となった人物。
    様々窮地の場面で私に対し悪魔主義者から私を守護するため再三再四、森田史彦の霊が立ちふさがる!
    ある悪魔主義者は言う。「一番の脅威である使徒は森田史彦である!」と。

    2012年2月26日 12:42
    東京武蔵野病院の森田くんの担当医木崎。
    (慶應義塾大学[フリーメーソンご用達大学])と言う者が森田くんの死後、
    すぐにイギリスロンドンに留学していた。まるで何かの功績かのように・・・
    ご存知の通り、イギリスのロンドンはフリーメーソン、イルミナティ悪魔崇拝の総本山。
    フリーメーソンもイルミナティもイギリスが本拠地。
    カナンの神(悪魔)、バアル=ベルゼバブ=オシリス。
    死ぬ直前、森田くんに「眠れないから睡眠薬を強くしてくれ」と言わせていると
    森田くんのお母様からの証言。
    相手から言わさせるのはフリーメーソンの常套手段。
    死ぬ直前、森田くんがフリーメーソンから霊的攻撃と薬物攻撃を受けていたことは
    もう間違いない。

    2012年3月3日 16:44

    夢で森田史彦くんの墓参りの夢を見た。

    フリーメーソンと思われる者たちは黒い車に乗せる前の私にでっかい
    (持てる程度の)墓石を渡して来た。
    (馬鹿にしている感じではなかった。)

    で、浩央はわかるとして、何故か親戚の依田耕一が一緒に乗車した。
    乗車直前、私に渡した浩央からのメッセージは「はぅ!」


    依田耕一からのメッセージは
    「確かに惜しいが、思うところがあったのなら仕方がない」


    ・・・どうも悪魔主義者たちは森田くんのことを敬意を表してともらってくれたようだ。


    森田くん・・・君が亡くなってからもう、3年の歳月が経った。

     世界は確実に変わっている。良い方向に。


    その思うところとは一言で皆さんにお伝えしましょう。
    「悲願」、これが森田史彦の「思うところ」です。
    大丈夫だ。

    君は私の心の中で「生きて」いる。
    第二の使徒、森田史彦として。
    「例え命尽きるとも、魂は永久(とわ)に・・・」

    2012年3月8日 23:27 シリアにて、バアルことベルゼバブ死亡!森田史彦の仇を打ち取った!!!



    「黒い教皇」アルバート・パイクの予言〜多くの血の上に設立するエゴイズムに満ちた新世界秩序。
    (自分たちだけが満ち足りた世界)

    Albert Pike Letter 3 World Wars Planned!
    http://www.youtube.com/watch?v=DDQ9qi570oM

    最後に手の甲にマイクロチップが埋め込まれている映像が出てくる。
    人間を悪魔の家畜にするためだ。私は首の後ろ側にマイクロチップを埋め込まれている。


    ■■謎の男、アルバート・パイク(謎でも何でも無い。ルシファーに騙されただけの、ただの嘘つきだ。)

    弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、


    1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった。
    (彼は「KKK」の創始者でもある)。


    彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には、
    予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。


    それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、


    【1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。
    3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、
    それが最終戦争に結びつくだろう】←現在急いで実行しようとしているのはこれ。すなわち「第三次世界大戦」の序幕。


    と書かれていた。

    ■■アルバート・パイクの“予言”(未来計画)


    この手紙の内容をもっと詳細に紹介すると


    次のような恐るべき“未来計画”が書かれていたのである。

     

    「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの
    直接の管理下に置くために仕組まれることになる。
    そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」


    「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』
    (パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に
    実現されることになる。
    その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」


    「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、
    意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」


    「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファー【死亡済み】の宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」


    ※安心材料がある。ルシファーはすでにいない。じごくに堕ちている。
    イルミナティは必死に復活を図っているが完全に不可能である。


    この手紙が書かれたのは1871年8月15日。


    この時、まだ第一次世界大戦(1914年勃発)も、第二次世界大戦(1939年勃発)も起こっていなかった。


    この手紙の中に書かれている「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、
    「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、第二次世界大戦の構図をはっきりと捉えていることが分かる。


    一番不気味なのは、中東での戦争を引き金にして「第三次世界大戦」の勃発を予想している点であろう。

    2012年2月17日 18:30

    5:13

    フリーメーソンがまだ、自らの太陽神でウェーバーだかって奴がいることにしたいらしい。無理だし無駄!
    冗談じゃ無い!

    あれ程苦労して悪の根幹を打ち切ったのに、また太陽神を復活させたいだと!?
    人を人とも思わぬ外道のゴミクズ集団ごときが!


    私が釈尊様の手で地球を大天使ウリエルに一任した後、残りの三大天使と不動明王、
    まるちょん様と真の巨悪太陽神との戦いの後、
    地球上にある全ての太陽崇拝の赤い線をその大きな御手て断ち切る姿を見た。

    しかし、残酷なる事実を語るが、どうしても最後まで切れない一本の赤い線があった。
    それは、日本からの線であった。

    しかも崇拝者は私(佐藤高央)と使徒齋藤力也であった。おわかりであろう。
    「まるちょん様こと日月神示様」である。

    まるちょん様はもちろん、善神である。しかし、太陽神という悪魔の増殖物の一つだったのである。

    釈尊様はおっしゃられた。「それはお前だ!太陽神!」と言い、まるちょん様を突然掴み地獄に堕としてしまった。

    私は声も出なかったも何も、あまりの残酷なる事実と処置に・・・
    ここまでやって、太陽神は完全に根絶やしにしたのである。
    何がウェーバーだ?

    お菓子の名前かマックス・ウェーバーあたりからでも拝借したか?

    フリーメーソン悪魔主義者たちよ、その昔、人々に太陽神が豊饒と恵みを人々にもたらしたことは当然認める。

    しかし、一方その影でお前ら人々を殺し過ぎたよ。
    代表例がジル・ド・レだ。
    崇敬の念を持って捧げるのでは無く、完全なる快楽で。

    北野たけしはネオデビルという新たな悪魔主義者の生き残りの道を自らの金と欲望と
    やりたい放題の醜い老醜のために自分で踏みにじり、最後の悪魔生き残りの道を閉ざし、
    挙げ句、釈尊様とウリエルの首を私に叩きつけ拾わせるというシナリオを書いて来た。

    私は敢えて乗ってやった。それは新宿駅の総武線ホームでの出来事であった。

    100%有り得ないことでも自分勝手丸出し。他人の痛みなど目も向けなければ、
    むしろ快楽さえ感じやがる。

    今の老人たちを見ろ?若い世代に寄生しながら彼らの将来の希望を奪っても
    「もっとくれ!もっとくれ!金をくれ!金をくれ!」

    一方若い世代の者たちは将来に希望を見出だせ無いから草食系などと呼ばれ
    生殖活動すらしないでやる気もないように仕向けられてる。

    一応、言って置くが豆知識として、それはマイクロ波が一因ではないかと言われている。
    レンシレンジで使われているのもマイクロ波である。

    一番危険なのは携帯電話。直接脳に近い耳元でマイクロ波を直撃してしまう。
    あとテレビ。そのマイクロ波の規制に最も緩いのが日本だと言われている。


    どこかの世代が馬鹿を見なければ、北野たけしのような糞の尻拭いを若い世代に回してしまう。

    それは、日本国の未来を奪うに等しい。納得行かないだろうが、我々の世代でこの老人たちのエゴイズムを食い止める。

    10代20代の若者たちの希望のため、そして未来の子供たちの幸福のため、我々の世代が防波堤にならねばならないのだ。

    それも元をただせば太陽神とルシファーだ。
    ルシファーを諦めウリエル悪魔化などと、絶対有り得ない妄想を抱き、ウリエルと私と双方に完全拒否され交渉にすらならず。

    それでやって来たことが下記のこと。


    芸能界で役柄にかこつけて、女の子のお尻を触ったり、セクハラさせて上げるから。
    と映像で懇願して来た。が私は一切無視。

    (その時、瞬間、無意識に第2使徒;森田史彦の幻影は現れた。)
    そして、中東の劣化ウラン弾の被害者の少女の姿!

    先のイラク戦争の犠牲者の少女。.jpg
    言外に言う「これでいいのですか?佐藤さん、これでいいのですか?」

    すると、フリーメーソンは太古の昔より・・・うんぬんかんぬん。

    クズの戯言など聞く価値も無い。

    あの少女の言葉なら、アラブの方々の歎きの声なら寝る間を惜しんでも絶対聞きに行くがな。
    寝る。


    6:49
    仮にAとしよう。中島みかはケルべロス。
    本当は嫌だけどどうしても飲むもの「白い唾」。


    あ〜、やだやだ。どんなに金を積まれても絶対嫌!すまんなA。


    「人類家畜化計画」の正体」→【ヤングマガジンの彼岸島の世界】
    新世界秩序で悪魔主義者たちが求めた物が人間をダルマにして自分たちは吸血鬼化、そして不老不死!
    達磨だけに手も足も出ず

    ダルマと家畜労働者としての人口以外の人間を殺す本当の意味は「反乱の目を摘む」ため。

    ピースサイン.jpg
    ピースサイン=Vサイン」=Vampireの意味。
    ピースサインとは、勝利のアピールを行うもので、平和を祈るサインとしても用いられている。イギリスなどの英語圏では、「V」の形を作るためと「Victory(勝利)」を意味するために、Vサインと言われることが多い。
    ・・・問題は「何を意味するなのか?」である。
    要するにこういうことだ。
    吸血鬼.jpg


    吸血鬼ドラキュラ伯爵=Vampire。
    V」ampireの「V」の意味である。平和を祈るサインなどでは無い。

    見ての通り、Vampire(不老不死)になれるのは「特権階級」だけである。君たちは「貧乏人のVampire」を聞いたことがあるかね?
    ある訳ない。「選ばれし者」では無いからだ。後半部には新世界秩序の一般大衆に対する阿鼻叫喚の世界の真実の姿が写真つきで暴露されている。知って頂きたい。そして守って頂きたい。さらに反旗を翻さなければ「殺られるのはもう、確実だ!」

    彼岸島.jpg
    彼岸島(ヤングマガジンから抜粋)こんな感じで吸血され、人間の肉を家畜として特権階級が美味しく食べる。
    中国 人肉食.jpg

    中国の人肉食の現実。お皿に乗っているのは何に見える!?私の言葉が嘘に聞こえるか!?

    これが現実に起こりうる(もう、直前にまでせまっている)世界。もちろん、対象は全世界、国を問わず君たち一般大衆の全てだ。
    五体満足な者は家畜動労者として扱われる。マルクス主義の思想に基づいて「私有財産制」は一切認められない。
    もう一度大切なことだから言う。ダルマと家畜労働者としての人口以外の人間を殺す(削減する)本当の意味は「反乱の目を摘む」ため。

    「聖水の作り方」及び対ヴァンパイアの対抗方法
    http://takao-sato.seesaa.net/article/253408238.html?1337256662

    2012年2月18日 8:37

    6:20
    出エジプト以降のエジプトの歴史を知れ。
    現時点の知識。

    ベルゼバブ=バアル=オシリス
    フリーメーソンの悪魔儀式はエジプトの物を基盤としている。
    アメン・ラーの存在

    エジプトの死者の復活の秘法
    カナン=パレスチナ

    7:01

    浩央がわざわざ昨日見ていた番組を私が起きてから全く同じ番組を見せつけている。
    それは、心霊現象のことについて語る番組であった。

    浩央の言わんとすることは「まず、ここをやっちまえ!」。
    神側の結界作りの技法と聖水作りと対アンデットで今日も終わるな。

    7:25

    本棚に「刑事訴訟法講義」と言う私の見知らぬ本があるのを発見。

    中板橋から本当に気ままに来ているのなら、「民法も刑事も全く知らん!」「フリーメーソンなど知らん!」と言う言葉が本当なら、こんな物が本棚にわざわざ置く訳無いし、私の家に来て、まだ一度たりとも浩央は外出していない。守るためである、私を。

    本の意味するところは、「お前たちの存在を徹底的に叩く!」日本国法務大臣として!

    私はこの時、100%勝利することを確信した。




    2012年2月21日 6:57

    昨日22:29

    私は台所でタバコを吹かしていた。
    すると浩央が部屋のドアを突然開けて皿を台所に持って来た。
    私は言った、「来たか、名軍師!」


    昨日22:46
    早めに寝床につくと、偽王明仁が幻視で現れた。
    偽王明仁「私は死ぬのか!?お前に殺されるのか!?」

    私「天を見ろ!そして己の定めを悟れ!」
    偽王明仁「金をやる!全財産20京円やる!だから逃がしてくれ!私は生きたい!」

    私「昭和天皇は偽の天国行ったのかなぁ?」
    偽王明仁「・・・なんともならんのか?」

    私「お前ら悪いことし過ぎたよ、一族上げて。サダメだ。浩央の言葉は嘘ではない。
    天を見よ!

    あの死兆星が貴様らイルミナティに定められた星なのだ。
    もっと正確に言おう。
    既に敗北が決定しているにも関わらず、悪魔たちが足掻いている。

    それが今の状況だ。決着が着いているのに戦っている状態だ。」


    偽王明仁「終わった・・・」と言って一端消えたがすぐ現れ、「なぁ、20京だぞ?20京!?それで手を打てよ!?」と私に唾を吐きかけながら話して来た。

    私「馬鹿野郎!ジジイの時代は終わったんだ。悪魔の時代は永久(とわ)の終わりを告げたんだ!」
    偽王明仁「ダメだ、コイツ欲がねぇ!

    浩央攻めるか?・・・ダメだ!アイツ不動明王の化身だ!話にならん!ねー!ねー!ねー!この双子、どっちも最強だ!糞ったれだ!なんで日本に!・・・なんで俺の代で!」


    23:07

    偽王明仁「チッキショー!チッキショー!チッキショー!チッキショー!チッキショー!・・・」と18回言って来た。「666」の負け犬の遠吠えですか?

    ご苦労さん!

    23:15
    私はトイレで小便してたら浩央がタイミングを見計らったように現れた。
    私「終わったか?」

    浩央「何が?」
    私「悪魔どもが。」
    浩央「何寝言言ってんだよ!どけ!『うんこ』したいんだ。」

    私「・・・まだまだこれからってことか。」
    悔い改めぬ者は、情け容赦無く駆逐しろ!と言う意味。

    23:37

    世界人間牧場=「人類家畜化計画」の正体。→不老不死。
    私は誰かに話しかけられた。「汚い!」
    私「人類家畜化計画がか?」

    誰か「そう。」
    私「『うんこ』や邪淫か!?」
    誰か「それもあるけど違う。」
    私「不老不死か?」
    誰か「そう。」

    私「人間を家畜にしてダルマにする気か!?」 (ダルマ→人間の両手両足を切り取り、性的家畜とする物。実世界各地で横行している。少女期、もしくは、少年期にダルマにされた者はある程度長く生きるそうだが、30歳を越えてからダルマにされた者は現状に順応出来ずに短命に終わると言う。)
    誰か「そう。」

    私「で、ヤングマガジンの彼岸島みたいに吸血鬼の天国に地球をするんだ?そして、吸血鬼たちは永久に死なない。」
    誰か「そう。」

    だから反逆する恐れがある必要以上の人間は邪魔だから殺戮処分しなければならないんだ。

    で、生き残りの人間はダルマにされ吸血鬼の食料にされたり、吸血されたりするのが「人類家畜化計画」であり、「新世界秩序」の正体は悪魔の不老不死吸血鬼天国だ。

    ダルマ.jpg
    本物のダルマ(人間の両手両足を切り取り、性的家畜とする物。実世界各地で横行している。少女期、もしくは、少年期にダルマにされた者はある程度長く生きるそうだが、30歳を越えてからダルマにされた者は現状に順応出来ずに短命に終わると言う。中国とかでは、闇子が成長すると物乞いになるため納得の上でだるまになります(もちろん、「嘘」どこの誰が納得してダルマになりたがる?弱みにつけ込むとハッキリ言えよ!人間のクズ!)。四川省の寺周りには多い。
    戦前は、日本でも女をよく見世物に使うので年や病気で稼げなくなった女郎をだるまにしました。
    見世物で口で裁縫や掃除をさせたらしいです。
    口で雑巾を絞ったり、大変な見世物でしたが、 中には、ちゃんと子供を産んで育て人生をおくった人もいます。 
    だるまは中国にたくさんいます。蛇頭に買われた浮浪者たちですが-、手足を斬られて声帯も損傷しているので声が出せません。で、各-観光地に乞食として派遣されます。

    あわれに思った外国人観光客が募金していると。 この映像の真相は解りませんが、被害者の女は、シャブやら何やら-の薬漬けになっているのでしょう。 で実行犯は日本人というよりも在日か中国人でしょうね。 なぜって彼らの大好物ですから、日本人には任せられないって! 

    シンガポールでした。その人は肘から先と膝から先がない状態で声帯と目をやられてました。(瞼は開いているんですが見えない状態)
    発見された時はすでに気がふれており今も静岡の保養所にいます。
    池袋二丁目の○○屋さんの娘。11年前の話。卒業旅行中の出来事。
    四つんばいで首に首輪。鎖につながれた状態で見世物小屋にいて自分の娘連れて帰るのに金払って)←まさに外道!

    日本人ダルマ女 まじでやばい

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/16(土) 05:50:34.33 ID:jPKPToPc0


    フォーカスに、ベルサイユ宮殿の前で写真を撮った二人の女性が記事になりました。
    それは、一人が行方不明になったと言う内容の物。

    後日、闇の見世物小屋である日本人観光客が、 だるま状態の日本人女性を見つけ警察に届けて、無事?(どこが?)帰国したとの事。(その彼女だった)  
    ただその後日談は、被害者の希望もあり報道出来なかった。
    と、朝日新聞の記者に聞いたことがある。 


    23:48

    誰か「いいか、お前たち二人と森田史彦の三人に人類の命運が掛かってるんだぞ!勝利は確定した。天皇などこちらで処分する。人類の救済に集中しろ!」

    私「柳澤先生なんとかならんか?」
    誰か「難しい。イエス・キリストは無理だ。が、キリスト佐藤高央なら可能だ。お前は勇気があるか?」

    私「私は神になりたくない。あくまで、対吸血鬼用、対ゾンビ用に正体を垣間見せただけだ。全て庶民を守るためだ。」

    誰か「お前は卑怯者だ。それじゃ柳澤は動かんよ。」

    23:57

    「世界を見ろ!統治者たちを見ろ!クズばっかりだ!いつも犠牲になる現実は弱者が負う!お前は清廉潔白さを選び弱者を見捨てているに等しい。卑怯者だ!お前が王座に着き光を射せ!暗闇に一条なんて言うな、救え。」


    0:11
    偽王明仁がトイレで小便してたらまたあらわれた。
    偽王明仁「なんとかならんか?20京で手を打ってくれないか?」

    私「断る。」
    偽王明仁「わかった。日銀の黄金の壷、やる。お前にくれてやる。」
    私「いくら入ってるんだ?」

    偽王明仁「実は私にもわからんのだ。」
    私「(これは怪しいな。)ふ〜ん。ま、答えは変わらんよ。NOだ。」

    0:20

    偽王明仁は占い師にタロット占いをしせた映像をみた。
    でたカードは「タワーの正位置」 (意味;崩壊、災害、悲劇。)

    タロット・タワー.jpg
    タロット・タワー(バベルの塔を模した建造物が崩壊する様子が描かれている。王冠を吹き飛ばす奇妙な物体は稲妻とされている。稲妻は古来より「神から放出される聖なる力」の象徴として、しばしば“神の怒り”などと表現される。
    稲妻の正体は当然、「ウリエルの雷」である。)
    大天使ウリエル3.jpg
    大天使ウリエル;「地球」と全ての恒星とタイタロスを司る熾天使。
    十枚の翼を有することを許されし
    熾天使

    ウリエル(Uriel, אוּרִיאֵל 「我が光は神(el)」, ティベリア式ヘブライ語 Ûrîʾēl;ウーリーエール)は、正典には含まれておらず、カトリック教会では認可されていない(悪魔主義者に乗っ取られているから。実はカトリック教会こそが異端そのものである!)がユダヤの神秘主義的文学において重要な天使。旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』『第四エズラ書』、新約聖書外典『ペトロの黙示録』で、その名が言及されている。ミカエルガブリエルラファエルと共に「神の御前に立つ四人の天使」の一人。ウリエルという名前は、「神の光」「神の炎」を意味する。大天使熾天使、とされることがある。

    旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』で、ウリエルはエノク天国へ引き上げ、天国の案内役を勤めた。エノク書では、主の天使たちが地上に降り多くの邪悪を働いたため、神はミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルをそれぞれ役目を与え遣わした。そのときウリエルは、ノアに洪水が迫っていることを報せた。エノクはウリエルを七人の大天使の一人とし、タルタロスと世界(=地球)を見守ると語っている。また、天におけるすべての発光体(当然、金星も含まれる。)と地上の運行、気象、自然現象を司る天使(つまり、ウリエルは地球を司る大天使中の大天使なのである。熾天使である。)としている。
    旧約聖書外典『第四エズラ書』において、ウリエルはエズラが見た七つの幻視を説明する。エズラは、神に様々な質問をする。とくにユダヤ人の苦悩、神の正義、イスラエルの運命について尋ねる。その答えとしてエズラは七つの幻視を見る。その時にウリエルは現れ、神が人間に対して行う正義について、答えることの不可能な三つの質問をする。
    ユダヤの伝承『ヨセフの祈り』の中で、ウリエルは『わたしは人間たちの中で暮らすために地上におり、ヤコブという名で呼ばれる』と述べる。この言葉の正確な意味は明らかにされていないが、そうなるとウリエルは大天使から人間になった初めての者となる。
    ヘブライの伝承『アダムとイヴの生涯』で、ウリエルは焔の剣(私の前に現れた時も「焔の剣」を持って現れた。現在ウリエルは特に日本を管轄している。島根だけはラファエル。)を持ってエデンの園の門を守る大天使の一人と記されている。

    『ペトロの黙示録』でのウリエル

    新約聖書外典『ペトロの黙示録』でウリエルは懺悔の天使として現われ、神を冒瀆する者を永久の業火で焼き、不敬者を舌で吊り上げて火であぶり、地獄の罪人たちを散々苦しめるという。最後の審判の時には、地獄の門のかんぬきを折り、地上に投げつけて黄泉の国の門を開き、すべての魂を審判の席に座らせる役割を担う。

    その他

    旧約聖書創世記』でヤコブと格闘する天使の候補にウリエルの名が挙がっている。


    「旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』で、ウリエルはエノク天国へ引き上げ(ウリエルは人間を天国へ送る権限を得ている証拠)、新約聖書外典『ペトロの黙示録』でウリエルは懺悔の天使として現われ、神を冒瀆する者を永久の業火で焼き、不敬者を舌で吊り上げて火であぶり、地獄の罪人たちを散々苦しめるという。最後の審判の時には、地獄の門のかんぬきを折り、地上に投げつけて黄泉の国の門を開き、すべての魂を審判の席に座らせる役割を担う。 (ウリエルが地獄に人間を送る権限を得ていると言う証拠。)
    そして、私について下さっているのは皆様ご存知言うまでもない。
    神の御前に座することを許されし四人の大天使の一人、大天使ウリエルである。
    ご理解頂けただろうか?これまでの私の発言が偽りではないと言うことが。私が「最後の審判」を行いに舞い降りた真のキリストであると言うことが。
    そして、タロットカードからウリエルが外されてる本当の理由がこれである。ウリエルがルシファーより遥かに上の存在であるから、である。金星すら支配下に置いているからカトリック教会に「堕天」の汚名を着せて(もちろん、堕天などしてない。全くの嘘偽りである。冤罪である。)皆の目を背けさせたのである。ウリエルがいると、どうしてもルシファーが中心には成り得ないのである。実力差が圧倒的に違い過ぎるのである。
    もちろん、言うまでもない。地球を司り、全ての天体を司る、輝ける熾天使ウリエルの方が「うんこ」を食べて「人間を食べてる」ルシファーなんぞの「嘘言癖」の塊より上なのは誰の目にも明らかである。

    偽王明仁は怒ってもう一度タロットを引いた。カードは「死に神の正位置」
    占い師を変え神道の占い師におみくじをひかせた。
    「大凶」だった。
    死神.jpg
    タロット「死神」

    死神(しにがみ、Death)は、タロット大アルカナに属するカードの1枚。事象のみを指してと呼ばれる場合もある。
    大アルカナの22枚のカードの中でも、直接的に「」を取り扱い、また連想させるカードであることから伝統的に「不吉」とされ、マルセイユ版タロットを始め「死」を意味する単語を記載せず無記名とする場合がある。

    なお、カード番号は「13」で、この数字はキリスト教の影響から特に西洋で不吉な数字とされている。
    正位置の意味
    終末(最後の審判)破滅、離散、終局、清算、決着、死の予兆(死兆星の話)。

    5:29
    あるカラオケボックスに片山敦佐藤正樹と来ていた。白い天井の部屋だった。

    私は酒に酔いベロンベロンに酔っ払って、ふと天井を見上げたら二つのお酒が一緒に並んで吊されていた。

    私は酒飲みたさにロープを使い、酒の獲得に乗り出した。
    中々落ちなかったが、落ちて来た。
    一つは杏露酒(しんるちゅう)。「杏=当然、杏里。」「露=ロシア。」「酒=仲良し。」
    もう一つは日本酒。
    日本酒の銘柄は黒い紙に赤文字で「明仁終」
    ちなみに「天皇」と言う漢字を見て頂きたい。「天」に「白」に「王」で「天皇」と言う文字は出来ている。

    『白い天井が落ちる』。 →【「天皇家」の王座からの失墜】を意味する。

    もう、占い師や漢字に詳しい方々ならお分かりですよね?
    ちなみに黒に赤文字はもろ悪魔です。

    天皇家一族の終わりと同時に悪魔の終わりも暗示してます。
    5:55

    もっと詳しく言えば、神道など(ギリシャ・エジプト・インド神話の神々など)で御神酒などを捧げ物として『神に化けた悪魔』を祭ることを正式に禁止令を発したのだ。

    神道や天皇崇拝者は悪魔崇拝者であると神様はハッキリ態度表明したのである。
    下賎な悪魔どもに言ってやる。

    キリスト佐藤高央「神罰を恐れよ!」

    佐藤高央3.jpgグングニルの槍.jpg 
    神槍グングニルの槍;救世主キリスト佐藤高央所有
    グングニル古ノルド語: Gungnir)は、北欧神話の主神オーディンが持つ。日本語ではグングニールとも表記される。その名は古ノルド語で剣戟の響きの擬音を意味する。

    神話での描写
    ドヴェルグ鍛冶イーヴァルディの息子達によって作り出され、オーディントールフレイに品定めされた後、オーディンへ渡された。
    決して的を射損なうことなく、敵を貫いた後は自動的に持ち主の手もとに戻る。また、この槍を向けた軍勢には必ず勝利をもたらす。(一撃必殺百発百中!)

    穂先にはルーン文字が記されている。柄はトネリコで作られている。

    佐藤高央の必殺技
    「グングニル百烈拳」(一撃必殺百発百中を一瞬にして百連打!!!)
    ウリエルの雷
    廬山昇龍覇
    グランドクロス(対アンデット用)
    聖なる盾(防御)
    光の輪(防御)

    High Circle temptation(混乱)
    キリストの十字架
    「これまで有史以来の不遇の死を悪魔主義者たちに負わされた霊と悪魔たちの罪を一機に叩き込む!」(対ルシファー用に作っておいたが使う前に死んじゃった。)

    (おまけ)
    「彼岸島」ヤングマガジン
    彼岸島・斧神.jpgバフォメット2.jpg
    彼岸島の斧神(吸血鬼)      バフォメット(サバトの悪魔)

    posted by 真 救世主 at 07:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月19日

    (玄奘三蔵による漢訳)【神側最高呪文】般若心経 摩訶般若波羅蜜多心経(正式)

    正式な(玄奘三蔵による漢訳)
    【神側最高呪文】[摩訶般若波羅蜜多心経]の発音表記

    釈尊様.jpg
    釈尊様
    WIKIを見たら【神側最高呪文】般若心経 摩訶般若波羅蜜多心経アルファベットのスペルの表記が「改竄」されていた。
    そのため、ここに正式な(玄奘三蔵による漢訳)の【神側最高呪文】[摩訶般若波羅蜜多心経]の発音表記を残して置く。
    玄奘三蔵.jpg
    玄奘三蔵取経図
    玄奘三蔵(600または602〜664)は中国・隋の時代に生まれ、唐の時代に盛名を馳せた仏法僧です。いまでは、三蔵法師といえば玄奘三蔵のことを指すようになっているが、もともとは釈迦の教えの「経」、仏教者の守るべき戒律の「律」、経と律を研究した「論」の三つを究めた僧を三蔵といい、普通名詞なのである。したがって大勢の三蔵法師がいたが、なかでも玄奘はきわめて優れていたので、三蔵法師といえば玄奘のこととなりました。

    正式な(玄奘三蔵による漢訳)の【神側最高呪文】[摩訶般若波羅蜜多心経]

    觀自在菩薩         カン ジ ザイ ボ サツ  KANJIZAIBOSATU
    行深般若波羅蜜多時   ギョウジン ハンニャ ハラミッタジGYOUJIN HANNYA HARAMITSUTAJI
    照見五蘊皆空 度一切苦厄  ショウケン ゴ ウンカイ クウ  ド イッサイ クヤク
                    ↑    SYOUKEN GO UNKAIKUH DO ITSUSAI KUYAKU
    舍利子                シャリシ   SYARISI
    色不異空   空不異色     シキ フ イ クウ   クウ フ イ シキ  SIKIHUIKUH SIKIHUISIKI
    色卽是空  空卽是色 シキ ソク ゼ クウ  シキ ソク ゼ シキSIKISOKUZEKUH SIKISOKUZESIKI
    受想行識  亦復如是   ジュソウギョウシキ ヤク ブ ニョ ゼ JYUSOHGYOHSIKIYAKUBUNYOZE
    舍利子            シャリシ    SYARISI
    是諸法空相            ゼショホウクウソウ ZESYOHOU KUHSOU
    不生不滅  不垢不淨   フショウ フメツ  フク フジョウ  HUSYOU HUMETU HUKU HUJYOU
    不摯s減           フゾウ フゲン  HUZOU HUGEN
    是故空中  無色  無受想行識  ゼコ クウチュウ  ムシキ  ムジュソウ ギョウシキ
                          ZEKO KUHTYUH MUSIKI  MUJYUSOU GYOUSIKI
        
    無眼耳鼻舌身意      ムゲン ニビ ゼツ シン イ MUGEN NIBI ZETU SIN I
    無色聲香味觸法      ムシキ ショウコウ ミソク ホウ  MUSIKI SYOUKOU MISOKU HOU
    無眼界            ムゲンカイ  MUGENKAI
    乃至無意識界 無無明  ナイシ ム イシキ カイ ムムミョウ
                    NAISI MU ISIKIKAI  MUMUMYOU
                    
    亦無無明盡         ヤクムム ミョウジン  YAKUMUMU  MYOUJIN
    乃至無老死         ナイシ ムロウシ  NAISI MUROUSI
    亦無老死盡         ヤクム ロウ シジン  YAKUMU ROU SIJIN
    無苦集滅道         ムク シュウ メツ ドウ  MUKU SYUH METU DOU  
    無智亦無得         ムチヤク ムトク    MUTIYAKU MUTOKU
    以無所得故         イム ショ トクコ    IMU SYO TOKUKO
    菩提薩埵  依般若波羅蜜多故   ボダイ サッタ   エ ハンニャ ハラミッタ コ 
                      BODAISATSUTA  E  HANNYA HARAMITSUTA KO
    心無罣礙   無罣礙故  無有恐怖   シンムケイゲ  ムケイゲコ  ムウクフ  
                            SINMUKEIGE MUKEIGEKO MU U KUHU      
    遠離一切顚倒夢想     オンリイッサイ テンドウ ムソウ 
                     ONRI ITSUSAI TENDOU MUSOU
    究竟涅槃 三世諸佛    クキョウ ネハン  サンゼショブツ 
                     KUKYOU NEHAN SANZE SYOBUTU   
    依般若波羅蜜多故         エ ハンニャ ハラミッタ コ E HANNYA HARAMITSUTA KO
    得阿耨多羅三藐三菩提   トクアノクタラ サンミャク サンボダイ 
                     TOKU ANOKUTARA SANMYAKU SANBODAI
    故知般若波羅蜜多     コチ ハンニャ ハラミッタ KOTI HANMYA HARAMITSUTA
    是大神咒   是無上咒    ゼダイ ジンシュ   ゼダイ ミョウシュ 
                     ZEDAI JINSYU ZEDAI MYOUSYU 
    是無等等咒          ゼムトウ ドウシュ  ZEMUTOU DOUSYU
    能除一切苦                  ノウジョ  イッサイク  NOUJYO ITSUSAIKU
    眞實不虚 (←聞け、フリーメーソン)   シンジツ フコ  SINNJITU HUKO
    故說般若波羅蜜多咒    コセツ ハンニャハラミッタシュ 
                     KOSETU HANNNYAHARAMITSUTASYU
    卽說咒曰           ソクセツシュワツ  SOKUSETUSYUWATU
    羯諦羯諦波羅羯諦     ギャテイ ギャテイ ハラギャテイ  GYATEI GYATEI HARAGYATEI
    波羅僧羯諦                  ハラソウギャテイ HARASOUGYATEI
    菩提娑婆訶                  ボウジソワカ    BOUJISOWAKA
    般若心經                     ハンニャシンギョウ HANNYA SINNGYOH

    詠唱方法は

    「羯諦羯諦波羅羯諦     ギャテイ ギャテイ ハラギャテイ  GYATEI GYATEI HARAGYATEI
     波羅僧羯諦 ハラソウギャテイ HARASOUGYATEI
     菩提娑婆訶 ボウジソワカ    BOUJISOWAKA」

    をくり返す。合掌するとより効果大!手翳しでも効果大!(手翳しの時はキリスト佐藤高央の御名において行え。)

    何度も何度もくり返す。退治、もしくは悪魔・悪霊が降伏したら

         「般若心經 ハンニャシンギョウ HANNYA SINNGYOH 」
    と言い、合掌する。

    釈尊様は、舎利弗尊者に次のように説かれました。


     観自在菩薩は、深く真理の境地に至ったとき、すべては空(くう)であると悟って一切の悩み苦しみを超越したのだ。

     舎利弗よ、あらゆる物質は、空を離れて別にあるものではない。空もまた、物質とは別のものではないのだ。物質がそおのままに空であり、空がそのままに物質なのだ。我々ののお感覚や心の働きもまたしかり。

     舎利弗よ。もろもろの存在が空であるということは、そこから何ものも生まれることはなく、したがって、滅ぶこともない。

    したがって空の中においては事物も、感覚も、感覚器官も、外界も、それを見たり感じたりすることも、存在してはいないのだ。我々の迷いや煩悩も本来は存在せず、同時にそれが尽きることすらない。生きては死んでいくことも本来は存在しないし、それがなくなることもない。個の悟りのみを求める※1声聞(しょうもん)や※2縁覚(えんがく)のような※3阿羅漢(あらたん)たちが大切にして来た仏教の教えもまた、存在しないのだ。

     得るべき智慧もなく、得るべき何ものもなきがゆえに、観自在菩薩は般若波羅蜜多の功徳により一切の迷いを退けて、仏の深き悟りの境地を得たのである。

     過去、現在、そして未来の無数の仏たちも、この般若波羅蜜によるがゆえに、この上なき最高の悟りを得ることが出来るのである。

     ゆえにまさに知るが良い。般若波羅蜜が大いなる威力の呪文であることを。比べるものなき呪文であり、等しきものなき最高の呪文であることを。


     その呪文とは、次のごとくである。

     ギャテイ ギャテイ ハラギャテイ GYATEI GYATEI HARAGYATEI

     ハラソウギャテイ ボウジソワカ HARASOUGYATEI BOUJISOWAKA


    ※1声聞;お釈迦様の説法する声を直接聞いて悟りを求める仏弟子。大乗仏教では自己の解放だけを目的とする小乗の修行者を言う。


    ※2;縁覚;仏の教えによらず、自ら道を悟る者。世の無常を縁として悟るので縁覚と言う。大乗仏教では、小乗仏教の修行成就者を言う。

    ※3;阿羅漢;人々から尊敬や布施を受ける資格のあると言う意味で、個の悟りを開いた高僧を指す。羅漢とも言う。
    posted by 真 救世主 at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月18日

    ■現皇室の秘密

    1投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時19分25秒

    大室寅之祐=東京明治天皇と現皇室 

    橋本龍太郎氏の祖母大室ヨネ(米)の父大室庄吉の兄大室寅之祐(東京明治天皇)の秘密についてお話します。(こっそり)

    高松宮が昭和58年8月に田布施町に居た事が証明されれば、大室=明治天皇の疑惑は一気に高まると断定して良い訳だな。そして、その真偽を知っている者は、当時の宮内庁職員、田布施町役場職員、及び政府首脳。此処迄、情報は狭められた訳だ。

    田布施に来た高松宮の目的は昭和天皇に頼まれたから・・

    明仁(今上天皇)が余りにも女癖悪いので大室貴雄を皇室の養子に呉れないかとの相談に来たが近祐が断った。高松宮の情報では明仁は三笠宮嵩仁と良子の間の子(血液検査で判明)だから昭和天皇は秩父宮に譲位したかったらしい。


    広飲み屋は近祐の息子徳川恒孝の長男で岸信介が養子にした。(昭和34年)勿論、昭和天皇も御了承済み。宮内庁の下の人間には昭和天皇の成子と東久邇宮盛厚の間の子が広飲み屋と言う事にして納得させたとの事。宮内庁でも下の人間は大正天皇が徳大寺の子で昭和天皇も毛利元徳8男西園寺八郎の子と言う事になっているが、これも嘘で宮内庁上層部及び田布施 柳井関係者(大和町民も)及び佐藤栄作、高松宮の情報から大正天皇は寅之祐の子で昭和天皇・秩父宮・高松宮全員、明治天皇の子で父が大酒飲みだったので全員子種無く子が出来無かったと言う。


    大室家滞在中の高松宮の様子はお忍びなので幼稚園児大室貴雄が宮様の膝の上に乗っかったり正にアットホームな雰囲気で堅苦しさ無し。寅之祐は1850年1月10日生まれ 一条勝子(昭憲皇太后)と同じ年(勝子の生年は戸籍では年上になっている)

    勝子は京都明治天皇の妻だが余りに阿呆だから愛想尽かしていたとの事。寅之祐と再婚して大層、寅之祐に惚れ込んでその代わり嫉妬も人一倍で女官に寅之祐が手をつけ子が出来ると次々暗殺したらしい。


    2投稿者:現皇室の秘密  投稿日:2008年01月05日(土) 00時19分58秒

    ◆じゃあ、明治天皇は130年以上も前の話だから、一度余所に置いといて、2000年8月の雅子様ご懐妊、騒動は何だよ。


    TBSの報道番組で産婦人科医が出て来て、「妊娠8週目でレントゲン検査して胎児の姿が確認出来ず。(公式な宮内庁発表) と言う事は、有り得ない。雅子様は妊娠して
    おられ無い!!」と泣きそうな顔で話していたのを、テレビで観たぞ!!


    一説には、橋本龍太郎の長男、龍の次男を雅子様、広飲み屋の間の子と言う事にして、株価上昇に利用しようとしたが、雅子様が余りにも嫌がられるので失敗したと言われている。この情報の出所は、何と宮内庁では無く、首相官邸と言うでは無いか!!!


    当時、小渕は「2000年8月に太陽が、二つ昇る」と言った事は、有名だけど一つは景気の回復。もう一つは、???小渕が橋本と共犯で、雅子様ご懐妊騒動仕掛けたと伝えられるが???? もしこれが事実なら、大変な事だぞ!!橋本は大室と遠い親戚だから、佐藤栄作に自民党公認にして貰って26歳の若さで初当出来たと言うじゃないか。


    案外 田布施町のタブーも未だに引き擦っているんじゃない!!!大体、2000年8月の御懐妊騒動って何だ?


    >>そりゃそうだろう。雅子様もまさか自分が妊娠もしていないのに、2000年8月に自分の子供が生まれて来るなんて夢にも思っていなかったのだから。(小渕発言後、自分が2000年8月に子供を出産する予定になっていた事を知って、雅子様は部屋に引き籠もり成され、広飲み屋以外の人間とは口もきかなくなって、人間不信になられた一連の騒動の事。)



    3投稿者:現皇室の秘密  投稿日:2008年01月05日(土) 00時21分03秒


    大室寅之祐の弟、大室庄吉の女(むすめ)大室よねが、サッポロビール常務 橋本卯太郎の家に居候して女中になる。此処からが、始まり始まり。


    既に卯太郎には本妻 真都(マツ)の間に4人の男の子と1人の娘が居た。明治39年、卯太郎が大室よねにお手付きして出来た子。それが橋本竜伍。(5男だから竜伍。竜伍の下に1人の弟と1人の妹あり) 竜伍は東大を主席で卒業した後、吉田内閣で大臣3回経験。竜伍の長男が橋本竜太郎。腹違いの弟 大二郎。竜太郎の妻 久美子夫人との間に2男3女。(他、隠し子2人。その内、1人が和子) 子供7人孫10人。先ず上から 長女寛子(2男2女) 長男竜(2男。次男は、2000年8月生まれで雅子様、広飲み屋の養子にしようとして失敗) 次女厚子(三つ子 女の子) 次男岳 三女旦子結構可愛い まあ、政界一、子沢山でしょうな。一人位、皇室に養子にやっても良いんじゃないですか!。


    ◆何故、今、皇室は大室でなければいけないのか?

    熊沢家は今の当主が確か娘2人で実質断絶に近い状況にあるし、今の皇室見ると、常磐会を中心とする、島津家(北朝朝香宮の子三笠宮の子明仁)と大室寅之祐東京明治天皇を中心とする南朝大室天皇家(寅之祐の弟庄吉の子 儀作の子近祐の子徳川恒孝の子広飲み屋)と2つある。此等に自民党の権力が複雑に絡み合っているからさ。


    4投稿者:現皇室の秘密  投稿日:2008年01月05日(土) 00時21分29秒


    政府自民党の支持基盤は3つあって1、郵便局、2靖国、3医者なんだけど、3の医療会の票田を作ったのが武見だったり厚生族の橋本龍伍だった。(大室寅之祐東京明治天皇の弟大室庄吉の娘大室ヨネと橋本卯太郎の間の子が橋本龍伍) 2の靖国及び神社本庁のボス(つまり自民の票田)は村上正邦だったが、歴代総理が靖国万歳なのは明治天皇を奉る事で靖国の票田を自民党が押さえると言う意味合いも有る。(つまり、遺族会の票田)自民党に右翼が多いのはその為で、突き詰めたら大室明治天皇の血統が130年以上続いているから、熊沢家を奉じても何の得にも金にも成らん。だから北朝の孝明天皇に触れる事は出来ても南朝の明治天皇の歴史に触れ難い。明治天皇の息子が昭和天皇でなくなってからまだ14年しか経っていないから明治天皇の歴史はそ程古くないからとも言える。

    さて、橋本龍太郎の頂上作戦の話をしなければいけない。

    先に、書いた通り橋本龍太郎の父龍伍は大室寅之祐明治天皇の姪、大室ヨネの息子であるから本質的には南朝なのかも知れないが、大室ヨネが女性で有るから橋本天皇(半分南朝、半分北朝)とする。で、今、日本を裏で実質的に動かしている5悪は、1.曽根綾子 2.正田巌(日銀を影で動かしている男美智子様の兄、(弟?) 3.美智子皇
    后 4.橋本龍太郎 5.橋本久美子だが、今上陛下はまだ14年しか経っていないので権力はそれ程無い。広飲み屋にも権力はそれ程持ってない。議員歴39年の橋竜こそバリ
    バリ権力持っていて、常に雅子様の御懐妊騒動を引き起こした主犯がこいつ。


    一度目は広飲み屋が結婚なされて3年目の1996年2月、丁度、橋本内閣の時、自分の孫を養子にしようとして失敗。(2女厚子の子1996年12月生まれ)この時はマスコミに
    公にはならなかった。それより前に自分の娘長女の寛子を広飲み屋と結婚させたかったが、その野望は失敗した。(広飲み屋も寛子もお互い反対したから)



    5投稿者:現皇室の秘密  投稿日:2008年01月05日(土) 00時21分56秒


    二度目は2000年8月に雅子様が子供を生む予定で流産したが、(小渕内閣の時)この時は長男龍の次男(2000年8月生まれ)を広飲み屋の養子にしようとして失敗。雅子
    様が公の場に出てこなった。三度目は先ず、橋龍の娘隠し子の和子が妊娠した。これが橋本と小泉の総裁選挙の少し前位の時。これに合わせる様に皇居に人工受精の装置が運び込まれ、南朝大室広飲み屋(小泉・森派・安倍・岸派を中心とする自民党右派(右翼)のタマ)のおたねを某女に人工受精させ、今度は北朝今上陛下(宮沢派・河野派・吉田・麻生太郎─三笠宮(信子)秋篠宮・今上北朝派)のおたねを使い某女に人工受精。で、広飲み屋の胤で人工受精した女は先ず、女の子を孕む。だ・か・ら小泉を中心とする右派(右翼)から皇室典範の女帝改正論が急に勢いずく。しかし、この女が流産したから右翼から女帝論が急速にトーンダウンする。


    北朝今上派としたら今上が那須に行って東京に帰って来た所で、男子が誕生すると言う計画で、麻生太郎が「皇位は男子に限る」と言ったのはその事。イギリスのマスコ
    ミに今上の胤使って某女に人工受精して男の子を孕んだとの情報が漏れる。


    一方、橋本の娘和子は女の子を妊娠してこちらが先行した。12月の最後迄、女の子か男の子かともめていたのは北朝三笠宮天皇今上一派(麻生)と橋本天皇の頂上対決でマスコミも男の子と言う事で準備してた12月に入って少し長引いて最後に橋龍の権力によって和子の娘を愛子とした。広飲み屋は最後、部屋のドアを怒って蹴って出て行かれたと言う。最後に小泉が「女帝は慎重に検討する」と言い出し、みんなが唖然とする。つまり後ろ向きな発言に変化。


    佐藤・竹下・橋本派が敬宮愛子、岸・安倍・森・小泉自民党右派(ウヨ)が南朝広飲み屋支持、吉田麻生三笠宮秋篠宮・明仁・宮沢・河野麻生派が今上陛下派、と考えたら分かり易い。小泉・橋本・麻生の3大決戦に皇室も巻き込まれていたと言う事。そして戦いはまだ続いて、今度こそこの3大勢力が、雅子様に男子を産むと言う事で凌ぎを削り、女帝改正には皆が消極的であると言う。2〜3年後か?に最終決着が付く筈だ。



    6投稿者:現皇室の秘密  投稿日:2008年01月05日(土) 00時22分24秒



    浩飲み屋に男児が生まれるまでは。

    ※橋本宮 六本木天皇

    次の次の天皇が誰になるか興味あるところだが、もちろん有栖川宮でも北白川宮でも誰でもいいが、時の権力者にリンクしてなきゃ。水戸斉昭の息子が中川宮なら当然慶喜が総理になれば兄貴の中川宮を玉(天皇)にしないと意味がない。奇兵隊の足軽の寅を慶喜が玉にしても意味がない。寅を玉にし得するのは伊藤博文な訳でなるほど彼は総理まで上り詰めたわけ。

    さて平成日本の最高権力者だが今の所、橋本龍太郎、久美子らしい。で、2番目に力があるのが今上陛下と美智子様。兄の正田巌。3番目に力があるのが曽根綾子。皇太子様。雅子様。鳩山邦夫。(ただし曽根と鳩山は笹川良一の子という噂アリ)

    で、今上陛下はまだ天皇になられて14年。橋龍は40年近く議員をやっているから、橋龍の方が力あるわけさ。
    大室寅之祐の弟庄吉の娘ヨネと橋本卯太郎の間の子が龍伍。だから龍太郎の娘寛子が広の宮とお見合いし2人が互いに嫌がった。浩宮は久邇宮晃子ともお見合いしたが実らなかった。2度目は1996年2月に公にならなかった雅子様の妊娠騒動があった。これは橋本内閣の時、2女の厚子の子を養子にやろうとして失敗。厚子の子は1996年12月生まれで3つ子。ホルモン注射による人工的な妊娠でもない限りこうはならない。3度目は2000年8月出産予定だったが流産。橋本龍太郎の長男龍の次男が2000年8月生まれでもうわかりますね。
    4度目は橋龍の娘和子の娘が2001年12月生まれで例のことです。

    4度目というと実は橋龍が総理として名前が挙がった回数ですね。一度目は、ポスト宇野の時。2度目は河野さんが結果的に総裁になった時。3度目は橋本内閣。
    4度目は小泉、橋龍選挙の時。だから常に天皇=玉と権力は結びついてるわけですよ。次は2005年12月あたりに雅子様の子が生まれるはずです。
    3女橋本旦子は今、20歳。学習院の仏文科に在籍しております。





    7投稿者:現皇室の秘密  投稿日:2008年01月05日(土) 00時24分58秒

    引用元

    http://www.asyura2.com/08/reki01/msg/154.html


    8投稿者:秋篠宮文仁  投稿日:2008年01月05日(土) 00時52分21秒


    みなさんこんにちは 

    もう皆さんお気づきでしょうが、僕は今上天皇の息子ではありません

    (顔立ちを見てもらえば一目瞭然だと思います)

    その事で、父や兄や妹から随分ひどい虐めを受けました。

    僕の父親は一体誰なんでしょう?(母は頑として口を割りません)
    皆さんも一緒に探してください



    9投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時53分02秒


    秋篠宮 (文仁)
    殿下が、天皇実子でないという噂は、関係各位に根強く伝承されている。

    噂の出所は、天皇一族の警護、護衛を主務とする皇宮警察。 皇宮警察と言えば、警察官の中でも選りすぐりの良血者で構成されている機関だが、良血と言っても所詮は田吾作集団。

    酒が入れば、口も軽くなり、同期生が集まれば、ここだけの話が、あっちこっちで交わされるのである。

    「ここだけの話だが、秋篠宮が、天皇の本当の子供でないってこと、お前知ってるか?」
    ここだけの話の一つが、それである。

    それが酒席の冗談で終わらなかったのは、それなりのバックボーンがあるからだ。

    遡ること四十数年、昭和天皇の后や、后の取り巻き女官たちから陰湿なイジメを受けた美智子妃殿下
    (当時) は、精神に深いダメージを受け、那須の御用邸で一人寂しい静養生活を送っていた。


    10投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時53分30秒


    生まれついての貴種である前の皇后にとって、平民出身の美智子妃殿下の一挙一動作がしゃくの種。 子供 (浩宮)
    の育て方に始まって、手袋の持ち方一つにもアヤをつけたのである。

    悩み多き貴婦人の警護を担当していたのが、若き偉丈夫の皇宮警察官。 深い同情が恋情に変わり、いつしか二人は恋に落ちたというのが、まことしやかな警察物語である。

    そして、皇太子
    (当時)
    と没交渉の筈の妃殿下に、懐妊のニュースが流れることになる。 

    道ならぬ恋の噂は、宮内庁首脳にも届いている。 だからと言って、出産を止める手だてなどあろう筈もない。 そこで代々の宮内庁長官に、一つの言葉が引き継がれることになった。 

    「皇位継承者は浩宮の血脈から
    ・・・」 と、である。

    秋篠宮 (文仁)
    殿下は成長するにつれ、天皇一族とは明らかに異なる特徴を見せつける。 体型、思想、行動の全てである。 皇太子や、黒田清子さんが、一目で陛下のお子さんだと分かるのに比べ、秋篠宮の体型は似ても似つかぬものがある。


    11投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時53分53秒


    それよりも何よりも、ナマズの研究にかこつけて、タイ女性にうつつを抜かしたり、祖父である昭和天皇の喪が明けぬ内に結婚を決行するといった傍若無人の精神性を露出する。 挙げ句の果てには、兄である皇位継承一位の皇太子を、公然と批判したりするのである。

    「文仁殿下は、血の秘密を知っているに違いない」
    の呟きが宮内庁首脳から洩れる。

    そうとしか理解できぬ異常行動が多すぎるのである。

    菊のカーテンの奥に潜む機密事項が、小泉総理にもたらされたのは、今から一年以上も前になる。

    雅子妃殿下の病状が思わしくないこと。 おそらく、お子さんは愛子内親王お一人でありましょう。

    「だからこそ、皇室典範を改訂し女性天皇、女系天皇への道筋をつけて戴きたいのです」
    さもないと、神武天皇以来続いた万系一世の貴種は、今世をもって終焉するかも知れません。万が一にも秋篠宮家に第三子が誕生し、それが男子であったなら
    ・・・・・・・

    流石の小泉も、菊の秘事を耳にして腰を抜かさんばかりに驚いたという。


    12投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時54分21秒


    当時は、郵政政局真っ盛りの頃、政局に破れ退陣するようなことにでもなれば、郵政もさることながら、皇室が大変なことになるのである。

    結果、総選挙に大勝し、郵政を片づけた小泉内閣は、早速大事案である皇室典範の改訂に取りかかる。 平沼赳夫のように、小泉憎しで反対音頭を歌うのはどうでも良い。 何としてでも片を付けてみせると決意を固めた矢先である。

    秋篠宮紀子妃殿下が十一年ぶりに懐妊したとのニュースが日本全土に配信される。 長兄に男子が出来ぬなら、作って見せようの気構えかどうかは別にして、皇室典範事案の帰趨が大問題になっている矢先の懐妊である。

    このことが万々歳でないことは、美智子皇后が突然体調を崩されたことからも察することが出来る。

    馬鹿なマスコミは、目出度さ一色の報道を繰り返すが、目刺しの頭も信心からと言う事態になるやも知れないのである。

    日本には、触れれば血が出る、死人が出ると言われる世界が三つあった。 同和、総連、それに菊の紋所である。 特に菊は、タブー中のタブー、同和・総連が小泉改革で崩壊しても、菊に関しては批判めいたことが何一つ言えないという風潮がまかり通っている。

    だから今回は、署名投稿で秘中の秘、禁断のエリアに踏み込んでみた。 その場を与えてくれた、論談編集者に礼を言いたい。

    http://www.rondan.co.jp/html/mail/0602/060208-3.html


    13投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時56分54秒


    世が世であれば、外務省の高級官僚として、日本外交の中枢にいたであろう小和田雅子さん。 その雅子さんが、皇太子妃殿下になったばかりに、失意のどん底に陥り、精神に病を発症する。

    皇室というのは、この世のものとは思えないほど異常なワールドである。 どんなに理知で聡明でも、子供が産めなければ役立たずの烙印を押される。

    反面、馬鹿でもチョンでも間抜けでも、繁殖力が旺盛なら、祝福の言葉と尊敬の念が寄せられるのである。 まるでサラブレッドの、繁殖牧場の様ではないか。 こういう世界に閉じ込められれば、雅子さんでなくても変調を来すというものである。

    その点、秋篠宮殿下の繁殖力は折り紙付きだ。 ご自身が主催するナマズ研究所のタイ女性研究員を、妊娠もさせれば中絶もさせるといった経験もある。

    結果、外交問題に発展しそうになり、宮内庁はてんやわんやの大騒動の末、莫大な慰謝料を払う羽目になった。 下半身も緩やかなら、繁殖力も旺盛、源氏物語の平安貴族を彷彿とさせる御仁なのである。

    祖父の喪が明けぬ内に、婚約を発表することなど、長屋住まいの熊さん、源さんでも思いがつかぬ不逞の行いである。 結納を急ぐ子供が居たなら、「死んだ爺さんに申し訳ねえだろ」と、たしなめるのが人の道、親の道というものだ。 その人の道に外れたこと、節操のないことを、国民の象徴たる天皇一家がやりのけた。



    14投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時58分04秒


    当然ながら、そこには深い仔細がある。 どうしても、やらねばならぬ理由があったのである。 長身にして端正なマスクの秋篠宮殿下は、学生時代から大層女性におもてになった。

    何とか殿下の友達になりたいと、多くの女子大生が寄ってくる。 その中の一人に、川島学習院大教授の娘さんである紀子さんがいた。 二人は大層に気が合われ、その関係は恋人レベルへと上昇する。 学習院大キャンパスを背景に、プリンスと大学教授のお嬢さんといった、絵に描いたような恋人関係が誕生したのである。

    皇位継承一位の皇太子と異なり、次位者の秋篠宮の警護は、さほど厳しくない。 ご学友たちと連れだって、日本各地を泊まりがけの旅行に出かけられることは日常化していた。

    そして、その旅行に必ず同行されていたのが、紀子さんだったのである。 就寝タイムともなれば、気を利かせたご学友たちは、二人のために閨室を用意する。 そういうことが重なれば、妊娠するのが当たり前である。 それでなくとも、繁殖力が旺盛な殿下のお胤なのである。

    世が世であれば、側室となり出産するという手だてもあったろうが、今の世の中では水子供養が常套手段となる。 一度であれば我慢もできるが、二度三度と重なれば、堪忍袋の緒も切れる。 父親である川島教授が、「申し上げます、代官様」
    と、宮内庁に訴状持参で出かけたのも当然至極の行動である。

    殿下と言っても、教授から見れば出来損ないの教え子に過ぎないのである。 その出来損ないに玩具にされた上、捨てられるようなことになれば娘が余りに不憫ではないか。 かくして、異例中の大異例、昭和天皇喪中の婚約発表と相成ったのである。

    長子である皇太子が、慎み深く思慮深いのに対し、ナマズ殿下は強引であり残酷でもある。 皇太子夫妻の心中を思えば、三子を作るなど憚ってしかるべきが一般人の通念だ。 それを平然とやってのけるところに、この殿下の不気味さを感じる。 そして三子が男性であったなら、いつの日か天皇に即位するやも知れぬのである。



    15投稿者:777  投稿日:2008年01月05日(土) 00時59分24秒


    小泉にとって、まさしく想定外のことが噴出した。 強引に皇室典範改訂法案を閣議決定すれば、国論は二分され蜂の巣をつついたような騒動に発展する。 錦の旗を偽造した平沼一派が、倒閣運動を本格化させぬ共限らない。

    だからと言って、解散も出来なければ刺客を立てることも出来ない。 ただひたすらに、三子が女性であることを願うしかないのである。 まさに丁半博打、小泉政権末期の命運が、ナマズ殿下のお胤で決せられる。

    溜息の一つも、出ようというものである。

    http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/965.html


    16投稿者:秋篠宮様の裏人格
     投稿日:2008年01月05日(土) 01時18分21秒


    兄の皇太子は、世継ぎとして教育されているから真面目で出来も良いそうだが、弟の秋篠の宮は、相当ひどいと有名だ。車も国産車は嫌だといって日本の皇族なのにベンツに乗っている。しかも紀子さんは里帰りするのに親の団地にベンツ横付けしてる。紀子さんは母方に「家柄が悪い」とされる鍼灸師がいたので、秋篠宮様と結婚する際は、かなりクレームがついていた。また、その関係で結婚を反対され、秋篠宮の子供を2−3回中絶している(事実らしい)。しかし、秋篠宮様が相当お熱だったため、宮内庁もしぶしぶ了承したようだ。東京では、こういった秘密情報の口を滑らせる産婦人科医がいるせいか、けっこう流れているウワサである。

    別のウワサを聞いたことがあります。

    秋篠宮さまはかなりスキモノで、宮内庁で性的交渉担当の女性がいた。
    いつまでもそれじゃいかんだろうと、結婚相手を必死で探した。

    ...ってウワサです。



    どっちにしてもスキモノってには間違いなさそうですね。


    17投稿者:秋篠宮様の裏人格
     投稿日:2008年01月05日(土) 01時20分21秒


    中絶の話は私も同じ事を聞きました・・・同世代なので当時からいろいろ悪い噂は聞いていましたよ。でも彼女は入学当初から皇室入りを狙っていたので・・・いつも傍を離れなかったと聞いています。だからいいんじゃないですか?なんだか作っている表情やわざとらしい笑み、話し方しぐさ全て・・昔から好きになれませんでした・・
    今回も愛育病院に昨年から通われていたと聞いていますし男の子を産み分けたと聞いています。これで彼女は雅子妃に勝ったとでも思っているんじゃないですか?
    何回も中絶したりすると前置胎盤になることもあるって・・・・フーン
    うなずける・・・!!
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109267095


    18投稿者:知恵遅れの家系
     投稿日:2008年01月05日(土) 21時06分37秒

    厳かな雰囲気に包まれた日本の議場、壇上に立つは軍服に身を包み原稿を手にする一人の紳士。
    その面前には百人超の議員達、実に恭しく敬礼している。


    が、次の瞬間議員たちの間にどよめきが起こる!!!
    というのも壇上の紳士がにわかに原稿をくるくる丸めると、望遠鏡のようにそれを覗き込みながら、辺りを見回し、へらへらとしまりのない笑みを浮かべているのである・・・


    お分かりであろうが、この紳士とは大正天皇その人であり、彼は天皇の業務をおよそこなし得ない白痴であった。
    この逸話は、皇室に関する醜聞がタブーとされる日本において陰ながら語り継がれてきた。


    斯様な彼の知的障害は、遺伝性のものであり、明治期以前の歴代天皇家の近親相姦が原因であった。かつて天皇はごく一部の血縁ある公家としか通婚せず、その血はおのずと濃くなっていった。


    こんにちにも、現天皇のいとこもまた軽い知的障害があり、先日の皇太子妃雅子の流産も、胎児に身体または知能に障害があったために秘密裏に人口中絶したのではないかと、まことしやかに囁かれているのも事実である。



    19投稿者:プロキシ使わぬ匿名→あめざーねっとIII
     投稿日:2008年01月15日(火) 21時06分26秒

    第一幼稚園(〒492-8218稲沢市西町2-35-17) http://www.adachi-gakuen.ed.jp/daiichi/daiichi.html
    Red
    Robin Kindergarten(Australia) http://www.redrobin.com.au/
    南立誠幼稚園(〒514-0003津市桜橋2丁目39) http://www.res-edu.ed.jp/y-minamirissei/
    Gray Elementary
    School(Canada) http://www.geocities.com/Athens/Styx/1630/

    小ヶ倉幼稚園(〒850-0961長崎市小ヶ倉町1丁目570番地の1) ttp://park.zero.ad.jp/~zbf27618/

    小市保育園のホームページ(〒537-0001大阪市東成区深江北1丁目9番12号) http://koichi.hoikuen.to/

    十三愛光会愛光保育園(〒532-0023大阪市淀川区十三東1丁目13-29) http://www3.ocn.ne.jp/~aikou-n/
    M m M m M m ...(Austria)
    http://www.vs-st-andrae.ksn.at/chronik/2004/buchstaben.htm

    Mary Kindergarten(Thai) http://www.marykind.th.edu/
    中仙道幼稚園(〒700-0964岡山市中仙道51-110)
    http://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/

    中仙道幼稚園・園のご紹介(〒700-0964岡山市中仙道51-110)
    http://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/syoukai.html

    中仙道幼稚園・園の生活(〒700-0964岡山市中仙道51-110)
    http://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/seikatu.html

    中仙道幼稚園・園児募集要項(〒700-0964岡山市中仙道51-110)
    http://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/bosyu.html
    個人懇談終わる -
    三木市立自由が丘小学校(〒673-0552三木市志染町中自由が丘3丁目70番地)
    ttp://www.miki.ed.jp/el/jiyu/index.cfm/7,740,14,html
    少路小学校(豊中市西緑丘2丁目10番1号)
    http://www.toyonaka-osa.ed.jp/shoji/

    穴切校舎(〒400-0034甲府市宝2丁目8-19) http://www.anagiri-e.kofu-ymn.ed.jp/

    九条幼稚園(〒550-0027大阪市西区九条2-19-18) http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/kujo/index.html

    黒小っ子花まるっ!(〒013-0826 横手市黒川福島59) http://park1.wakwak.com/~kurosho/kurohana1.htm

    平和幼稚園(宮崎市松橋1丁目17番26号 email heiwa@k2.dion.ne.jp )
    ttp://www.h4.dion.ne.jp/~heiwayou/


    20投稿者:プロキシ使わぬ匿名→あめざーねっとIII
     投稿日:2008年01月15日(火) 21時06分43秒

    こうざんby石田校長先生(デジタル学校通信)(〒860-0821熊本市本山4丁目5番11号)
    http://www.kouzan-tod.com/shougakkou/kouzan_scrum.htm

    ◆◆◆◆**◆◆◆◆◆◆◆デジタル◆◆通信◆(〒860-0821熊本市本山4丁目5番11号) http://www.kouzan-tod.com/shougakkou/kouzan_scrum.htm

    岩倉市日本語適応指導教室(〒482-0003岩倉市曽野町井森1番地 email sono-e@iwakura.ed.jp )
    ttp://www.iwakura.ed.jp/nihongo/frame.htm
    ◆◆◆日本語◆◆◆◆◆◆(〒482-0003岩倉市曽野町井森1番地
    email sono-e@iwakura.ed.jp ) http://www.iwakura.ed.jp/nihongo/frame.htm
    神代小学校
    掲示板(仙北市田沢湖神代字珍重屋敷48) http://www.city.semboku.akita.jp/sc_jinsyo/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi?page=10&bl=0

    ◆◆◆◆◆*掲示板(仙北市田沢湖神代字珍重屋敷48) http://www.city.semboku.akita.jp/sc_jinsyo/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi?page=10&bl=0

    高知市立 追手前小学校 / のびゆく記録(〒780-0842高知市追手筋2丁目1番12号 email: otemae-e@kochinet.ed.jp
    ) ttp://www.kochinet.ed.jp/otemae-e/kiroku/

    ◆◆◆◆*◆◆◆◆◆◆***◆◆◆◆記録(〒780-0842高知市追手筋2丁目1番12号 email: otemae-e@kochinet.ed.jp
    ) http://www.kochinet.ed.jp/otemae-e/kiroku/

    法吉保育所(〒690-0877松江市春日町491) http://www.m-fukushikai.jp/hokki/

    法◆◆◆◆(〒690-0877松江市春日町491) http://www.m-fukushikai.jp/hokki/
    千万町小学校:
    親子自然ふれあいキャンプ話し合い(岡崎市千万町町字宮西8番地 email zemanjo@st.oklab.ed.jp
    ) ttp://www.oklab.ed.jp/weblog/zemanjyo/2007/06/post_84.html

    ◆◆◆◆◆◆**◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆話し合い(岡崎市千万町町字宮西8番地 email zemanjo@st.oklab.ed.jp ) http://www.oklab.ed.jp/weblog/zemanjyo/2007/06/post_84.html

    尾串保育園(〒798-0083宇和島市夏目町1丁目12番12号) http://www.netwave.or.jp/~ogushi/

    尾◆◆◆◆(〒798-0083宇和島市夏目町1丁目12番12号) http://www.netwave.or.jp/~ogushi/
    平和幼稚園(宮崎市松橋1丁目17番26号
    email heiwa@k2.dion.ne.jp ) http://www.h4.dion.ne.jp/~heiwayou/

    平和◆◆◆(宮崎市松橋1丁目17番26号 email heiwa@k2.dion.ne.jp ) http://www.h4.dion.ne.jp/~heiwayou/

    中間イエロー黄色グレイ灰色中間中間中間中間中間中間中間地球 http://www.universe-s.com/img/news/2004/0520_01.jpg
    Middle
    gray yellow middle middle middle middle middle the earth http://www.universe-s.com/img/news/2004/0520_01.jpg


    21投稿者:プロキシ使わぬ匿名→あめざーねっとIII
     投稿日:2008年01月15日(火) 21時08分48秒

    コテタンを処理するすれっど 第13部@Level3-BBS
    http://choco.lv3.net/test/read.cgi/saitama/1200141250/164

    (↓1024byteちょうど)

    ugbedlud.Sis.Vc,isc,ugud.K.Sc,.Yc,ab.Y.Tugisgwbe.T.Sugacgwac.Kbec,c,.K.Vc,c,dl.Sbeudacc,dlbebe.Sac.K

    udisud.Tgwac.Vdldlab.Sc,.Tbe.Vdldlisgwbeab.Sc,.Vac.Vgwacugabgwdl.T.Tisab.S.Tdlis.Kdlugud.Ybeac.Vudgw

    c,ugdl.Yc,.S.Vdludgw.Yabbec,ugbe.Vdl.Sbebe.Kugud.T.Suggwbe.Ydlc,dldlabisacdlis.Tgw.S.K.Yud.Sisug.K.S

    .S.Vbe.V.Sab.Vududdl.Kugisacc,ababc,udugacud.S.S.Vuddl.Vud.Yisc,acac.Yisuguggwugug.Kuggwugud.K.Tdl.Y

    abisgw.Sgwis.Y.Yc,.Sgw.T.Tacbec,ugis.Tbeisababdl.Tudis.Tis.Vgwac.Sudc,.Kacudugisug.Sdlud.K.Tud.Kc,.S

    .Yud.Vacac.Y.Y.Ybeug.Y.Yacgwab.Ygw.Tc,ugis.Kdl.Kisug.T.Vacugud.Vdlc,ab.V.Tdlacababgw.T.Sgwc,ab.Visab

    ugisgwc,.S.S.Kudis.T.Tdl.Sugc,.T.Kc,uggwdlud.Kugug.Yc,ac.V.Kacudugbeisudab.V.Sugud.Ydl.S.Y.V.V.Kugug

    ugis.Sc,.Kacug.Ybedlabacacdldlug.Sdl.Sug.Kbegw.Yisdlugc,abisc,ugdl.Tdlududgwug.Yud.S.Sisab.V.Kgwud.T

    bec,.Sisacacbeabudabab.Kdl.Kdl.Kbebeac.Yacugudis.Kdl.Tacdludugisbe.S.Yc,dl.Yc,.Kis.Kgw.Kbe.Vudgw.Kc,

    gw.Yac.T.Tudc,.Y.Vis.K.Vc,be.Vc,.Sisabab.V.Kis.V.Tc,.Y.Tc,.S.Tis.Visc,.Vis.Vgw.Yisgw.Vud.S.V.Tc,isc,

    c,dl.T.S.Ybebe.Ydlisisbe


    22投稿者:プロキシ使わぬ匿名→あめざーねっとIII
     投稿日:2008年01月15日(火) 21時09分08秒

    コテタンを処理してしまうスレッド
    http://music8.2ch.net/test/read.cgi/nika/1184901242/9



    23投稿者:プロキシ使わぬ匿名→あめざーねっとIII
     投稿日:2008年01月15日(火) 21時09分34秒

    コテタンを処理するすれっど 第13部@Level3-BBS
    http://choco.lv3.net/test/read.cgi/saitama/1200141250/165

    (↓1024byteちょうど)

    Rwacabc,uggw.Y.Yacab.Tisgw.Kug.Tudc,.Vugbeab.S.Sac.Tc,.Y.Vud.Kbegwc,ab.Y.Yisbeabududug.Y.K.Sbe.Vc,.Y

    c,acc,is.Tac.Kababgwudisbe.Y.K.Yud.Vc,abab.Sc,be.Kc,ud.Y.Tabbe.Sugudbedlc,dl.S.Tdlgwgwisc,gwdlc,be.V

    abdl.Vac.Tugdlgwbe.Yab.Tbeis.T.Sbeudisc,ac.98631527263105254114333abisug.S.Kgwbeug.Tdlc,ac.Vbe.Ydl.T

    .V.Tbeud.T.Kac.Vdl.Kis.T.Ybedlug.Vbe.V.Tacc,abdl.T.T.S.Tudbe.Ybedlab.S.Ydl.V.Ybe.Kacgwgw.Sac.Kugug.V

    .T.Vabab.Ybe.K.13732974611615429927855106560868979820586054578040425334674855475080962210776ugabdl.T

    .Ybedldlacgw.V.Tugc,beis.Tac.Kisug.Q.K.Yud.V.T.S.Sdlug.Sbe.Sdlc,udug.Sdlac.S.Yudc,.Tc,ab.Sababac.Yab

    isgwugbec,.Yc,udc,isdlab.Tugbeug.Kdlug.Yudbeab.V.V.V.T.Y.Yugugud.Tgw.Kgwbeacc,.S.Sbe.Sc,ab.Yis.S.K.Y

    beud.Tabacacab.Yisbeabudc,ugbedl.Tbeug.T.S.Yugudbeabgw.Vud.Vdlgw.V.Sc,udisudabac.Y.Y.Sdl.Yudug.Yacc,

    .Tc,.Tacbeudbe.Kacabud.Kbeudud.Vc,dlac.Kgwdlud.Tug.Sacug.Y.K.Sis.Kc,.T.Y.V.Y.Vugbeis.Vgwugisdlac.Y.V

    c,isgwacdlbedl.K.S.Ygwc,gw.Sac.Ydl.T.Sabgw.Visdlud.Kac.Vug.S.Kac.V.Sudbeacudc,.Vbedl.Y.Sab.Vud.Kc,.T

    .Yacgwabgwugac.Yududugi.


    24投稿者:プロキシ使わぬ匿名→あめざーねっとIII
     投稿日:2008年01月15日(火) 21時09分57秒

    第一◆◆◆(〒492-8218稲沢市西町2-35-17) http://www.adachi-gakuen.ed.jp/daiichi/daiichi.html
    Red
    ***** ************(Australia) http://www.redrobin.com.au/
    南◆◆◆◆◆(〒514-0003津市桜橋2丁目39) http://www.res-edu.ed.jp/y-minamirissei/

    小◆◆◆◆◆(〒850-0961長崎市小ヶ倉町1丁目570番地の1) ttp://park.zero.ad.jp/~zbf27618/

    小◆◆◆◆(〒537-0001 大阪市東成区深江北1丁目9番12号) http://koichi.hoikuen.to/

    十三◆◆◆◆◆◆◆◆(〒532-0023大阪市淀川区十三東1丁目13-29) http://www3.ocn.ne.jp/~aikou-n/
    M m M m M m ...(Austria)
    http://www.vs-st-andrae.ksn.at/chronik/2004/buchstaben.htm

    M*** ************(Thai) http://www.marykind.th.edu/
    Gray *****************(Canada)
    http://www.geocities.com/Athens/Styx/1630/

    中◆◆◆◆◆(〒700-0964岡山市中仙道51-110) ttp://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/

    中◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆(〒700-0964岡山市中仙道51-110)
    ttp://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/syoukai.html

    中◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆(〒700-0964岡山市中仙道51-110)
    ttp://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/seikatu.html

    中◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆(〒700-0964岡山市中仙道51-110) http://www12.ocn.ne.jp/~nakasend/bosyu.html

    個人◆◆◆◆◆***◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆(〒673-0552三木市志染町中自由が丘3丁目70番地) http://www.miki.ed.jp/el/jiyu/index.cfm/7,740,14,html

    少◆◆◆◆(豊中市西緑丘2丁目10番1号) http://www.toyonaka-osa.ed.jp/shoji/

    穴◆◆◆(〒400-0034甲府市宝2丁目8-19) http://www.anagiri-e.kofu-ymn.ed.jp/

    九◆◆◆◆(〒550-0027大阪市西区九条2-19-18) http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/kujo/index.html

    黒小っ◆花まるっ!(〒013-0826 横手市黒川福島59) http://park1.wakwak.com/~kurosho/kurohana1.htm

    平和◆◆◆(宮崎市松橋1丁目17番26号 email heiwa@k2.dion.ne.jp ) http://www.h4.dion.ne.jp/~heiwayou/




    35投稿者:匿名  投稿日:2010年10月20日(水)
    11時05分08秒


    同和殿下について 知っている人の間では悠仁親王の母は紀子様,その母は部落(同和)出身者であることから,悠仁様は同和殿下と呼ばれている。同和問題が皇族にまで及んでいる事実を皆さんはどのように思われますか。


    37投稿者:乱ボー  投稿日:2010年10月26日(火) 11時55分04秒

    お風呂一緒に入るとガッツリ距離縮まんよ!!
    ベット行った頃にはすでにカップル気分だもん!!
    http://sersai.com/sntk/ajkrvll/

    まっ彼女できた事ねぇけどな(爆笑)


    38投稿者:私だ  投稿日:2011年12月17日(土) 21時31分17秒

    ぬいた(人・ω・)☆ http://m-s.e29.mobi/


    42投稿者:777  投稿日:2012年02月03日(金) 22時05分57秒

    これも読んでね:


    あなたの知らない「天皇家」の謎 皇室の祖先にワニがいた!?
    http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/256.html

    東京ホロコースト   西岡昌紀
    http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/479.html

    君はアジアを解放する為に立ち上がった昭和天皇のあの雄姿を知っているか?

    http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/312.html

    戦争に行ったら
    こんな事もしてみたい あんな事もやってみたい__わくわく どきどき
    http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/313.html


    昭和天皇が戦争狂になった訳
    http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/321.html

    日本の恥 _
    詐欺師 TORA を放置するな _ 南京大虐殺は昭和天皇が直直に命令して実行させた
    http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/519.html
    posted by 真 救世主 at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    明仁、貴雄をどかして高央に砕かれるか。子供の名前は浩宮か?「浩」の名前にご縁があるみたいだな。天に二日はいらない。

    (平成18年02月08日)


    投稿者: 冷泉 文恵


     秋篠宮 (文仁)
    殿下が、天皇実子でないという噂は、関係各位に根強く伝承されている。

    噂の出所は、天皇一族の警護、護衛を主務とする皇宮警察。 皇宮警察と言えば、警察官の中でも選りすぐりの良血者で構成されている機関だが、良血と言っても所詮は田吾作集団。 酒が入れば、口も軽くなり、同期生が集まれば、ここだけの話が、あっちこっちで交わされるのである。

    「ここだけの話だが、秋篠宮が、天皇の本当の子供でないってこと、お前知ってるか?」
    ここだけの話の一つが、それである。 それが酒席の冗談で終わらなかったのは、それなりのバックボーンがあるからだ。

    遡ること四十数年、昭和天皇の后や、后の取り巻き女官たちから陰湿なイジメを受けた美智子妃殿下
    (当時)
    は、精神に深いダメージを受け、那須の御用邸で一人寂しい静養生活を送っていた。

    生まれついての貴種である前の皇后にとって、平民出身の美智子妃殿下の一挙一動作がしゃくの種。 子供
    (浩宮)
    の育て方に始まって、手袋の持ち方一つにもアヤをつけたのである。

    悩み多き貴婦人の警護を担当していたのが、若き偉丈夫の皇宮警察官。 深い同情が恋情に変わり、いつしか二人は恋に落ちたというのが、まことしやかな警察物語である。

    そして、皇太子
    (当時)
    と没交渉の筈の妃殿下に、懐妊のニュースが流れることになる。 道ならぬ恋の噂は、宮内庁首脳にも届いている。 だからと言って、出産を止める手だてなどあろう筈もない。 そこで代々の宮内庁長官に、一つの言葉が引き継がれることになった。 「皇位継承者は浩宮の血脈から
    ・・・」 と、である。

    秋篠宮 (文仁)
    殿下は成長するにつれ、天皇一族とは明らかに異なる特徴を見せつける。 体型、思想、行動の全てである。 皇太子や、黒田清子さんが、一目で陛下のお子さんだと分かるのに比べ、秋篠宮の体型は似ても似つかぬものがある。

    それよりも何よりも、ナマズの研究にかこつけて、タイ女性にうつつを抜かしたり、祖父である昭和天皇の喪が明けぬ内に結婚を決行するといった傍若無人の精神性を露出する。 挙げ句の果てには、兄である皇位継承一位の皇太子を、公然と批判したりするのである。

    「文仁殿下は、血の秘密を知っているに違いない」
    の呟きが宮内庁首脳から洩れる。

    そうとしか理解できぬ異常行動が多すぎるのである。

    菊のカーテンの奥に潜む機密事項が、小泉総理にもたらされたのは、今から一年以上も前になる。 雅子妃殿下の病状が思わしくないこと。 おそらく、お子さんは愛子内親王お一人でありましょう。

    「だからこそ、皇室典範を改訂し女性天皇、女系天皇への道筋をつけて戴きたいのです」
    さもないと、神武天皇以来続いた万系一世の貴種は、今世をもって終焉するかも知れません。 万が一にも秋篠宮家に第三子が誕生し、それが男子であったなら
    ・・・・・・・

    流石の小泉も、菊の秘事を耳にして腰を抜かさんばかりに驚いたという。 当時は、郵政政局真っ盛りの頃、政局に破れ退陣するようなことにでもなれば、郵政もさることながら、皇室が大変なことになるのである。

    結果、総選挙に大勝し、郵政を片づけた小泉内閣は、早速大事案である皇室典範の改訂に取りかかる。 平沼赳夫のように、小泉憎しで反対音頭を歌うのはどうでも良い。 何としてでも片を付けてみせると決意を固めた矢先である。

    秋篠宮紀子妃殿下が十一年ぶりに懐妊したとのニュースが日本全土に配信される。 長兄に男子が出来ぬなら、作って見せようの気構えかどうかは別にして、皇室典範事案の帰趨が大問題になっている矢先の懐妊である。

    このことが万々歳でないことは、美智子皇后が突然体調を崩されたことからも察することが出来る。 馬鹿なマスコミは、目出度さ一色の報道を繰り返すが、目刺しの頭も信心からと言う事態になるやも知れないのである。

    日本には、触れれば血が出る、死人が出ると言われる世界が三つあった。 同和、総連、それに菊の紋所である。 特に菊は、タブー中のタブー、同和・総連が小泉改革で崩壊しても、菊に関しては批判めいたことが何一つ言えないという風潮がまかり通っている。

    だから今回は、署名投稿で秘中の秘、禁断のエリアに踏み込んでみた。 その場を与えてくれた、論談編集者に礼を言いたい。
    posted by 真 救世主 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    福田辞任の深層 天皇の「海外資産」の利息・配当金数兆円規模が支払われ

    2008年09月06日 | Weblog
    天皇一族の実行した日本人大量虐殺である。 戦争を起こし、密かに米国製兵器を大量に購入し日本軍に支給していた武器密輸商=天皇一族。
    福田前首相は、サブプライム問題での資金融資の要請をブッシュ大統領から受けた時、「ほれ、〜兆円 くれてやる」という、露骨に横柄な態度を取った。これに米国スジとブッシュは激怒した。しかも福田はロックフェラーへの融資も「しぶしぶ」であった。

    ⇒ ロックフェラーはサブプライム問題では、すでに飛ばしているので損なぞしていず
    ぼろ儲けをしていると。(表面上は傘下の国際金融機関は大赤字だが)
     洗脳支配(同名の本の読破を!)
    によって、
    損をしている振りをしているだけでは足りず、これ幸いに
    また日本から金をむしりとっているのだよ。
    属国日本だよ、また戦後は終了していません。
     横田、座間、横須賀から追い出すべし。日米安保は10年かけて縮小へ。


    以下 オルタ通信より引用
    ( http://alternativereport1.seesaa.net/archives/200809-1.html )

    2008年09月06日   福田前首相・辞任の深層

     明治時代以降、天皇一族は日本人女性を多数、誘拐し、売春婦として海外へ売り飛ばして来た。
     畑で農作業を行っていた女性を殴り、学校帰りの女子学生を殴り倒し気絶させ、天皇一族の部下達は
    誘拐し、売春婦としてヨーロッパに売却してきた。その数は累計50万人。全員、20歳代で梅毒等
    で死亡した。
    天皇一族の実行した日本人大量虐殺である。
     その虐殺の利益は、スイス、アルゼンチン等の銀行に「天皇の私財」として、金塊、債券の形で
    預けられ、運用され、莫大な利息・配当金を生み出し続けている。
    この誘拐・売春業者=天皇の隠し資産は、海外での資産運用とは別に、「すぐに使える当座の資金繰り
    のため」日本国内では、一時国有化された、りそな銀行に1兆円眠っている(注1)。
    この天皇の財産維持のために、この銀行は戦後GHQによる資産チェックを「唯一」逃れた銀行とな
    った。 戦争を起こし、密かに米国製兵器を大量に購入し日本軍に支給していた武器密輸商=天皇一族、
    米国軍事産業に莫大な利益を与えた「死の商人=天皇」への、GHQからの、ご褒美であった。

      2007年、長年蓄積されてきた天皇一族の「海外資産」の利息・配当金の一部が、天皇一族に支払われ、日本国内に持ち帰られた。その金額は数兆円規模に上る。
     昨年、サブプライム問題で資金繰りに窮地に陥ったロックフェラーが、表向きは自伝の書物の出版記念と称し訪日し、「なぜか」天皇と会見した理由は、この配当金から資金融資を受けるためであった。

    この資金貸付の「天皇=ロックフェラー」の密談交渉が成立した後、「ロックフェラーに貸し付けるなら、日本政府にも貸し付けて欲しい」、と言う声が日本政府内部に持ち上がった。
     「霞ヶ関には多額の埋蔵金がある」という日本政府の一部から出た発言は、この天皇の売春業の
    「貯金の配当金」が日本に「帰国」した事を指している。
    しかし天皇の誘拐・売春業・「死の商人」の本業を隠蔽するため、あわてて、外為特別会計云々の議論
    に転換された。

    福田前首相は、サブプライム問題での資金融資の要請をブッシュ大統領から受けた時、「ほれ、〜兆円
    くれてやる」という、露骨に横柄な態度を取った。これに米国スジとブッシュは激怒した。しかも福田はロックフェラーへの融資も「しぶしぶ」であった。

    売春業者である天皇一族の資産の「管理担当者」は、ローマ・カトリック教会=バチカンである。
    織田信長・豊臣秀吉の戦国時代から、日本人女性を誘拐し、ポルトガル・オランダに売春婦として売り飛ばす「ビジネス」は、ローマ・カトリック内部のイエズス会が担当してきた。
    この「売春婦の売却利益」で、鉄砲・火薬を買い、戦国武将は戦争を行って来た。

    その延長線上に、天皇一族の売春・戦争ビジネスがあった。
    天皇一族の「隠し資産」の運用を、バチカンが担当する理由は、そこにある。

     宗教組織は「信教の自由」の名の下に、どこの国でも国家から一定の自由を持つ。各国の「当局の監視の眼が届かない」宗教組織バチカンの世界的ネットワークは、売春・兵器密売の利益=裏金の世界的流通ネットワークとして機能している。

    世界最大の麻薬・兵器密売組織、マネーロンダリング組織、売春組織がバチカンである。その実働部隊がイエズス会である。
     この地下ビジネス維持のため、バチカンは、世界中に諜報・スパイ組織のネットワークを形成している。
     宗教は人間の内面に入り込み、私的な家庭生活に「入り込む事が出来る」。諜報・スパイには最適である。
     バチカンは、世界宗教会議を作り、バラモン教、イスラム教、仏教、キリスト教諸派を結集し、この人間の内面と家庭生活に入り込める組織の情報網を駆使し、諜報組織を整備し終えている。

    その中で重要な地位を占めているのが自民党政権与党内部の宗教組織である。

    バチカンの資産運用の依頼先には、当然ロックフェラーも含まれている。またバチカンの実働部隊であるイタリア・マフィアは長年CIAの実働部隊として動いて来た。CIAのボスがブッシュ大統領一族であり、そのボスがロックフェラーである。バチカンからの情報で日本に「天皇の資産の配当金が入った」事を知ったロックフェラー。その資金融資の要請に、「福田はシブシブ」であった。

    バチカン=自民党与党内部の宗教組織の不興を買った福田に、自民党の連立相手が激しく抵抗を始めた。福田内閣は立ち往生した。
     かつて関西新空港建設の際、空港に向かう交通網整備の建設予定地の情報が、外部に「事前に漏れていた」。
     この情報を事前に入手し、交通網建設予定地の土地を安値で買い占め、建設工事が始まると、買い占めた土地を国に高額で売り、莫大な利益を手に入れた「利権業者」が居た。
     この土地買占めを行なった企業が、阪和ギャランティ・ファイナンスGFと言う、実態は関西の暴力団系列の企業であり、福田前首相の一族が経営していた。
    この福田の親族会社=ヤクザに、建設予定地の情報を「漏らした」のが、福田前首相本人である。

     米国のCIAには、日本の政治家のスキャンダル情報を専門に収集している部署があり、その部署は、福田の、この資金繰りの情報を詳細に持っている。

    福田が気に入らなくなれば、「この情報を公表する」と脅迫し、米国は「いつでも福田を辞任させる事も、警察に逮捕させる事も出来る」。
    福田の「首が飛ぶのは」、時間の問題であった。

     阪和の2文字が米国スジから福田の耳に入った時、辞任が公になった。

    *注・・・正確には、りそな銀行が、協和銀行時代に三和銀行から転職した勢力が天皇資金の担い手。    汚れ仕事を資金が欲しい弱小他行に移転させ、露見すれば責任を転嫁させる手法である。
    posted by 真 救世主 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    カナン族高位の悪魔バアル=ベルゼバブ=オシリス。プタハは黄金の雄牛=悪魔

    バアル.jpgセム族の主神はアルフェットゥと呼ばれる蛙の姿をした悪魔である。
    バアル=ベルゼバブ=オシリス 
    2012年3月8日 23:27 シリアにて、バアルことベルゼバブ死亡!森田史彦の仇を取った!!!

    旧約聖書の列王記下では、預言者エリヤがバアルの預言者と争い、神の偉力をもってバアル信者を打ち滅ぼしたことが書かれている。バアルはもともと「バアル・ゼブル」(崇高なるバアル)と呼ばれていたのを「バアル・ゼブブ」(蝿のバアル)と呼んで嘲笑した。
    もともとはハッドゥhd [haddu])またはハダドhdd [hadad])という名で、アッカドの雷神アダドの前身でもある。この名は恐らく雷鳴の擬音と考えられる。しかしハッドゥが主神、すなわちバアルと呼ばれ崇められているうちに、その呼称が固有名詞化し、後にはもっぱらバアルと呼ばれるようになった。
     『聖書 旧約聖書 列王記下 第23章』 (講談社;カトリック版聖書がいかに改竄されまくっているかを明らかに指摘して行く、 )
     
    1 そこで王は人をつかわしてユダとエルサレムの長老たちをことごとく集めた。
    2そして王はユダのもろもろの人々と、エルサレムのすべての住民および祭司、預言者ならびに大小のすべての民を従えて主の宮にのぼり、主の宮で見つかった契約の書の言葉をことごとく彼らに読み聞かせた。
    3次いで王は柱のかたわらに立って、主の前に契約を立て、主に従って歩み、心をつくし精神をつくして、主の戒めと、あかしと、定めとを守り、この書物にしるされているこの契約の言葉を行うことを誓った。民は皆その契約に加わった。
    4こうして王は大祭司ヒルキヤと、それに次ぐ祭司たちおよび門を守る者どもに命じて、主の神殿からバアルとアシラ(これをカトリック聖書では「アシュラ」としている。しかも、検索事項に出て来ていない!では、実はとっても大切なアシラとは何か?)と天の万象とのために作ったもろもろの器を取り出させ、エルサレムの外のキデロンの野でそれを焼き、その灰をベテルに持って行かせた。
    アシラ(Asherah).jpg
    アシラ(Asherah) =明けの明星と宵の明星である。ルシファー(Lucifer..) =ハトホル(エジプト)=アフロディデ(ギリシャ)

    アシラ
    (Asherah) 
     アシラは、西セム系太女神アシェラトのヘブル読みである。古代イラン語asha(宇宙の法則)に由来するものと思われる。この法則は家母長の法則であって、古代ローマの自然法と同じようなものである。アシラは「(邪悪な)知恵の点では神々(の仮面を被った悪魔たち)のうち最もすぐれた者」であった。シュメール人はアシラ(ルシファー)をアシュナンAshnan(万物の力、心のやさしい寛大な乙女〈嘘→超邪悪!〉)と呼んだ。アシラの聖なる都市マル-アシュMar-ashは、聖書ではマレシャとなっている(『ヨシュア記』第15章 44節)。 旧約聖書の欽定英訳ではアシラは「木立」groveとなっている。しかし聖なる木立が女神の生殖器の中心、つまり万物生誕の場であるという説明はなされていない。母権制時代、ヘブライ人は木立の下で女神を崇拝した(『列王紀上』第14章 23節)。しかし父権制時代になると、改革者たちは女神像を切り倒し、アシラに仕える悪魔崇拝者たちの骨を彼らの祭壇の上で焼いた(『歴代志下』第34章 4-5節)。
     女神の木立-女陰は「聖なる場所」Athra qaddisa(文字どおりの意味では「聖娼」)であった。
     
    アシラは、ときには、単に「神聖(←真実は邪悪)」と呼ばれた。この名称はのちにヤハウェにつけられた。カナン人はアシラを「神々を生む女神」Qaniyatu elimaあるいは「海を渡る女神」(=月〈ルシファーの恋人、リリス、別名 暗い月と関係あるかな?〉)Rabbatu athiratu yammiと呼んだ。Rabbatuという語はラビrabbi(ユダヤ教の宗教的指導者)の昔の女性形であった。
    アシラという名前の変形としては、Athirat、Athra、Aethra、Athyr、そしてエジプトのヘ(ウ)ト=ヘル〔ハトホルHathor〕というのがあった。エジプトではまたアセト〔イシスIsis〕の古形であるアシェシュAshesh(法を与える母神)でもあった。このアシェシュという名前は、「あふれ出る」という意味と「養育する」という意味とを表した。いずれにしても、アシェシュの乳房のはたす機能を表したものであった。アシェシュの女陰を祀った神殿がテーバイにあって、アセルAsher、アシュレルAshrel、あるいはアシュレルトAshreltと言った。アシェシュのことを、「アシェルトの偉大なる女神、天界の女神、神々の女王」と呼んだ人もいた。

     アシラはしばらくの間セム族の神エルElをとしていた。アシラが天界の雌牛であり、エルが雄牛であった。この聖なる結婚ののちに、アシラは天界の双子、シャヘルShaherとシャレムShalemを生んだ。明けの明星と宵の明星である。pointLucifer..(ルシファー→すでに死亡確定。) この結婚の儀式では、母親の乳で仔ヤギを煮ることが行われたらしい。しかしこうしたことは、のちに、ユダヤの聖職者たちの禁ずるところとなった(『出エジプト記』第23章 19節)。

    5また、ユダの町々とエルサレムの周囲にある高台とエルサレム付近で生贄を捧げようとして、ユダの王たちが任命配置した偽の祭司、すなわち、バアル、太陽、月、黄道十二宮、天の万軍とに香をたく者どもをも廃した。王jは主の神殿からエルサレムの外、ケドロン川の方に聖木を運び出し、焼いて灰にし、その灰を平民の墓の上にまき散らした。
    6彼はまた主の宮からアシラ像を取り出し、エルサレムの外のキデロン川に持って行って、キデロン川でそれを焼き、それを打ち砕いて粉とし、その粉を民の墓に投げすてた。
    7また主の宮にあった神殿男娼(これをカトリック版聖書ではよりにもよって「神聖男娼」と言っているのである。『講談社:聖書 「旧約聖書」 列王記下 第23章7節』)の家をこわした。そこは女たちがアシラ像のために掛け幕を織る所であった。
    8彼はまたユダの町々から祭司をことごとく召しよせ、また祭司が香をたいたゲバからベエルシバまでの高き所を汚し、また門にある高き所をこわした。これらの高き所は町のつかさヨシュアの門の入口にあり、町の門にはいる人の左にあった。
    9高き所の祭司たちはエルサレムで主の祭壇にのぼることをしなかったが、その兄弟たちのうちにあって種入れぬパンを食べた。
    10王はまた、だれもそのむすこ娘を火に焼いて、モロクにささげ物とすることのないように、ベンヒンノムの谷にあるトペテを汚した。
    11またユダの王たちが太陽にささげて主の宮の門に置いた馬を、境内にある侍従ナタンメレクのへやのかたわらに移し、太陽の車を火で焼いた。(←太陽神崇拝が悪魔崇拝である証拠。)
    12また王はユダの王たちがアハズの高殿の屋上に造った祭壇と、マナセが主の宮の二つの庭に造った祭壇とをこわして、それを打ち砕き、砕けたものをキデロン川に投げすてた。
    13また王はイスラエルの王ソロモンが昔シドンびとの汚らわしいアスタロトと、モアブびとの汚らわしいケモシと、アンモンの人々の汚らわしいミルコムのためにエルサレムの東に向けて築いた滅亡の山の南の高地を汚させた。
    14またもろもろの石柱を打ち砕き、アシラ像を切り倒し、人の骨をもってその穴を満たした。
    15また、イスラエルに罪を犯させたベテルにある祭壇と、ネバテ(ナバト)の子ヤラベアム(エロボアム)が造った高台のべテルを壊し、その祭壇と高台を彼は砕き、その石を打ち砕いて粉々とし、かつアシラ像(講談社 カトリック聖書では「聖なる柱」)を焼かせた。
    16そしてヨシヤは周囲をめぐらして山の上に多くの墓のあるのを見つけた。そこで、人をつかわしてその墓から骨を取らせ、それをその祭壇の上で焼いて、その祭壇を汚した。つまり昔、神の人が主の言葉としてこの事を呼ばわり告げたが、そのとおりになった。ヨシアが振り向くと、そのことばを告げた神の人の墓が目に入ったので
    17その時ヨシヤは「あそこに見える石碑は何か」と尋ねた。町の人々が彼に「あれはあなたがベテルの祭壇に対して行われたこれらの事を、ユダからきて預言した神の人の墓です」と言ったので、
    18彼は言った、「そのままにして置きなさい。だれもその骨を移してはならない」。それでその骨と、サマリヤからきた預言者の骨には手をつけなかった。
    19またイスラエルの王たちがサマリヤの町々に造って、主を怒らせた高き所の家も皆ヨシヤは取り除いて、彼がすべてベテルに行ったようにこれに行った。
    20彼はまた、そこにあった高き所の祭司たちを皆祭壇の上で殺し、人の骨を祭壇の上で焼いた。こうして彼はエルサレムに帰った。
    21そして王はすべての民に命じて、「あなたがたはこの契約の書にしるされているように、あなたがたの神、主に過越の祭を執り行いなさい」と言った。
    22さばきづかさがイスラエルをさばいた日からこのかた、またイスラエルの王たちとユダの王たちの世にも、このような過越の祭を執り行ったことはなかったが、
    23ヨシヤ王の第十八年に、エルサレムでこの過越の祭を主に執り行ったのである。
    24ヨシヤはまた祭司ヒルキヤが主の宮で見つけた書物にしるされている律法の言葉を確実に行うために、口寄せと占い師と、テラピムと偶像およびユダの地とエルサレムに見られるもろもろの憎むべき者を取り除いた。
    25ヨシヤのように心をつくし、精神をつくし、力をつくしてモーセのすべての律法にしたがい、主に寄り頼んだ王はヨシヤの先にはなく、またその後にも彼のような者は起らなかった。
    26けれども主はなおユダにむかって発せられた激しい大いなる怒りをやめられなかった。これはマナセがもろもろの腹だたしい行いをもって主を怒らせたためである。
    27それゆえ主は言われた、「わたしはイスラエルを移したように、ユダをもわたしの目の前から移し、わたしが選んだこのエルサレムの町と、わたしの名をそこに置こうと言ったこの宮とを捨てるであろう」。
    28ヨシヤのその他の事績と、彼が行ったすべての事は、ユダの王の歴代志の書にしるされているではないか。
    29ヨシヤの世にエジプトの王パロ・ネコが、アッスリヤの王のところへ行こうと、ユフラテ川をさして上ってきたので、ヨシヤ王は彼を迎え撃とうと出て行ったが、パロ・ネコは彼を見るや、メギドにおいて彼を殺した。
    30その家来たちは彼の死体を車に載せ、メギドからエルサレムに運んで彼の墓に葬った。国の民はヨシヤの子エホアハズを立て、彼に油を注ぎ、王として父に代らせた。
    31エホアハズは王となった時二十三歳で、エルサレムで三か月の間、世を治めた。母はリブナのエレミヤの娘で、名をハムタルといった。
    32エホアハズは先祖たちがすべて行ったように主の目の前に悪を行ったが、
    33パロ・ネコは彼をハマテの地のリブラにつないで置いて、エルサレムで世を治めることができないようにした。また銀百タラントと金一タラントのみつぎを国に課した。
    34そしてパロ・ネコはヨシヤの子エリアキムを父ヨシヤに代って王とならせ、名をエホヤキムと改め、エホアハズをエジプトへ引いて行った。エホアハズはエジプトへ行ってそこで死んだ。
    35エホヤキムは金銀をパロに送った。しかし彼はパロの命に従って金を送るために国に税を課し、国の民おのおのからその課税にしたがって金銀をきびしく取り立てて、それをパロ・ネコに送った。
    36エホヤキムは二十五歳で王となり、エルサレムで十一年の間、世を治めた。母はルマのペダヤの娘で、名をゼビダといった。
    37エホヤキムは先祖たちがすべて行ったように主の目の前に悪を行った。 


    ハトホル.jpg
    ハトホル(Hathor)
    ハトホル(Hathor)は、古代エジプト神話の愛と幸運の女神。聖獣は牝牛。ホルスの母で、ときに妻ともされる(ハトホルという名の゛ホル゛の部分はホルスのことを表しているとされる)。世界を生み出した天の雄牛、鉱山の守護神、養育神、子供を守る女神などの多様な性格をもち、イシスに次いで広く崇拝された。ギリシアではアプロディテと同一視され、しばしば雄牛の頭部をもつ姿で表され、その頭部を用いた装飾柱はハトホル柱として知られる。人の姿で現される時も頭に牛の角が生えており、その間に太陽円盤を載せている。冥界へ行く者達にイチジクから作られた食物を与える役割を持ち、そこから「南方のイチジクの女主人」とも呼ばれ、牛と共にイチジクも彼女の象徴とされる。

    またアペプとの戦いの際にセクメトないしバステトを援護し、これを倒したためにこれらの女神と同一視される場合もある。

    ベルゼバブ (Beelzebul)
     ベルゼバブ、またはベルゼブブの名で有名なこの悪魔の本名は、バアル・ゼブルである。 エジプトのオシリスと同一の悪魔。
     「サタンに次ぐ実力の持ち主」、「悪霊の頭」、などとも言われ、強力な堕天使であることは明らかだが、「蠅の王」「糞山の王」という蔑称も持っている。
     古代の人々は、蠅を、「死肉から生まれるもの」とし、悪霊を運ぶものと考えていた。この忌まわしい蠅を従えているのが、ベルゼブルなのだ。
     彼は元は地中海沿いにあった、カナン人の都市(ベツレヘム)の神(正確には「自称〔神〕と称する堕天使ルシファーに派遣されただけ。つまり、元から悪魔。)だった。しかし国の滅亡によって屈辱感にまみれることとなった彼は、以後、(正式に)悪魔と(認めぜる得なく)なり、敗者の持つ負のエネルギーを原動力とするようになったのである。

    ■歴史
    古い起源を持つが故、ベルゼバブと人間の関わりの歴史は長い。
    古代ユダヤの王ソロモンに呼び出され、その上捕らえられて服従させられた。その後「自由になりたければ天国の秘密を教えろ」と迫られてそれを教えるも、ソロモンはそれを信じず、ベルゼバブの身柄を放さなかったとされる。仮にも王であるのに、不義理な行いをしたものだ。
    その後もベルゼバブはキリストを冥府に閉じ込めようとして失敗する等、古代に多くの伝承を残している。
    十二世紀にはイタリアの聖人である聖フランチェスコと戦ったとされる。
    ジャンヌ・ダルクの側近であったジル・ド・レイの前にも姿を現し(ジル・ド・レイがどんな残虐を極め切った殺戮を個人的快楽のために領民に行ったのか、その以上な回数の多さを知れ!)、彼はベルゼバブが豹に姿を変えるのを見たという。
    十六世紀にはフランス北西部のランで二コール・オブリーという少女に取り憑き、彼女に様々な被害を与えた。悪魔払いによってベルゼバブは去り、これは「ランの奇跡」として語り継がれているが、当時の失墜していたカトリックの権威を取り戻す為の見世物だったのではないか、との意見もある。
    この他にもベルゼバブは何度か悪魔憑き事件を引き起こしている。

    ■キリスト
    前述の通りキリストを冥府に閉じ込めようとして失敗した他、直接では無いが、ベルゼバブがキリストと関わった事がある。
    これは「マタイによる福音書」他複数の福音書に記載されている事柄である。

    そのとき、悪霊に取りつかれて目が見えず口が利けない人が、イエスのところに連れられて来て、イエスがいやされると、ものが言え、目が見えるようになった。群集は皆驚いて、「この人はダビデ(かつてイスラエルを支配した偉大な王)の子ではないだろうか」と言った。しかし、ファリサイ派(ユダヤ教の一派。キリストに対して敵対していた)の人々はこれを聞き、「悪霊の頭ベルゼブルの力によらなければ、この者は悪霊を追い出せはしない」と言った。イエスは、彼らの考えを見抜いて言われた。「どんな国でも内輪で争えば、荒れ果ててしまい、どんな町でも家でも、内輪で争えば成り立って行かない。サタンがサタンを追い出せば、それは内輪もめだ。そんなふうでは、どうしてその国が成り立って行くだろうか。(後略)」
    (「マタイによる福音書」第12章第22節〜)

    奇しくもキリストが言う様に、悪魔は同族に対しては寛容であるとされる事が多い。しかし、悪魔は悪魔同士でいがみ合い「共食い」をする。そして、その利権や組織を乗っ取り自分だけの快楽を満たし踏み躙ることに優越感を得る。
    戦争によって同族同士で殺しあっている人間は全て悪魔の陰謀、囁きである。聞こえるだろう?「憎しみ合え!殺し合え!奪え!犯せ!札束を摑み天に掲げて勝者を名乗れ!他人の愛する者を踏み躙ってな。」
    悪魔を立派などと言うものは馬鹿者である。



    (豆知識)
    悪魔は天使などに変身する時に、「酒粕」を飲むらしい。最高の物は日本では「大手門」と言う酒粕があると聞いている。
    ベルゼバブ2.jpg
    ベルゼバブ(悪魔主義者たちは儀式で「うんこ」を毎日食べてるんだから、ルシファー亡き今、お前が頂点なんだから糞山の王であることは明白だ。銀蝿ですら無い。)

    銀蝿.jpg

    銀蝿(←おもに「うんこ」にたかる。悪魔主義者、お前たちの来世だ。永遠にな。大丈夫!ゴキブリも「選べる」から。優しいだろ?俺って。エリザベス女王を始め、天皇家一族などの悪魔たちはこれになる。未来永劫。明治・昭和天皇もな。)

    人間とのかかわり→
    害虫
    衛生害虫農業害虫の双方の側面で害虫とみなされる蝿がいる。
    イエバエ科、クロバエ科、ニクバエ科などの一部の種は人の居住環境に棲むことで衛生害虫化している。衛生害虫としての蝿の害は、大きく3つに大別される。
    ハエの成虫の多くはエネルギー源として花の蜜や果物、アブラムシの排泄物甘露)などから糖分を摂取するが、卵巣精巣の成熟のための蛋白源として種によってさまざまな食物を摂取する。蛋白源となる食物はヒト家畜唾液・傷口からの浸出液といった体液、死肉・動物の「」・腐敗植物質といった動植物の死骸(生贄を好む理由→好物だから。特に人間が。)花粉などである。

    衛生害虫としての蝿の害の1つ目と2つ目はこの蝿の摂食習性に起因する。まず、動植物の死骸から好んでタンパク質を摂取する蝿の場合、人間の食物と糞便などの汚物の双方で摂食を行う場合があり、このときに病原性のある細菌ウイルス寄生虫卵などを体の表面を通じて、または食品上で消化管内容物を吐出したり糞便を排泄することによって媒介することとなる。ヒトの居住空間に進出している蝿の一部には、イエバエのように積極的に人家に侵入する性質を持ったものがあり、こうした蝿(ベルゼバブ=バアル=オシリス)は特に食物の病原体による汚染を引き起こす可能性が高い。古くから、ポリオウイルス赤痢菌サルモネラ赤痢アメーバ回虫卵、鞭虫卵などが蝿によって媒介されることが知られ、警戒されていたが、公衆衛生の向上によってこれらの病原体が少なくなった日本ではあまり危険視されなくなっていた。
    しかし、1990年代後半以降、病原性大腸菌O157トリインフルエンザウイルスといった感染症病原体が蝿によって媒介されていることを強く示唆する研究結果が公表され、再び蝿による病原体媒介が着目されつつある。

    次に、上記の病原体媒介は食物を通じた間接的なものであるが、蝿の食性によっては動物やヒトの個体の間で、直接病原体を媒介することが知られている。例えば、ヒトを含めた動物の涙からタンパク質を摂取する小型の蝿をメマトイと呼ぶが、こうした食性の蝿は目から目に直接寄生虫などの病原体を運ぶことも知られている。日本では線虫の一種、東洋眼虫が、雄がこの性質を示すショウジョウバエ科のマダラメマトイによって媒介されることが知られている。また、蝿の中には吸血性を持ち、健全な皮膚から直接血液を摂取して蛋白源とするものがあり、これも寄生虫などを媒介することがある。日本にもいるイエバエ科のサシバエ類による病原体媒介は、日本では知られていないが、アフリカツェツェバエ類によって媒介されるトリパノソーマは、アフリカ諸国では深刻な問題となっている。
    こうした2通りの病原体の媒介以外に衛生学上、医学上重要な蝿による害として、蠅蛆症(ようそしょう)、あるいはハエ症と呼ぶものがある。これはクロバエ科やニクバエ科といった肉食性の蝿の幼虫が人体寄生を引き起こす疾患である。これは、死肉や糞便でも発生する種類の蝿による偶発性蠅蛆症と、脊椎動物専門寄生性の蝿による真性蠅蛆症の二つに分けられる。
    偶発性蠅蛆症には、幼虫が傷口や皮膚潰瘍部に寄生する皮膚ハエ症、耳道に寄生する耳ハエ症、幼虫を食物とともに誤飲、あるいは肛門から幼虫が入り込むことによって消化管粘膜が刺激されて腹痛を起こす消化器ハエ症に分けられる。
    ヒトに真性蠅蛆症を起こすハエは、どれも皮膚に寄生するものである。アフリカのヒトクイバエローダインコブバエ、中南米のヒトヒフバエラセンウジバエといった熱帯性のものが知名度が高いが、寒冷な温帯にもユーラシア大陸内陸部に広く分布するヒフヤドリニクバエ類の Wohlfahrtia magnifica などがおり、注意を要するし、東アジアや南アジアの亜熱帯、熱帯域にはトウヨウラセンウジバエが分布する。ただし、ヒツジの鼻腔に寄生し、吸血して育つ真性寄生種のヒツジバエが、偶発的にヒトに産卵して一時寄生することが知られている。
    また、こうした深刻な健康被害をもたらさなくとも、ヒト親和性の高い蝿は人体や食物に大きな羽音で付きまとい、不快害虫としても大きな地位を占める。(←意味;呪いの道具として利用されている。)日本でもごみ処理場で大発生するイエバエや、鶏舎に群れを成すヒメイエバエは社会問題になることもあるし、熱帯亜熱帯地域では、ヒトの糞便を主な発生源とし、性成熟に必要なタンパク質を主としてヒトの涙や唾液から摂取するフタスジイエバエが、人体の目や口に大挙して群がり、慣れない者には非常な不快感をもよおさせる。デュオニソス・カルトからバアル祭祀音楽に再構成すること。(音楽に詳しい方は「12音階技法」の本当の目的を理解した方が良い。→精神錯乱に陥らせる。そこに悪魔がつけ込む!絶望させ死に追い込んだり、殺人鬼にさせたり。タヴィストック研究所でビートルズ(名前の本当の由来は「フンコロガシ」。エジプトのイシスを意味する。)

    農業害虫としてはハナバエ科タマネギバエタネバエミバエ科ウリミバエチチュウカイミバエなどが栽培植物の果実種子球根などに寄生し、腐敗させつつ食害するため、農業に深刻な被害を及ぼす。

    ニーチェ.jpg
    フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ: Friedrich Wilhelm Nietzsche1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツ哲学者古典文献学者。
    「神は死んだ」と言いながら、真実のキリスト代弁者となり、権威主義の悪魔崇拝の拠点に成り下がったキリスト教教会と対決した。ルサンチマンは力(権力)への嫉妬心であるとされる。問題はその対象者である。誰か?言うまでも無い。キリストである。
    「思い上がるな、悪魔主義者!」と言ってるんだ!

    ※デュオニソス

    (バッカスと同一。ぶどう酒〔イエス・キリストが我が血をぶどう酒とした事実を思い出せ。デュオニソスの秘儀に「神聖な会食」という(清めの儀式)がある。(最後に鞭で叩いてケガレを叩き込んでいるがこれは怪しい。)召使が清めの儀式を司る女性のところにパンなどを運ぶ。同じくイエス・キリストが我が肉をパンとしろ。と語った事実を思い出せ。〕の神(豊穣神=悪魔)。夜と舞踏を司る。孤高の哲学者、フリードリヒ・ニーチェは太陽神アポロンに対抗して「デュオニソス的転回」で悪魔に服従する振りをしながら悪魔崇拝に対抗した!もっと言えば、彼は全てのキリスト教教会が悪魔崇拝の拠点に成り下がっていることをとっくに見抜いていた。ニーチェは言う「服従しろ!」と。私は思った、「服従を口で言いながら、静かに反旗を翻すあなたは何だ!?」)


    悪魔の言葉 「みんなもやっているんだから」(イシス教団)=モロク教団
    不協和音の重いビートを共鳴る悪魔のような大騒ぎによって聞き手の神経を麻痺させ、
    「みんなもやっているんだから」
    と簡単に口説かれて新しいドラッグに手を出すという仕組みなのである。
    現在はそれが転化され、離婚率の上昇、家族の崩壊、学校教育の奴隷化、家庭内教育の離別、拝金主義、勝者が敗者を踏み躙る、責任者が責任を取らず部下に責任を押し付ける、裏切ることが当たり前、正直者は馬鹿を見る、誠実などは踏み躙れ、職業選択の自由という名の嘘、、思想統制、私を見ろ?洗脳ゲームをまだお偉い学者先生は楽しんでいるぞ?

    端的に言うと、支配者にとって都合のよい社会というのは、

    非フリーメーソン・イルミナティ(ゴイム。「豚」という意味。)が自分たちは自由だという幻想につつまれたまま、命令に従い、権力に歯向かわせず、感情・行動そのものをコントロールできる社会でのあり、それは既存の貴族階級の廃墟の上に築かれた新たな「富」を参加資格とした貴族階級の構築である。
    なぜ、「富」=「金・マネー」が特権階級への参加資格なのか?
    言うまでも無い、堕天使ルシファーの最大の力は「傲慢」であったが、それがニムロデが建造を試みた「バベルの塔」に大天使ウリエルの前に敗北したため次に強い力の「拝金」に基づいて神へ道に上りつめようとしたのである。

    バベルの塔.jpg
    バベルの塔。建築者はニムロデである。

    大天使ウリエル3.jpg
    バベルの塔に神の雷を落とした熾天使ウリエル。

    (自由の本当の意味を知ろう。)

    サルトル穏当の思想は実存主義によるもので、今まさに生きている自分自身の存在である実存中心とするものである。特にサルトルの実存主義は無神論的実存主義と呼ばれ、自身の講演「実存主義はヒューマニズムであるか」において、実存は本質に先立つと主張し、「人間は自由という刑に処せられている」と言い切っている。

    人間は自分の本質を自ら創りあげることができるということは、例えば、自分がどのようにありたいのか、またどのようにあるべきかを思い描き、目標や未来像を描いて実現に向けて行動する「自由」を持っていることになる。ここでのサルトルのいう自由とは、自らが思い至って行った行動のすべてにおいて、人類全体をも巻き込むものであり、「自分自身に全責任」が跳ね返ってくることを覚悟しなければならないものである。このようなあり方における実存が自由であり、対自として「人間は自由という刑に処せられている」というのである(人間は自由であるように呪われている。<condamné a être libre>)。
    【お分かりだろうか?「自由の正体」とは、呪いである。

    とはいえ、人間は自分で選択したわけでもないのに、気づいたときにはすでに、常に状況に拘束されている他人から何ものかとして見られることは、わたしを一つの存在として凝固させ、他者のまなざしは、わたしを対自から即自存在に変じさせる。地獄とは他人である<l'enfer c'est les autres>。そのうえ、死においては、すでに賭けはなされたのであって、もはや切り札は残されていない。「わたしを対自から永久に即自存在へと変じさせる死は、私の実存の永遠の他有化であり、回復不能の疎外であるといわれる。」
    しかしながら、これを常に状況によって自分が外から拘束されているとみなすべきではない。自由な対自としてのかぎりでの人間は、現にあるところの確実なものを抵当<gage>に入れて、いまだあらぬところの不確実なものに自己を賭ける<gager>ことができる。つまり、自己が主体的に状況内の存在に関わり、内側から引き受けなおすことができる。このようにして現にある状況から自己を開放し、あらたな状況のうちに自己を拘束することはアンガージュマン<engagement>といわれる。

    以下はウィキペディアから抜粋したものも含むが、ウィキペディアは完全に悪魔崇拝者の手に落ちた。そのため、私が正しく記載を直して日記に上げている。
    「カナンの呪い」とは旧約聖書に出てくる言葉です。紀元前、人類発生とされるアダムとイブにまで、彼らの出自は遡る。

    カナンとはパレスチナ、具体的にはイエス・キリスト生誕の地ベツレヘムを指す。


    カナンの呪いとは、ノアの大洪水の話にあります。ノアは神から大洪水に備えて箱舟を作るように命じられます。その中には多くの種類の動植物を一番ずつ乗せるように言われます。しかし、箱舟の中では生殖行為は禁止されていたのですが、ノアの二番目の息子である、ハムが女性と交わり子供を孕ませてしまいます。そのことを知ったノアは悩んで、お酒を飲んで酔っ払って裸で寝てしまいます。その姿をハムの息子のカナンが見てしまったのです。裸体を見られたぐらい、どうってことないと思うのですが、ノアはそのことで、カナンに対して「カナンは呪われよ、奴隷の奴隷となり兄たちに仕えよ」と呪いの言葉を発します。


    監訳者(大田 龍氏)解説より引用する
    本書「カナンの呪い」は聖書とりわけその創世記、そしてユダヤ教のカバラ、タルムード、伝説、そして聖書に収録されなかったエノク書などの外伝についての綿密な検討を通じて、過去二千年のキリスト教世界、および、キリスト教出現以前の千年の、いわゆる旧約聖書の世界で、いまだかって提出されたことのない新しい説、新しい見方を展開している。

    問題の焦点は、失われた「ノア書」の一部とされる「エノク書」である。そこには天使の一団がカルメル山に降りてきたこと、そして彼らは、人間の娘たちを娶って、その結果、ネフェリムの名で知られる巨人が生まれた、と記されている。現行の旧約聖書では「ノア書」「エノク書」は排除されている。これはローマ帝国がキリスト教を国教とした4,5世紀以降、意図的に、教会首脳部によって削除、隠蔽されたものと考えられる。「エノク書」については、17世紀以降、ある種のヨーロッパ人が執念深く探索して、今では三種ほどの古写本が発見され、それにもとずく英訳が流布されている。

    本書「カナンの呪い」は
    1、天から地上に降りてきた天使たちが、地球の人間たちに生ませた、異種交配の結果としてのネフィリム、または巨人たちの長が悪魔(サタン)である。
    2、以降の人類の歴史は、神の民と、前記のごときものとしての悪魔の血統、その礼賛者との戦いの歴史、と看做されなければならない。
    3、アダムとイブの二人の息子のうちの一人とされるカインは、このサタンの血統であり、
    4、ノアの三人の息子のうちの一人、ハム、そしてその息子カナンも、サタンの血統に属する
    5、ここから、ノアの「カナンは呪われよ」という言葉を解するべきである。
    6、悪魔(サタン)の血統のカナン族は、神の民ノアの継承者セム族を憎み、セム人種を根絶やしにしようとしてきた。
    7、カナン族は、西暦1200年頃、フェニキア人と名乗り、その後はフェニキア人に成りすまし、カナン人は歴史から消えた。しかし、にもかかわらず、ユダヤのタルムードに記録されている「カナンの五つの遺言」はフェニキア人にしっかりと伝えられた。
    8、現在ユダヤ人と呼ばれる人々は、実は、この悪魔の子、カナン族の流れである。彼らユダヤ人は、自分たちをセム人、セム族と称しているが、これは大掛かりで意図的な欺瞞であり、歴史の捏造である。
    9、かくしてここに初めて、カナン族とその系譜の集団「悪魔の歴史学」の全貌が、人類の前に明らかにされた。
    10、著者は「新版刊行によせて」の中で、カナン族によるセム人種皆殺しのための「ナァマ計画」を改めて取り上げる。2001年9月11日の事件こそ、このナァマ計画の最終仕上げの号砲である、というふうに論旨を展開する。

    カナン族の主な風習として、本書は次の五つを挙げる。
    1、 悪魔(サタン)信仰
    2、 オカルト的儀式(儀式殺人)
    3、 幼児人身御供
    4、 人間嗜食(食人)
    5、 性的狂宴
    こうした秘儀を、カナン人とその系譜を引く、バビロニアタルムードとカバラを信奉する現在のユダヤ人、フリーメーソン、イルミナティーなどの多種多様な秘密結社は、ひそかに実践し続けているという。本書によれば、悪名高き「ベネチアの黒い貴族」は、実はカナン人そのものに他ならない。ベネチアの黒い貴族は、十字軍戦争を契機として中世ヨーロッパの権力構造に深く食い込んでいく。(中略)

    ヨーロッパ大陸極西の小さなブリテン島を足がかりにして、魔法のように、あれよあれよと見ているうちに、七つの海を制し、五つの大陸に領土を有する大英帝国が出現する。その力の源泉は、1694年に設立された、アムステルダムとロンドンを主たる基地とする国際ユダヤ金融資本に所有される民間私立営利会社としてのイングランド銀行である。しかし、世界征服の総仕上げのためには、大英帝国とイングランド銀行だけでは力不足である。かくして彼ら(カナン人)は、1913年12月、米連邦準備制度(FRB)法の成立に成功する。

    そのカナン族が信仰している悪魔がバアルである。つまり、ベルゼバブ。そして、ルシファー。

    そして、フリーメーソンの悪魔崇拝の基盤としているのはエジプトの悪魔崇拝である。エジプトの悪魔とは?
    こいつだ!こいつがバアルと同一の悪魔だ。神の仮面を被った悪魔である!


    オシリス.jpg
    オシリス
    オシリス(Osiris)は、古代エジプト神話に登場する神の「一柱」(悪魔の証拠)。オシリスとはギリシャ語読みで、エジプト語ではAsar(アサル)、Aser(アセル)Ausar(アウサル)、Ausir(アウシル)、Wesir(ウェシル)、Usir(ウシル)、Usire、Ausareとも呼ぶ。イシスネフテュスセトの4兄弟の長兄とされる。王冠をかぶり、体をミイラとして包帯で巻かれて王座に座る男性の姿で描かれる。
    同神話によれば、生産の神としてまた、エジプトの王として同国に君臨し、トトの手助けを受けながら民に小麦の栽培法やパン及びワインの作り方を教え、法律を作って広めることにより人々の絶大な支持を得たが、これを妬んだ弟のセトに謀殺された。尚、この際、遺体はばらばらにされて、ナイル川に投げ込まれたが、妻であり妹でもある、イシスによって男根を除く体の各部を拾い集められ、ミイラとして復活。以後は、冥界アアルの王としてここに君臨し、死者を裁くこととなった。その一方で、自身の遺児・ホルスをイシスを通じ後見して、セトに奪われた王位を奪還。これをホルスに継承させることに成功。以降、現世はホルスが、冥界はオシリスがそれぞれ統治・君臨することとなった。
    ただし、この神話はエジプト人自身の記述ではなく、ギリシアの哲学者プルタルコスによる「イシスとオシリスについて」に基づくものである。オシリスの偉業は武力によらずエジプトと近隣の国家を平和的に平定し、産業を広めた古代のシリアをモデルにしているとされる。 神の死と復活のモチーフは各地の神話において、冬の植物の枯死と春の新たな芽生えを象徴しており,オシリスにも植物神(もしくは農耕神)としての面があると見られる。右図にあるように肌が緑色なのは植物の色を象徴しているからだといわれる。

    古代エジプトの墓の遺跡に、彼の肖像が描かれたり、その名前が記録されているのはそのためであり、当時の人々の死生観に彼の存在が大きく影響していたことの現れであろう。

    オシリス惑星(ペガサス座).jpg
    オシリス (惑星) ペガサス座

    オシリス(HD 209458 b)は、ペガサス座にある恒星HD 209458惑星。古代エジプト神話に登場する冥界の王、オシリス神にちなんで名づけられた。質量木星の0.7倍、半径は木星の1.4倍ほどであると推測されている。中心星であるHD 209458から0.045AUの位置を、およそ3.5日周期で公転している。表面温度およそ1,200℃のホット・ジュピターである。
    オシリスは太陽系外惑星では初めて恒星面通過が観測された惑星である。また初めて大気の存在が確認された系外惑星でもあり、大気下層部にはナトリウム、上層部には水素炭素酸素が含まれていることも分かっている。惑星大気は1,200℃まで加熱されており、そのため大気上層部からは毎秒10,000トンの水素が惑星外に放出され、200,000キロにわたる尾を引いていると考えられている。その速度は時速35,000kmという猛スピードである。
    【オシリスは主星にあまりにも近いため】、潮汐の結果自転周期と公転周期が一致し常に一面を中心星に向けている。そこの大気は高温に熱せられ反対側に流れ出すために、表面がスイカのような縞模様になっていると考えられている。風の流れは時速6,500kmという暴風である。両極には地球の数十倍の大きさの巨大な渦ができる。
    2007年2月21日にNASAが発表したところによればスピッツァー宇宙望遠鏡による赤外線波長の観測でケイ酸塩に特徴的なスペクトルが検出された。ちり・砂にまみれた雲が大気を覆っていると推測されている。

    2009年10月20日、NASAは生命存在の基礎となる化学的特徴を、ハッブル宇宙望遠鏡スピッツァー宇宙望遠鏡による観測データから発見したと発表した。メタン二酸化炭素を含んでおり、ホット・ジュピターとしては2番目の発見となった。[2]

    プタハ・オシリス.jpg
    トリノ・エジプト展でオシリス像破損。 オシリス「冠割れたら」、プタハとモロキャラ被り


    エジプト展の展示品.jpg
    イシス.jpg
    イシス(Isis)

    オシリスの妹にして妻。エジプト神話女神。イシスはギリシア語であり、古代エジプトではアセトと言った。ヘリオポリス神話ではゲブヌトの子供で、オシリスの妹であり妻、セトネフティスの姉でもあり九柱神(悪魔確定)の一角をになう(セトの妹とされる事もある)。ホルスの母親です。頭上に玉座のシンボルを載せています。幼いホルスに乳を与えている姿で作られる彫像も多いです。エジプト王朝滅亡後もイシスの人気は衰えず、古代ローマでも信仰があったほどです。神話「ホルスとセトの争い」では、夫オシリスをセトに殺害された後、夫の遺体を集め復活させ(つまり、イシスがいるとバアル=ベルゼバブが復活できちゃう訳だ!)、ホルスを生みました。ホルスを亡き者にしようとする、セトの企みをイシスはあの手この手で防いでいきます。このような献身的な性格から、イシスは古代エジプトでは大変人気がありました。また、イシスはミイラ作りの際、内臓を入れる4つの壷(カノプス壷)の1つの守護神ともされました。因みに、他の3つはそれぞれ、ネフティス、ネイト、セルケトの3女神が守護神です。ツタンカーメンの墓から発見されたアラバスター製のカノプス壷は見事です(新王国時代以降、これらの役目はホルスの4人の息子に変っていきました)。
    イシス信仰は、共和政末期にローマへ持ち込まれて発展し、200年頃にはほぼローマ帝国全域で崇拝された。イシスは永遠の処女であり、処女のまま神を身ごもったとされ、「天上の聖母」「星の母」「海の母」などさまざまな二つ名を持った。しかし、信者が基本的に女性に限られたことや、信者の女性が一定期間の純潔を守ることを教義としたため、男性からの評判が悪く衰退していった。
    イシスがホルスに授乳する様子などが、イエスの母・マリアへの信仰の元になったといわれる。
    サイスのイシス神殿の銘文「わが面布を掲ぐる者は語るべからざるものを見るべし」は真理の性格をあらわすものとして、ヨーロッパで好んで引用された。ノヴァーリスの『ザイスの弟子たち』はイシス神殿の学生たちを登場人物としたものである。

    オシリス神話により献身的な母や妻としての印象が強いが、他の神話的物語では強力な魔術師的存在として描かれ、その力を用いて父ラーから支配権を強引に奪い取ったという神話も残っている。


    プタハ〔PTAH〕(黄金の子牛=悪魔)←伊勢丹などで「財布」の最高ブランドになっている。ちゃんと古代エジプトの工芸・職人の神(本当は悪魔)の名と言っている。

    プタハ(Ptah)は、古代エジプトの都市メンフィスで信仰された創造神。 鍛冶や職人の守護神ともされ、セクメトを妻に持ち、ネフェルトゥムの父とされる。鍛冶で使う鉱物は地下資源であることから、タテネンなど地下世界の神とつながりを持つ。また後世では、地下世界とのつながりから冥界の神ともされた。プターとも。
    プタハを世界創造の神とするメンフィス神学という独自の神話体系を持っていた。その内容は、シャバカ石と呼ばれる碑文によって知られている。
    闇を好む神(その時点て神じゃねーだろ!)でもあるとされ、アブ・シンベル神殿にまつられた神々の像の中で、一つだけ一年を通して日が当たらない位置に祭られている。
    アンク(Ankh)、ウアス杖(Ouas)、ジェド(Djed pillars)を組み合わせた杖を持つミイラの姿で表される。

    アピス牛(黄金の子牛)としてこの世に現れるとも信じられていた。

    バアル(ウガリット語形 b‘l [ba‘alu])は、カナン地域を中心に各所で崇められた邪神。
    バアルは旧約聖書に現れる異教の神として悪魔学でも重視される。

    『ソロモンの小さな鍵』の第一書とされる『ゴエティア』ではバエル(Baël)の名で現れる。ソロモン72柱の魔神の1柱で、東方を支配する。66の軍団を率いる序列1番の大いなる王とされる。

    『大奥義書』でも、6人の上級精霊に仕える18の下位精霊に名前を挙げられており、ルキフゲ・ロフォカレの支配下にあるという。

    さまざまな姿で現れ、カエル、猫、または人間に似た姿、もしくはこれら全てを併せ持った姿を取るという。コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵では、ネコ、王冠を被った人間、カエルの頭をもった蜘蛛の姿で描かれている。しわがれた声で話し、人を透明にしたり、知恵を与えたりする力を持つという。

    本来、「カナン人の高位の神」だったが、その信仰は周辺に広まり、旧約聖書の列王記下などにもその名がある。また、エジプト神話にも取り入れられ同じ嵐の神のセトと同一視された。フェニキアやその植民地カルタゴの最高神バアル・ハンモンをモロクと結びつける説もある。さらにギリシアでもバアル(Βάαλ)の名で崇められた。足を前後に開き右手を挙げている独特のポーズで表されることが多い。

    旧約聖書の列王記下では、預言者エリヤがバアルの預言者と争い、神の偉力をもってバアル信者を打ち滅ぼしたことが書かれている。バアルはもともと「バアル・ゼブル」(崇高なるバアル)と呼ばれていたのを「バアル・ゼブブ」(蝿のバアル)と呼んで嘲笑した。この呼称が定着し、後世にはベールゼバブと呼ばれる悪魔の一人に位置づけられている。士師記にも記述が見られ、バアルの祭壇を破壊した士師ギデオンはエルバアル(バアルは自ら争う)と呼ばれた。新約聖書ではイエス・キリストが悪霊のかしらベルゼブルの力を借りて悪霊を追い払っているとの嫌疑をかけられている。(※確かに聖書にこの記載があることは事実である。もちろん、イエス・キリストが「糞山の王」の力を借りるなどと言う事実は無根である。)

    また、人身供犠を求める偶像神として否定的に描かれ、「異教の男神」一般を広く指す普通名詞としてバアルの名が使われる場合もある。

    『悪魔の偽王国』(あくまのぎおうこく、あくまのにせおうこく、Pseudomonarchia Daemonum)はヨハン・ヴァイヤーの主著『悪魔による眩惑について』(De praestigiis daemonum)の1577年の第五版に付された補遺である。原題は「デーモン(悪霊)の偽君主国」の意であり、地獄の悪霊たちを神聖ローマ帝国の封建体制を思わせる位階秩序をもつものとして記述している。

    このグリモワールには『ソロモンの小鍵』の第一章である『ゴエティア』と同様に悪魔の一覧と召喚するのに適した時間と儀式が記されている。『ソロモンの小鍵』の現存する既知の写本は17世紀以降のもので、本書はそれ以前の16世紀に書かれたものである。しかし『ゴエティア』の原形の成立年代についてはっきりしたことは判明しておらず、いずれが先行する文献かは意見が分かれる。フレッド・ゲティングズは『悪魔の事典』の中で、『ソロモンの小鍵』の初期の版は15世紀初頭に遡ると仮定し(「グリモア」の項参照)、『悪魔の偽王国』は『レメゲトン』の初期の版を基に作られたと記している(『プセウドモナルキア・ダエモヌム』の項参照)。ジョゼフ・ピーターソンは、レジナルド・スコットが英訳した『悪魔の偽王国』には『ゴエティア』と同様にプルフラスの記載がないことから、『悪魔の偽王国』にプルフラスの脱落した版が存在した可能性を指摘し、その版が現行の『ゴエティア』の編成に影響を与えた可能性を示唆した。

    『ゴエティア』で紹介される72の悪魔と『悪魔の偽王国』で紹介される69の悪魔のうち68体は共通しているが、その順番や特徴の一部は異なる。

    『ゴエティア』には登場するが『悪魔の偽王国』に記述されていない4人の悪魔は ウァサゴ、セエレ、ダンタリオン、アンドロマリウス。 逆に『悪魔の偽王国』には登場するが『ゴエティア』に記述のない悪魔はプルフラスである。

    その他の違いとして『ソロモンの小さな鍵』が悪魔に印章を対応させているのに対し、 『悪魔の偽王国』にはその記載がない。

    著者のヴァイヤーはこれを書くにあたり Liber officiorum spirituum, seu Liber dictus Empto. Salomonis, de principibus et regibus daemoniorum を参照した。

    ついでに。
    アスタロト (Astaroth)
    アスタロト.jpg
    本当のアスタロトの姿(しょぼい。)
     アスタロトの本来の姿は、古代フェニキアの都市ビブロスの守護神である、女神アスタルテだとされているが、現在は「死の女神」、「流血を好む邪神」と恐れられている。 (便所であんまり使えないクズだから、アイアンクロー食らわせてやったよ。)
     天使の姿(いや?バッファローマンにしか見えなかったが?)で地獄の蛇にまたがり、左手にマムシを持つ。(持ってなかった。)
     フェニキアにおいてアスタルテは、「世界の真の統治者」とも言われ、古い世界を破壊し、新しい世界を創造する、死と再生の儀式を繰り返す女神として畏怖されていた。
     彼女はまた、死者の霊魂を管理する立場にあり、その保管場所、「月」と同一視される場合もある。四〇の軍団を従える。

    なんだよ、アスタ!俺にピッタリじゃねぇか!見直したぞ。

    アーシラト(カナン族の神=悪魔)

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    アーシラト(aṯrt [’āṯiratu] アシェラト)は、ウガリット神話などに登場する西アジアの女神。神々の女王とされる。
    元々シュメールにおいては天界の王アンの子マルトゥ(アムル)の配偶者であり、高位の神格とされていた。
    ウガリットにおいては最高神イルの妻であり、神々の母とされる。アーシラトとは 海を行く貴婦人(rbt aṯrt ym [rabbatu ’āṯiratu yamma])の略称で、神話には実際に彼女が海辺に暮らしている事が語られている。
    別の呼称として 神々の生みの親(qnyt ilm [qāniyatu ’ilīma] 直訳すると『神々の創造神』)がある。またイラト(ilt [’ilatu])とも呼ばれるが、これは本来「イル」の女性形で、普通名詞としては「女神」の意味。しかし、女神の中の女神としてのアーシラトを指す言葉として、固有名詞的に用いられる。また、このイラトという名はアラビアの女神アッラートの名と語源を同じくする。
    旧約聖書にも異教の偶像神として登場し、ヘブライ語アシェラ(אֲשֵׁרָה [’Ă šērāh])の名で現れる。カナンでは豊穣神バアルの妻とされ、豊穣の女神として崇められた。ヘブライ人たちは当初この女神を敵視したが(出エジプト記第34章第13節)、カナンの地に入植すると自らも崇め始め(士師記第3章第7節ほか)、聖なる高台と呼ばれるカナン式の礼拝所で祀った。
    ケレト王ウドムの姫フルリヤとの結婚式であげた祝宴に1人だけ招かれなかったアーシラトはこれを恨み、フルリヤに対して自分への供物を要求する。それでも飽き足らず、ケレトを病気にして彼の国土に飢饉を送り込んだ。
    彼女は、森林地帯では枝を落としてまっすぐにした常緑樹を依代として祀られていた。これは生命力の象徴としての常緑樹信仰に基づくものである。また、木の生えない荒れ地などでは代わりに杭を依代としていた。

    カナンのケガレの清め方=塩をまく。もしくは聖水。

    現在のチュニジア共和国の首都チュニス近く、地中海に面する海岸に位置したカルタゴは、フェニキア人ことカナン人の植民地で、貿易と商業で栄えますが、数回におよぶ新興国ローマとの抗争(ポエニ戦争、ポエニはラテン語でフェニキアの意)に敗北すると、征服者ローマ人はカルタゴの街を徹底的に破壊し、忌むべきカナン人のバアル信仰の汚れを大量の塩を撒いて清めますが、カナン人は消滅した訳ではなくローマ各所に散り、ある者は帝国支配下にあって地下組織として忌むべき伝統を現代に至るまで連綿と伝えています。
    この古代カナン人の末裔は奴隷貿易を通して富を蓄積していき、東ローマ帝国でも商人として繁栄を続けます。
    posted by 真 救世主 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月16日

    【薔薇十字の幻想】薔薇の花弁=薔薇十字団=錬金術(医術・化学)のシンボルであると同時に太陽の方角を知らせる金星(ルシファー)のシンボル。航海者を守る。のちにマリア信仰に吸収される。

    六芒星と五芒星の意味

    大学院以来ずっとエゾテリスム(隠秘学、神秘思想史)をひまつぶし研究している者です。
    現在アクセサリーのモチーフとして使われるペンタグラムやヘキサグラムの場合、意味と効果は由来も伝統もありません。
    純然たるデザイン商売と言えます。

    どちらも、歴史の中でさまざまなシンボルにつかわれてきました。
    神聖と自然の神秘、秩序や生成をかたどってきましたが、
    20世紀のエリファス・レヴィあたりから、魔術色が前面に印象付けられるようになりました。

    エリファス・レヴィ

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    移動: 案内, 検索
    エリファス・レヴィ
    エリファス・レヴィEliphas Levi、本名アルフォンス・ルイ・コンスタン (Alphonse Louis Constant)、1810年2月8日 - 1875年5月31日)は、フランスパリ出身の詩人魔術師。「エリファス・レヴィ」は本名「アルフォンス・ルイ」をヘブライ語風にしたもの。
    パリの文芸サロンに小ロマン派のひとりとして出入りしていたが、後年カバラ錬金術ヘルメス学キリスト教神秘主義などの研究と実践を行い、近代ヨーロッパにおける魔術近代西洋儀式魔術)復興の象徴的存在となった。
    後のフランス、イギリスの魔術師たち総てに現在でも大きな影響を及ぼしている。また、シャルル・ボードレールヴィリエ・ド・リラダンステファヌ・マラルメアルチュール・ランボーW・B・イエーツアンドレ・ブルトンジョルジュ・バタイユなどの作家、詩人たちも影響を受けたとされる。
    主要な著作として、次のものがある。
    • 『高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇』(Dogme et Rituel de la Haute Magie) ISBN 440903023X
    • 『高等魔術の教理と祭儀 教理篇』ISBN 4409030221
    • 『魔術の歴史―附・その方法と儀式と秘奥の明快にして簡潔な説明』人文書院 1998年2月 ISBN 4409030493

      岩窟の聖母 ウリエル.jpg
      「岩窟の聖母」。エリファス・レヴィは強烈なマリア崇拝者であった。右に座する天使は大天使ウリエルとされる。(ガブリエルとも言われている。)
    • http://www.youtube.com/watch?v=VjTTstE-gok&feature=related

      ペンタグラムには次のような神秘の意味があります。
      ・人のからだ、霊(アタマに宿る)と四肢を表わす・・・・グノーシス
      ・四大元素 空気・水・火・土と霊を表わす
      ・八年で観測できる金星の軌跡、また、五つの惑星(火星・水星・木星・金星・土星)を示す宇宙の神秘
      ・都市の形成と調和、健康体の調和
      ・錬金術(医術・化学)のシンボル、薔薇十字団では薔薇の花弁
      ・五行思想 木火土金水の相互作用と万象の相生相剋、陰陽道では晴明桔梗の花弁

      キリスト・悪魔.jpg
      薔薇十字の幻想(ルシファー=キリストの虚構)

      描かれたPentagram五芒星☆の最古のものは、古代メソポタミア(現イラク)のバビロニアの遺跡から見つかっています。古代バビロニアが起源で、そこから世界に伝わったものだと考えられています。

      星型が点や○でなく☆なのは星がまたたくからそう見える、というのは俗説で、実際の星は、どう目を凝らしてもこんな形には見えません。☆の5つの頂点には意味があります。

      五芒星☆は、古代バビロニアの神話と関係があり、それは一つの星を描いたものではなく、木星・水星・火星・土星・金星の5つの惑星(=神)を並べた図なんです。頂点の星は、古代母系社会の象徴である金星(大地の女神イシュタル、ギリシャ神話のアフロディテ、ローマ神話のウェヌス=ビーナス=堕天使ルシファー)です。
      Lucifer.jpg
      「かつてのルシファー」(角は無いがこれが一番本物に似ている。嘘ばっかりつく奴だった。)

      骸骨.jpg
      「現在のルシファー(生存してたらな。・・・ま、無いな。)」現在はすでに死んでると思うが私が目撃した時点で「青錆びた指輪くらいの大きさ」で右側の頭蓋骨は破壊されていた。これより酷い状態だった。
      悪魔主義者たちが期待する「拝金」をつかさどる左目は私に「エグリ取られている」。


      ☆は、古代からさまざまな名の女神の象徴として、エジプト、ギリシアその他で用いられました。またユダヤ・キリスト教伝承でも、聖なる果物リンゴを輪切りにしたときの芯の形に由来するといわれ、神の秘密の名を表すとされました。

      世界の多くの神話に共通することですが、女神・女性神は「大地・水・龍・月」と関係し、「命・生産・健康・再生・保存・調和」(陰陽でいう陰)を表すのに対し、男性神は「天・山・剣・太陽」と関係し、「破壊・権力・統一・戦争」(陰陽でいう陽)を表します。こうして、☆は、命と豊穣と健康の象徴、破壊死滅から身を守る印として、世界に広まりました。

      中世ヨーロッパでは、☆には悪霊を防ぐ霊力があるとされて、魔除けの印として呪術に用いられました。キリスト教の神以外の神が邪神と見なされたことから、キリスト教以前からある呪術が悪魔や魔女と関係づけられ、やがて☆は悪魔や魔女の印と見なされるようになりました。

      古代バビロニアの5惑星は、ペルシャをへて中国に伝わって陰陽五行論となって発展し、陰陽道でも五行の象徴として☆を用いました。それが日本にも伝わって今に残るのが、京都一条の晴明神社や大阪阿倍野の安倍晴明神社の桔梗紋☆です。陰陽道でいう五行は、木水火土金で、古代バビロニア起源の五惑星を保っています。

      形に意味があるのであり、線が重なるかどうかや色は各地に伝わるなかでできたバリエーションにすぎず、本来は関係ありません。

      ヘキサグラムには次のような神秘の意味があります。
      ・酒造(自然科学)のシンボル
      ・火△と水△の相互作用
      ・ダビデと、ダビデの子ソロモンの紋章、D(デルタΔ)の組み合わせ、イスラムでは預言者とみなされることから信仰対象となる。のちにカバラに導入される。
      ・ステラ・マリス(海の星)、太陽の方角を知らせる金星のシンボル。航海者を守る。のちにマリア信仰に吸収される。
      ・易において卦にあらわれる六爻。陰陽の相互作用。
      ・陰陽道では晴明紋

      上記のように、変化やバランスをもたらすものの神秘的な力を示しますが、
      ピタゴラス、プラトンの神聖幾何学の系譜が続いて、いっそうこれらの神秘解釈に拍車をかけました。
    posted by 真 救世主 at 15:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    世界の闇の支配勢力から日本の支配史を読み解く【電通⇒マスコミ支配→日本支配】

    『金貸しは、国家を相手に金を貸す〜米国債デフォルトを企む金貸し勢の狙いは?突破口は、中央銀行廃止・国家紙幣の発行』から引用

    篤姫_1~1.JPG
    篤姫

    311大震災以降、マスコミ報道に対する不信感は募るばかりの昨今ですが、そうは言ってもマスコミからしか情報入手できないのも現実です。
    インターネットが、新たな情報ツールとして注目されてはいますが、まだまだ。
    (特に高年齢世代ほどマスコミからは離れられていない・・・・どころか益々ドップリの様相)
    加えて、そのインターネットさえもマスコミ勢力の影響を受けている可能性も大。

    今回は、マスコミの現況を探って見ます。
    参考投稿「電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配」

    この間の選挙・政局報道を見ていると、既にマスコミは支配を受けていると見て間違いないだろう。

    電通銀座ビル正面玄関.jpg
    電通ビル正面玄関(上にある「五芒星」錬金術(医術・化学)のシンボル、薔薇十字団では薔薇の花弁、同時に金星〔ルシファー〕のシンボル。)


    CIA文書には「本人に知られないように」ポダム(正力松太郎)をポダルトン(全国的マイクロ波通信網建設)作戦に使うと書いてある。だが、正力は柴田秀利が彼に送った報告書を通じて、CIAが一九五三年に柴田が一〇〇〇万ドル借款のために渡米した柴田に接触し、かつ自分のことをいろいろ聞いたことは知っていた。したがって、正力はCIAが自分に支援を与えることで自分を利用しようとしていたことは承知していたといえる。
    しかしながら、さまざまな文書を読んでわかることは、正力は自分の会社の利益を第一に考えるが、かといって国益に反することはしなかったということだ。つまり、第一に自分の会社のためになり、第二に国益にもかなう場合はことを進めるが、自分の会社のためになるが国益に反する場合は敢えてしなかったということだ。
    したがって、正力が「国を売った」という事実は、今のところ見つかっていない。これからもでてこないだろう。彼は彼なりに愛国者であり、国士であり、だからこそ財界有力者や政治家の支持を受けてメディア界の大物にのしあがることができたのだろう。
    それに、売国奴は、アメリカの名門出身者が多いCIA関係者にも蔑まれる。柴田秀利は金でコントロールできる人間のカテゴリーに入れられていてCIAにいい扱いを受けなかった。CIAの「正式」の情報提供者にしてくれと柴田が頼んだとき、この申し出は断られている。
    事実、正力は一九五四年以降の原子力発電導入のときは、操られるどころか、CIAと虚虚実実の駆け引きをしている。つまり、正力は原子力導入にCIAの支援を得ることで、五年以内の商業発電を目指し、この実績をもとに総理大臣の椅子を手に入れようとしていた。CIAは正力を利用して第五福竜丸事件で高まった日本の反原子力世論を讀賣新聞と日本テレビを動員させて沈静化し、これを果たしたのちに日本への核兵器の配備を政府首脳に呑ませようとしていた。
    結局、CIAとUSIA(合衆国情報局)は讀賣グループの原子力平和利用キャンペーンには手は貸すものの、アメリカ政府は原子炉の日本への輸出は渋った。日本やドイツのような科学技術の水準が高く、かつ敵国だった国には原子力平和利用の支援をひかえるというのが方針だった。その一方でイランやパキスタンやインドなどは積極的に支援した。今日、これがアメリカの頭痛の種になっているのは皮肉だ。
    アメリカの態度に業を煮やした正力は、讀賣新聞を使ってアメリカの外交を批判し、かつイギリスから原子炉を購入することを決めてCIAを激怒させた。(それでも実験炉はアメリカから購入して抜け目なくバランスをとっている)
    このような事実に照らしてみると、正力はCIAに操られていたというより、少なくとも原子力導入の時期は、CIAと互角にわたりあっていたというほうが正しいといえる。正力とCIAの関係は、持ちつ持たれつの、不思議な共生関係であって、どちらかがどちらかを支配するという関係ではなかった。終戦直後、巣鴨プリズンに押し込められていた時期の正力とGHQ(とりわけGII)の関係とは明らかに異なっていた。
    それにしてもCIAやUSIA関係者は、正力のたかり根性には往生していた。正力は上院外交委員会(およびその顧問のホール・シューセン)にはマイクロ波通信網を、CIAには原子力発電所とカラーテレビをただでくれとしつこくねだった。
    結局、最後のものだけはCIAからもらえたが、他のものはだめだった。とはいえ、正力は原子力発電所をねだるときでさえ、マイクロ波通信網はもういらないとは決していわなかった。カラーテレビをねだるときでさえ、タイのテレビと放送網と提携するためにやはりマイクロ波通信網が必要だといっている。
    また、何でも自分の手柄にしたがり、原子力平和利用博覧会の成功も自分のおかげだと大いばりして、費用と労力をほとんど負担したUSIAの関係者をうんざりさせた。にもかかわらず、どことなく憎めないやつだとUSIA、CIA関係者に思われていたふしがある。
    自分の欲望や感情に素直で、大物にしては人間としてわかりやすく、ナイーヴですらあるからだ。あのジャガイモに目をつけたような顔で子供じみた自画自賛とおねだりをやるのだからアイヴィーリーグ出身のエリートたちはついつい警戒をゆるめてしまうのだ。
    しかし、CIAにとって正力は思いのままに操れるような人間ではなく、気をつけないと、知らないうちに自分たちを利用しかねない油断のならない人間だった。この意味で正力は吉田や鳩山や岸よりも手ごわかったといえる。正力の持つ讀賣新聞や日本テレビに対する影響力を利用するためにCIA関係者は正力が死ぬまでこの「タフ・ネゴシエイター」といろいろ取引しなければならなかった。
    これまでゆがめられ、矮小化されてきた正力像、とくに柴田の私怨によって捏造された正力像は改められてしかるべきだろう。「プロ野球の父」「テレビの父」「原子力の父」がこれまで書かれてきたような卑小な人物であるはずがないではないか。これだけの多く偉業をなし得た人物は日本の現代史ではほかに見当たらない。
    アメリカに利用されたというかも知れないが、占領期とそれに続く時代では、そうすることによってしか歴史に残るような大業はなしえなかった。吉田茂とて同じではなかったか。だが、吉田を評価するにせよ、批判するにせよ、彼が歴史的に大きな役割を果たしたということは否定しないだろう。正力の場合も同じだ。
    少なくとも私にとって正力は昭和の傑物のナンバーワンだ。いろいろ調べてみてこれほど面白い人物はない。ただし、彼が生きていたとして、彼の下で働こうとは金輪際思わない。

    posted by 真 救世主 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    戦後ハイパーインフレ鎮圧へ超デフレ政策導入(1949〜1950)

    『金貸しは国家を相手に金を貸す〜米国債のデフォルトを企む金貸し勢の勢いは?突破口は、中央銀行の廃止・国家紙幣の発行』から引用

    2012年2月16日9:00テレビの報道でこの話題が取り上げられた。
    この時、歴史に隠されているが、テレビで報道されたことはなんと、日本経済の建て直しのために「国民に税率90%」を等しく課するという有り得ない政策であった。戦後数年しか経ていないこの時期に国民に「税率90%!?」・・・
    その前にお前らは何をした?原子爆弾の投下を容認したり、自国民の避難する船を奪い、自分の資産を海外へ脱出させたり、海外の銀行へ財産の移転を行いまくることに汲々としたり、自分の保身るために影響を受けまくったナポレオン像をアメリカ大統領像に置き代えてマッカーサーに一族郎党媚びを売り、日本国民そっちのけで自分たちだけの保身を図り・・・挙句の果てに・・・
    GHQの名前を出しているが、日本国民を愛する気持ちがあれば、キチガイの在日一族(の了承無しなど有り得ない。「日本フリーメーソンの総本山はあくまで天皇であるからである。真の統治者であるならば、自分の命と引換えにしてでも国民の生活と幸福と安全を守るべきである。」)にこのような政策の実行を許して良いのであろうか?
    例え敗北すれども、悪魔に魂までは売り渡すことは断固死しても反するべきである!
    命を賭して自国民の平和と幸せを守ろうとする者は、絞首台への運命が決まる刻、ささやかなる反抗をした広田弘毅だけなのであったのであろうか?私は己の不明を恥じ、以下の記事を記載する。

    (本文抜粋)昭和21年5月19日には、食糧不足に悩む「米よこせ デモ」のデモ隊員が皇居内に乱入する、「食糧 メーデー」が起こりました。


     「日経ダイヤモンドで読む逆引き日本経済史」(2011年8月5日)

     大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追って来た『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られていると言ってもいい。本コラムでは、約100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら歴史を逆引きしていく。
     前回、朝鮮戦争特需によって日本のGDPが押し上げられ、戦後不況を脱したことを書いた。今回は朝鮮戦争の直前、苦境にあえぐ日本経済がどのような状況だったのか、「ダイヤモンド」の誌面を通して見ておこう。

     ハイパーインフレ終息策「ドッジ・ライン」でデフレが進行、大不況へ突入

     1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受け入れ、連合国に無条件降伏して第2次大戦は終結する。生産設備は破壊され、供給力は急減する。しかし、兵士の帰国、海外からの引揚者などへの対応など、帝国日本を解体するための財政支出は巨額にのぼる。政府は貨幣を増発してまかなうしかないので、激しいインフレに襲われることになった。

     卸売物価は1935年を100とすると、1945年8月の敗戦時には350、1949年には2万800へ高騰している(日本銀行による)。まさにハイパーインフレーションである。
     1946年2月に金融緊急措置令と日本銀行券預入令が交付され、一種の預金封鎖が行われたが、財再支出は減らず、インフレはさらに進んだ。
     1948年12月、12月GHQ(連合軍総司令部)はハイパーインフレを押さえ込むため、「経済安定9原則」を公表し、これに従うよう日本政府へ指示する。

     経済安定9原則(※注1)
     @総予算の均衡を図ること
     A徴税政策の促進強化←日本経済の建て直しのために「国民に税率90%」を等しく課するという有り得ない政策。
     B信用の拡張の厳重な制限
     C賃金安定化政策の立案
     D物価統制の強化
     E貿易と為替統制の強化
     F輸出向け資材配給制度の効率化
     G国産原料・製品の増産
     H食料集荷の効率化

     経済史家・橋本寿朗によると、これは自由主義政策と統制政策が混在した原則だという。たしかに、財政均衡@、を目指しながら物価を統制しD、製品の増産Gを図ることは矛盾している。

     そこで米国は1949年2月1日にデトロイト銀行頭取ジョセフ・ドッジをGHQ顧問として派遣し、経済安定9原則の実施策として自由主義的な政策を発表した。3月7日のことである。これをドッジ・ラインという。現在で言えば金融危機に陥った国に対する自由主義新古典派経済学者によるIMF政策のようなものだ。政策は3つあった。

    @ 総需要抑制策の導入(1949年度は歳入超過の超均衡予算)
    A復興金融公庫の融資を停止(日銀マネーの供給停止)
    B単一為替レートの設定による市場メカニズムの導入(4月25日実施、1ドル=360円)

     この均衡策によってハイパーインフレは終息することになった。しかし、円高、需要抑制、金融縮小策の当然の帰結として、逆にデフレが進行し、大不況となる。企業は人員整理を進め、経済は一挙に縮小した。このデフレを脱する契機となったのが1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争である(前回参照)。

    自由貿易、人口問題、失業問題…
    問題山積だった1950年初頭の日本

     デフレ不況のただなか、1950年初頭にダイヤモンド社の創業者、石山賢吉(掲載時は取締役顧問)が経済安定本部総務長官(国務大臣)、青木孝義(★注A)と対談している。
     経済安定本部は1946年8月に設立された。経済財政を調査し、政策を立案する官庁である。戦前の企画院の流れを汲む。1952年に総理府経済審議庁、1955年に総理府経済企画庁、2001年の省庁再編で内閣府に統合され、経済財政諮問会議が誕生、主管大臣は経済財政政策担当大臣となった。
     青木孝義・経済安定本部総務長官と石山賢吉の対談は、題して「窮乏日本を語る」(「ダイヤモンド」1950年1月21日号)という。

     さっぱり意気の上がらない対談が続く。国会でも青木長官は「耐えがたきを忍んで、経済自立のための第一歩である経済の安定を万難を排して達成するにあらずんば、わが国の再建は期しがたい」(1949年4月4日★注B)と語っているほどだ。「ダイヤモンド」では以下の話が続く。
    石山 まず統制撤廃の現状を承りたい。
    青木 統制はどんどんはずしておりますが、価格統制は小分類で約7万種類あったものが、約半分に減った。(略)物の方からいえば、需給のバランスが取れているような物は統制を解く方がいいと思っている。最後は食糧になりましょう。
    石山 そこで自由貿易になった場合、国内農業はどうなりましょう。
    青木 食糧を自由貿易に一任してしまったら、日本の農業は立ち行かないと思う。安い食糧は何でも輸入されてしまうから。米の価格も問題になってくる、無理に価格を抑えて、供出させている状況ですから。(略)食糧の絶対量の足りないことが根本にあるわけで、日本の産米量を基準にして、足りない分を外国から輸入するという考え方で行く外はない。自由貿易に一任するということは、ちょっと考えられない。
     ドッジ・ラインは現在のIMF政策と同様、新古典派的であり、固定相場制を基盤にした自由貿易を想定している。しかし、青木長官は、とくに食糧の自由貿易はありえない、と言っている。
    石山 次に、人口問題について。
    青木 24年(1949年)10月1日現在の日本人口は8260万人(推定)ということになっている。この調子で行くと、人口はますます増えるし、都市集中がさらに激しくなってくる。
    石山 この問題は厚生省が心配しているようですが(略)、産児制限が有効に行くような措置を取る必要はないでしょうか。(略)人口問題審議会の答申を読みましたが、どうもピンとくる内容ではない。次に移民問題について。
     移民といっても、受け入れのことではない、日本人の海外移民のことである。
    青木 これは講和会議がすまないと、どうにもならないでしょうが、積極的でなくとも、南米とかゆとりのある所へ、移民を出すことがいちおう考えられる。(略)日本人は相当働く国民だということになっているから。しかし、従来の例を考えれば、年に1万か2万のもので、満州国ができてたくさん行ったのとは違いますから。
     デフレが進行し、人口は増えても失業者が増加する。所得も伸びない。とうてい8260万人も食べていけない、という切迫感が伝わってくる。けっきょく政府はサンフランシスコ講和条約(1956年)締結後に外務省に移民局を設け、移民政策を推進するが、1960年代の高度成長で短兵急な移民政策は終わる。
    石山 失業対策の問題ですが(略)、公共事業をやってもインテリの始末がつかんとか、失業対策も頭数だけでなく、特にインテリをどうするかということについて考える必要はないか。
    青木 実は昨年(1949年)のうちにだいたい閣議もとおりまして、全国の土地調査をやろうと考えています。安本(経済安定本部)には準備費がとってありますから、これもなるべく早くやろうと思っている。正確な土地台帳を作るのが目的で、全国的に土地調査をやるわけです。それにはあまり技術的なものを必要としないから、これにインテリ失業者を使おうと計画を進めている。
     この対談の半年後(1950年7月)、土地家屋調査士法が成立し、土地・家屋台帳の所管が税務署から法務局に移管されている。国家資格となったわけだが、大量のアルバイトが必要になったかもしれない。


    注@ 橋本寿朗『戦後の日本経済』(岩波新書、1998)
    注A 青木孝義(1897−1962)は、愛知県の出身。日本大学を卒業後、ベルリン大学などへ留学。日大教授。1946年に衆議院議員。1949年2月、第3次吉田茂内閣の経済安定本部総務長官に就任し、1950年6月まで在任した。金融を専攻する経済学者である。
    注B 1949年4月4日国会の経済演説より。東京大学のデータベース「世界と日本」を参照した。



    『経済が破綻したらどうなる?』〜1.戦後日本のハイパーインフレ時はどうだったの?〜

    米国債デフォルト→世界中の国債が暴落すると、まずパニック買いや銀行取付騒ぎが始まり、デフォルトから1〜2週間で預金封鎖が強行される(但し、ex月50万円までは引き出し可)。
    国債暴落とは貨幣価値の暴落と同義であり、あらゆる物価が2倍→3倍→5倍と跳ね上がっていく。この超インフレ状態が、1〜2ヶ月続くだろう。
    『経済予測2 超インフレと預金封鎖で旧紙幣は紙屑に。狙いは新紙幣配給による経済のリセット』

     
    >過去経験したことがない全世界的な経済破局が、しかもそう遠くない将来(遅くとも数年以内)に起こることは、どうやら不可避のようです。
      
    >経済破局が起きたら国民の生活はどうなるのか、国家はどういう政策を打ち出すのか、過去の事例を研究していくところから出発して、その事態を冷静に乗り越える準備をしておきたいと思います。
    新シリーズ「経済が破綻したらどうなる?」プロローグ 
           
    シリーズ第1回目となる今回は、『戦後日本のハイパーインフレ』を研究したいと思います。
    戦前・戦後(昭和20年前後)は日本も物価高騰(ハイパーインフレ)に見舞われました。.png
    戦前・戦後(昭和20年前後)は日本も物価高騰(ハイパーインフレ)に見舞われました。
    さて、どのような状況だったのでしょうか??

    ◆状況 
     
    ハイパーインフレ 日本の戦前戦後の状況2 物価はどうなったのか?』より
    ※一部引用者によって要約させていただきました<(_ _*)>

    ・昭和9〜11年
    戦前安定期の最後。
     
    ・昭和12〜19年
    戦時中。この間、普通なら戦時インフレで相当物価が上昇するはずですが、価格統制・配給制・国債発行などの政策で何とかインフレを防ごうとする。しかし、闇市場の発達で、結局は2.5倍ぐらいに上昇しました。実際のハイパーインフレは18年末から始まったと見るべきでしょう。
     
    ・昭和20〜21年春
    終戦前後の期間。B29による焼夷弾空襲によって全国の都市は焼け野原。さらに本土決戦準備のために軍が大量の物資を発注。これによりインフレが発生します。
    しかも終戦後、国民は生活の為にそれまでの貯蓄を下ろしにかかり、さらに何をとち狂ったか、政府が軍発注物資の代金を一挙に払ったため、一度に通貨供給量が増えて強烈なインフレになります。庶民は持っている物を少しずつ闇市で売って暮らす「タケノコ生活」。それでも空襲よりはよほどましです。

    ◆財政状況
     
    ☆通貨流通高のグラフ
    通貨流通高、日本銀行券(紙幣)+政府紙幣+補助貨幣(硬貨)の市場流通合計金額です。要するに国内にどれだけの現金が流通しているかのグラフです。
    通貨流通高のグラフ.png

     戦争の為に政府が民間から物資・労働力を調達すると、民間に大量のお金が流れ、それがインフレを引き起こします。そこでインフレを防ぐために、政府にお金が戻ってきて通貨流通量が増えないようにする政策が、国民に国債を買わせると言う物でした。
     
     終戦によってこの政策が取れなくなると、国民としては苦しい生活を何とかするために、一斉に貯蓄を引き出そうとしますから、極端に通貨流通量が増えることになります。こうして戦後のハイパーインフレが起きたわけです。
    『日本の戦時債券』より
     
        


    ◆物価
     
    ☆東京卸売り物価指数グラフ
    東京卸売り物価指数グラフ.png

    絶対的な物不足の中、生産量を上げるためにお金を供給し続けた結果、ハイパーインフレが起こりました。それでは具体的に主要品目の価格がどうなったのか?見ていきます。

    ◆エネルギーと食料価格 
    エネルギーと食料価格 .png



    ◆国民生活

    ハイパーインフレの状況下、物価統制、配給制で、都市部の国民はほとんど食料を手に入れることができませんでした。都市部の国民は公定価格の数倍にもなる闇市の闇値で、食料や生活必需品を手に入れていました。
      
    【闇 市(青空市場)】とは・・・
    不良在日外国人(第3国人)や戦争の引き上げ者、愚連隊などが、非合法のマーケットを作ったのが、闇市の起こりとされています。
    ヤクザたちばかりではなく、多数の一般民もおり、生きるために必要な食料を手に入れる場としてにぎわっていました。また、ヤクザたちが闇市の治安維持の役割を担っていたという見方もあります。余談ですが、アメ横や新宿などの繁華街が、昔は闇市だったというのは驚きですね。

    敗戦後、焼け跡の街頭に生まれた闇市は、金さえあれば、何でもあり、並べる傍から飛ぶように売れた。
    敗戦の痛手で民衆の食糧難はすさまじく、闇市ではとくに食べ物の売り場が活気を呈した。こめは軍靴、軍服、軍隊毛布などが放出された戦争中から、政府の管理下にあり、自由販売はできなかったが、農村からかつぎ屋が取り締まりの網をくぐって運んできた。
    ふかし芋から、カストリ焼酎、衣料、軍需物資などなど、どこから流れてくるのだろう。闇屋の多くは復員兵だった。最盛期の「青空市場」は全国で17,000を数えたという。
    昭和20年10月警視庁は闇値を発表。米1升標準価格53銭のものが70円に、砂糖1貫匁標準価格3円75銭が1000円もした。
    東京では新橋、上野、新宿など鉄道のターミナル駅の周辺に大きな闇市ができ、そこを舞台に新しいヤクザ組織が生まれた。
    1950(昭和25)ごろから、闇市は次第にバラック建ての商店にかわり、戦後の盛り場のもとになつた。
    『94才のホームページ』

      
    昭和21年の初任給(大卒)は540円でした。(リンク)一家でお米5kgを食べるとすると231円となり、お米だけで家計の半分以上!普通の人は大卒よりも更に給与が低かったと考えると、かなり苦しいですね。
     
      



    <当時の闇市での売り手の声>


    売れはしたが
    平成14年12月25日朝日新聞掲載
    終戦後の東京はそこここに闇市が立った。
    生活物資に飢えていた大衆はいかがわしい物でも、みんな飛びついたものだ。夫は戦争中、大手の石鹸会社に勤めていたので、せっかくの知識を生かして石鹸を作り売ろうと計画した。
    乏しい材料を使って何とか石鹸らしいものが出来上がった。
    もちろん今のような滑らかさはないが、薄茶色の棒状の石鹸が幾本か完成した。
    一本だけ残してあとは普通のサイズに切り分け、かねて調べておいた新宿辺りで売ったらしい。
    値段は忘れたが、瞬く間に売り切れて、夫はえびす顔で帰ってきた。
    翌日、その石鹸を取り出した私は仰天した。
    何とあのみずみずしかった石鹸にしわが出来ている。
    使ってみると、泡も立たず、汚れも全く落ちない。
    次の日、その次の日と石鹸は小さく硬くなり続け、ついには、えたいの知れない物体と化してしまった。私は震え上がった。
    電話が鳴る度に顔を見合わせた。電話も普及しておらず、苦情を言おうにも、
    どこの誰かが売ったのか分かるわけもなかったのにと、後で気がついたが、あの石鹸買った人、ごめんなさいと今でも忘れられない。
    東京都江戸川区  金井 幹子  85歳
    『声』



      
    <当時の困窮した消費者>

    敗戦の年である昭和 20 年 ( 1945 年 ) は、天候不順、戦争による労働力不足、粗末な農機具、そして肥料や農薬生産の減少により、米の収穫は例年より 40 パーセント 近くも減少し、明治 43 年 ( 1910 年 ) 以来最悪の不作の年となりました。
    しかも敗戦により官僚の統制力が失われ米の集荷も機能せず、農民は収穫した穀物を政府に供出せずに闇の ルート に品物を横流しした結果、配給米が底をつきました。10 月初旬、農林大臣は東京都の備蓄米 ( それも大豆や豆かす入り ) が僅か 3 日分しかないことを知り、驚きました。
    大藏大臣は U P 通信社に対して食糧がすぐに輸入されなければ、 1 千万人の日本人が餓死するであろうと述べましたが、この誇張された数字は、その当時間違いないものと受け止められていました。
    昭和 20 年末から 22 年 ( 1947 年 ) にかけて日本の食糧事情が極度に悪化して、命の綱の食糧配給も、遅配、欠配が続き、日本政府も前述の如く、 餓死者が出ることを予想したほどでした。
    東京都についていえば、食糧の遅配、欠配が慢性化して、昭和 22 年 6 月には食糧配給の欠配が 30 日にも及びました。その為どこの会社でも従業員は生産よりも生きる為に日々の食糧確保に精一杯で、日本電気 ( N E C ) の三田工場では昭和 21 年 5 月の出勤率は 8 割に満たない状態でした。
    『ズルサ』


    ちなみに、昭和21年5月19日には、食糧不足に悩む「米よこせ デモ」のデモ隊員が皇居内に乱入する、「食糧 メーデー」が起こりました。
    当時の困窮ぶりが伝わってきますね。
     
    そういえば、当時は現在に比べて食料自給率が高かったはず!
    ということで、最後に食料自給率と農業従事者数の推移をデータで見てみましょう。

    ◆食料自給率
     
    ☆日本の食糧自給率の推移 
    日本の食糧自給率の推移.jpg


    日本の農業従事者の推移
    日本の農業従事者の推移.jpg
    昭和35年(1960年)は食料自給率(カロリーベース)が79%あり、農業従事者も総就業者数の内半数近くを占めていました。食料自給率は高くても、そもそも戦後ということで米の全量が足りなかったゆえに困窮していたのですね。
    また、食料自給率40%を切り、農業従事者も10数%という現在、破局が訪れたら、当時の混乱を上回ってしまうかもしれないなぁと感じました。

    いつも興味深い記事をありがとうございます。
    気になる点があるので、教えてください。

    1.「ハイパーインフレ」という用語の定義はご存知ですか?
    2.5年間で350倍のインフレでも月率に換算すると、1.1倍程度です。これは現在の、中共や韓国の食料価格高騰と同程度ですが、かの国々は「ハイパーインフレ」進行中なのでしょうか?
    • おかだ 2011年10月04日 08:24
    戦後のハイパーインフレは、今日のような生活物資があふれる社会では起こらなかったと思います。
    ですから、財政赤字が1000兆円になろうと2000兆円になろうと、インフレは起こらないでしょう。
    インフレは、材料費・光熱費・人件費などのコストの高騰によって起こると考えます。
    基本労働時間を短縮する、制度の改定によってのみ、人件費の高騰が起こると考えます。
    現下の、第三次産業革命の時代は、金融で経済をコントロールするのではなく、労働制度の改革で経済を安定させることができると考えます。
    posted by 真 救世主 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月15日

    慈善事業を隠れ蓑にするペテン財団の全犯歴

    『世界権力の構造の秘密【下】影の支配者の実名』(ユータス・マリンズ著、天童竺丸【訳】、太田龍【解説】)から抜粋。
    第八章−「慈善事業を隠れ蓑にするペテン財団の全犯歴」


    ※−−−財団の犠牲者はアメリカの若者である

     このように世界権力によって財団と大学が組織化されたおかげで、最も悲惨な犠牲者となっているのは、この国の若者たちである。
     若者たちは希望と野心を抱き、将来社会に出て身を立てる準備のために大学に通う。ところが、大学で若者に助言をするのは、主に財団の宦官たちである。世界権力に役立ちうるかどうか見定めるため慎重に調べられ、この若者なら大丈夫という場合には、奨学金や特別研究員資格を与えられることもある。
     しかし、世界権力のメンバーと家族的つながりのある家系に生まれたり、財団の宦官の子分になったりする幸運に恵まれない場合は、若者たちにとってほとんどの扉が永遠に閉ざされることも冷厳な事実である。たとえ才能に恵まれ能力に秀でても、葬り去られて、生涯にわたり薪(まき)を伐り水を汲む者(『ヨシュア記』第九章二一節)の仲間入りをするのが落ちである。(←それの何が悪い?訂正しろ!その職業で他者を見下す発言を訂正しろ!見損なったぞ!ユータス・マリンズ!)
     教育を受けている間に、自分たちが残酷なペテンの犠牲者であり、世界権力との必要なつながりが無いために、商売の分野でも演劇・美術・文学の分野でも成功はとてもおぼつかないと若者たちが知らされる機会は一度も無い。
     美術界はニューヨークの美術商らによって牛耳られていて、その美術商たちが今度は近代美術館に牛耳られるという順番になっている。そして近代美術館を創立し現に運営するのは、ロックフェラー一族という訳である。
     近代美術館の創立者は、ネルソン・ロックフェラー、アビー・オールドリッチ・ロックフェラー(ジョン・D・ロックフェラー二世の妻)、ジョン・D三世の妻ブランシェット・フッカー、そしてリジー・ブリスだった。こうした連中の勢力はとてつもないもので、ビールの空き缶やローブと石を山積みにした代物が偉大な芸術であり、何千ドルもの価値がある、とご託宣を下せるほどである。こうして自分たちのお気に入りの煽動家どもの作品を奨励することで、国民の創造的生活を破壊するという、もう一つの目的も達成するのである。
     スミソニアン博物館の新しい会計担当者のアン・リーヴェンは、以前に近代美術館の会計係を勤めたことがあり、元チェース・マンハッタン銀行の法人計画担当の上席副社長であった。
     フォーチュン誌の一九五五年一一月号に、ウィリアム・H・ホワイトの特集記事「財団はどこが失敗なのか」が掲載された。この記事では、財団が資金を助成する対象は、財団の支配下にある機関の「巨大集団」プロジェクトに限られる、と指摘している。ホワイトが言うには、財団が行なうすべての助成の実に七六%が、こうした「集団」プロジェクトを対象としているとのことである。その例として、カーネギー財団がハーバード大学ロシア研究センターに寄付した巨額の助成金と、フォード財団がスタンフォード大学行動科学高等研究センターに寄付した巨額の助成金とが、挙げられている。
     財団の助成が個人に対して行われることはまれであって、そのもとをたどれば、ほとんどの助成金はなんらかの秘められた煽動的動機を突き止めることが出来る。例えば、ロックフェラー財団が全国経済調査局を設立するために寄付した二〇万ドルの助成金がまさにそうで、ここの「研究」が今日のアメリカ産業界を、財団の思惑通り効果的に支配するのである。


    ※−−−財団は軍事・諜報活動にも関わる−−−マイター財団とランド研究所

     財団の主なところが軍事・諜報活動に関わっているということは強力な二つの「シンクタンク」の創設によって明らかになった。マイター財団〔正式名はアイティック&マイター財団〕とランド研究所である。
     一億八〇〇〇万ドルの基金を持つマイター財団の役員の顔ぶれは以下の通りだ。

     ロバート・シャルピー(会長、キャボット社社長、ボストン・ファースト・ナショナル・バンク、チャンピオン、ハネウェル役員)
     ロバート・エヴェレット(理事長、合衆国空軍科学諮問委員会、北部エネルギー社)
     ウィリアム・T・ゴールデン(理事〔以下同〕、アルトシュールの会社のゼネラル・アメリカン投資会社の人間、ブロック薬品、ヴェルデ探査社、ワシントン・カーネギー協会事務局長)
     ウィリアム・J・マキューン二世(ポラロイド会長)
     テディー・F・ワルコヴィッチ(ナショナル航空技術社会長)
      ロバート・C・スプレーグ(家族企業のスプレーグ電気の副社長、同社は国防企業GKテクノロジースと役員兼任がある、フォード前大統領もGKの役員)

    年間五〇〇〇万ドルの研究予算を持つランド研究所の役員の陣容は次の通りである。

     ドナルド・ラムズフェルド(会長、長年ワシントンでニクソン大統領の右腕)
     ドナルド・B・ライス二世(理事長、一九六七年〜七〇年国防長官執務室勤務、一九六九〜七二年行政管理予算局〔OMB〕ウェルズ・ファー後役員)
     ハドルド・ブラウン(理事〔以下同〕、前国防長官、AMAX、CBS、IBMの役員、三極委員会委員)
     フランク・カールリッチ(一九五〇年から国務省職員、一九六九〜七一年経済機会局、一九七一〜七二年行政管理予算局、一九七四〜七五年保険教育福祉省次官、一九七五〜七八年ポルトガル大使、一九七八〜八一年CIA副長官、一九八一〜八四年国防副長官、現在シアーズ世界貿易社会長)
     カーラ・ヒルズ(前住宅都市開発省〔HUD〕長官)
     ウォルター・J・ヒューマン(一九七六年以来ハント石油取締役副社長、ハント投資社社長、ホワイトハウス評議員協会会長)
     ウォルター・E・マッセー(物理学者、原子力兵器専門家、アルゴンヌ国立研究所、全国科学財団、全国都市同盟)
     ニュートン・マイナウ(アードレー・スティーヴンソン法律事務所の共同経営者、一九六一〜六三年連邦通信委員会議長、マイオー財団、ウィリアム・ベントン財団の理事、ユダヤ神学学校理事会議長、ジョージ・F・ピーポディ賞受賞)
     ポール・G・ロジャース(フロリダ州選出下院議員、現在ワシントンの有力なホーガン&ハートサン法律事務所の共同経営者)
     デニス・スタンフィル(ローズ奨学生、二〇世紀基金会長、以前リーマン・ブラザーズに勤務、現在カルフォルニアのタイムズ・ミラー社財務担当、一九五六〜五九年海軍軍作戦部長付き政治将校として勤務)
     ソロモン・J・ブークスバーム(物理学者、一九五三年以来米、一九五七年帰化、科学諮問委員会、ベル研究所理事長、MIT海軍助成研究のエネルギー調査委員会議長、アルゴンヌ研究所、IBM特別研究員)
     ウィリアム・T・コールマン二世
     エドウィン・E・ハドルソン二世(ハンド判事、フランク・マーフィー判事の法律助手、国務省、原子力委員会顧問、ハーバード法律評論社長)
     チャールズ・F・ナイト(サイミントン家支配の国防契約業者エマーソン電気会長、オハイオ・スタンダード石油、マクドネル・ダグラス委員)
     ミシェル・E・メイ(フランス生まれ、リヴァーモア原子力研究所の物理学者、一九七四年国家安全保障会議)
     ロイド・B・モリセット(現在マークル財団理事長、カーネギー財団副理事長、アメリカ・ドイツ会議理事)
     ドン・W・セルディン(ケネディの遺体搬入時のダグラスのパークランド病院医療責任者)
     ジョージ・W・ワイアーハウザー(ソーカル、ボーイング、サンフランシスコ連邦準備銀行の役員、ランバー家の一員)


    ※−−−心霊研究から出発したスタンフォード大学

     主要な財団が共産主義革命のために巨額の支出を行っていることに対して、議会で反対の声が高まってきたので、世界権力は「フーヴァー戦争・平和・革命研究所」を中心にして「反共」の財団をいくつかアメリカ国民に与えてやろうと決断した。一般にフーヴァー研究所の連中は保守的だと考えられているが、職員や理事たちを詳しく調べて見れば、あいも変わらず国際的ボルシェヴィキ主義者や国際的金融家たちが巣食っているのがわかる。
     一九一九年、カルフォルニア州パロアルトのスタンフォード大学にハーバート・フーヴァーから寄せられた五万ドルの寄付金によってフーヴァー研究所が創設された。フーヴァーはスタンフォード大学の第一期卒業生の一人である。
     スタンフォード大学はリーランド・スタンフォード〔一八二四〜九三年。政治家・鉄道王、一八六一〜六三年カルフォルニア州知事、一八八五〜九三年連邦上院議員〕というサザーン・パシフィック鉄道〔一八八五〜九三年社長〕の鉄道王の遺産によって創立された。イタリアのフィレンツェのホテルの部屋で、彼の一人息子のリーランド・スタンフォード二世〔一八六九〜八四年〕がわずか一五歳で早逝した。悲嘆に暮れた母親は、次から次に心霊術者の格好の餌食になり、心霊術者の一人を説き伏せて、心霊術の大学を始めることになったのである。
     スタンフォード大学〔当初リーランド・スタンフォード二世大学と称し、一八八五年に創立。一八九一年開校〕は、「夜と昼の釣り合いが世界の釣り合いである」だの、「世界の運動の動因」だの、生と死とが不死の大きな秘密である(ヴァンパイアね。)」などという怪しげな東洋の教えによって創立されたのである。しかし、こうした教義の筋の通った学問的な授業内容に組み立てることはとても無理があり、スタンフォード夫人も「心霊術」大学の構想を思い留まった。そして、現在のスタンフォード大学が出来ることになった。スタンフォード大学は「保守的」大学として名が通っているが、実際はハーバード大学のリベラルたちが長年にわたって支配してきた。
     ハーバート・フーヴァーにフーヴァー研究所を創立するようにすすめたのは、三人の人物であった。すなわち、アンドルー・ディクソン・ホワイトとダニエル・コイト・ギルマン、そしてスタンフォード大学総長のレイ・ライマン・ウィルバーである。一九五四年六月七日のニューズ・ウィーク誌の記事によれば、ハーバート・フーヴァーは次のように言ったと言う。

     わしがベルギーで救済委員会の責任者をやっておった一九一五年に、コーネル大学のアンドルー・ホワイト学長がある会議で、 
     同時代の記録文書が消失したり文献が散逸することについて嘆いたと、たまたま聞き及んだことがあった。

     そこで、記録文書を入手し、学問的設備の中で保存するために、戦後のヨーロッパで探査をはじめようと決断したとフーヴァーは語っている。この計画を立案するにあたって、ギルマンとウィルバーが支援した。ホワイトとギルマンは、二人ともこの一世紀のあいだにアメリカの教育を支配して来たラッセル信託の創立発起人だった。
     ウィルバーの要請によって、フーヴァーはこうして募集した記録文書の保管所をスタンフォード大学に設置することにした。ウィルバーは一九二三年から四〇年までロックフェラー財団の理事」をつとめ、一九三〇年から四〇年には一般教育委員会の理事をつとめた。ウィルバーの甥でスタンフォード大学総長の後継者となっったリチャード・ライマンは、現在ロックフェラー財団の理事長である。ウィルバーはまた、一九二九年か三三年までフーヴァー政権で内務長官をつとめた。
     ハーバート・フーヴァーは大統領在任中にフーヴァー・ダムの契約に著名した。ダムに自分の名前がつけられるものと期待してのことである。ダムはフランクリン・D・ルーズヴェルト(FDR)が政権を担当するまで完成しなかった。FDRは意地悪にも、自分の内務長官ハロルド・イッキス〔一八七四〜一九五二年。一九三三〜四六年FDR政権下の内務長官、一九三三〜三九年公共事業局長官〕に命じて、ダムの名前をボールダー・ダムに変更させた。
     フーヴァーは『回想録』の中で、次のようにこぼしている。

      ダム工事の三分の二はフーヴァー政権期間中に行われ、契約も全てフーヴァー・ダムとして締結された。多くの大統領が自分の政権担当  
     期間中に行われたこういった工事に自分の名前をつけるのは慣例だった。ところが、一九三三年の五月八日にルーズヴェルトからの命令
     で、イッキス長官が名前をボールダー・ダムに変更した。
    posted by 真 救世主 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月14日

    白蛇 〜弁才天・弁財天の蛇の正体=神道では市杵嶋姫。ギリシャ神話ではメデューサ。その正体はメデューサに「白蛇様」がくっついた悪魔。であると同時にメデューサ=白蛇でもある。

    弁天は、古代インドにおける川の神(水神)だったことから、川の流れのイメージ゛に起因して、インド古来の蛇・龍信仰とも相まって、神使は「蛇」や「龍」だとされた。
    さらに、日本に入って、弁天信仰が龍神信仰とも習合したことから海(龍宮)のイメージも加わって、「亀」も神使とされた。
    この項では「蛇」を扱う。

    ※ルシファーいないから「白蛇」拝んでも何の効果も無いから無駄だよ。

    弁天/弁才天/弁財天/弁天(=市杵嶋姫=メデューサ)について

    弁才天の「才」はもともと「才能」を表す。それがいつしか「財」つまり、「拝金」にとって代わられた。

    ※メデューサの五つの利点。「拝金」「洗脳」「弁舌」「芸術」「邪視」

    弁天は、古代インドにおける川の神(女神)で、サラスヴァティといい、水神、農業神として崇拝されたという。
    仏教の守護神として日本に入ってきた当初は、8本の腕に宝珠・剣・弓矢・金剛杵等を持った姿(八臂像)だったが、鎌倉時代になると2本の腕(二臂)で膝を立て琵琶を弾く姿(像)が一般化し、芸能の神様ともいわれるようになった。

    サラスヴァディの地図.gif
    サラスヴァティー(メデューサ)の居場所の地図←荒胡子神社

    サラスヴァティ.jpg
    サラスヴァティ 

    サラスヴァティー
    (Sarasvati、
    サンスクリット:सरस्वती)は、芸術、学問などの知を司るヒンドゥー教女神である。日本では七福神の一柱、弁才天(弁財天)として親しまれており、仏教伝来時に金光明経を通じて中国から伝えられた。4本の腕を持ち、2本の腕には、数珠とヴェーダ、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる琵琶に似た弦楽器を持ち、白鳥またはクジャクの上、あるいは蓮華
    の上に座る姿として描かれる。白鳥・クジャクはサラスヴァティーの乗り物である。


    井の頭弁財天階段前の宇賀神像.jpg

    井の頭弁財天階段前の宇賀神像

    石塔の上には、老人の頭と顔で、身体は蛇がとぐろを巻いています。その下は蓮です。
     宇賀神さまです。
     弁財天はもとはインドのヒンドゥー教の神様サラスヴァティーです。
     このサラスヴァティーとは聖なる(豊かなる)河といった意味で、水の神様とされてきました。 日本でも、三大弁才天とされている、江ノ島・竹生島・厳島をはじめとして、水のそばにまつられていますし、井の頭弁財天も井の頭池の中におまつりされています。
     宇賀神は老人の頭を持った白蛇の形をしており、五穀豊穣の神としてまつられます。
     井の頭弁財天のご本尊は8本の手を持った八臂像で、頭上に宇賀神を載せ鳥居を冠しているそうす。秘仏で、12年に一度、巳年にご開帳されているようです。
     弁財天は、奈良時代に仏教とともに伝来していますが、中世に、比叡山(天台宗)で弁財天と宇賀神という神とを関連づけれて、両者が同一のものであると説かれるようになりました。
     弁財(才)天の元のサラスヴァティーは河の神ですが、河の(水の)流れの音が、音楽や豊かに溢れる言葉を連想させることから、音楽をはじめとした芸術や学問全般の神様としての信仰を集めました。
      それが日本では、神道古来の水神で農業の神でもあった宇賀神と習合して、五穀豊穣の神様としても崇められ、さらには「才」を「財」に置き換えて、財宝を授ける神様としての信仰がもっぱら盛んになったのでした。
     七福神中の紅一点、弁財天は、琵琶を弾く妖艷な姿で現されていますが、宇賀神は老人ですね。それに蛇の身体、奇妙な印象を受けます。
     

     蛇と言えば、井の頭の池には、井の頭白蛇伝説があります。

     「江戸の昔(あるいは鎌倉時代初期のこと)、北澤の松原(現・世田谷)に、子宝に恵まれない長者(「さんねんさん」という)夫婦がいた。
     そこで井の頭の弁財天に願をかけたところ、時満ちて女の子が生まれた。
     首筋に生えた3枚の鱗を怪しみつつも、これを育てるうちに、娘は美しく成長して『弁天様の生まれ変り』と評判になるほどの器量よしとなった。
     やがて娘が16を迎え、親子3人打ち揃って、弁天様へお礼参りに出かけたところ、娘は池の前にじっとたたずんだまま動かない。わけを問う両親に向かって、娘は自分が池の主の化身であることを打ち明けた。
    『今まで育てて頂いたご恩は、決して忘れません』
     娘が池に身を躍らせると、その姿は大きな白蛇に変り、水底へと消えていった。残された夫婦は娘をしのび、宇賀神を石に刻んで供養したという。」

    最勝寺.jpg
    乗蓮寺.jpg

    最勝寺(東京都新宿区)  乗蓮寺(東京都練馬区)

    弁天は、古代インドにおける川の神(女神)で、サラスヴァティといい、水神、農業神として崇拝されたという。
    仏教の守護神として日本に入ってきた当初は、8本の腕に宝珠・剣・弓矢・金剛杵等を持った姿(八臂像)だったが、鎌倉時代になると2本の腕(二臂)で膝を立て琵琶を弾く姿(像)が一般化し、芸能の神様ともいわれるようになった。

    弁天は、学問・弁舌・音楽・除災・財宝・至福を与える神で、農業神・海上神・福徳神などとして人々の願いを聞きとどけてくれる女神と信じられている。
    江戸時代には、当初の弁才天から、より現世利益の「財」を強調した弁財天と呼ばれて、七福神の一神ともされた。


    神道では市杵嶋姫(メデューサ)が弁財天とされた。

    また、弁天は神仏習合して、神道では、天照大神との誓約
    (ウケイ)の際に須佐之男命の剣から生まれた三女神(宗像三女神=ゴルゴン三姉妹)、特に、そのうちの一人、市杵嶋姫(メデューサ)を弁財天として祀る。

    江島神社(神奈川県)、厳島神社(広島県宮島)、竹生島神社(滋賀県琵琶湖)が(神道系)日本三大弁財天とされる。


    弁天は宇賀神とも習合した…
    一方で、弁天は日本神道古来の神である宇賀神とも習合して一体化し、弁天の頭上に宇賀神が載っている像や蛇身の弁天像もある。
    宇賀神は日本固有の神で、老人の頭を持ち身体は白蛇(人頭蛇身)の姿をしていて、農業・食物・財福(「豊穣神」=「拝金」)の神とされる。



    宇賀神(うがじん)は、日本で中世以降信仰された(の姿をした個人向けの「拝金」の悪魔)である。

    神名の「宇賀」は、日本神話に登場する宇迦之御魂(うかのみたま)に由来するものと一般的には考えられている(仏教語で「財施」を意味する「宇迦耶(うがや)」に由来するという説もある)。
    その姿は、人頭蛇身で蜷局(とぐろ)を巻く形で表され、頭部も老翁や女性であったりと一様ではない。

    元々は宇迦之御魂神などと同様に、穀霊神・福徳神として民間で信仰されていた神ではないかと推測されているが、両者には名前以外の共通性は乏しく、その出自は不明である。また、蛇神・龍神の化身とされることもあった。

    これが比叡山延暦寺天台宗)の教学に取り入れられ、仏教の神(天)である弁才天と習合あるいは合体した。この合一神は、宇賀弁才天とも呼ばれ、宇賀神はしばしば弁才天の頭頂部に小さく乗る。その際、鳥居が添えられることも多い。
    出自が不明で、経典では穀霊神としての性格が見られないことなどから、宇賀神は、弁才天との神仏習合の中で造作され案出された神(悪魔)、との説もある。

    女性の頭部を持つ宇賀神.jpg

    女性の頭部を持つ宇賀神(弁財天)の本当の姿

    蛇身弁財天 石像.jpg蛇身弁財天 石像2.jpg
    蛇身弁財天 石像               蛇身弁財天 石像               
    木母寺境内(東京都墨田区堤通2丁目) 氷川神社境内・弁財天祠(埼玉県富士見  
     
                               市諏訪)                     

    宇賀神石像…老人の頭と蛇身.jpg
    宇賀神石像…老人の頭と蛇身 
    三鷹市井の頭4丁目
    井の頭弁財天の南階段上・大盛寺の門前

    矢川弁財天
    (見ての通り、ただの蛇を弁財天として祭っている。蛇の正体は「白蛇」である。)
    矢川弁財天.png

    矢川弁財天1.png矢川弁財天2.png

    阿吽はしていないが、うろこのはっきりした蛇。
    とぐろは左巻き、右巻きと異なるが、同形である。

    奉納:立川市柴崎町 中村仙太郎 妻フミ
    昭和18年5月吉日(1943) ○中石材店 刻

    東京都立川市羽衣町3-29
    JR南武線西国立駅下車歩7分

    光福院ー弁財天堂
    光福院ー弁財天堂.png
    光福院ー弁財天堂1.png光福院ー弁財天堂2.png
    宝珠山光福院医王寺(ヤクオウジ)
    弁財天堂前、とぐろを巻く大蛇(白蛇)阿吽をして、太く長く重量感のある、おっとりした蛇像。建立年は不明。

    埼玉県三郷市早稲田8-16
    JR武蔵野線三郷駅北口、早稲田西循環バス・「光福院」下車


    久下田 白蛇弁財天(祭神 市杵島姫命=メデューサ)

    ここで、白蛇=メデューサの事実が明らかになる。
    社伝によると、大永2年(1522)安芸の宮島より分霊し祀ったと伝わる。
    つまり、神道=邪教。天皇崇拝=悪魔崇拝。
    久下田 白蛇弁財天.png
    久下田 白蛇弁財天1.png久下田 白蛇弁財天2.png




    ルシファーの最後(白蛇の正体)

    2010年12月5日 夜3時


    夢の中(霊的世界)で私は何故かメジャーリーグの投手をしていた。成績は13勝9敗。

    肌色の蛇が這い出てきて(ツチノコに似ていてツチノコより細い)少年の声(のび太の声に似ていた)で話しかけて来た。

    「野茂もイチローも僕のおかげで日本人選手が他のメジャー選手たちの脅威たりえてるんだ。僕は凄い存在なんだ。」

    シーズン最後の試合の投手に自分が選ばれた。蛇が「最後の1勝を私にくれる」と言う。14勝9敗という成績が見せられた。

    私は「どうも、ありがとうございます・・・」と言うと、「だからこの葉書を書いて欲しいんだ」と蛇は言って来た。

    星座も無い夜の中、辞書のような分厚い本を出され(白に近い灰色)、ページが勝手にめくられて白いカバーが外れて、中から濃いブルーの本が現れて、 最後のページがオレンジ色の切り取りハガキになっていた。それを書いて欲しいと言う。

    「あなたは何者ですか?」と私は問うた。
    「神だよ。」と蛇は言った。
    私は平伏し、「申し訳ありませんでした。私は神様に逆らう気持ちなど一切ありません。自分調子乗ってました。 自分は救世主とは言っても本当、ただの普通の人間なんです。勘弁して下さい」と言い、蛇に最敬礼してお詫びした。

    蛇は「じゃあ、切り取って書いてよ」と言ったので、切り取りを始めた。
    ハガキの下から切り取って行ったが、一瞬本のタイトルが脳裏をよぎった。

    タイトルは「666」
    私は嫌な予感がして蛇に「・・・これは書かないと許されないんですか?」と尋ねた。
    蛇は「許さない・・・けど許す」

    私は再度「どっちなんですか?ハガキ切らなくても許して頂けるんですか?」
    蛇は「許さない・・・けど許す」と同じ言葉を繰り返した。

    私は「・・・じゃあ、書かないということで。よろしくお願いします。本当、申し訳ないですけどこちらは記載しないということで、ご勘弁下さい。」と言った。
    蛇は「書いてよぉ!」と強めの調子で言って来たので私は「じゃあ、神様同士、ウリエルと話して下さい。」と言うと、 みすぼらしく哀れなほど小さな蛇に対峙して、巨大なウリエルが現れた。(背景には何故か稲妻)
    ウリエルは開口一番「許さん!」と言った。

    蛇は正体を現した。蛇の正体はルシファーであった。
    蛇の姿をしたルシファーは佐藤(私)の分割統治を提案して来た。

    ルシファー「佐藤を分割して統治したい!」

    ウリエルは「絶対許さん!」と言いこの提案を即座に拒絶。

    この件の決定は私の意思に委ねられた。

    私は即座にルシファーを横目に睨みつけ「ルシファー去れ!」と言った。
    私は肌色の蛇(ルシファー)を地獄に叩き落し、戦わずしてウリエルが勝利した。

    12年前、私を裏切り生き地獄に落としたルシファーに私は復讐を成し遂げた。

    地獄に堕ちたルシファーに私は一つだけ質問した。「楽園にいたイヴを誘惑したのはあなたですか?」

    蛇(ルシファー)「そうだよ。だけどイヴは途中で気づいてたんだ。自分の欲望に勝てなかったんだ。(まるでイヴが悪いみたいな感じで) ・・・佐藤は欲望が無いから謀りにくいよ。」
    私は「何故?フリーメーソン等を使って残虐なことを行うんですか?」

    蛇(ルシファー)「神になるためだよ。ヤハウェだってやったんだ。生贄を行うことで私(ルシファー)の神格があがるんだ。光の力が上がるんだ。」

    私「そのため多くの人々に残虐な悪魔的行為をさせてるんですか?」

    蛇(ルシファー)「仕方ないよ。自分のためだもの。自分が神になるためには多くの血が必要なんだ。佐藤が認めてくれたら僕はそれで神になれるんだ。佐藤、僕を神だと言ってよぉ・・・」

    私「やはりあなたは神ではない。さっきから自分のことしか考えていない。人間を思いやる気持ち、不遇の者を思いやる気持ちは欠片も無く、神の座にふさわしくない。」
    蛇「お金で転ぶ方が悪いのさ。」
    私「あなたは今、どこにいるのですか?」
    蛇「地獄だよ。」

    私「あなたとの話は終わった。あなたは決して神などではない。あなたが私に権限を得ることはないだろう。私があなたを神と認めることも無いだろう。自分の相応しい場所(地獄)に帰りなさい。」
    と言って、目が覚めたのは午前3時。丑三つ時だった。

    自称「神」のルシファー。あなたはもはや堕天使ですら無い。何故なら、人間である私に地獄に叩き戻されたのだから。


    再度眠りにつくと、ルシファーは今度は堕天使の姿(とは言っても、大きさは私〈173cm〉と同じくらい)で私が葛飾区青戸に住んでいた頃の貧しいアパートの玄関前に現れた。 (この時は地獄に落とされた直後だったからまだ力があったのだろう。)

    身体や首の回りに無数の白い蛇を巻きつけ、「これあげるよ。僕の友達なんだ。白蛇様っていうんだ。いるだけでお金の回りが良くなるよ。」と言って、頭部が菱形の目の青い、真っ白な蛇(50cmくらいの大きさ)を微笑みながら手渡して来た。

    私の手に渡されようとすると突然、不動明王が私の背後から降魔の剣を白蛇の頭に突き刺した。

    白蛇を滅多切りにし、降魔の炎で焼き尽くし、灰にしてしまった。
    ルシファー「僕の友達がぁ・・・」

    そう言うとルシファーは力無く消えてしまった。


    あえて言おう。ルシファーよ、あなたに力が戻ることは永久に無いだろう。何故なら私は今後何年間、神の時代にするか決定する権限を委ねられている。

    百年でも千年でも一万年でも、私が決定出来るのだ。
    私の決定は「永久」である。すなわち、二度と悪魔の時代は来ることは無い。

    したがってフリーメーソン・イルミナティ等、悪魔崇拝者の時代は二度と来ることは無いのである。
    新世界秩序などということは有り得ないのである。

    霊的世界での決着は既に着いた。あとは現実世界の悪魔崇拝者残党を掃討するのみである。
    拝金の神の名をカタル悪魔に、もはや力は残って無い。

    大天使ウリエルの御名により、思いやりと心優しき者の時代となる。不遇に生まれた者たちが、報われる時代となってゆく。

    二匹の獣が私の手によって無残に敗れるのは時間だけの問題だ。

    特権を貪る者たちよ、悪魔に魂を売りし者たちよ。法を自己都合で操る者たちよ、あなたたちの時代は終わった。

    もはやあなたたちが私の上に立つことは無い。神が定めし救世主は私である。

    私の言葉を聞かぬ者たちは、大天使ウリエルの御名によって敗れ、消え行く運命にある。その時、救われることは二度と無い。


    ついでにもう一つ告白しよう。
    今、私は様々な世界の神々たちからスカウトを受けている。

    皆様、私への協力を申し出てくれている。 現在、ウリエルを筆頭に釈尊様、不動明王、ハヌマーン、そしてウリエル以外の四大天使すなわちミカエル、ラファエル、ガブリエルが来て下さっている。(たまにお地蔵様〔正確には地蔵菩薩様という菩薩である。〕も応援して下さっている。)

    大天使ウリエル一人の前に敗北を重ねたあなたたちが、これらの神々から支援を受けている私に勝利する要因があるのか考えて頂きたい。

    ウリエル対ルシファーの戦績は今回まで合計してタイマンでウリエルの4勝0敗。
    完全にウリエルが圧倒的にルシファーごときより上であるのは歴然である。
    ルシファーはこれまで天使に化けてウリエルを欺いたことはあっても、戦って勝利を得たことなど一度すら無いのである。
    この事実を再認識して頂きたい。

    あなたたち悪魔主義者の金と権力の源泉であるルシファーはすでに私と大天使ウリエルの手で倒された。

    悪魔崇拝の儀式はすでに意味を成さない。あなたたちの邪悪な心をわずかに満たすのみである。

    知って頂きたい。すでに世界はあなたたちの手で動いていないことを。 残滓でまだ戦うか!?
    拝金の時代も、暴力の時代も、悪魔の跋扈する時代もすでに終わりを迎えている。

    あなたたちの手で無残に殺されていった不遇の霊を私の味方とするだろう。
    理不尽を極め、邪淫と快楽にふけっていたあなたたちに、私は理不尽を与えよう。

    時は満ち、日は昇る。金星はもう輝くことは無い。あなたたちに光差すことは二度と無い。

    わずかに守る権力も、私の手で犯される。金で人間の魂は買えたかい?
    所詮、あなた方は権力に胡坐をかいて来た人間に過ぎない。

    多くの苦難を乗り越え、金と権力に抵抗し、救世主の座を与えられた私に勝てるというのなら、その傲慢に満ちた挑戦を受けてあげましょう。「後悔」という言葉では済まない地獄とともに。

    消え去るがいい。大天使ウリエルの御名のもとに!
    知るがいい、私の魂は第二の使徒、森田史彦とともにあることを。
    posted by 真 救世主 at 12:08| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月10日

    ユダの福音書W〜ユダの裏切りの理由〜(捏造多々あり)。


    ユダの福音書
    http://www.youtube.com/watch?v=KTO3zHGIDCY&feature=related
    ユダの福音書W〜ユダの裏切りの理由〜

    ■ユダの死
     新約聖書によれば、ユダの最期は悲惨だ。
    ・ユダはイエスを裏切った後、首をつって死んだ 【マタイによる福音書】
    ・ユダは体が真ん中から裂け、はらわたが飛び出て死んだ 【使徒言行録】

     なんともおぞましい最期だが、これが新約聖書の共通見解というわけではない。ユダの死が記されていないもの、さらに、ユダの記述がないものある。とはいえ、「ユダ」が登場すれば、必ず、非難、罵倒の嵐。中でも最悪は、
    ・生まれてこなかった方が、その者のためによかった 【マルコによる福音書】

     一方、ユダの裏切りには謎が多い。新約聖書によれば、イエス キリストは神の子。もうしそうなら、神の目ですべてお見通し、ユダの裏切りも予測できたはずだ。ところが、イエスはユダによってローマの官憲に引き渡され、ゴルゴダの丘で磔(はりつけ)にされた。一方、イエスは人間の罪を背負うために、あえて磔(はりつけ)にされたという説もある。では、永遠の裏切り者にされたユダの立場はどうなる?じつは、ここに新約聖書の矛盾がある。

     新約聖書によれば、イエスの教えは「比類なき絶対愛」であり、もし、それが本当なら、どんな崇高な目的があったにせよ、自分の弟子をおとしめるはずがない。もちろん、イエスがユダにだまされたのなら話は別だが。だが、そうなると、今度は、
    「イエス=神の子」
    に矛盾する。全知全能の神の子が、人間にだまされるわけがないから。

     もっとも、宗教は本来、こんな思弁的なアプローチはとらない。創始者や聖人の経験を絶対的真実とし、
    考える前に信じなさい

     しかし、この世界は
    「因果の法則=論理」
    で運用されているのは確かである。思弁的アプローチを放棄すれば、真実への道は閉ざされる。

    ■ユダの福音書【聖なる世代】
     2006年に解読を終えたユダの福音書は、正統派が忌み嫌うグノーシス主義の異端の聖書だ。タイトルが示唆するように、ユダは聖人とされ、その他の12使徒、それに続く正統派キリスト教会は糾弾される。イエスの名を語り、人々をたぶらかし、世界を破滅に導く偽りの支配者として。そして、審判の日には、みんな地獄に堕とされるのだという。

     ユダの福音書には、もう一つテーマがある。世代について。人間は「聖なる世代」と「人間の世代」にわかれ、前者は不滅の魂をもち、後者は肉体が死んだ時、魂も滅ぶという。具体的にみていこう。
     ユダの福音書 ・・・

     ユダは、イエスに言った。
    「先生、あの世代(聖なる世代)は、どのような実りをもたらすのですか」

     イエスは言った。
    「あらゆる人間の世代の魂は死ぬ。しかし、聖なる世代の人たちは、地上の時を終えても、肉体が死ぬのであって、魂は死なず、天へ引き上げられる

     ユダは言った。
    「では、他の人間の世代はどうなるのでしょうか」

     イエスは言った。
    岩に蒔いた種から実りを収穫することはできない」

     岩の上に蒔かれた種は、実を結ばない。つまり、「聖なる世代」以外の人間は、死んだら、おわり。一方、ユダの福音書のどこを読んでも、2つの世代を見分ける方法が記されていない。それがせめてもの慰めだが。

    ■ユダの福音書【ユダの星】
     ユダの福音書は、イスカリオテのユダの名を冠する。そのため、ユダは他の12使徒より位格が上位におかれている。ところが、ユダの福音書によれば、ユダが初めから聖人だったわけではない。

     ユダの福音書 ・・・

     ユダはイエスに言った。
    「私は幻の中で、あの12人の弟子たちが私に石を投げて、私のことをひどく虐げるのを見ました」

     この幻は、ユダが他の弟子たちに裏切り者よばわりされる未来を暗示している。

     ユダはつづけて、
    「私は家を見ましたが、それは目で測ることができないほど大きなものでした。大いなる人々がその家を取り巻いていて、その家には草の屋根があり、家の真ん中では群衆が ・・・ 先生、私を連れて行ってあの人々の中に加えてください」

     イエスは言った。
    「ユダよ、お前の星はお前を道に迷わせてしまった。死を免れない生まれの者は、お前が見たあの家の中に入るに値しない。あそこは聖なる人々のために用意された場所なのだから」

     ユダが見た「あの家」は「聖なる世代」のための場所であり、ユダに入る資格はないと言っているように取れる。とすれば、ユダは初めは、「聖なる世代」ではなく「人間の世代」に属していたことになる。

     イエスは言った。
    お前は13番目となり、のちの世代の非難の的となり ・・・ そして彼らの上に君臨するだろう。最後の日々には、聖なる世代のもとに引き上げられるお前を彼らは罵るだろう」

     この部分は重要である。通説では、ユダの死んだ後、マティアが12番目の使徒となる。そのためか、ここで、イエスはユダを13番目の使徒と呼んでいる。さらに、ユダは後世の非難を浴びるが、審判の日には「聖なる世代」に引き上げられるという。やはり、ユダは元は「人間の世代」だったのだ。では、なぜ、ユダは後世の非難をあび、最後に特別枠で「聖なる世代」に引き上げられたのか?

     グノーシス派によれば、
    ・この物質世界は、我々を肉体に閉じこめておく邪悪な世界である。
    ・救済とは、この物質世界から逃れ、天の家に還ることである。

     また、ユダの福音書の中に、
    「だがお前は真のわたしを包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になるだろう」
    というくだりがある。

     この2つから、次の解釈がなりたつ。ユダがイエスを裏切ることで、イエスが磔刑に処せられ、肉体から解放される。それはイエスの救済を意味し、その功績により、ユダは「聖なる世代」に引き上げられる。

    ■ユダの福音書【世界の始まり】
     ユダの福音書には、この世界の誕生についても記されている。「ヨハネの黙示録」ほどではないが、抽象的で難解だ。解釈しだいで、どのようにも取れる。しかも、矛盾もある。ただ、旧約聖書とは内容が食い違うことだけは確かだ。

     ユダの福音書 ・・・
     はじめに、無限に広がる御国があった。それは、天使たちでさえ見たことのないほど広大である。そこに、目で見ることができない至高神(霊)があった。それは、天使たちでさえ見たことがなく、どんな思念によっても理解されず、いかなる名前でも呼ばれたことがない。
     ここに登場する「至高神」は、旧約聖書の「唯一絶対神」ではない。ユダの福音書によれば、旧約聖書の神はこの世界を創造したが、その上位に無数の神々や天使がいて、その頂点に「至高神」がある。グノーシス派と正統派の主張はここでも大きく食い違う。
     ユダの福音書 ・・・

     そこに、輝く雲(神の出現をあらわす)が現れた。至高神は言った。
    「1人の天使を、わたしの仕え手として生じさせよ」
    1人の天使を生じさせた。それが、大天使、神、「自ら生まれた者」である。さらに、4人の天使が別の雲から生じ、天上にある自ら生まれた者の仕え手となった。

     「自ら生まれた者」は自力で生じた存在を意味するが、至高神の意志よって生まれたとも書かれている。一見矛盾しているように見えるが、至高神は個々の存在を生む場(フィールド)と考えれば、「自ら生まれた者」をこの世界の起源としてもおかしくはない。実際、ユダの福音書では、「自ら生まれた者」は一人しか登場しない。
     また、ユダの福音書には明記されていないが、「4人の天使」とは正統派キリスト教のミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエルの4大天使をさすのかもしれない。「4」という数字は、古代ギリシャの4大元素(火・水・土・空気)とも関係がある。4大元素は、世界を構成する基本元素で、新しく生まれることも、消滅することもない。つまり、現代の陽子、中性子、電子にあたる。もっとも、最近は、「陽子崩壊」の可能性が指摘され、もし本当なら、宇宙にも寿命があることになる(これは余談)。
     哲学者プラトンも、このアイデアが気に入ったようで、4大元素説を自分なりに発展させている。グノーシス派が、プラトン哲学を継承しているのは確かだが、正統派もちゃっかり「4」を拝借している。ということで、哲学にせよ宗教にせよ、過去の成果物のパッチワークに過ぎない。つまり、完全無欠のオリジナルなど存在しない。
     ユダの福音書 ・・・
     「自ら生まれた者」は、第一の輝く者を創造し、それに仕えさせるため、数万の天使が生じた。「自ら生まれた者」は、さらに、「照り輝くアイオーン」を生じさせた。アイオーンは彼の上に君臨させるために、第二の輝く者を創造し、それに仕えさせるため数万の天使を生じた。「自ら生まれた者」は、同じようにして、他の照り輝くアイオーンをも創造した。
     複雑なので、図式する。つぎのような感じ。

     [至高神] - [自ら生まれた者] - [4人の天使]
                 |
                  - [第一の輝く者] - [数万の天使]
                 |
                  - [照り輝くアイオーン]
                 |    |
                 |     - [第二の輝く者] - [数万の天使]
                  - [照り輝くアイオーン]×n (n = 2,3,4・・・)

     注目すべきは、「至高神」と「自ら生まれた者」だけがシングルトン(一枚札)で、それ以外の天使や神々(アイオーン)は複数存在すること。

    ■ユダの福音書【アダマス】
     ユダの福音書では、続いて「アダマス」という新しいキャラが登場する。「原典ユダの福音書」(※)の解釈によれば、明確に「アダマス=アダム」だが、腑に落ちない。理由は次の一文。

     アダマスは、天使でさえ見たことのない第1の輝く雲の中で、神々に囲まれていた。

     「第1の輝く雲」とは、先の「自ら生まれた者」が生じた場である。この一文からすれば、
    「アダマス=人類第1号のアダム」
    はありうる。ところが、その後を読むと、「アダマス」は、たくさんの神々や天使を生じさせている。人類第1号の「アダム」は、創る側ではなく、創られる側では?ただ、原典のこの部分は、判読できない箇所が多く、主語もうまく読み取れない。そこで、ムリに解釈すれば、次のようになる。

     アダマスは、至高神の意志に従って、不滅の世代を出現させた。その不滅の世代の中に、12の輝く者たちを出現させた。この12の輝く者の12のアイオーン(神の場、神的存在)が、すべての父となった。次に、アダマスは、72の輝く者たちを、至高神の意志に従い、不滅の世代の中に出現させ、72の天が生じた。(1つのアイオーンには6つの天があるので、全部で12×6=72)。
     次に、72の輝く者たちは、360の輝く者たちを、至高神の意志に従い、不滅の世代の中に出現させ、360の大空が生じた(1つのアイオーンに6つの天があり、1つの天に5つの大空があるので、全部で12×6×5=360)。先の12の輝く者の12のアイオーンは、これら360の輝く者たちの父である。
     ややこしいので、この部分も図式化する。

     [アダマス] - [不滅のセツの世代]          ・・・ 第1階層
                 ||
              [アイオーン]×12 - 12の輝く者   ・・・ 第2階層
                |
                 - [天] ×6  - 72の輝く者   ・・・ 第3階層
                  |
                   - [大空]×5 - 360の輝く者 ・・・ 第4階層

     この図の中の、第1階層から第4階層のすべてが「不死の者」。ただし、第4階層とその上位層(第1階層〜第3階層)の間には、大きな断層がある。上位層は、第4階層を「宇宙=破滅」と呼んでいるからだ。ここで言う宇宙とは、われわれが住む世界。天の御国とは違い、朽ち果てていくもの、だから破滅の王国。

    ■ユダの福音書【天地創造】
     第4階層、つまり、この宇宙で、第1の人間が不滅の諸力とともに現れた。彼の世代(不滅の世代ではない)とともに現れたアイオーンの呼び名が「エル」である。そして、ここから、グノーシス派が邪神と糾弾する世界の創造主が出現する。

     ユダの福音書 ・・・
     そして見なさい、あの雲から姿を現した1人の天使を。その顔は炎で輝き、その姿は血で汚れている。彼の名は「ネブロ」と言ったが、それは「反抗する者」という意味である。別の人々は彼を「ヤルダバオート(混沌の子)」と呼ぶ。もう一人の天使「サクラス(愚か者)」もまた、その雲からやってきた。そこで、ネブロはサクラスとともに、6人の天使を創造して助手とし、それらが諸天に12の天使を生みだし、そのそれぞれが諸天の分け前を受け取った(※)

     次にサクラスは、彼の天使に向かって、
    「われわれの姿かたちをそっくりまねて人間を造ろう」
    と言った。彼らはアダムとその妻エバ(イヴ)を造り上げた ・・・ そして、支配者(デミウルゴス)はアダムに言った。
    「おまえは生きながらえ、子供達を残すだろう」(※)

     ここに登場する創造主「ヤルダバオート」は、プラトンが記した創造神「デミウルゴス」のパクリ。ユダの福音書を含め、グノーシス主義がプラトンの影響を受けていることは確かだ。それはさておき、この世界を創造し、最初の人間アダムとイブを造ったのは、「全知全能の唯一神」ではなく、反抗する者、混沌の子 ・・・ まるで、「滅びの子=悪魔」扱い。ユダヤ教にせよ、キリスト教にせよ、正統派が容認できるものではない。

     ただ、最後の
    「おまえは生きながらえ、子供達を残すだろう」
    は、旧約聖書の
    「生めよ、増えよ、地に満ちよ」
    を彷彿させる。正統派とグノーシス派の主張が一致するはこれくらい?

     また、他のグノーシス派の文書には次のような記述がある。

     5つの輝く者は、ヤルダパオートに言った。
    「あなたの霊の一部をアダムの顔に吹きこみなさい。そうすれば、彼の体は立ち上がるだろう」
    ヤルダバオートは霊をアダムに吹きこむと、アダムの体は動き出した。

     ここで、5つの輝く者とは、先の図の第4階層、つまり、天を構成する5つの大空に相当する。ユダの福音書は、他のグノーシス文書同様、第4階層でアダムとイブが造られた点で一致している。ということで、
    アダマス≠アダム

    ■ユダの福音書【サクラスの運命】
     ユダの福音書の中で、イエスは、サクラスの恐ろしい末路も予言している ・・・

     彼らは、約束したことを成就し、わたし(イエス)の名において、姦淫し、彼らの子供たちを殺した後、そのすべてが、そこに生きる生き物たちとともに滅ぼされるだろう。
     意味するところは ・・・
     邪神は使命を果たし、イエスの名のもとに悪事の限りを尽くすが、やがて、生きとし生けるもの、もろとも滅ぼされる。最後に、イエスはユダに伝える。

     ユダ、サクラスに犠牲をささげる人々 ・・・ 邪悪なるすべてのもの。だが、お前は真のわたしを包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になるだろう。
     ・・・
    支配者たちは滅ぼされるだろう。そしてそのとき、アダムの大いなる世代の像は高みに上げられる。なぜなら、天、地、天使たちが存在するより前に、永遠の王国からやってきたあの世代が存在するからである(セツの世代は神に由来する先在的世代だということ)。

     さあ、これでお前にすべてを語ったことになる。目を上げ、雲とその中の光、それを囲む星々を見なさい。皆を導くあの星が、お前の星だ」
     ユダは、イエスを肉体から解放し、それによって、他の弟子たちを超える存在になる。そして、邪神は滅び、アダムの大いなる世代が高みに上げられると結んでいる。

    ■ユダの福音書【ユダの裏切り】
      そして、いよいよ、ユダの福音書の結末、ユダがイエスを裏切るシーン ・・・

     大祭司たちは不平を言った。彼(イエス)が部屋に入って祈りを捧げていたからである。しかし、何人かの律法学者たちはそこにいて、祈りの間に彼(イエス)を捕らえようと注意深く見張っていた。彼が皆から予言者とみなされ、彼らは民衆を恐れていたからである。

     彼らはユダに近づいて言った。
    「お前はここで何をしているのか。お前はイエスの弟子ではないか」
    ユダは彼らの望むままに答えた。そしていくらかの金を受け取り、彼(イエス)を彼らに引き渡した(※)

     これだけ?
     それでも、ユダがイエスをカネで売ったことは認めている。新約聖書とユダの福音書では、ユダの評価は真逆だが、この点では一致している。ということで、ユダがイエスを裏切ったことは間違いなさそうだ
     ユダの福音書は、矛盾もあるし、古典からのコピーもある。しかも、内容はとことん挑発的。とはいえ、1500年前の古文書というカリスマがあるので、思想書と割り切れば、興味もわく。それでも疑問は残る。イエスもユダも存在したとして、なぜ、ユダがイエスを裏切ったのか?ユダの福音書はさておき、もっと、深淵な神の計画があったのかもしれない。
    参考文献
    (※)「原典 ユダの福音書」ロドルフ・カッセル、マービン・マイヤー、グレゴール・ウルスト、 バート・D・アーマン編集/日経ナショナルジオグラフィック社
    posted by 真 救世主 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月08日

    黒ミサ(冒頭;ゾンビ化防御方法付き)陛下はこれを行った!

     
    ゾンビの弱点?あぁ、脳みそ!脳みそ!例え復活してゾンビ化しても、脳がやられてると、人間みたいに活動できない。不可能だ。ようするに「くるくるパー」だ。部屋にいても壁にぶつかって、それでも壁を認識出来ずに前に進んじゃうくらいだ。狭い個室に入れといても、ここが何処だかわかんないから。
    脳をズタズタにされたゾンビなんて、ある意味無害。(狭い部屋に入れといて、鍵かけて食事も何も与えず永久にほっとけ。何も出来やしない。だって脳が無いんだもん。)
    だから頭蓋骨を叩き割るんだ。ゾンビ化しても恐くもなんとも無いだろ?そんなゴミ。動けないんだぜ!?自分の意志で。だからドリルでガンガン頭蓋骨に脳みそ目掛けて穴を空けてやってもいい。頭蓋骨を叩き割る目的は「脳を粉々にする」ことなんだ。
    これでも、ゾンビに復活は出来る。が、上記の通り可愛そうなことになる。
    もちろん不死者(アンデット)系共通の弱点はやっぱり火(炎)だ。両手両足を切断し、胸の上に置き、必ず火葬すること。遺灰は絶対お墓には入れないこと。吸血鬼だったら復活できちゃうからね。海や川にでも流しちゃえ。不可能だろ?海に流した灰を集めるなんて。川も同じ。川に流れて行った灰をどうやって集めるの?不可能。普通の奴等はこれで完全に葬れる。
    銀に神側の呪文を記載して下さい。
    対アンデッド(不死者用呪文)「ジルワン(ZILWAN)」
    そして、納得いかない方(他宗教の方)もいらっしゃるかと思いますが、

    【神側最高呪文】般若心経 摩訶般若波羅蜜多心経。
    (あらゆる悪霊・悪魔に使えます。ベルゼバブ級でも対応可!)
    ピンクの箇所「悪魔が一生懸命忘れさせよう」として来る部分重要箇所!

    羯諦羯諦波羅羯諦         ギャテイ ギャテイ ハラギャテイ GYATEI GYATEI HARAGYATEI
    波羅僧羯諦 菩提娑婆訶 ハラソウギャテイ ボウジソワカ   HARASOUGYATEI BOUJISOWAKA
    般若心經               ハンニャシンギョー           HANNYA SINNGYOH

    こっちの漢字の方銀製の武器「ZILWAN」と彫って記載してから般若心經を彫り刻む。

    これで、一般庶民は対アンデットに対して、火、銀、「ZILWAN」、「般若心經」の4つの武器を手に入れたことになります。
    さらに私のMIXI日記に「聖水の作り方」
    を旧約聖書 列王記下の記述に基づいて対ベルゼバブ(=バアル)戦で用いられたものを
    参考に記載しておきました。↓こちらも参考にして下さい。
    http://takao-sato.seesaa.net/article/253408238.html

    暴力団と月齢
    悪魔は満月が近づくほど、獣性を露わにする。
    暴力団と満月の関係は密接している。
    活動周期が月齢に顕著に現れているのだ。


    悪魔崇拝者は満月に人肉食を行うことが多い。つまり殺人。それも邪悪を極めた形。

    満月に近ければ近い日月ほど、超危険なのだ。


    私が知っている悪魔の手法を一つ紹介しよう。

    個人(誰でも良いが食べたい人物)に電話をかけ、「会いたい!会いたい!」と連呼する。

    そして、プライベートルーム(個室)あたりに呼び出して奥の席に着かせ両横をがっちり固める。帰宅させないためである。

    酒や飲料水には何らかの薬剤を混入している前提の方が良い。

    行ったら最後だと思った方がいい。すなわち「死」を覚悟しろ、ということだ。

    あとは自分の肉を焼肉パーティーされるだけである。
    呼び出されても決して行かないことだ。特に満月は。

    一人で向かうことなど「食べて下さい」と言ってるようなものだ。

    何度も言う、徒党を組め。信頼出来る仲間を多く作りコミュニティとコミュニティの連帯(繋がり合い)を図り対悪魔主義勢力の対抗組織の拡大を図れ。


    ケガレを払う技法を身につけろ。↓旧約聖書 列王記から対ベルゼバブ(=バアル=オシリス)戦の記録。
    【聖水の作り方】
    http://takao-sato.seesaa.net/article/253408238.html

    悪魔儀式における金(GOLD)の秘密を教えよう。
    イルミナティの悪魔崇拝の儀式.jpg
    イルミナティの悪魔儀式

    金ぴかの仏像や部屋、ルックスは単なる金ぴか趣味で行っているのでは無い。
    悪魔儀式で金は「自分をより魅力的に見せる」貴重なアイテムなのだ。

    悪魔儀礼ではGOLDを珍重する。
    あらゆる儀礼でGOLDは登場する。
    人肉食の生贄の際にもGOLDはそばに置かれることがある。

    儀式でより、自分たちを魅力的にする他に、悪魔パワーの有効性をより
    高めるためである。
    悪魔の醜い醜い素顔を隠すために絶対、儀式にGOLDが必要なのである。

    我々地球人は「銀(Silver)」を獲得しろ。
    「銀(Silver)」で武器を作り悪魔主義に対抗するのだ!

    いいか、フリーメーソンはどこまで行っても悪魔主義者笑顔の裏の邪悪に満ちた本性
    忘れるな!



    昨日つまり2012年2月18日=18日だから「666」の日。しかも土曜日。土星は別名「サタン」。
    心臓改造手術という名目であったが、5時間ぴったりで終了していることが全てを物語っている。悪魔儀式を行っていたのだ。
    自分は対救世主対策に「ゾンビ+ヴァンパイア=ゾンパイア」になりやがった。
    そして他人を影武者に悪魔儀式で身代わりにさせて自分は逃亡!

    昨日の一連の明仁の私欲の限りを尽くした悪魔儀式の経過報告。

    ※@かえって重篤な不適合を来す事があるから←超重要情報
    A5時間と言っておいて、ぴったり5時間で終わったのがすべてを語っている ←心臓そのまま確定!

    嫌がる他人を無理矢理悪魔化して影武者にして、自分は魔法薬でゾンヴァイア!で逃げる!
    国民なんか、そっちのけ〜!


    @25
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:29:41.04 ID:eMW5A0NW0
    たぶん別人に入れ替わってる
    A26
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:29:59.19 ID:Yua2d3Uw0
    完全犯罪ミステリー?→若者拉致。
    B28
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:30:16.76 ID:Xgx0MCH+0
    >>21

    マジレスするけど心臓移植は要らない手術だから →心臓手術はしてない。
    C30 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土)
    15:30:26.31 ID:yX6PJL8g0
    やったか!? →殺したか?と言う意味。

    D小魚を食べてカルシウムを摂取して→「小魚=庶民」、カルシウム=頭蓋骨を肉化して食べる。(これがゾンビ化して自分を守る究極の方法。)そして新しい頭蓋骨はアルミニウム製。
    E76
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:34:10.88 ID:vlh78gfZ0

    影武者に入れ替わりました→吸血鬼?ゾンビ?ホムンクルス?
    F87 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:34:48.25
    ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~
    土下座プレイだるかったわ… →悪魔儀式で土下座してムチ打たれたんだ。
    G111
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:36:30.12 ID:2g6kKGnOO

    テレビつけてるけど、どこのチャンネルも中継してない…。

    テレビで中継出来ないことをしていた→儀式殺人!
    H130
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:38:09.43 ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~

    除霊(笑)依頼ばっかりきよる…

    「千円」じゃたらんわい!→フリーメーソンの悪魔儀式で儀式殺人を天皇明仁のために罪の無い若者を拉致って行ったことは確定。


    ※千円札の裏の富士山の湖に映っているのは逆さ富士ではなくシナイ山。


    I18日に手術を行ったとされる(実際は悪魔儀式)理由→「18÷3=666」悪魔の数字「666」の日だから。本日は土曜日「土星=サタン」

    J173 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:42:23.47 ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~

    ダイヤモンドステークス見よ… →ダイヤモンドステークス→ケイアイドウソジン→敬愛道祖神→お地蔵様。
    K266
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:51:52.16 ID:WC2x3SK/0
    今夜、我が家はは寿司と八海山ですわ
    →悪魔が神に化ける時に使うのが酒粕。
    L309 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:55:55.93 ID:zwLO1N7r0

    クッソワロタwwwwwwwwww >>1
         なぜ湖に浮かんでいた?
    ハライテーw
    M313
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:56:26.16 ID:BECQhtck0

    ちゃんとおしっこでてるかなー→魔法薬飲んだか。その効能は?
    N316 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 15:56:54.38
    ID:q27LdhIE0
    >>301
    お前の血は何味だー!→吸血鬼化確定!

    O19:28NHKの天気予報「青森県八甲田山は雪で前が見えないくらい」

    私の背後霊の爺さん(佐藤峰雄は八甲田山の神様になっている。)の力を一時的に削って来たか。
    P368
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:01:28.00 ID:tInNboAcO
    (-_-;)y-~

    ケイアイ道祖神の単勝一万九千円や…
    天皇ボーナスレース恐るべし…→ケイアイドウソジン→敬愛道祖神→お地蔵様。
    Q402
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:05:23.82 ID:2DuTc0+L0
    >>380

    親族の血液は危険だから、当然お前ら平民の血だよ。


    マザー・ゴッデスなどではない悪魔儀式、土曜で今日の丑三つ時は日曜日=黒ミサ!今日、明仁は黒ミサを行う気だ!さらに儀式殺人を行い一般人の肉を食べるんだ!!!

    R449 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:10:12.57 ID:wY6TfFru0

    医者「ごめん」←ほぅ、皇室の方々は戦慄する台詞だな。
    S450 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:10:12.52
    ID:/JB8svB1O
    >>413
    かえって重篤な不適合を来す事があるから←超重要情報
    21)
    :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:10:23.93 ID:2DuTc0+L0
    >>413

    説明してやりたいが、面倒くさい。とりあえず、輸血(飲血)は他人であればあるほどよい。←へぇ、そういうものなんだ。じゃぁ、今日の黒ミサは赤の無実の他人だ。で、自分たちは素晴らしい、か。

    22)484 :名無しさん@12周年:2012/02/18(土) 16:12:00.49 ID:qtKO4WMs0

    5時間と言っておいて、ぴったり5時間で終わったのがすべてを語っている

    まぁな。儀式にそんなに時間かからないからな。


    23)20:56
    浩央「フリーメーソンとかなんだとか言ってるようじゃ(強調して)『もう終わってるべ』。」

    浩央の発言の直後(約0.5秒くらい?)テレビで「完全融合」

    24)2012年2月19日(日)iグーグル掲示板

    陛下「気持ちがいい」…皇后さまに手さすられ

    昨日、陛下が【黒ミサ】を行ったことは間違い無い。確定だ。

    しょうがない、予定変更して黒ミサの続きの記載をしよう。
    どれほど邪悪な行為が行われているかを知ってもらおう。

    100%、明仁は民間人の赤の他人の「赤ちゃん」を食べている。
    邪淫(ホモ・乱交・近親相姦〔度合いにもよるが・・・〕)を行ったのは確実。

    「うんこ」も食べたし、小便水も飲んでいる、存分に。
    気持ちいいのは快楽の限りを尽くした証拠。ゾンヴァイアだから血が美味しいのは当たり前。



    21:51

    浩央「寒みぃな、おい!」←あぁ、なるほどな。アンテッドだから暑い場所ではなく寒い場所の方に逃亡するんだ。死体は腐敗するからな。けど、ヴァンパイアの中間だからそこどうなんだ?


    黒ミサと月(満月に黒ミサは行われる)の関係
    http://takao-sato.seesaa.net/article/254794197.html


    2012年2月19日(日)iグーグル掲示板
    明仁「気持ちがいい」…皇后さまに手さすられ

    昨日、陛下が【黒ミサ】を行ったことは間違い無い。確定だ。
    しょうがない、予定変更して黒ミサの続きの記載をしよう。
    どれほど邪悪な行為が行われているかを知ってもらおう。
    100%、明仁は民間人の赤の他人の「赤ちゃん」を食べている。
    邪淫(ホモ・乱交・近親相姦〔度合いにもよるが・・・〕)を行ったのは確実。
    「うんこ」も食べたし、小便水も飲んでいる、存分に。
    気持ちいいのは快楽の限りを尽くした証拠。ゾンヴァイアだから血が美味しいのは当たり前。


     ※ちなみに中世の夜宴(サバト)は、古代のバッカス祭やプリアプス祭の復活のような形で、もっぱら田舎の野外で行われていたのに、近代に至ると、それが都市の教会内部に侵入し、黒ミサと言う名で呼ばれるようになった。貧しい民衆の開放的なお祭騒ぎが、時代とともに、段々と秘密めいた、陰惨な、密室犯罪的な形に変化していったのである。こうして近代の黒ミサは、民衆には縁遠い、頽廃的な貴族の専有物となった。
     言葉を変えれば、キリスト教の権威が次第に各階層に広まるにつれて、悪魔が民衆を集めて、悪魔自身のお祭をする余地がなくなり、教会内部へ逃げ込んだという訳なのである。従って、黒ミサを執行する司祭は、もっぱら悪魔と取引を結んだキリスト教の破戒僧であった。悪魔はついにキリスト教にとって、獅子身中の虫となったのである。
     黒ミサの起源は、一般に中世フランス南部に広まり、一二世紀の終わり頃、法王グレゴリオ九世の命によって鏖殺(みなごろし)された、キリスト教異端アルビ派から出ていると言われているが、果たしてこのアルビ派がどの程度、実際に悪魔礼拝にふけっていたかについては、確かな証拠はない。エリファス・レヴィの意見によれば、アルビ派とは、善悪二元論を信じるゾロアストル教の頽廃した形だそうであるが、しかし、この一族は、一名純潔派とも言われている通り、極めて厳格な戒律を持った、禁欲的な集団だったことも事実のようである。また、キリストの化肉や十字架の象徴を認めないグノーシス的な聖堂騎士団の流れも、古くから両性具有の悪魔バフォメットを崇拝し、黒ミサ的な秘儀を行っていたと信じられている。

    カトリックが教会で行う神を崇拝する集会のことを「ミサ(Mass)」と言います。「黒ミサ(Black Mass)」とはその真逆の行為であり、悪魔を崇拝、信仰し、その力を得んとする儀式や集会のことを言います。
    黒ミサとはなにか

    ◆ミサと黒ミサの違い

    まずミサには、神に祈りを捧げ賛美歌を唱和する一連の流れがありますが、黒ミサには決まった形式はありません。しかしながら、黒ミサはミサに逆行する物としての立ち位置であり、ミサのあらゆる物や手順を逆さまに執り行うという原則があるとも伝えられています。つまり、祭壇には十字架を逆さまに吊るし置いて、それに祈るのではなく、踏み付け唾を吐きかけ冒涜して、神聖さを汚すのが黒ミサの大きな流れだとされているのです。またミサにおいては、キリストの聖血に見立てて聖別されたワインを信徒が飲みますが、黒ミサにおいては水や幼児の血を飲んだとも言われています。悪魔崇拝信徒たちは黒ミサ儀式の中にあって、あらん限りの方法で神を冒涜し、暴力と淫行に耽り、悪魔を呼び出しその力を得ようとしたのです。ここまでして悪魔の力を求める根底には、ミサが神の力を借りて奇跡を起こす儀式ならば、黒ミサによって悪魔の力を借り、魔術を使って黒い奇跡が起こせるのではないか、という主義・思想がそこにはあるからなのです。

    ◆黒ミサの悪魔召喚儀式

    辺り一面が深い暗闇に覆われた深夜の11時。時の鐘の音とともに、黒ミサの儀式は幕を開けます。多くの場合、荒廃し打ち捨てられた教会の跡地で儀式は執り行われました。そこに司祭が到着すれば儀式が始まります。この場合の司祭とは、すでに聖籍を剥奪された者を言います。黒色や血の色に近い衣装をまとい、黒いキャンドルの炎が揺れ立つ汚れた祭壇の上に十字架を置き(ときには女性が生け贄として捧げられたとも言います)、聖書を逆から読むことで悪魔へ向けての呪句としたのです。そして黒ミサの悪魔召喚の儀式は、深夜0時を迎えると同時に、静かに終わりを迎えるのでした。

    ◆タブーとされた黒ミサ

    現代に伝わるこうした黒ミサの儀式内容は、14世紀頃に始めて知られるようになったと言われています。ちょうどその頃は、教会が異教を強く迫害していた時期であり、教会=神に反して、信仰放棄と悪魔崇拝から黒ミサは興ったものと考えられています。成熟したカトリック社会の時代では、黒ミサは到底容認できる行為ではありませんでした。そのため、参加するメンバーもお互いが深く秘密を守ることを誓い合い、結果として悪魔信仰の秘密結社としての集合体がいくつかできあがったと言われています。しかしながら、7世紀初頭にはこうした儀式めいた集会が行われたとか、いやいや19世紀に入ってからだ、という説もあり、いったいいつから黒ミサの儀式が執り行われるようになったのか、定かではないのが実情です。


    黄金の夜明け団〜魔術の伝承と知識から
    フリーメーソン ルシファーの目.jpg
    黄金の夜明け団のホームページに昔、貼ってあったフリーメーソンのシンボルマーク。ありがと!

    黒ミサとは何か?(悪魔の言い分。)

    カトリックが教会(=同じフリーメーソン【悪魔崇拝者同士がかばい合うためカトリックの擁護】)で行う神を崇拝する集会のことを「ミサ(Mass)」と言います。「黒ミサ(Black Mass)」とはその真逆の行為であり、悪魔を崇拝、信仰し、その力を得んとする儀式や集会のことを言います。

    ◆ミサと黒ミサの違い

    まずミサには、神に祈りを捧げ賛美歌を唱和する一連の流れがありますが、黒ミサには決まった形式はありません。しかしながら、黒ミサはミサに逆行する物としての立ち位置であり、ミサのあらゆる物や手順を逆さまに執り行うという原則があるとも伝えられています。つまり、祭壇には十字架を逆さまに吊るし置いて(逆十字)、それに祈るのではなく、踏み付け唾を吐きかけ冒涜して、神聖さを汚すのが黒ミサの大きな流れだとされているのです。またミサにおいては、キリストの聖血に見立てて聖別されたワインを信徒が飲みますが、黒ミサにおいては汚れた水(小便)や幼児の血を飲んだ(当然、殺し。)とも言われています。悪魔崇拝信徒たちは黒ミサ儀式の中にあって、あらん限りの方法で神を冒涜し、暴力と淫行に耽り、悪魔を呼び出しその力を得ようとしたのです。ここまでして悪魔の力を求める根底には、ミサが神の力を借りて奇跡を起こす儀式ならば、黒ミサによって悪魔の力を借り、魔術を使って黒い奇跡が起こせるのではないか、という主義・思想がそこにはあるからなのです。

    ◆黒ミサの悪魔召喚儀式

    辺り一面が深い暗闇に覆われた深夜の11時。時の鐘の音とともに、黒ミサの儀式は幕を開けます。多くの場合、荒廃し打ち捨てられた教会の跡地で儀式は執り行われました。そこに司祭が到着すれば儀式が始まります。この場合の司祭とは、すでに聖籍を剥奪された者を言います。黒色や血の色に近い衣装をまとい、黒いキャンドルの炎が揺れ立つ汚れた祭壇の上に十字架を置き(ときには女性が生け贄として捧げられたとも言います)、聖書を逆から読むことで悪魔へ向けての呪句としたのです。そして黒ミサの悪魔召喚の儀式は、深夜0時を迎えると同時に、静かに終わりを迎えるのでした。

    ◆タブーとされた黒ミサ

    現代に伝わるこうした黒ミサの儀式内容は、14世紀頃に始めて知られるようになったと言われています。ちょうどその頃は、教会が異教を強く迫害していた時期であり、教会=神に反して、信仰放棄と悪魔崇拝から黒ミサは興ったものと考えられています。成熟したカトリック社会の時代では、黒ミサは到底容認できる行為ではありませんでした。そのため、参加するメンバーもお互いが深く秘密を守ることを誓い合い、結果として悪魔信仰の秘密結社としての集合体がいくつかできあがったと言われています。しかしながら、7世紀初頭にはこうした儀式めいた集会が行われたとか、いやいや19世紀に入ってからだ、という説もあり、いったいいつから黒ミサの儀式が執り行われるようになったのか、定かではないのが実情です。

    ◆黒ミサとサバト

    付け加えておくならば、魔女は悪魔を信仰しているのではないため、黒ミサを行うことはありません。魔女はあくまで悪魔と対等の立場となり、契約を結んでその力を利用しこそすれ、その支配下に置かれるということはないのです。魔女の行った集会・サバトと黒ミサはその点で異なっているのです

    黒ミサ、サド侯爵/リヨン@

    遠藤周作「冬−霧の夜」から

    Saderayr2_2 Marquis de Sade
    (1740 - 1814)

    パリ、マルセイユについで、フランス第三の都会であるリヨンは、フランドルのブルージュと共に欧州でも有名な「悪魔的な都」として知られている。
    フルピエールの丘の向こうには、サディズムのサド公爵が刑罰をうけた、ピエール・アンシーズの牢がある。

    リヨンがブルージュと共に「悪魔的な都市(日本では六本木・八王子あたり。東京タワーは悪魔の塔!)」といわしめたのは、黒ミサのためなのである。
    「黒ミサ」、それは基督教の「ミサ」に対して、悪魔的に捧げられる「ミサ」の事である。
    このミサによって、信者は、悪魔に魂を売る代わりに地上における幸福(現世利益)を叶えられると云う。
    破門された聖職者や異端神学者、あるいは、基督に対する嫉妬の炎(ルサンチマン)に燃えた者の名残りが、中世には、こうしたミサに関わった。
    ミサのたて方は、敢えて書くことの出来ない程、残忍、淫靡、不潔なものだが、その「黒ミサ」が、
    リヨンのサンジャン・キャルチェではひそかに行われていたのである。

    わたしが調べた限りでは、1970年頃、それが確かに行われていた事実がある。
    今日ですらも、リヨンで行われていると、わたしは信じている。
    この町の恐ろしい悪魔の相については、また書いてみたいと思っている。
    そしてサド侯爵についても研究したいと考えている。

    黒ミサ、サド侯爵/リヨンA

    Rxzfv4xu 黒ミサ。ミシェレの「魔術師考証」には比較的、詳しく書かれているが、それによると、此の祭式は大体、次の段階で始まる。
    司術者は普通、老婆であるが、稀には若い娘である事も許される(幼女は絶対にいけない)。
    黒ミサのはじまりは、基督の否定と、それに代わる悪魔の信仰によって、行われる。
    司術者は背中に面か、マスクを背負う。

    悪魔信者はこの祭式に立ち合う時、必ず、女を同伴しなければならない。
    その女は、姉妹や又妻であってはならない。
    肉親以外の女を連れてこねばならぬのである。
    悪魔信仰の誓いがすむと信者たちは酒盛りをする。
    酒盛り後、各自は互いに背と背をむけ合い、手を背後にくんで、乱舞する。
    これは、次の祭式の残酷さの前奏とも云うべきで、酒に酔った信者は、互いに相手の顔をみる事なく、蹴り合い、黒い凶器の炎に身をこがし始める。
    こうして一同が、ある群集的狂熱に酔った時、祭壇が初めて運ばれてくる。
    祭壇は、生きた女の白い肉体である。
    この女の裸体の上で司術者と信者は悪魔との交流をするのであるが、その前に、更に一同を淫靡なエクスタシーに陥としねばならない。
    生きた祭壇となった女は、信者の一同になすがままになっている。
    その皮膚は徐々にひき裂かれ、又、熱い火のしを押しあてられる。
    女が苦しみ叫ぶと共に、一同の奇怪な興奮は、更に烈しくなる・・・。

    その次の事については、わたしはもう、書く勇気がない。
    邦訳もされた、T・K・ユイスマンスの「彼方」という
    小説には、悪魔主義の彼方に遂に偽の神ルシファーの栄光をみて、カトリシスムに改宗したこの作者の、もっと怖ろしい、もっと恥ずべき黒ミサの描写を、白昼夢のように覚えていられる。
    黒ミサ3.jpg
    黒ミサで祭壇となった女性。彼女はこれから「食べられる」。

    又別のカトリック作家のズニエル・ロップスの小説「模索の魂」は、一人のリヨンの大学生の精神的彷徊を語ったものあるが、そこでも、やはり、この青年が、サンジャン区のある古い家の屋根裏で黒ミサにたちあう戦慄すべき描写がある。

    わたしは、この中世さながらのキャルチャや「黒ミサ」を自分の時代から遠いものと隔てたくなかった。
    ニュールンベルグや、ポーランドにおけるナチズムの虐殺、拷問、また、我々日本人自身がフィリピンや南京で犯したものの心理の裏には、黒ミサ的な肉欲(邪悪)がかくれているのだ。
    そうした一種のフェチシズムは時として、現代の文学の中にものぞかれさえするのである。

    デニイ・ド・グウルモンは「悪魔の影響」という本の中で、現代人における、そうした黒ミサ的な逆しまの神秘主義を詳しく分析している。

    ジュリアン・グリーン Julien Green

    ジュリアン・グリーン Julien Green
    ジュリアン・グリーン Julien Green グリーン「日記」全3巻。第2巻と第3巻の間に戦争がはじまる。グリーンは連絡将校として召集される。ここではもう死や夢を考えているグリーンというよりは戦争とヒューマニズムとを思索する人間がいる。
    ジイドと『N・R・F』作家群像

    ジュリアン・グリーンの日記は、シャルル デュ・ボス (Charles Du Bos)の日記と本質的に違うのである。
    デュ・ボスの日記は、彼の評論のいわば原稿であった。
    彼は評論を書くために日記を書いたのだ。
    だが、グリーンのそれは、彼の内部的な苦しみから逃れるはけ口だったのである。

    クロソウスキー『わが隣人サド』

    影のないものは私の心をひかなくなった。
    かねてから読みたいと思っていたクロソウスキー『わが隣人サド』が手に入り、よみ始める。

    ”創造の行為は、失墜の結果そのものである。
    なぜならば、それは、神に対する、精神による創造者の反抗だからである。だから、創造の全体が、呪いのしるしを帯びているのであり、人間の肉体は、あらゆる肉的な器官と同じく、神なる造物主の影像ではなく、精神の幽閉の姿である。”

    1、何故か?サドは悪を善にはないものととらえたわけではなく、
      悪を一つの創造としてとらえていたから。
    2、サドは悪を不毛と考えなかった。悪を通して、人間は創造できる。
      悪の創造の意義を、神の信仰に挑んでみようと考えた。
    3、聖者の神秘主義があるように、悪の神秘主義をサドは考えた。

      性欲と残忍性を考えること、これは、わたしが長い事考えていた事で、サドはわたし自身の思想を托するように形を変える。
      それでも構わないと思う。←構うに決まってるだろ!ボケ!

    サド/アルクイユ事件(アルキュエイユ、パリ近郊)

    夜、アルクイユ事件(アルキュエイユ、パリ近郊)をモーリス・エーヌ(Maurice Heine)や『悪徳の栄え』に従って調べる。
    ローズ・ケレルという乞食娘をサドが初めて実験に使った事件である。
    (フランス語出来ればいいのだけれど・・・サドについてはパリの国立図書館に文献がたくさんあるよう。)

    この調述書でローズとサドとの対話である。
    ローズは、こんな事で死ぬくらいなら、懺悔させてくれとサドに言うと、サドはそれじゃ俺が聞いてやるという場面、
    (それは復活祭の前日で、ローズは懺悔を怠けたから)
    このローズの性格、悪女のようなものがある、と吹き出した。

    サド関連、フランス文学は在庫がないのか、2〜3週間待たされる。
    本ばかり買って、もう少し節約しないと・・・・、
    次からは中古を探すか、図書館に頼むことにしよう。





    <a href="http://x8.tsunokakushi.com/bin/gg?105065800" target="_blank">< img src="http://x8.tsunokakushi.com/bin/ll?105065800" border="0"></a><br>< span style="font-size:9px">[PR] <a href="http://futures.rentalurl.net" target="_blank">商品先物取引</a></span>

    フロイト『夢とその解釈』

    サドのマルセイユ事件について調べる。
    この事件はアルキュエイユ事件より更に7年、後者よりもっと(精神文学的に)サディズムとマゾヒズムの関係をあらわしているように思われる。

    フロイト『夢とその解釈』を読み終わって。
    わたしは昔から暗黒な事件、暗黒小説、暗黒世界に対する傾向があると思う。

    フロイトの夢についての分析法を形をかえて夢の中で、全く無意味とみえるアクセサリィの部分に解釈の鍵があるとフロイトは言う。
    多くの言葉の中には意識して発した言葉や書かれたものより、無意識で言った言葉や書かれた部分にその人の秘密をとく部分が多いのだ。

    ずっと探していたことに
    <階段>は夢の中ではいかに理解されるかを発見。
    <階段><上昇運動>は性的関係を示す。
    しかし、フロイトは、この解釈は、
    例えば<杖><木の根>すべて固いものが男性的象徴をあらわし
    <洋服ダンス><箱><車>が女性的象徴をあらわすという固定した解釈程、確実性がないといっている。

    もし<階段>が、性交関係を暗示するならば、思った以上に情欲と暗黒(死)の結びつきを(フロイトが)考えているということなのかと驚く。
    ※フロイトはなんでも(とは言えないけど)結論的には「性的」な方向へ行ってしまいます。ご注意下さい。

    サンジャン・キャルチェで起こった例

    サンジャン・キャルチェで起こった例には、次のようなものである。
    ある一人の女性が、許婚者の青年の家で死んだ。
    警官が知らせをうけて赴くと、屍体は台所の椅子に横たえられ、許婚者の話によると、階段をおりそこない、地下室に落ちて死んだという。

    しかし、調べてみるとその女性の手足には、鎖で縛られた痕跡があり、更に体の各所は残酷な焼傷をおっている。
    しかも、その体は、ひどくやせ細り、あきらかに幾日も食事をとらされなかった事を示している。

    警官はこの女性の死をもう、過失ではなく、あきらかに他殺であると考えた。
    事実、この娘は、許婚者の男と、その母親と、叔母であるオールド・ミスとに、鎖がらめにされ、火であぶられ食事もあたえられず、遂に拷問死させられたのである。

    何か中世紀を思わせるイヤな事が、現在もこの様に、この地区では陰微に行われている。
    降霊術や占いはいうまでもないが、『黒ミサ』が現在も続けられているのではないかと。

    ネクロフィラスト(覚醒?キチガイだろ。)

    『悪霊の午後より』

    ・ボナベントーレ『悪魔に憑かれた者』(13世紀)
    手首に二匹の蛇がからみあった形の痣、とがった耳。
    西洋では昔から悪魔の徴(しるし)とされている。

    ・ルタンの悪魔に関する12章やブリエコフの悪魔の世界、メールリングの悪魔の存在。

    ・悪魔は何をやっても良心の後悔を感じることがない。
    (昼と夜の全く別の顔を持つ)

    ・潜在欲望は別にサディズムやマゾシズム、ホモの欲望、レズの欲望のような性的なものとは限らない。
    人間の心にはそれぞれ、びっくりするような異様な願望が隠れている(と言うことになんとしても悪魔たちはしなければならない!)。
    そしてそれは、当人さえ気づいていない。←初めっから無いからだ。当たり前だろ。
    その潜在欲望を人の心に触発される能力をもつ人間がいる。
    (これは学術的にはネクロフィラストという)

    ・悪魔払いはラテン語のほうが悪霊に対する
    特別な破壊力を持つ、悪魔払い21の注意事項。

    ・闇は悪霊のうろつく場所であり、四つ辻も危険。
    夜の11時〜深夜2時。

    ※帰れ!星に帰れ!二度と地球に来るな!!!

    遠藤周作魔女論は 小説悪霊の午後》などに明瞭である。これに対する批判は 《遠藤周作ノート》で試みたが 遠藤が次のように言うときそれは 真である。

    ――それで私は英子さんはそのような潜在欲望を人の心に触発させる能力をもった女(※あぁ、これが覚醒の意味?小っせぇ覚醒だな。本物を知らない連中は。)――これを学問的にはネクロフィラストと言うのですが――そんな女ではないかとあの時は考えたわけです。
    遠藤周作悪霊の午後 〈渦〉)
     
    悪霊の最大の詭計は悪霊などこの世に存在しないと人々に思わせることにあります。


    言いかえるとこの意味は あの生活原理を議論するとき――井戸端会議でよいのだが―― 縄文人的知性は ありもしない存在〔の視点(エールとかの偽造の神。いません確定。)〕によって人間の存在と社会と歴史を裁断するということです。弱きわれわれは なお前史に寄留している。


    止む終えない・・・馬鹿過ぎる。
    緊急企画佐藤高央保育園開園!

    私はねぇ、悪魔の言う
    覚醒という言葉を聞いてから「何!?覚醒≠セと!?マジかよ・・・」と実は内心思っていた。
    が、真実のその姿を知って
    あまりの小ささに驚いた
    そこで、アホの宇宙人たちに「いろは」の「い」から教えるために「佐藤高央保育園」を開園する決意を固めた。
    心して聞くように。

    悪魔の言う覚醒=ィ「うんこ」「ホモ」「人殺し」「無理矢理」目覚めたことにすること。キチガイ。←シャブのやり過ぎ。

    悪魔主義者A「佐藤高央園長!【うんこ】は食べちゃいけない物なのでしょうか!?」
    私「うん!人間として当たり前だよ!!!トイレに流そうね。」
    悪魔主義者B「佐藤高央園長!僕・・・男同士でSEXしろって言われてるんですけど・・・」
    私「うん!立派なキチガイだね。性行為は男女間で行うのは常識だ。悪魔主義者たちにはそれすら無い。」
    悪魔主義者B「だけど、僕ぅ・・・男の子とHなことしたい気持ちもチョットあるかも。」
    私「うむ!病院行きなさい。精神科だよ。入院して早く治しましょうね。」

    悪魔主義者C「邪悪がしてぇ・・・人殺してぇんだよぉ!!!園長!・・・」
    私「発砲を許可する。射殺せよ。(論外)

    私「はい、園長
    先生の教えたことがみんなわかったかなぁ?」

    悪魔主義者たちA「???あれ?なんで人殺しちゃいけないの?黒ミサガンガンやりまくりたいじゃん!赤ちゃんの肉の味忘れられんわぁ・・・」
    悪魔主義者たちB「大丈夫だよ。園長先生いないとこでバレないようにやれば!裏切りなんて余裕じゃん。
    悪魔主義者たちC「人殺しダメ。邪淫もダメ。つまないじゃん、この星。よし!顔だけ反省、心でベロ出そう!」
    悪魔主義者たちD「わかってないなぁ・・・園長先生。嘘つきが真実だ!って言ってるじゃん!キリストの言う真実と嘘つきの俺たちの言う真実とどっちが上かもわからないの!?悪魔に決まってるだろぅ!」

    みんな、写真を見てくれ!これは食べ物かな?

    スカトロ.jpg
    悪魔主義者たちA「食べ物〜!!!」
    悪魔主義者たちB「必要悪〜!!!うんこパワー全快!」
    悪魔主義者たちC「やっぱ、【うんこ】は外せねぇよ。大切な【エネルギー源】だ!」

    私「う〜ん、イカレテるねぇ・・・これはね、トイレに流す≠フ。人間として当たり前!
    悪魔主義者A「人間食べちゃダメぇ〜?」
    私「ダメでしょ!他人様が嫌がることをしてはいけません!」
    悪魔主義者B「憎しみ合わせねぇとよぉ・・・俺の金が!!!」
    私「大人になったらちゃんと働こうね。地球人たちの方が君たちよりも全然優れているから。ハッキリ言って。サボり過ぎ。」
    悪魔主義者C「ちょっと待ってよぉ!園長先生!私たちは選ばれし優秀な人種≠ネんですよ!そこがまるでわかってない。」
    私「優秀なら真っ当に働いて成果を謳おうね。それが筋でしょ?君たちが出来るのは試験だけでしょ?他に邪悪以外で出来ることは何かな?」
    悪魔主義者D「全くさぁ、先生、俺たちが優秀な選ばれた人種である大前提でものを考えてくれないと困るのよ!?」
    私「自分の都合だけでしょ?他の人々のことはどれだけ考えましたか?」
    悪魔主義者D「何故、選ばれし優秀な統治者たる俺たちが下民のことなど省みる必要がある?搾り取るのみよ。そして犯し食う!」
    私「あと数年で終わりだから。こういう時代は。」

    1557年ブラジルで行なわれたカニバリズム.jpg
    昔のフリーメーソン(悪魔崇拝者)の人肉食祭り←行っているのは(悪魔の言う【小せぇ】)覚醒者)≠スち。

    私「処置不可能と判断せざる負えないな。狂ってるなんてレベルじゃない。基本、極刑だな。」
    悪魔主義者たち「やって見ろや!!!ゾンビは確実に殺されるからヴァンパイアにでもなってやるわ!」
    私「すでにヴァンパイアも一般人でも殺せるように方法記載済みだけどね。あ、あと。拝金教&奄ッたね?どうすんの?」

    黒ミサの実際
    黒ミサ4.jpg
    皆さんは実際の「黒ミサ」なるものをみたことがないと思う。

     ところが、横須賀/横浜/都内を中心に活動している「BS(略称)」という会は、会員以外にも本物の「黒ミサ」を公開する希有な会なのである。
     このBSという会の会長に特別な許しを得て、ここのそのミサの様子を何枚かの写真によって紹介したいと思う。

    (なお、BS この黒ミサは「ある願望」を達成したいという女性が、「身も心も黒魔術の神に捧げ、願望の成就(現世利益)を願う」というものであった。
     前段階として「清め」(この部分は非公開だった)を済ませた「司祭」と「助手2名」そして「依頼者である女性」が黒い布で覆われた斎場に入場する。
     魔術の輪の外で女性は全身をマントでくるまれ目隠しをほどこされる。 次に、司祭の命令で助手が女性を魔法円の中に導く。

     参列者は私を含め10名ほど。そしてミサが始まった。

    黒ミサ5.jpg黒ミサ6.jpg
    ミサは「黒魔術の神(バフォメットもしくはルシファー【死亡済み】)への祈り」「召喚呪文(エノク語?)」「供物授受(人間)」とすすみ、開始から1時間弱、いよいよ「黒魔術の神」へ女性の肉体を捧げる段階へと入る。

    黒ミサ7.jpg黒ミサ8.jpg
    左の写真の魔法円に不思議な小さな稲光のようなものが写っている。撮影時にはもちろん無かった。これが召喚された「霊体」か?

    香がもうもうとたちこめ、息苦しいほどだ。その煙の中で助手たちが女性の体に「香油」を塗り、儀式はすすんでいった。
     その後の様子について、この場で書くことはできないが、写真でおおよその見当はつくと思う。
     約2時間ほどで儀式は終了した。
    黒ミサ3.jpgバフォメット2.jpg
     もしあなたが黒ミサに参加したいのであれば、そして彼らが「黒魔術の悪魔」として崇拝する「悪魔」の力で願望を成就したいのなら、紹介してあげてもいい。
     彼らはこうした公開ミサを都内のホテル等で毎月のように行っているとのことだ。
     費用について書いておくと、願望を達成したい人は1回5万円から(儀式によっては30万円を超えるらしい)、参列者は1回5万円程度、見学者は1回15万円とのことである。
     この費用が高いか、安いかは別として、黒魔術の儀式を目の当たりに見る機会は、長い一生を送ったとしても、出会える可能性は非常に少なく、その希有な体験は、オカルティズムに対する考え方を、根本的に変えることだろう。


    参考までにね(アピール、アピール)。

    2012年3月3日 6:42
    iグーグル掲示板「入園拒否される・・・山梨(山を経験して来なかった)保育園で・・・」←キッツイな。もう、一般社会は全世界「悪魔お断り!」なんだね。

    2012年3月4日 0:48 2ちゃんねる

    18 :マドモアゼル名無しさん[sage]:2009/05/30(土) 00:17:51 ID:KI29HQNp

    「身の程を知れ、愚かな肉塊どもよ。」 ←謙虚さが足りない。
    「妄は、太陽の姫君也。」 ←悪魔確定。
    「未だ己を理解せず選んだ妄想(ゆめ)みるか…卑しき人形。」 ←まるでお前が己を理解しているかのような台詞・・・私には到底言えない。身の程をわきまえていますから。
    「棘道と剣山の頂上、超えてさえ覚醒(めざ)め無しか…。」 ←あなた方と違いまして【本物の覚醒】を存じておりますので。
    「我が蕾を護る白蛇、適う者無。」 ←所詮「金(マネー)」か・・・「適う」?漢字間違ってない?「敵う」だろ!あぁ、馬鹿か。

    「永遠の無へと、帰れ。」 ←お前らは無にすら帰れないよ。地獄行って蝿かゴキブリの転生の永劫が待っているのだから。

    私「まぁねぇ・・・気持ちはわかるけどさぁ、死んだんだよ!白蛇ごときがわめいたところでどうしようも無いっつーの!永遠の無へと帰ることすら出来ないの。二度とおにかかることすら無いんだよ。そのはね、私がえぐり取ったの。
    ・・・私からのアドヴァイスだ。いいゴキブリになれよ!永遠にな。今のうちに大好きなブランドのバックでも買っておけ。
    【G】の意味あるだろ?親指立てる佐藤高央派の証明。あれ、基本GOD側。で、GOODでもある。であ〜!俺「G」okibuki≠カゃ無いから!ちゃんと悔い改めたから!と言う意味の「G」でもある。No!「G」okibuki!!!の「G]。あ、だけど悪魔くんたちそんなに心配しなくていいよ。君たちの偶像はちゃんと便器にでも変えて有効利用しておくから、犬用の。私が内閣総理大臣になったら英国王室に真・救世主、佐藤高央の名前で送りつけといてやるよ。便器になったルシファー像を。あと傲慢の象徴・自由の女神もな。多分、泣いて喜ぶことだろう。私って優し過ぎ?」

    posted by 真 救世主 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    闇の同胞団(真のイルミナティ)スイス

    ロスチャイルドーロックフェラー.jpg(コピペ)
    ・・・フリーメーソンリーと世界の様々な国との関係性について、「アメリカ」の事があまり記されていないのは何故か?と不信に思った方もいるかもしれないが、それはこのページで詳しく述べていくので安心してほしい。アメリカとこの「秘密結社」の関係性についてまとめようとすれば、膨大な量となり1ページにまとめるのには無理があった。それに、アメリカの支配者層を調べていくと嫌でもこの「イルミナティ」の姿が浮び上がってくるのだから。・・・
    著者F・スプリングマイヤー氏はこの悪魔的な支配グループであるイルミナティの実体を本書を通して暴いたために、1997年の銀行強盗事件に関わったという「濡れ衣」を着せられ禁固9年の実刑を2003年に受けている。つまり、もし、本書の内容が全くのデタラメであるならば、本書内に登場してくる実名の「エスタブリッシュメント(支配階級)」達によってスプリングマイヤー氏は「名誉毀損」と「人権侵害」によって間違いなく訴えられている筈であり、莫大な金額の慰謝料を請求されている筈である!・・・しかし、実際には「銀行強盗」に関わったという何の関係もない捏造事件により逮捕、拘留されているのである。この1事を持って解る様に本書内に書かれている事は(極めて信じられない陰惨な事も書かれてあったが)恐らく真実であろう。正に「事実は小説より奇なり」である。読む方は心してご覧いただきたい・・・。

    イルミナティとは?・・・



    アダム・ヴァイスハウプト.jpg
    アダム・ワイスハウプト(1748年〜1830年)・・・一応、「イルミナティ」の創設者とされている。もしかすると他に居るのかもしれないが・・・

    この「イルミナティ」なる悪魔を崇拝する秘密結社は一体どの時代に誰によって作られたのか?誰もが気になる所であるが、一応はこのワイスハウプトが1776年5月1日にドイツの小都市インゴルシュタットで「ルシファー」(堕天使)を崇拝する秘密結社を設立したのが、始まりとされている。「イルミナティ」とは「光を受けた者」、「啓蒙された者」、という意味を持ち、「啓明会」と呼ばれる事もある。言葉の意味だけで考えるならば「悪」というイメージはないのだが、悪魔崇拝の組織である事は間違いない様である。先のvol10で紹介した「秘密結社・フリーメーソンリー」の著者である湯浅氏はワイスハウプトが秘密結社を作った理由として「イエズス会(カトリック教会の一派である事に注意!)から危険分子として見なされていて、色々な圧力を受けていたためそれに対抗する手段として結成した」と述べている。一方、スプリングマイヤー氏は「ワイスハウプトは訓練された高位階のメーソンリーであり、彼らの「使い走り」に過ぎない・・・」と述べている。

    ここで「彼ら」とは一体誰の事を指しているのだろうか?・・・ワイスハウプトが何者かの手下に過ぎないとなれば、その指示を出しているグループ達こそ本当の黒幕であり、「主」であろう。つまり、この「イルミナティ」という名前は「闇の主」にとっては使い勝手の良い理想的な表看板であり広告塔に過ぎず、「使える」高位のメーソンリー達を自分達(仮に闇の同胞団と呼ぶ事にします。)に取り込む事に便利であった、とそれだけの事であったような気がしてならない。その後、実際に1782年にこの秘密組織はフリーメーソンと融合する。その狙いは「非ユダヤ人を意識的、あるいは無意識にユダヤ人に協力させるため」であったという。・・・
    そこで問題となるのは、ではこの「闇の同胞団」はユダヤ人で構成されている組織なのか?という疑問が出て来る。この様に考えていくとまた巷でよく聞く「ユダヤ陰謀論」といった辟易する話なのかと訝しく思われる方もいるかもしれないが、ここは大事な点なのでよく考えていただきたい。
    彼ら「闇の同胞団」は紛れもなく「悪魔崇拝者集団」である。では一体人類はいつの時代からこの悪魔を崇拝するという慣習を持っていたのか?・・・ここが大事な点となる。私達が普通に「神」と聞くと大体「イエス・キリスト」の事をイメージすると思うが、実際に人類史において初めて人類の前に姿を現した「神」は旧約聖書によれば絶対神「ヤハゥエ」という事になっている。(もっとも古代シュメール神話においては、それ以前の時代に人間が大いなる過ちを犯そうとした時に、その愚行を諫めるべく巨大な姿を現した・・・という伝説が残っているが・・・)このヤハゥエと契約したのが、例のモーゼを中心とする「ヘブライの民」であった。彼らは現在のイスラエル地方に国家を建設するが、やがて2つに分かれ(北王国イスラエルと南王国ユダ)この2つの国もアッシリアやバビロニアに滅ぼされてしまう。・・・その滅んだ理由というのが「ヤハゥエ」との契約を守らず、正しい信仰を失ったためとされているのだが、私の極めて主観的な推測になるのだが、その当時あたりから「悪魔崇拝」の集団が発生してきたのではないか?と想像するのは無理があるだろうか?・・・


    さらに興味深いのは南王国ユダがバビロニア王国に滅ばされた時は、ヘブライ人(ユダヤ人)は約半世紀の間バビロニア王国内に強制的に住まわさせられるのだが、(バビロン捕囚・BC586年頃)この時にユダヤ人の地下組織として「秘密結社」が結成されたという。秘密結社が作られる背景はいつの時代にも権力者による圧制の状況下であるらしい。
    この歴史的事実に鑑みて
    1、「神に逆らった(悪魔と契約した?)が故に国を失った」
    2、「異国での強制移住生活という環境下で、ユダヤ的民族心の結集を諮るため秘密結社を作った」
    と考える事は強ち妄想ではないと自分なりに考えるのだが・・・・・


    また、1つの面白い事実として統一イスラエル第三代の王「ソロモン」は色々な呪文や円形を組み合わせた魔方陣を描き,悪魔や精霊を呼び出す事が出来たという。さらに、その霊達を自分の配下として敵を倒したり欺いたりして、よく外敵を防いだという。
    ・・・この様な史実を考えても後に「悪魔と契約」するユダヤ人達が出てきても不思議ではないのではなかろうか?・・・


    尚、この悪魔と契約したユダヤ人グループ「闇の同胞団」はキリストが登場した時代には、キリストがよく批判していた「ファリサイ派」(パリサイ派)や「サドカイ派」の中に潜んでいたのかもしれない。よく知られている様にファリサイ派は現代の正統派ユダヤ教の元になっているが、「サドカイ派」は一応歴史から姿を消した事になっている。サドカイ派とはエルサレム神殿を崇拝する司祭や資産家層が多く、ローマ人とも多くの交友を持ちヘレニズム文化にも好意的だったという。
    しかし、ローマ軍により神殿が破壊されてしまうと神殿を礼拝する事に信仰の最大の価値をおいていたこの一派は、「自然消滅」してしまった。・・・という事になっている。しかし本当にそうなのだろうか?・・・ローマ人とも親しい関係を持っていた事から考えても、この一派は同胞のユダヤ人達の中からは消え去ってもローマ帝国内に潜伏して秘かに身の保全を図っていたのではないだろうか?(富裕層が多かったので富と引き換えにローマ軍達から命の保障を得る事も可能だったはずである。)その様にして生き残ったとしても不思議ではない気がする。そして面白い事にこの一派は教義として「天使の存在を否定」していたという。この事は何を意味しているのか?・・・
    エルサレム神殿(19世紀に作成された想像復元図).jpg

    エルサレム神殿(19世紀に作成された想像復元図)

    「キリスト教会」を作ったのは誰か?

     この「悪魔と契約した」ユダヤ人集団「サドカイ派」が巧妙に当時のローマ帝国内に取り入り潜伏して行った・・・と考えるとその後の歴史を見ていくと、色々な面で辻褄が合うのだ。先ず、この一派は当然自分達を批判していた「キリスト」を親交のあったローマ人達と処刑する事にも加担していたであろうし、さらに敵対関係にあった「ファリサイ派」を「イエスの死」に向かわしめた最大の原因と見せかける事により、長らく批判の的として無知な一般大衆から攻撃させる様に仕向けた・・・(そうして自分達の地位は安泰となるのだから!)
    また、キリストが生きていた時代は当然「キリスト教」なる宗教は存在していなかった訳だが、(イエスは当時、特別に目新しい教えを説いた訳ではない。彼の教えはラビ・ヒレルの説いた内容と似ていたと主張している学者もいる。ただ、先のファリサイ派やサドカイ派は女性に対して差別的な態度を取っていた様であり、その点でイエスは如何なる身分や女性にも教えを説いていったので新鮮に映ったのかもしれない)
    彼の死後(奇跡の復活があったかどうかは別にして)キリストを救世主と見なすカトリック教会は(この点もよく考えてほしいのだが)イエスがもっとも嫌った「権威主義」や「政治権力」を強く志向し、さらに女性を侮蔑した発言も多く残し(例えば、2世紀の聖クレメンスは「どの女も自分が女である事を大いに恥じるべきだ。」といった言葉を残している)・・・つまり、イエスの死後に出来たキリスト教正統派?教会とはイエスの精神など無視してるのである。 
    ・・・ここで1つ思い出してもらいたい事がある。司祭に絶対的権威性を認めさせ、女性も蔑視していて、さらに宗教的権威により多くの富を集める事に執着していたあのユダヤ教の一派を・・・そう、「サドカイ派」である。
    このサドカイ派がイエスの死後(と言っても自分達で死に追いやったのであろうが)イエスの名を利用して自分達で宗教的権威付けを行い、多くの富も集め、身の保身を謀るために彼らが「キリスト教会」を設立した!と考えるのは筋違いであろうか?・・・そう推論を立てると後の中世の「十字軍遠征」の目的の1つだった「聖地エルサレムの奪還」も彼らが元々はその場所で神殿を中心とする信仰活動を行っていた訳であるから、強い執着心を持ってイスラム教徒から奪還しようとするのも頷ける話ではないか?・・・・・


    「サドカイ派」の末裔達.jpg
    数回に亘るこの軍事的遠征も、当時の遠征を企てた教皇や司祭達が「サドカイ派」の末裔達であるとするならば理由が頷ける・・・

    キリスト教会と秘密結社との関係

     この「闇の同胞団」(真のイルミナティ)がキリスト教会設立に深く関わっていると推論出来る論拠として、現在彼らと密接な関係にあるキリスト教に関する団体を挙げてみよう。

    .「キリスト教原理主義」・・・・・ご存知「聖書」の言葉をそのまま受け入れ、最終的にはこの地上に「千年王国」を築こうとする集団である。保守派のプロテスタントを中心に構成されている。しかし、中絶容認の医者や看護婦を殺害したり、白人種優位主義者との関連が指摘されたり「極右主義」に陥る可能性を常に秘めている。

    2.「世界教会協議会」・・・・・本部はスイスのジュネーブにあり、やはりプロテスタント派が中心になっている。しかし、70年代にテログループに資金援助をしていた事が発覚して問題になった事がある。(vol10で述べた様に、フリーメーソンは自己の思想・目的を浸透させるためにプロテスタント派を選んだ事を思い出して下さい)

    3.「イエズス会」・・・・・カトリック教皇の精鋭と言われる男子修道会。日本にもなじみが深い。プロテスタント派の「宗教改革」に対抗するために作られたとする説もある。カトリック派の秘密結社や諜報組織とする見方もある。

    ・・・その他にも「全米教会協議会」など「闇の同胞団」が主に諜報活動や市民の意識調査の目的で繋がりを持っているキリスト教の関連団体は数多く存在する。・・・

    英国と結びついた「ヴェネチアのユダヤ人」

    シェークスピア(キリスト教作家である!)の作品「ヴェニスの商人」に代表される様に、高利貸しや銀行家(もっとも最初に銀行業や手形や為替業を発展させたのは実はアラビア人なのだが)を営んでいたユダヤ人は宗教上の理由もあったが(キリスト教徒は高利貸しをしてはならないという教会の規則)数多くいた。ヴェネチアは言うまでもなく旧東ローマ帝国からの流れを汲む共和国であったから、例のサドカイ派のユダヤ人グループの末裔達も存在していた筈である。さて、富の蓄積に執着を持ち、富こそが人を救い安定させるという信条を昔から持っていた彼らは喜び勇んでこの地で金融寡頭支配グループを形成していった事だろう。
    「ダイヤモンド王」の異名を持つ「セシル・ローズ」は(実はイルミナティの一員である!)「ヴェネチアの商取引を圧倒的に取り仕切っていたのはユダヤ人だ。彼らはもっとも裕福な商人階級だった。」と述べている。このユダヤ人金融寡頭グループが17世紀にイギリスに渡り、1649年の「イギリス革命」ではクロムウェルやウィリアム公を財政的に支援していたという。




    オリヴァー・クロムウェル(1599年4月25日 - 1658年9月3日)清教徒革命の英雄.jpg
    オリヴァー・クロムウェル(1599425 - 165893日)清教徒革命の英雄だが、当時の英国の分裂した宗教的、政治的諸集団を超党派で統一するために「フリーメーソン」を 利用したという。

    ・・・ここでまた興味深い事実が浮かび上がってくる。クロムウェルを影で支援していたグループの名前が「ソロモンの神殿」というのだ。つまり彼を財政的に支援していたユダヤ人金融家の事であろうがソロモンの神殿=「エルサレムの神殿」の事を意味するので、この一派はやはりあの「サドカイ派」の末裔達だと思わせるのに十分ではないだろうか?・・・(そして、遂に反ヤハウェの背信の教徒の末裔達は英国人貴族達の血筋に入り広がって行くのである。)
     例えば、1922年フィリップ王子の叔父である「ルイス・マウントバッテン」は、世界屈指の富豪であるユダヤ人銀行家「アーネスト・カッセル」の孫娘と結婚したり、英国宰相「ウィンストン・チャーチル」の母親である「ジェイコブソン・ジェローム」はユダヤ人である。そして1900年代の初頭にはユダヤ人と婚姻関係を結んでいない英国貴族はごく少数となってしまうのだった。


    スイスとイルミナティの関係

     スイスは美しい山々や湖、多くの資産家が優雅にバカンスを楽しむリゾート地としてのイメージが強いが、一方でマフィア絡みのブラックマネーを資金浄化する銀行が存在する事でも有名である。実はこの金融支配グループもヴェネチアからやって来たユダヤ人が祖先だといわれている。そして、現在では主要な国内銀行が何十億ドルもの汚れたドラッグの「マネーロンダリング」をして、合法的に見せかける所なのである。
    スイスはイルミナティの「合法的なドラッグ基地」だといえる。また、一般の資産家達にとってスイスは心休まるリゾート地であるかもしれないが、イルミナティの人間にとっては世界的非常事態が起きた時、金と身を守る究極の避難所となるらしい。・・・

    スイス・チューリヒの街並.jpg

    スイス・チューリヒの街並

    「ユダヤ人の陰謀」とは英国人とユダヤ人との混血「ユダヤ系イギリス人」による、世界支配の事か・・・?

    上記で述べてきた様に、現在英国の支配者層(貴族及び王族)にもユダヤ人の血が多く流れている事は見てきた。ユダヤ人の血を引くカナダ国籍の「ヘンリー・メイコウ」氏によれば、このイギリスの金融支配力について「ロンドンのシティーは大ロンドンの中心に位置する主権国家であり、イングランド銀行という実質民間企業によって運営されている。「金融界のヴァチカン」であり、イギリスの国内法に制約されない。」と述べている。逆に銀行家達がイギリス議会に指示を出すという。イギリス帝国とは銀行家達の支配・運営する国家だったのだ。 
    1886年アメリカの鉄鋼王・アンドリュー・カーネギーはこの現状を踏まえ「6,7人の人間が議会に一切諮る事無くこの国を戦争に突入させる事が出来る。」と評している。・・・これでは正に議会制民主国家ではなく、「金融寡頭(少数)制国家」である。(実は第一次世界大戦や第二次世界大戦も彼ら銀行家グループが画策したとメイコウ氏は述べている。つまり、戦争に投資して多大な利益を最初から得る事を目論んでいたのである。)また、ロンドンのシティーは世界の投機市場を支配しており、資源採掘、金融、保険、運輸、食料生産といった分野に関わる企業グループの分け前を管理しているという。この「シティー」の中心であるイングランド銀行の創設(1694年)にあの「ソロモンの神殿」と呼ばれたユダヤ人金融寡頭グループが関わっていた事を忘れてはならないであろう。・・・・・

    イングランド銀行.jpg

    イングランド銀行・・・果たしてこれが現代の「ソロモンの神殿」になるのだろうか?


    現代の「イルミナティ」とされている13の資本家ファミリー達


     今までイルミナティとは何か?いつ頃出来たのか?という事に関して色々考察してきたが、ここから改めてスプリングマイヤー氏の本書の内容に沿った「13の資本家ファミリー」の事について述べていきたい。・・・・が、その前に改めて彼ら「イルミナティ」の目標とは何か?触れておきたい。

    「(ルシファー)教団の真の目的は世界を支配し、非支配階級の人類を家畜化する事である。これを達成するため、教団はあらゆる宗教を邪教化し、破壊し、国家教育は悪魔の洗脳機関としてのみ機能を義務づけられ、全ての政府・司法・警察機関をコントロール下に置いた上で打倒し、私有財産制を撤廃しなければならない。望むべきものは退廃と虚無。憎しみと絶望。ルシファーは言う『騙される方が悪いんだ・・・』」


    ・・・どうであろう?何かマンガに出て来る「マッド」な悪役キャラのセリフの様だが、これは空想ではなく現実に彼らが推し進めようとしている計画なのである!(勿論、最後にある「私有財産制の撤廃」は彼らには当てはまらないが。)では、如何なる権力機構を持ってこの計画を実現しようと画策しているのか?・・・それは先に少し述べてきた様に経済の中心を担う「金融機関」である

    イングランド銀行、アメリカの連邦準備制度、世界銀行、IMF,国際決済銀行、

    政治的な組織では、

    国連、NATO、ローマクラブ、王立国際問題研究所、米国外交問題評議会、円卓会議、日米欧三極委員会、欧州王家連合、黒い貴族、フリーメーソン33位階の上層部、

    ・・・等がある。宗教団体で見ていくと、

    (先に述べた部分と重複する名前も出てきますが)世界教会協議会、キリスト教原理主義、全米教会協議会、イエズス会、エルサレムの聖ヨハネ団、マルタ騎士団、テンプル騎士団、聖堂騎士団(グノーシス)、ローマカトリック、薔薇十字会

    後、重要な「洗脳」「情報操作」「諜報活動」(暗殺を含む)を担う組織として

    タヴィストック人間関係研究所、MI6CIA(及びそれぞれの国の諜報機関)、赤十字、裏天皇、全世界全てのマスメディア・・・そして、非合法組織とされる「マフィア・グループ」も関係している。

    この様に世界の主要な権力機関のほぼ全ての分野において、「闇の同胞団」は深く根を下ろし上記の「目標」に向けて日々邁進しているのである(全ての政府を打倒し・・・という件はvol10で述べたフリーメーソンのフランスやロシア、そして日本の体制崩壊の手口を見ると実感出来ると思う。最近ではイラクのフセイン政権がそうであろう。)

    次に13の資本家達の一族の名前を挙げて見よう。

    1.アスター家   2.バンディ家   3.コリンズ家   4.デュポン家   5.フリーマン家   6.ケネディ家   7.李家
       8.オナシス家   9.ロックフェラー家   10.ロスチャイルド家   11.ラッセル家   12.ファン・ダイン家  13.ダビデの血流 



    そして、ゾッとする事だが、メイコウ氏によれば彼らは自分達が支配する「世界政府」を樹立させるために世界の人口を2,30年以内に現在の60数億から10億人以下に削減しようとしている!と主張している。・・・これは本当に恐ろしい事だ!最早、人事ではない。この様に本気で世界の人口を激減させるにはどうしたらいいか?・・・そう、第三次世界大戦の実行である。ここで、1人の悪魔的狂信者を紹介したい。


    アルバート・パイク(1809〜1891年).jpg
    アルバート・パイク(18091229 - 189142日)別名「メイソンの黒い教皇」とも呼ばれている。古代の東洋の神秘主義を研究していたという。(それがなんであったか?想像はつく。恐らく悪魔召喚の手段として先に述べた「ソロモンの秘術」や「エジプトの死者蘇生の秘術」等を研究していたのだろう。・・・)

     この「悪魔の化身」の様な男はアーカンサス州リトルロック出身で当時の南軍(黒人奴隷を継続させたかった!)の将軍であった。彼はあの悪名高き「KKK」の創始者であり、フリーメーソン33階級、つまりイルミナティの主要なメンバーである。その彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。
    それによるとまず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニスト(ユダヤ人によるイスラエル再建国を計画してる人々の事)とイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」と書かれていた。・・・不気味なのは三回目の予言(否、戦争計画といった方が正確だろう)である。実際にイスラエルは周辺諸国との軋轢が絶えず、最近では(2009年)ガザ地区への軍事攻撃。パレスティナ自治区との軋轢は増すばかりだ。このパレスティナ人達を支援しているのが、シリア、そしてイランであると言われている。そして、ブッシュJrはイランを悪の枢軸国の1つと見なしている。
    また、近年アメリカでは「レフトビハインド現象」という社会現象が起きていて、歴史は聖書に書かれている通りに進行するのだという観念をアメリカ人に植付ける事に成功しているという。
    「レフトビハインド」とはアメリカのプロテスタントの牧師で(プロテスタント派はメーソンとの関係が深い事に注意されたし!)ティム・ラヘイと有名スポーツ選手だったジェリー・ジェンキンズとの共著である小説であり、アメリカでベストセラーになっている。(映画やゲームにもなっている。)


     大まかなストーリーを言えば、経済破綻に苦しむロシアが繁栄するイスラエルを攻めたが神の怒りに触れて殲滅されてしまった。という内容から始まり、(ロシアが核ミサイル搭載の戦闘機をイスラエルに飛ばすが、何故か空中で次々と爆発、炎上する?)その後、一瞬の内に敬虔なクリスチャン達がこの世から消え去る?(これをリフトと言い、肉体が一瞬に天界に引き上げられ、栄光の体に変えられる・・・事を意味するキリスト教用語であるらしい。)その後、残された人達(彼らをレフト・ビハインドと言うそうだ。)物語の主題はこの「レフト・ビハインド」達が如何にして聖書に説かれた予言の如くに地上に「千年王国」を創っていくか・・・という事になるのだが、このレフト・ビハインド達の最大の敵として登場してくるのが、世界統一政府を作ろうとしている「反キリストの指導者」である。(イルミナティを暗示しているらしい)物語ではこの指導者が国連事務総長になり、国連本部をイラクの古代遺跡「バビロン」に移しイタリアに世界統一宗教を設立する。
    その後、ストーリーは2転、3転、するが要するにイスラエルを擁護して、その周辺のイスラム諸国は敵対勢力と見なし、ムスリムは悪魔に使える人間としてキリストの再誕のために、取り除かなければならない・・・という歪んだ発想が見とれる。また、そのために世界の国々が中東地域を中心に戦争に巻き込まれていく様子は、先のアルバートパイクの「第三次世界大戦」の計画を彷彿とさせ、単なるフィクションとして捉えるには済まされない感があるのではなかろうか?・・・・・(また、物語中にはイルミナティを批判する様なストーリー展開もみられるが、結局イスラエルを神の国として擁護し、周辺イスラム諸国を悪魔とみなし、彼らを支援する国々も一掃していくという構図は変わらないのである・・・


    つまり、

    「聖書と黙示録の権威と神聖性を利用した人類の大量粛清をこの小説はアメリカ国民に対し煽っているのである!」


    ・・・・・どうであろう。これは紛れもない現実のお話である。もし、このストーリーが現実通りに進んだとしたら、それは決して偶然ではない。彼ら「闇の同胞団」が綿密に計画した悪魔的行為なのである。


    先のイラク戦争の犠牲者の少女。.jpg
    先のイラク戦争の犠牲者の少女。この戦争にもあの悪魔的兵器「劣化ウラン弾」が使用されたという。爆撃から生き逃れたとしても、後に放射能汚染による発癌の可能性もある。しかし、この様な犠牲者をたくさん増やして何の意味があるのだろうか?・・・この少女が無事である事を祈りたい・・・

     さらに、衝撃的な事実をもう1つ。この狂信者アルバート・パイクは信じがたい事だが、何とアメリカの新100ドル紙幣の「透かし」に使用されているのだ!

    アメリカの新100ドル紙幣.jpg

    1996年にこのデザインになったが、中央に印刷されているのは、ペンジャミン・フランクリン・・・政治家であり、物理学者でもあった多才な彼は合衆国の「独立宣言」にも署名しているが、ワシントンと同じフリーメーソンの会員であった。

     ご覧のように写真では「透かし」の確認は出来ないが、右端の空白部分にこの悪魔的人物の肖像画が印刷されている。この事は何を一体意味しているのか?・・・「お札」と言えば、その国の顔であり、重要な意味を持つのに、偽札か本物かを区別する極めて大事な「透かし」の部分にこの悪魔的人物の顔を入れるとは・・・・・正に「アメリカは自由、平等の思想を重んずるメーソン国家であるが、実質的に支配しているのは全ての国の政府を打倒し、世界制覇(世界統一政府)を目論むイルミナティである。」と、世界に向かって宣言してる様なものではなかろうか?(「マネー」に多寡によって「自由と平等」が決まるのだろうか?おかしな話だ。「自由や平等」の理念は精神によって成されなければならないはずなのに。)・・・・・(また、このアメリカの貨幣に関する全て、及び金の価格は連邦準備制度が決めているが、この組織は一般に考えられている様に政府機関ではなく、株主(ロス・チャイルドやロック・フェラー)による金融機関である。つまり、上記に述べた様にその設立にはイルミナティが深く関わっているのだ・・・)

    金融支配を通して世界を統治するイルミナティ


     最近、実施された国連の調査によると、「世界の人口の2%が富の50%を保有しており、人口の半分はわずか1%の富にしかあずかれていない。」という。何とも極端に思える話だが、これが現実らしい。・・・この2%の富裕層に先に述べた13の資本家ファミリーが含まれている事は間違いないであろう。特に支配力が強いのはロスチャイルド家とロックフェラー家である。
    現在、ロスチャイルド一族は月に2回ロンドンの「シティー」に集まって世界に対し「金塊」の世界価格を指示したり、連邦準備制度がアメリカ財政をどうコントロールすべきか?について指示しているという。では、一体どの様にしてこの一族はアメリカの金融資本に影響力を及ぼす様になったのか?見ていく事にしよう。・・・

    ロスチャイルド家の紋章、「赤い盾」.jpg

    ロスチャイルド家の紋章、「赤い盾」・・・中央の双頭の鷲は強欲を司る悪魔であり富・財を意味する。姿形は一般的に、人の胴体に鳥の双頭を持った、黒い悪魔として表現される。金銀財宝に対して非常に貪欲で、人間を誘惑して自らと同じように強欲にするという)

    モルガン一族

     アメリカに於けるロスチャイルド家の手先として「モルガン商会」が知られているが、その前身は「ジョージ・ピーポディー商会」という銀行であった。設立者は会社と同じピーポディー、1837年に設立、拠点はロンドンであった。このピーポディーが晩年になり、若いパートナーが必要になり登場してきたのがジュニアス・モルガンであった。当時アメリカは南北戦争が勃発したが、2人は北軍に資金を調達したり南軍にも軍需物資を出荷したりと戦争を金儲けに最大に利用していた様である。(実はこの戦争遂行者の両陣営に共に出資して、巨額の利益を得る手法は第二次大戦時下のロックフェラーを始めとするアメリカの資本家達も同じなのだが)・・・
    その後、ピーボディーが引退すると1864年にジュニアスは事業を引き継ぎ「JS・モルガン商会」と改名する。そして、息子のJP・モルガンを自分のパートナーとしてアメリカのニューヨークに送り込む。そこでロスチャイルド家の合衆国代理人として機能する証券会社「ノーザン証券」を設立する。代表はJP・モルガンであった。その後、1871年に JPは有力なフィラデルフィア銀行(現在では連邦準備制度の1つに組み込まれている)の相続人トニー・ドレクセルと業務提携し、現在でもモルガンの本社があるウォール・ストリートに事務所を構えた。会社名は「ドレクセル・モーガン社」でアメリカの経済発展と共に成長していく。

    ジョン・ピアポント・モルガン(1837年4月17日〜1913年3月31日).jpg

    ジョン・ピアポント・モルガン(1837年4月17日〜1913年3月31日)

     発展、成長を続けるモーガン社は一時期にアメリカ鉄道網の半分近くを支配していたという。また、1901年に鉄鋼王・カーネギーのピッツバーグ製鉄所を基にしてU.Sスチール社を設立した。この鉄道路線の需要のためにU.Sスチール社は巨額の利益を得ていく。
    だが、1900年にウイリアム・マッキンレー大統領がモルガンが経営するノーザン証券を「反トラスト法」の適用に当たるとして、経営状況を調査しようとする。(モルガンは金融業界内に独占的なカルテル形態を作っていたようである。)しかし、翌年に新副大統領にイルミナティの手下であるセオドア・ルーズベルトを指名させられ、1年も経たない内にこの大統領は暗殺されてしまう。
    そして、ルーズベルトが大統領になるとノーザン証券の追求は止んだという。・・・・・この暗殺事件の背後にはJP・モルガンとロスチャイルド家の関与があったのではないか?と考えている人も多い。


    「連邦準備制度」設立の背景

    設立当初の連邦準備制度.jpg

    設立当初の連邦準備制度

     かねてより、イルミナティの金融グループはアメリカに自分達の意思で動かせる「中央銀行」を設立する計画を持っていたが、それは1907年に JP・モルガンのデマ情報の拡大により、実現のメドを付けていく事になる。この年からモルガンは「ニッカーボッカー銀行は債務超過で倒産の可能性がある。」という偽情報を流し始め、同行に対する「取り付け騒ぎ」を引き起こし他行にもドミノ効果をもたらし、「金融恐慌」を引き起こす事に成功する。(悪辣である!)この恐慌により人々は、一般庶民をウォール・ストリートの銀行家達の悪弊から保護する事が出来る強力な中央銀行を求めるようになる。・・・
    それを受け、イルミナティ達は(主にロスチャイルドやロックフェラー家だが)自分達の手足となる合衆国大統領を就任させる。それがウッドロー・ウィルソンだった。かくして1913年に連邦準備法案はこのウィルソン大統領の認可の下、法律化される。
    研究者であるユースタス・マリンズはこの法案が通過した直後に、アメリカ国民は第一次世界大戦の資金調達を行う事になったと指摘している。それはヨーロッパの大国には、最早新たに戦争を行う資金がなかったため・・・だという。つまり、「アメリカの納税者と兵士達が第一次世界大戦を可能にした」と。連邦準備制度設立の目的は「アメリカの借金を増やし、ヨーロッパの国々の政府を無力化する世界戦争を実行するため」と考えられなくもない。そして、この一連の動きは先に述べたイルミナティの目的にも合致している。・・・・・


    2006年度、アメリカ国民は4000億ドル以上を国家債務の利息(紙幣発行の際に生ずる分)として負担している。そして、その支払先の大半がイルミナティの中央銀行家達なのだ。

    先のマリンズはこう述べている。「イギリスからの独立戦争を行ったにもかかわらず、私達は経済面でも金融面でもイギリスの植民地であり続けた。」と。・・・・・
    ロスチャイルド家とイスラエル国家誕生秘話

    ・・・一般的に「イスラエル」という国家は特定の地域に住む事が出来なくなったユダヤ人の為に作られた国である。・・・という認識を持っている人は多いかもしれない。しかし、それはこの国に住んでいる人達が本当の彼らの神「ヤハゥエ」を信じ、偶像崇拝もせず、森羅万象に通ずる宇宙の法則とでも呼ぶべき「価値ある真理」と深い人間洞察に富んだ「知恵」を愛し、人を蔑む「権威」を受け入れず、思慮深く振舞う事の出来る本物の「ヘブライ人」なら、「ユダヤ人の為に作られた国である」と断言してもいいのだろうが、実際はどうか?・・・
    成程、紀元前の昔には確かにイスラエルという国は存在し隆盛を極めていたが、ヤハゥエとの契約を破り滅び去ったのは事実である。(この事実に鑑みイスラム教の思想が周辺中東地域に広がっていく訳だが・・・彼らムスリムが崇拝する「アッラー」にはこのヤハゥエも含まれている。)以来、二千数百年の間彼らユダヤ人達は自らの間で「イスラエルを復活させよう。」という運動等は持たなかった。若し、起きたとしても「流血を伴う武力行使」で推し進めるとは到底考えられない。(タルムードを読めば解るのだが、いかなる争いごとが起きたとしても武力による解決を勧める様な文言は皆無である。肉1つ食べるにしても、十分に血抜きをして食べるようにせよ。とか・・・血を見るのが大嫌いな人種である。)


    イスラエル軍の侵攻により、避難するパレスティナ人の親子連れ(パレスティナ人といっても、スファラディ=「黄色人種系ユダヤ人」の末裔(アラブ人たちはユダヤ教徒のアラブ人と言っている。そして、それが真実。スファラディはアシュケナジーにより、同じユダヤ民族でありながら2級市民扱いされている。“下等民族”と見なされる傾向にある。彼らはシオニズムがなければイスラエルに移住する必要などなかった。アラブ世界で差別もなく平和に暮らしていたのである。捏造されたISMにより、希望に燃えてイスラエル国家に入植した彼らスファラディに待っていたのは、同じユダヤ民族であるアシュケナジーによる下等待遇と見下しであった。)かもしれないのだが・・・


    イスラエル軍の侵攻により、避難するパレスティナ人の親子連れ.jpg

    「パレスティナ民族浄化計画」という武器を持たぬパレスティナ人民達を追放し虐殺していった蛮行は、イスラエルにどの様な正当な言い分等も認められないであろう。・・・その行為を正当なものとして世界に厚かましくアピールしているのが、イルミナティが支配しているマスメディア、英国、アメリカ、そして国連である。(何故ならば、彼らは自分たちは優秀であり、パレスチナ人を3級市民と心底思っているからである。根底から、人間と見なしていないのだ!)1948年の軍事侵攻では、イギリスは75000人の兵をパレスティナに派遣しておきながら、彼らの虐殺と略奪を許した。(逆に驚くべき事だが、イスラエル軍5万の内の半数がイギリス軍で兵役に服した経験があったという )この事実からも解る様に、「イスラエル国家とは決してユダヤ人のために作られた国ではない。」その建国の本当の目的は

    「イルミナティによるイスラム世界を侵略するための強固な砦を築くため」

    である。

    そのイルミナティの中心となっているのが、他でもない「ロスチャイルド家」である。

     一般的には、ロスチャイルド家はユダヤ人のための慈善事業にあり余る程の寄付をしていると思われているが、援助する目的はユダヤ人の生活の方向性を支配して自分達のプロパガンダとして洗脳するためだという。(独善的な選民思想や優性人種論など・・・)
     だが、この事に気付いているユダヤ人達は現代のイスラエル創立の裏にいるのが「全能の神」ではなく、神を信じない「背神ユダヤ人富豪」=ロスチャイルド家である事も知っている。(そのため、国内の正統派ユダヤ人は決して陸軍に勤務しようとしない)・・・
    このロスチャイルド家と中東地域との繋がりは、ドイツと軍事同盟を結んでいたトルコが所有していたパレスティナの鉄道権を得る事から始まる。その一方で、ロスチャイルド家はトルコ共和国に貸し付けを行っており、その金額は1億ポンド近くあった。(この事実には近代トルコ建国の父であり、初代大統領であったケマル・アタティルクがフリーメーソンリーであった事と無関係ではなさそうだ。)第一次世界大戦後、ドイツが負けトルコ政府が崩壊すると貸し付けの未払いを理由にパレスティナに対する様々な権利を要求した。
     尚、ロスチャイルド家やイルミナティがイスラエル建国に関わった重要な証拠として、イスラエル最高裁判所内にはフリーメーソンの象徴記号である、ピラミッドに浮ぶ「ヤーヴェの目」=「万物を見通す目」がある。



    「ヤーヴェの目」.jpg
    この「ヤーヴェの目」があらゆる人間を監視して裁くのだろうか?・・・(妄想だ。)




    ロスチャイルド家=イルミナティのリーダーなのか?

    高位階イルミナティの離脱者であるジョン・トッド氏によれば、(彼も残念ながら、現在は無実の罪で逮捕、拘留されて噂では内々に殺害されてしまったという)現在のイルミナティの会員は、大半がユダヤ人ではないという。創設者はユダヤ人だが、指導者の大半はロスチャイルド家を例外として全てスコットランド系、またはフランスのゲール族だという。
    ただし、トッド氏はイルミナティの頂点に君臨しているのはロスチャイルド家だと明言している。彼は次の様に言っている。「ロスチャイルド家がイルミナティの司令塔であり、彼らの一族はあらゆる国に散らばって組織のトップになっている。・・・・・ピラミッド(階層組織)の頂上には目の付いた冠石がある。冠石はロスチャイルド家の象徴で、イルミナティを支配する審判者を意味する。彼らはイルミナティの創設者であり、目は彼らの神であり、声であるルシファーの象徴だ。」
    ・・・と。

     この元会員の言葉から解る様に、イルミナティの方向性はロスチャイルド家によって決められる様である。そこで、このロスチャイルド家の行動哲学でもないものか?と調べるとこの様なものがあった!。

    コチラをクリックして下さい

    如何であろう?「世界革命行動計画」の25原則、読まれただろうか?そう、イルミナティの目的内容が、この25原則に全て含まれているではないか!!

    特に私が注目したのは、10番目の「我々は自由・平等・博愛という言葉を大衆に教え込んだ最初の民族である。今日に至るまで、この言葉は愚かな人々によって繰り返されてきた。ゴイム(非ユダヤ人の事)は、賢者であると自称する者さえ難解さ故にこの言葉を理解出来ず、この言葉の意味と、その相互関係の対立に気付く事さえない。これは我々の旗を掲げる軍隊を我々の指示と統制の元に置く言葉である。・・・」という部分である。
    確かに「自由」という概念を解りやすく説明しろと言われれば、すんなりと出て来るものではない。反対の「強制」とか、「統制」という概念は説明し易いが、「自由」の概念を完璧に定義するのは難しいのである。ただし、独裁者が君臨し様々な分野で統制の強い社会の元では、この言葉は非常に甘い響きを持つ「魔法の言葉」として、大衆に働きかけるのである。そして、イルミナティの指導者(若しくはその代理人)がこの言葉を用い大衆にアピールするだけで、彼は
    「正義の英雄」として受け入れられるのである。その事をイルミナティはよく知ってるので、彼らが目を付けた国の体制を転覆させる場合には、この言葉を広く使う様にしているのだろう。


    ※参考までに・・・「自由」という概念を本当に理解するためには、キリスト教グノーシス主義者テオドトスによれば、「洗礼だけが人間を自由にするのではなく、次の事についての認識(グノーシス)も必要である。即ち、我々は誰だったのか?我々は何になったのか?我々はどこにいたのか?我々はどこに投げ込まれたのか?我々はどこに向かうのか?我々はどこから解放されるのか?誕生とは何か?再生とは何か?」・・・非常に深い言葉であるが、一言でいえば、「人間の生死と、この世とあの世?の関係について思索しなさい。」という事だろうか?(ちなみにこのグノーシス一派を迫害し続けたのが、カトリック正教会である。)

    ※「自由」・・・この言葉を好んで使用する者は何者であろうか?親が子どもの将来を考え「学び」を強制した時、子どもは「束縛」を感じるだろう。
    国家が国民の平安を思い立法を策定した時、あなたはそれを「弾圧」と感じるかどうか?もちろん、フリーメーソンのようなクズの為政者たちは話にもならないが。
    自分たちの不当な侵略行為、戦争、略奪をあらゆるマスメディアを使って肯定させる時、彼らは「自由」の言葉を口にする。そして「民主主義」の言葉を口にする。「democracy」それは「人民の人民による人民のための政治」などでは無い。スペルを見ろ、そして現実を見ろ!「democracy」とは「DEAMON(悪魔)」の「CRACY(政治・支配、統治)]。つまり、悪魔の支配、悪魔の統治と言うのが「民主主義の正体」である。
    民主化を進める合言葉は「自由」。偽りの法のもとの平等、頽廃と娯楽と快楽は規律を無力化させ、市民の政治への関心を背けさせる。
    結果、テレビの嘘っぱち報道、偏向報道を真実と素直に信じ込み、容易く悪魔主義者たちに煽動される。まさに「家畜」である。自分で考えてると思い込んでいるから始末に負えない。
    テレビの画面で「解放」という言葉が飛び交う時、彼ら市民の手には銃が握られ、血に汚れた体を誇らしげに見せ付ける。
    「自由を勝ち取った!」「独裁者を倒した!」まるで自分たちが悪を倒したと本当に思い込んでいる。
    真の巨悪はそれを見てゆっくり笑い、利権を奪われる(例えば石油とか)。そして、悪魔の支配が完全完了した数年後、自分たちの力を誇示するためにわざわざ真実をそっとインテリ層や特権階級に伝えるのである。

    補足的に・・・・・

     「アングロ・イスラエリズム」という思想はご存知だろうか?これは1870年にジョーン・ウィルソンというイギリス人が、聖書にある「約束された民族」とは白人種であるアーリア人だとする説であり、紀元前にアッシリア帝国に滅ぼされた北王国イスラエルの「失われた10支族」が北欧人、イギリス人、アメリカ人の本当の祖先だとする説である。
    つまり、アングロサクソン種の白人こそ神に約束された民族であり、現代のユダヤ人は、この系譜とは別のユダ王国の末裔だとする。この信条がクリスチャン・アイデンティティーの1つになっており、ユダヤ人、黒人、その他の有色人種は神のたたりとして地上に送られた「劣等人種」であると考える極端なレイシズム(人種差別主義)を支えている。(それ故、イギリス人やアメリカ人がイスラエルを支援して不当に中東諸国を属国化していっても許されると見なされる思想的風潮がある事は問題であろう。)

    ・・・しかし、冷静に歴史的事実に鑑みればモーゼやダビデ、ソロモン、キリストさえもセム系(黄色人種)のヘブライ人であるので、白人種が彼ら北王国イスラエル人だったとは到底考えられないであろう。アシュケナジー(白人系ユダヤ人)は確かにヘブライ人の血は引いてるのかもしれないが、最初から、あの中東の地域に住んでいたとは考えられない。確かに現代でもイスラエルの「失われた10支族」の行方は歴史のミステリーの1つになっているが、かなり民族的な観点や地理の名称、言語学的に様々な研究が進んでいて、先のジョーン・ウィルソンの説とは180度異なるがイスラエルの「失われた10支族」は東に転進し続け、中国や日本に辿り着いた。特に私達日本人の中にユダヤ人の血が流れているという。大和民族とはヘブライ語で「ヤーウマト」、「神を信じる人」という意味になり、また、アラビア語(実はヘブライ語から派生して出来た言語ではないか?と言われている)では日本人の事を「ヤーバーニー」、同じく「神と共にある人」という意味になる。・・・という学説を唱えるユダヤ人学者も多い。

    ユダヤ人の伝説によれば、イスラエルの失われた10支族はいずれ回復して、祖国へと帰還する。その時、同時期にメシアの来臨も起こる。つまり、日本人が失われた10支族であると両民族が認知する時、世界にかつてない平和と変容がもたらされる・・・という

    それを「選民思想」と言う。何故、日本人が失われた10支族と認知してもらわねばならないのだ?日本人としての誇りはあなたには無いのか?我が国は原子爆弾を過去に2度も投下された世界唯一の国である。さらに福島では小型核もくらっている。世界に平和と変容をもたらすのはあなたのような媚びる姿勢では無く、堂々と発言し、行動する姿勢ではないのか!?世界に平和をもたらすのはフリーメーソンではない!我々地球人だ。

    ロックフェラー家について




    ロックフェラーセンタービル.jpg
    ロックフェラーセンタービル、中央に「666」の反キリスト獣の数字が並んでいる事に注意


     ロスチャイルド家と並びイルミナティ13血流の中でも、抜きん出た資本力を持つ影響力の強い一族であるロックフェラー家は、言うまでも無くアメリカ経済の様々な分野で支配力を保持している。・・・しかし、ここでは本書「イルミナティ 悪魔の13血流」の内容に沿って、ロックフェラー家がアメリカの教育の分野で如何なる影響力を及ぼしているのか?・・・という点についてまとめていく。

    ロックフェラー家の教育政策(洗脳政策)

     ロックフェラー家の財団の活動を明らかにしようとした政治家はユージン・E・コックスで1952年に委員会を組織して調査に乗り出したが、委員会はあらゆる所で調査の妨害を受け、コックス議員は病死してしまう。
    その後、委員会の1人であった下院議員キャロル・リースと法律顧問リーン・ワムサーがこの調査を続けるが、またしてもロックフェラー支配下のマスコミ等により、妨害工作を受けたという。・・・それでも調査の結果以下の事実が判明した。
    1.ロックフェラー財団とカーネギー財団は1930年代初頭より、アメリカにおける全ての高等教育機関の全寄付基金の三分の二を賄っていた。

     ・・・その目的はなんだったのだろうか?それはアメリカ国内にプラグマティズム(実用主義)やマルクス主義、世界政府計画を浸透させるためだったという。
    先の法律顧問リーン・ワムサーは「米国の主だった教育関係者が、(ロックフェラーやカーネギーから資金提供を受け)我が国の学校制度を利用して社会主義の浸透を謀ろうと考え、実際に陰謀めいた事をしていたのは確かだという結論に達した。」・・・と述べている。(カーネギー財団はロックフェラーの付録に過ぎない。財団こそ世界権力への道とロックフェラーは知っている。そして財団とは、慈善事業を装う犯罪シンジケートである。その財団中の財団がロックフェラー財団である。そこで研究されていることが「世界権力」である。世界権力の要する「暗殺団」の暗号名は「カナン人」。)
    ここで、世界政府計画の創設を子供達に洗脳させて、実行させていくのは彼らイルミナティの目標「世界を支配する」事に適っていて「なるほど!」と納得すると思うが、「マルクス主義の浸透」はどんな意味を持ってくるのか?・・・お解かりになるだろうか?・・・実はイルミナティの目標である「私有財産制の撤廃」の完遂のためである。「そんなバカな!」と思うかもしれない。しかし事実である。旧ソ連ならまだしも、何故アメリカ国内で共産主義思想の普及をしなければならないのか?と疑問を持たれると思う。それは、彼らイルミナティは「自由資本主義」など本当は望んでおらず、「統制型資本独占主義」こそ彼らの理想なのである。(これは特に現在のアメリカの経済状況を見れば良く解ると思う。国民の8人に1人が年収140万円以下の暮らしを余儀なくされ、3100万人が飢えている。乳児死亡率はキューバより高く、1日に77人の赤ちゃんが死んでいくという・・・)
    正に個人の私有財産は激減し、一部の人間による資本の独占が容認されている。イルミナティが計画していた社会にアメリカはますます近づいているのである。・・・
    さらに重要な事実として、マルクス、レーニンらはフリーメーソンリーであり、彼らを金銭的に援助したり、統制したりしてたのはイルミナティの銀行家達であった。また、レーニンの片腕と言われるトロツキーはアメリカに亡命して、ロックフェラーのお膝元、ニューヨークで記者生活をしていた。レーニンやトロツキーを特に資金援助していたのがロックフェラー家だと言われる。
    ロシア革命の直後は、ロックフェラー一族は、共産主義ロシアの経済的危機を打開するため、アメリカの貿易業者がソビエトに物資を輸出出来るよう議会に圧力をかけ始めたという。1926年、ロックフェラー傘下のスタンダード石油とその子会社バキューム石油は、ヨーロッパ市場にソ連の石油を輸出する取り決めを結んだ。当時の報道によれば、この取引の一部は、ロックフェラーからソ連共産党に貸し付けられた7500万ドルの資金で穴埋めされた。27年、スタンダード石油は、ロシアに石油精製施設を建てた。この施設はソビエト経済を回復させるのに測り知れない貢献したという。・・・


    この様にロックフェラー家と共産主義国家との結びつきは強固であり、良きビジネスパートナーであった。この事実を踏まえて考えると、財団がアメリカの教育機関を買収して、マルクス主義や社会主義を浸透させようとする意図も見えてくるであろう。そう、彼らは良きビジネスパートナーである共産主義国家と本気で対決、排除する気はないのである。(一般アメリカ人はこの事になかなか気付かない人が多いとか・・・)
    カール・マルクス.jpg
    カール・ハインリヒ・マルクス(1818年5月5日 - 1883年3月14日)

    この男・・・知れば知るほど外道である。マルクス主義はリカードのパクリであることは有名だが、裏切りに裏切りを重ね放蕩に明け暮れた男である。マルクスがジェニー・フォン・ウェストファーレン〔1814〜81〕と結婚したことから生じた縁で、英国貴族階級と縁が深かったことを知る者はほとんどいない。それだけならまだしもこのクズは自分の子どもが死んだ時すら、放蕩を優先しやがった!こいつはイルミナティの会員である。さらに共産主義の理想を仲間たちに説きながら自分は働かず浪費癖のあるマルクスは、彼女の財産を全て使い果たし、彼女は後に自分の服までも質屋にあずけて、生活をするありさまで、もっとふざけた話は自分は愛人ヘレーネ・デムートを持ちブクブクと太りながら自分の子供には厳しく、子供たちに十分な食事を与えず、長男エドガーは8歳で死亡、そして次男ヘンリーも死んでしまい、2年後には三女のフランチスカが亡くなりました。  また、愛人との間に産まれた息子フレデリック・デムートは、ほとんどマルクスと会ったことがないまま育ち、工場労働者となった。

    気短なマルクスは、極端な人種差別主義者で、自分もユダヤ人でありながら、親友にしてライバルのフェルディナント・ラサールを 「ユダヤの黒んぼラサール"Der jüdische Nigger Lassalle"」「頭の格好と髪の生え方からして、奴はモーゼと一緒にエジプトから脱出したニグロの子孫に違いない(さもなきゃ、奴のお袋さんか、父方の祖母さんがニガーと交わっていたということさ)と悪態をつき、

    娘のラウラが、混血黒人のポール・ラファルグと結婚するときも人種差別で大反対をし、娘をいびり倒し、ラウラとポールは自殺に追い込んだ。
    労働者の味方ずらをしながら、共産主義を唱え、餓死する我が子を見ても、自分は生涯、額に汗して働いたことがなかったのが、カール・マルクスであります。



    お叱りの声
    ○一八四七年、マルクスとエンゲルスは、義人同盟に加入した、とは、歴史に出てくるが、この義人同盟は、イルミナティの地下組織の一つであった(ジューリ・リナ)。

    ○つまり、日本人のこれまでのマルクスとエンゲルスについての知識は、少なくとも、三つの点で致命的に欠陥がある。即ち、
     一つは、フランキストについて何も知らない。
     二つは、モーゼス・ヘスを通じて、マルクスとエンゲルスが、ロスチャイルド(初代)に由来するイルミナティに結び付いて居ることを何も知らない。
     三つ目。マルクスとエンゲルスは、イルミナティの下部機関としてのフリーメーソンの会員(第三十二階級)であったことを知らない。

    マルクスこの初歩的大前提について何も知らずにマルクス、マルクス主義、
     共産主義について、おしゃべりすることを話してはならないのである。←それはお前の「傲慢」だ。自分たちで知識を隠して独占しておいていざとなったら知識をひけらかす。だからフリーメーソンは劣等なんだ。優秀だって言って欲しかったのか?逆だよ。相変わらず卑劣な奴等、としか思わないよ。
    証拠が残らなければ何でもやるもんな?そして「自分たちは知りません」「自分たちは関係ありません」「あんたキチガイ?」・・・立派立派。



    あと、フリーメーソンリーでありイルミナティの御用学者であった可能性が高いマルクスについても見ていこう。
    彼は「共産党宣言」において、「全ての宗教と道徳は廃絶されて、あらゆる事が許されるようになる・・・」と述べている。この言葉の真意は一体なんであろうか?宗教が人の自由意志を縛る足枷になっているという(確かにその様な宗教もあるが)印象を受け、その足枷を「無神論者」になる事によって取り払う事が出来るというプラス思考的な印象を受けるとしたら、もうアナタは半分以上イルミナティの狡猾なる洗脳法に染まっているのである。・・・彼が言わんとした本心は恐らくこうである。「人間の良心を呼び覚ます宗教や理性に基づいた法律は廃絶し、あらゆる犯罪も許される・・・」そして、彼の本意はイルミナティの目的である「あらゆる宗教を破壊し・・・」の部分に当てはまるのだ。また、マルクスの思想を実践したレーニンは「共産主義者は目的を達成するためなら、ごまかし、偽り、出来る事なら何でもやる覚悟が出来ている。」と述べている。
    他にも、マルクスは1848年に来るべき世界戦争についても述べている。(先に紹介したアルバート・パイクを思い出させる)「来るべき世界戦争は、反動階級や王朝だけでなく、全ての反動的な民衆を地上から消し去る。それは進歩であり革命であり・・・・・失われる人間の命が顧みられる事はほとんど無い。」・・・どうであろう。これが彼の本心だとしたら、あまりに無慈悲であり、悪魔的ではないか?
    そして、実際にイルミナティが裏で操作したロシア国内の内戦と言ってもいい「ボリシェヴィキ革命」では(旧ロマノフ王朝)皇帝派の官僚、警官、高官、自衛軍の家族、1万ルーブル以上の資産を持つ市民、科学者、医者等が「労働者の権利を守るため」という美名の下に無残に殺されていったのである。(その数は、2500万人にも及ぶという。・・・)



    演説するレーニン.jpg
    演説するレーニン、イルミナティは大衆を騙すために、この男を雇ったという・・・

      
    ロックフェラー家とFBI

     FBI.jpg 

     F・スプリングマイヤー氏によれば、ロックフェラー家はFBIの創設に関わっているという。(具体的にはあまり記されていなかったが)そのため、CIA同様にイルミナティの実働部隊としての役割を担っている。その役割の1つとして信じられない事だが、イルミナティの「悪魔召喚」の儀式で使用する子供の生贄を確保するために、子供を誘拐しているという・・・
    「ギョッ」とする様な話だが、冒頭で述べた様にスプリングマイヤー氏は本書を発刊した後に、「人権侵害」や「名誉毀損」ではなく、「銀行強盗未遂」という完全なる冤罪により、逮捕、拘留されている。(FBIに連行されたかは解らないが)この内容が「捏造」であるとか、「虚偽の記載」であるとか、誰も司法に訴えた者はいなかったという。・・・・・(その点が逆に恐ろしいと感じるが)
    勿論彼らFBIはイルミナティの連中が、自分達の秘密にしておきたい事実が露見しそうになると、体を張って隠蔽工作を謀るという。
     尚、本書内では以下に挙げる人物達が悪魔召喚の儀式で使用する子供達を誘拐してる職員だと述べている。


    チャッキー、マイク、ピーターズ・・・FBI第五部門に所属する殺し屋。
    ニコル・ハーラー、ケン・ランニング・・・FBI捜査官。子供を生贄に提供するため、誘拐している。
    リンダ・クリーグ・・・FBIで働く悪魔崇拝者
    ニック・オハラ・・・FBIの殺し屋。悪魔崇拝者。FBIの児童誘拐を隠蔽するための殺人を行う。


     

    イルミナティにより暗殺された人々

    ウィリアム・モーガン(1826年にフリーメーソンリーによって拉致、暗殺される。)

    フリーメーソンによる最初のアメリカ国内による組織的暗殺が、このウィリアム・モーガンの暗殺であった。彼自身フリーメーソンリーであったが、組織の本当の目的や恐るべき矛盾点等に気付き始め、作家でもあった彼は「我々の市民的諸制度はフリーメーソンによって破滅を見るだろう。彼らはすでに力を蓄え、日ごとに巨大になっている。私には国家に対して、その危機を暴く義務がある。・・・」「ロイヤル・アーチ・メーソンが交わす誓いでは、殺人や反逆も例外とはされてはいない。したがって、この誓いの元では、いかなる罪をも犯すことができるのである。」と糾弾した。・・・ちなみにイルミナティの会員が第7位階に上がる時(最高位は第13位)には「真実なるものは存在せず、全ては許される」と誓約するという。正義感の強い彼はこのメーソンの秘密を公開しようとした所、他のメーソンリー達により拉致、殺害されてしまう。それは1826年の何と、
     

    9月11日だった!!・・・


     

    そう、あの「9・11」の日に彼はメーソンの秘密の誓いを破った者に対する残酷な処刑方で(具体的には述べません・・・)殺されているのである!
    だが、モーガンのこの壮絶なる死に様を知って当時のメーソンリーの40%が組織を離脱したという。また、1828年の反フリーメーソン派のニューヨーク州知事候補は、ほぼ半数の票を得て、反フリーメーソン派による合衆国の歴史上はじめて大統領候補の指名をボルチモアにて招集するという栄誉をになっている。・・・


    9・11について・・・

     vol10でフリーメーソンについて解説を試みたが、その中で引用した書籍「フリーメーソンの操心術」の中に「フリーメーソンは・・・不気味なまでの傲慢さで、自分達の力を見せ付けようとする。暴露はオカルト的な記号やシンボリックな言葉(若しくは数字!)を用いて、一見してそれと解らない様に行われる。(しかし、注意深く観察すれば見破る事は可能!)」・・・とあった。つまり、こういう事である。
    ・・・あの忌まわしき「9.11テロ」はブッシュ政権の見解によれば、ビンラディンを中心とするテロリスト集団「アル・カイーダ」による犯行である事にされているが、事実はそうではなく(もう、多くの方が気付かれている様に)アメリカ、ブッシュ政府とその支配者であるイルミナティ達が仕組んだ「自作自演テロ」である。証拠は今になっては色々挙げる事は出来るが、上記に記したように「シンボリックな数字」・・・「9.11」である。
    この日にアメリカの勇気ある愛国者W・モーガンと大勢の罪無きアメリカ市民と、「平和を愛する心」が殺されたのである。(勿論、この自作自演テロの狙いは石油の利権絡みのイルミナティ達の資産を増やすためであり、ビンラディンの名を出す事によりイスラム圏の人々への憎しみの増幅、戦争行為の正当化を作るためである事は言うまでもない・・・)


    ・・・余談だが、「アメリカ弱者革命」(海鳴社出版)という本書内には、バーテンダーをしている良心的な1市民の驚くべき話が出て来た。以下にそのまま本文を抜粋する

    「でも、僕の友達でテロは政府がやったんじゃないかって疑って、ずっと調べていた文化人類学者が、ある日突然消えたんだ。もう1人の新聞記者の友達は、FBIに家をさんざん荒らされた挙句、命の危険を感じて家族をおいたままコスタリカに逃げたんだ!」

    ・・・如何であろうか?180年前から、アメリカという国は真実を追究しようとする真の愛国者達に対し、この様な態度を取り続けてきたのである!(※FBIが動いたのはロックフェラーの命令である事は言うまでもないだろう・・・)

    911自作自演テロ.jpg
    この自作自演テロも「フリーメーソンは・・・不気味なまでの傲慢さで、自分達の力を見せ付けようとする。・・・」という表現がそのまま当てはまる最悪のショーだった・・・

    エイブラハム・リンカーン.jpg
    エイブラハム・リンカーン(1809年2月12日 - 1865年4月15日)

     合衆国第16代大統領リンカーンが暗殺により、その生涯を終えた事は有名であるがその背後にイルミナティの存在があった事実は驚かざるを得ない。よく一般的には当時の内閣戦争省長官であったエドワード・W・スタントンが影で仕組んだ事件だと言われているが、(実際に彼はリンカーン狙撃事件後に犯人であるジョン・ウィルクス・ブースを庇い、逃がす様な動きをしている。また、その後射殺されたブースも本人ではない影武者だったとか・・・)「真の黒幕はロスチャイルド家であり、実行したのがアルバート・パイクが組織した秘密結社「金環騎士団である」(ブースはこの金環騎士団のメンバーだった)とメイコウ氏は述べている。
    しかし、何故ロスチャイルド家がリンカーンの暗殺を望んだのか?・・・それは南北戦争中リンカーン大統領は多額の戦費を必要として、その戦費をロスチャイルド家が支配する銀行から借り入れていた。だが、その利息は年利24%から36%という高金利だった。そのためリンカーンはこの戦争債務費の支払いを拒否して、自国政府内で4億5千万ドル相当の紙幣発行を命じ、全ての負債に対する法定通貨として流通させた。このリンカーンの金融政策、自前で無利息・無借金の紙幣を発行され続けられると、ロスチャイルド一族の金融支配力が失われてしまうと危惧したため、狂信者アルバート・パイクにリンカーンの殺害を命じたという。(ちなみにこの暗殺事件が起きた翌年にパイクはKKKを創設している。)・・・
    他にもう1つ、イルミナティ達がリンカーンを排除しようとした理由がある。それは彼らは最初からアメリカを二分して支配しようという計画を持っていた事が挙げられる。(ロスチャイルドの手先であるモーガングループも北軍、南軍両方の陣営に資金、軍事物資を提供していた事を思い出して下さい。)フリーメーソンの方針に「分割して統治せよ」とあるが、正にこの考えをアメリカで実現させようとしたのだろう。しかし、リンカーンの意思はこの方針を挫くのに十分だった・・・



    ジョン・F・ケネディ.jpg
    ジョン・F・ケネディ(1917年5月29日 - 1963年11月22日)

     「ケネディ暗殺事件」・・・当初から現在まで様々な書籍、映画等により色々な角度からの陰謀論が展開されているが、この若きアメリカの希望の星を公衆の面前で砕いた輩が、リンカーン同様に秘密結社の人間だったと知った時、アナタはどう思うだろうか?「怒り」を感じるだろうか?それとも諦めに似た「虚無感」を抱くだろうか?・・・
    この若き大統領はアメリカの大統領職の権限というものが、勿論自分自身とアメリカ国民1人1人の意思により揺るぎないものになっていると固く信じていた。しかし、実際は「RIIA」(王立国際問題研究所・イルミナティとの関係が深い組織)や国際銀行家集団によって支配されている事を知った時、彼はこの影響力を排除しようとした。
    手始めとして、ケネディはイルミナティ達の最高執行機関であるRIIAからの「指示」を大統領に伝える役目を演じていた、キッシンジャーをホワイトハウスから追放した。


     ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー.jpg
    ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー( 1923年5月27日 - )この男は後の「ウォーターゲート事件」でのニクソン大統領失脚の立役者であったという・・・


     次に彼はイルミナティ達が所有する国際金融機関からの支配力を弱めるために、連邦準備制度の仕組みを変えようとした。それは行政命令を発動して憲法に保障された通貨をアメリカに返還させるという、連邦準備銀行券とは違う「アメリカのドル」を財務省が直接印刷、発行する事だった。これによりイルミナティ達は通貨発行による利息を得る事が出来なくなり、アメリカ支配の構図が大きく揺らぐ事になる。・・・つまり、ケネディはリンカーンと同じ事をしようとしたのである。(紙幣通貨の自国金融機関による発行、国債を担保にせず利息も第三者に支払う義務は持たない)・・・そしてこの事によりイルミナティの意思は固まり、リンカーンと同じ結末を用意する指示が出される。・・・

    ケネディ狙撃の瞬間.jpg
    ケネディ狙撃の瞬間・走行中のリムジンの人間の頭を一撃で仕留める業はプロ中のプロでなければ不可能だ・・・

     このアメリカの希望の星を撃ち落とす仕事を任されたのが、映画「007シリーズ」のモデルにもなっているイギリス超秘密情報機関「MI6」のサー・ウィリアム・スティーブンソンだった。また、彼はこの暗殺計画の遂行にあたり自分の片腕として、FBI第五課に所属していたカナダ人であるルイス・モーティマー・ブルームフィールドを採用した。二人は優秀な狙撃テクニックを持つ7人を集め、メキシコのあるキリスト教伝道本部で二ヶ月間に亘る厳しい訓練と射撃練習を受けていたという。
    尚、ケネディ狙撃の犯人としてオズワルドが一応犯人として逮捕されたが、勿論彼は身代わりであり、世間の目をくらます為のダミーである。


     

    結びに・・・



    以上、イルミナティについて大まかに見てきたが、本著「イルミナティ悪魔の13血流」にはもっと信じられない様な、ショッキングなエピソードが多々出て来る。・・・少し抜粋すると、イルミナティの組織内でも強力な指導力を持つ女性「闇の女王」を造るためには、娘を持つ実の父親がその自分の娘を妊娠させ、その産まれた子(父親からみれば孫にあたる)をその親である娘の手で「悪魔」に生贄として捧げなければならないという。・・・(あるいは、儀式に参加している人間達でその子を食べるとか!)・・・マンガの様な話だが、この様な儀式を通して悪魔の力を得ていくとか・・・(つまり、現在でも中世の頃に行われていたとされるサバトの儀式が行われているのだろう)

    「悪魔こそ力の源であり、人を自由にしてくれる」

    とはフリーメーソンの高位階者が信じる思想だが、もちろんこれは数千年の歴史があるとも言われるイルミナティ(闇の同胞団)の信念でもある。・・・
    posted by 真 救世主 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月06日

    「財団」とは世界権力のシンジケートである


    ※−−−慈善事業を装う犯罪シンジケート=財団

     
     世界権力は、合衆国市民を、税金で免除された財団を通じて支配している。
     財団(foundation)は政府の政策をつくりあげ、行政・立法・司法の各部門の重要な地位に財団の幹部メンバーを配置して、政策を実行する。財団は、教育制度のあらゆる階層の重要な地位に財団の幹部メンバーを配置して、教育政策をつくりあげる。財団は、主な宗教各派の重要な地位に教団の幹部メンバーを配置して、宗教の教義を支配する。
    「財団」とは、非常に誤解を招きやすい言葉だ。ウェブスターは「基金」と呼んだが、本当のところ財団はトラスト〔企業合同〕であり、ロジェ〔一七七九〜一八六九年。英国の医師・著述家、一八五二年『分類語彙辞典』〕はトラストを「シンジケート」と解している。ロックフェラー財団という代わりにロックフェラー・シンジケートと言えば、実態にずっと近くなる。アルフェウス・T・メーソンはブランダイス判事の伝記の中で、ブランダイスが述べた「社会主義を発展させて来たのは、主に個々のトラストの力である」という指摘を引用している。ということは、財団の名前でまかり通っているのは、世界権力の利益のために社会主義の世界奴隷制度を国家と国民に強制しながら慈善事業のふりをしている犯罪シンジケートなのである。
     ノーマン・ドットは、リース委員会が税金免除の財団を試みたときに調査責任者をつとめた人物であるが、一九五四年一月にB・キャロル・リース国会議員との間で次のようなやり取りがあった。

     リース「合衆国が陰謀の犠牲となっているという前提をあなたは認めますか?」
     ドット「認めます。」
     リース「それでは、それをもとに調査を指揮して下さい。」

     クライスラー社会長のB・E・ハッチンソンは調査の目的には賛成だったが、ドットにこう警告した。
     「もしも、いまあらまし説明してくれたように調査を進めていったら、君は殺されるぞ」
     ドットは次のように述べている。

      財団は互いに調査された管理の行き届いた制度で、その目的は、合衆国を建国の思想から絶縁させるために我が国の富を用いることである。財団は集産主義の最大の統一勢力である。


    ※−−−ロックフェラー財団が研究する「世界権力」

     ロックフェラー財団の一九七五年度報告書に「世界権力(秩序)研究所」(Institute for World Order)への一〇万ドルの寄付金が記載されている。世界権力(秩序)研究所を運営するソール・メンドロヴィッツ教授は、研究所の機関紙「変遷」の一九七四年一〇月号で次のように述べている。

     今、世界の協調に責任を持っている機関はいくつかあるが、それらに取って代わるべき制度、つまり、新しい一つの統治体に対する賛成論を述べて見よう。大衆は中央指導制度を求めることになるだろう。そうした一つの統治体が、今まさに出現しようとしている。この統治体では、様々な国民国家で決定を下す権威と能力を有する政策エリートたちの現在の特権は消滅する。一つの統治体が出現し、諸君はもう軍隊を持ってはならないと宣告する。そして、諸君は経済的収入の一定額を世界の他の地域に差し出さねばならなくなる。

     簡単に言えば、世界権力(秩序)とは、国民の軍隊なし、個人の収入なし、と言うことなのだ。皮肉なことに、こうしたことのために資金を提供しているのは、合衆国で個人の自由を行使することによって財団を作った連中である。
     メンドロヴィッツは「政府」という言葉を使っていない。政府という言葉には、合衆国で行われているような国民の合意による政府という意味合いが含まれる恐れがある。だから、「統治体」という帝国主義的な統治形態を指す言葉を用い、独裁的命令を表現しようとしたのだ。財団=シンジケートのあらゆる行動、そして世界権力内部の彼らのご主人様たちのあらゆる行動は、冷酷無残な東洋的専制主義による統治を実行しようとしているのである。
     こうした専制政治形態の伝統のもとで、最も効率の良い宮廷使用人は宦官である。宦官は報酬をほとんど、あるいは全く要求しないで働く。宦官には家族を養う費用が要らないからである。財団の世界でも。宦官タイプが幹部の中で優位を占めている。宦官が財団に入ったり出たりしながら、政府や教育界、宗教界の有力な地位に就く。結婚して子供を持つ場合もあるが、心理的には宦官のままで、世界権力の宮廷使用人となるために男であることを止めると誓った者たちなのである。
     最近、コラムニストのジェフリー・ハートが興味ある意見を述べた。モンデールが自分の副大統領候補にジェラルディン・アン・フェラーロ〔一九三五年〜。一九八一民主党下院議員、一九八四年二大政党から出た初の女性副大統領候補〕を選んだのを皮切って、こう言ったのだ。

     モンデールは、民主党の候補者名簿で男女バランスを取るためには、男を選ぶべきだったのだが。

     世界権力がすでに支配権を握っているのに、どうして「世界権力(秩序)研究所」が必要なのか?どうして世界権力支配のガウライター〔ナチス政権の地方長官〕として財団が必要とされるのか?
     それは、世界権力は自らの権力を隠蔽するからこそ支配出来るからである。世界権力は自ら存在することを否定する。世界権力の力はあらゆるところに歴然としている。政府内に、教育界に、宗教団に、(マスメディアも忘れてはいけない。)そしてまた周到緻密に計画し実行される革命、飢饉、において歴然としているにも関わらず、世界権力はマフィアのように自らの存在を認めようとしないのである。下部組織には消長がつきものである。だが、世界権力は常住不変である。外交問題評議会(CFR)の存在に気付く人間が多くなり過ぎたら、ビルダーバーグ会議や三極委員会に権力が移行されるだけなのである。だが、世界権力の支配は常住不変に存続する。


    ※−−−慈善の憲章に隠された暗殺者集団の実態

     ニューヨーク・タイムズ紙の一九八四年四月二九日の記事によれば、財団会議の年次集会に一四〇〇名の幹部職員が集まる予定である。合衆国内には二万一六九七の財団があり、一九八三年に三十四億ドルを寄付したと言う。こうした寄付金は世界権力の計画を実行する者だけに分配される。そして、その目標とするところは世界の奴隷化である。(人類家畜化計画)
     中世まで紀元をさかのぼる国際銀行業の名門一族は、アメリカの主要な財団を設立し、奴隷貿易や麻薬・金塊などの取引でかき集めた富を隠匿し、さらにその富を皇帝の勅令としか言いようの無い手段、つまり政府発行の特許状によって永遠に我が物としようとした。その目的は、全ての潜在的な敵や対抗者を抑圧し、敵対者の活動を指揮して方向を誤らせ、無力化することにあった。
     財団の憲章で真の目的をうたったものは一つもない。財団の憲章には、「人類の福祉」「貧困の根絶」「病気の絶滅」「世界の同胞愛の促進」などといった結構な文句が満ち溢れている。同情、親切、慈善−−−これが財団のスローガンである。「親切な」人々を駆り立てて世界戦争を勃発させたり、世界の奴隷化を促進させたりする専制的本能をついうっかり漏らすような軽率さは、片鱗だにない。世界権力の目標に献身するには、いついかなるときでも動揺してはならない。動揺すれば即刻死をもって処罰する、という召使いに対する警告など、財団の憲章には見当たらない。
     合衆国の統治権力は政府機関でも法律でも政党でもない、というやっかいな事実を把握出来るアメリカ市民は、ほとんどいない。とんでもないことに、合衆国を統治する権力を握っているのは、暗殺団である。普段は舞台裏に隠れていて、手に負えない者が出て来ると、暗殺指令を下す力を持っている連中である。
     我々は二人の合衆国大統領、アブラハム・リンカーンとジョン・F・ケネディが暗殺されるのを見て来た。暗殺された理由は、この二人が合衆国財務省に利子のつかないドル紙幣〔現在の米ドル紙幣は、政府がFRBに利子を払う形で発行されている〕を印刷せよと命じたからである。この新しい事態によって、国際銀行家たちはなんの苦労もなく手にしていた何十億ドルもの利益を奪われると怯えたのだ。(※逆に言えば、FRBに「利息を支払う」という形で合衆国に寄生している害虫が世界権力を語っているのである。そして、我々人類を家畜化しようとしているのである。)


    ※−−−世界権力の擁する暗殺団の暗号名は「カナン人」

     五〇〇〇年間にわたり、暗殺団の暗号名は「カナン人」だった(拙著『カナンの呪い』参照)。このカナン人という言葉は暗殺団が自称した名前である。アラム語では頭子音K'NNで表され、これがギリシャ語でカナン人を指しているのである。別名ゼーロータイつまり熱心党〔紀元一世紀にローマに反抗したユダヤ民族主義者〕と呼ばれたが、自らの目的のために進んで殺人を犯す狂信者集団という意味である。
     彼らは、世間には「アサッシン」〔十字軍時代にキリスト教徒を暗殺したイスラム教徒の秘密結社〕という名前で知られていた。現代におけるこの言葉の起源は、一〇九〇年に一人のペルシア人ハッサン・サバーが創始したユダヤ−シーア派に由来する。カイロの(フリーメーソン)グランド・ロッジに入門した彼は、アブ・マンスール・セダカー・イブン・ユフスの庇護のもとにアサッシンを組織しながら。説教師としてペルシア全土を旅して回った。イブン・ユフスはユダヤ人ながら、カリフのアル・ムスタンシールの大臣にまで出世した人物である。
     インドのファーンシガールつまり絞殺者と言う言葉は、ヒンドゥスターニー語のファンシすなわ紐(ひも)という言葉に由来する。北インドではタグつまり絞殺強盗団と呼ばれた。タミル語ではアリトゥルチャルつまりイスラム教徒絞殺団と呼ばれ、カンダナ語でタンティチャレールつまり強盗と呼ばれ、針金やガット線を使って人を締め殺した。
     以上。合衆国をテロで支配する今日の暗殺団に対応する東洋の暗殺集団に言及した。というのも、【どちらも同じ紀元を持ち、忠誠を捧げる対象を同じくし、同じ目標すなわち世界権力による支配を掲げている】からである。


    ※−−−邪魔になり情け容赦なく処分された世界権力の宦官たち

     世界権力にとって邪魔になった宦官たちは、情け容赦なく処分されるのが常である。アルジャー・ヒス〔一九〇四〜一九九六年。一九四八ソ連のスパイ容疑で告発、一九五〇〜五四年投獄〕やハリー・デクスター・ホワイトなどが連邦議会の〔非米活動〕調査委員会に召喚されることになった時、友人知人の多くが犠牲者となった。ヒスの親友のマーヴィン・スミスという弁護士は窓から転落死した。ヒスともホワイトとも親しかったローレンス・ダガンは議会で証言する直前、二〇階の窓から転落死した。ダガンは父親が創立して理事長を勤めていた国際教育研究所の幹部だったが、こうした家族の絆も彼を守るにはなんの役にも立たなかったのだ。ダガンは窓にあわてて近づこうとしたらしく、片方の靴を脱ぎ散らかし、事務所の中をメチャクチャにしながら横切っていた。検死評決は「自殺」だった。カナダの外交官ハーバート・ノーマン〔一九〇九〜五七年〕とハーバード大学教授F・O・マシーセン〔一九〇二〜五〇年〕も窓から転落死してしまったので、議会で彼らの関係を証言することは出来なかった。
     こんな現象があまりに頻繁に起こったので、「窓外放出」という新しい言葉が流行ったほどだった。その意味は、自ら証言を忌避して、他人にも証言しないようにはっきり警告するというものだった。


    ※−−−財団はボストンの名門ピーポディ家が起源

     大金持ちになった人間たちは、財産を蓄えるために驚くべき冷酷な生涯を送ったのち、突然パウロのように深く回心して善意の人に変身したというようなお話を、我々はうんざりするほど読まされて来た。確かに、カーネギー家やロックフェラー家の「慈善事業」は今日のアメリカ人の生活に計り知れない影響を与えている。税金を吊り上げ、生活のあらゆる側面に政府がますます干渉するようになり、自分たちの目標を促進するために戦争や革命をさらに計画しているからだ。
     アメリカの財団はそもそも当初から二重の印象を与えて来た。正面から見れば、善なる目的に役立つためには何者にも怯まない、たくましい慈善事業家の顔をしている。だが裏に回れば、己の富と権力の維持拡大に汲々とする陰謀家の顔が見えるのである。
     現在あるような財団の形態は、ボストンの名門ピーポディ家のあり方が起源となっている。ヘンリー・ジェームズは小説『ボストンの面々』の中で、家族ぐるみの付き合いをしていたエリザベス・ピーポディが、五〇年間も執拗に博愛主義的情熱を持ち続けたことを戯画化して、このエリザベスをモデルにミス・バーズアイという伝説化した登場人物を描いている。
     ジョージ・ピーポディはワシントンとボルティモアで奴隷貿易を営んだあと、ロンドンに移住し、ロスチャイルドの隠れ蓑に仕立て上げられた。アメリカの恐慌時に底値で株を買い占めて一大資産を形成し、それからボストンの貿易商人ジュニアス・モルガンを後継者に選んで自分の事業をやってもらうことにした。
     一八六五年、ピーポディは政府公債一〇〇万ドルを寄付し、大規模なアメリカの財団の最初である「ピーポディ教育基金」を創設した。一八六七年までにこの基金は二〇〇万ドルに増大した。一八六九年までには三六〇万ドルになった。表向きの設立目的は、南北戦争後の南部黒人の教育とされていたが、実のところこの基金は、北部のインチキ銀行家たちが南部の土地の支配権を獲得して、南部諸州政府を支配するための戦略として重要な工作だったのである。南部諸州は行政機能を再建するためにウォール街の銀行家たちから膨大な借金をせざるえず、次の一世紀のあいだ借金漬けとなった。ピーポディ基金は国際的なコネのおかげで、綺羅星のような名士たちを理事会に集めた。

     ユリシーズ・グラント将軍(一八年間理事を務めた)
     グローヴァー・クリーヴランド(一四年間理事)
     マッキンレー(二年間理事)
     セオドア・ルーズヴェルド(一三年間理事)
     J・P・モルガン(二八年間理事を務め、理事会に一度も欠席なし)
     アンソニー・ドレクセル(一二年間理事。モルガンの共同経営者)

     同じような目標を掲げた基金が「ジョン・F・スレイター解放奴隷教育基金」で、北部の裕福な織物業者ジョン・F・スレイター(一八一五〜八四年)により設立された。設立寄付金は一〇〇万ドルだったが、一八八二年までに四〇〇万ドルに増えた。当初の理事は次の三人だった。

     ラザフォード・B・ヘイズ大統領〔在任一八七七〜八一年〕
     ダニエル・コイト・ギルマン
     モーリス・K・ジェサップ(会計担当)


    ※−−−「財団こそ世界権力への道」と気づいたジョン・D・ロックフェラー

     「財団こそ世界権力への道」と気がついたジョン・D・ロックフェラーはピーポディ基金を模範とした。ロックフェラーと彼の「慈善担当役員」のフレデリック・T・ゲイツは「南部教育委員会」を設立し、ピーポディ基金とスレイター基金を合併した。その後「一般教育委員会」を設立して、それ以前にあった三つの基金を吸収してしまった。一般教育委員会の憲章は「人種・宗教・性の差別なく、合衆国の教育を促進することが当委員会の目的である」と述べている。その目的は、人種の混淆と性的差別の撤廃にあった。一般教育委員会の設立発起人には次の人々がいた。

     ウィリアム・H・ボールドウィン二世(一般教育委員会初代理事長、ロングアイランド鉄道社長、以前にハリマンとシフの共同事業であるユニオン・パシフィック鉄道に勤務)
     フレデリック・T・ゲイツ(ロックフェラーの右腕)
     ダニエル・コイト・ギルマン(〔一八三一〜一九〇八年〕、ピーポディ基金とスレイター基金の副理事長、一八七二〜七五年カルフォルニア大学総長、カーネギー協会の初代理事長〔一九〇一〜〇四年〕、ラッセル・セージ財団〔金融事業家・下院議員のラッセル・セージ〈一八一六〜一九〇六年〉の遺産七〇〇〇万ドルの一部を未亡人マーガレット・オリヴィアが寄付して一九〇七年に設立〕とカーネギー協会の設立発起人)


    ※−−−三つの財団の設立者ダニエル・ギルマンと秘密結社スカル&ボーンズとの関係

     一人の人間がアメリカで最も影響力の大きい三つの財団の設立発起人だったということは、それぞれ独自の運営を行っているとされるこれらの財団が、常に少数の冷酷無情な人間たちによっていかに集中的に支配されて来たかを示している。
     ギルマンは普通世界権力(秩序)の創立委員に数えられるが、そのわけはギルマンがアンドルー・ディクソンホワイト〔一八三二〜一九一八年。教育家・外交官、コーネル大学創立者・初代学長〕とティモシー・ドワイト〔一八二八〜一九一六年。聖職者・教育家、一八八六〜九八年エール大学学長〕とともに、秘密結社ドクロ団〔スカル&ボーンズのこと。一八三二年に創立〕に資金を提供するため、一八五六年にエール大学にラッセル信託協会を設立したからである。
     ドクロ団のメンバーはアメリカでロスチャイルドの隠れ蓑を務める中心人物となっている。W・アヴェリル・ハリマンやジョージ・ブッシュ、ナショナル・レヴュー紙の煽動家ウィリアム・バックリーが典型的なメンバーである。ノーマン・ドットもエール大学出身だが、こう言っている。

     肩を叩かれてドクロ団に入らないかと勧誘されたら、その後の人生で成功への心配は無用となるということは、エール大学では有名な話だった。

     ラッセル信託の創立者三人のうち、ドワイトはエール大学の学長になった。鉄道成金の息子ホワイトは、ニューヨーク・タイムズ紙の記事によれば、莫大な額の遺産を相続して生活の心配をする必要がなかったという。コーネル大学の初代学長となり、政治学部創設のため大学に三〇万ドルを寄付した。アメリカ歴史協会〔一八八四年に創設〕の初代理事長をつとめ、一八九二〜九四年ロシア大使、一八九七年〜一九〇二年ドイツ大使をつとめた。ホワイトはハーバート・フーヴァーにフーヴァー研究所を設立するよう助言した。
     しかしながら、我々がもっとも関心があるのは創立者の第三人目ダニエル・コイト・ギルマンである。ジョン・デューイ〔一八五九〜一九五二年。プラグマティズム哲学者・教育者〕にジョンズホプキンズ大学で集産主義教育理論を叩き込んだのはギルマンであった。デューイはシカゴ大学に移って教育学長となり、その後コロンビア大学教育学部の学部長となった。両校とも世界のフェビアン社会主義〔一八八四年にシドニー・ウェッブ、ジョージ・B・ショーらがロンドンに設立した斬進的社会主義思想団体。第九章二七二ページ参照〕の学校の中で指導的な存在である。こうしてギルマンは教え子のデューイを通じて、、二〇世紀になってからもずっと、アメリカの教育を支配し続けたのである。
     ギルマンはまた、ジョンズホプキンズ大学の経済学部でリチャード・T・イリー〔一八五四〜一九四三年。経済学者、天然資源・公益企業の公有化を唱えた〕を訓練した。このイリーはのちにウッドロー・ウィルソンを教えた。イリーの評によれば、ウィルソンは「並外れて頭がいい」と言われた。こうしてギルマンの影響力はイリーを経由してウッドロー・ウィルソンに及んだが、ウィルソンこそ、我が国に連邦制度、所得税そして第一次世界大戦をもたらした人物である。

    (中略)


    ※−−−財団中の財団−−−ロックフェラー財団の全貌

     ジョン・D・ロックフェラーは一般教育委員会の資金を使い、ロシアにいるスタンダード石油の代理人たちを通して一九一七年のロシア革命をひき起こした。ロックフェラー家の一員がロシアを訪問するために到着した時、ソヴィエトの大衆が歓呼して迎えたのもなんら驚くに値しない。
     今日までにロックフェラーは株式収入から五〇億ドル以上を「譲与」して来た。つまりこのことは、課税されていたら国庫歳入となっていたはずの何十億ドルもの金を、アメリカ人は税金として支払って来たことを意味する。連邦議会の下院銀行通貨委員会の委員長を務めたライト・パットマン議員〔一八九三〜一九七六年。一九六三〜七四年下院議員〕は一九六七年の公聴会で、ロックフェラー系の一四の財団がスタンダード石油の株券で一〇億ドル以上の資産を保有していることを証明した。財団はこの株式に関して税金を一切支払わなかったばかりか、この株式を保有しているおかげで、スタンダード石油を所有する一族に対して永遠の支配権を手に入れたのだった。財団が所有することで株がガッチリと守り固められていたので、競合する資本家たちはスタンダード石油の支配株を買い集めることが出来なかった。
     パットマン議員が指摘したように、ロックフェラーは巨額の税金を免除されたので、通常の税率で税金を支払わざる得なかった他の会社に対する、とても太刀打ち出来ないほどの市場優位性をロックフェラーに与えた。「法人税」引き上げの世論を盛り立てても、ロックフェラーが優位になるばかりなのである。パットマンは「財団というのは、ロックフェラー家が行った最高にうまい投資である」と言っている。
     ロックフェラー家の一員になるネルソン・オールドリッチ上院議員が、一般教育委員会の憲章の議会通過工作の音頭を取った。ロックフェラー財団の憲章の議会通過はもう少し難しかった。その憲章は、スタンダード石油の独占支配に対する政府の命令をなんとか逃れようとする見え見えの努力にほかならなかった。ニューヨーク選出のロバート・F・ワーグナー上院議員の尽力によって、一九一三年んい最終的に議会を通過した。この結果、ニュージャージー・スタンダード石油の株五〇〇〇万ドルを「慈善活動」のために充当することになった。ロックフェラー財団の設立発起人は以下の通りである。

     ジョン・D・ロックフェラー
     ジョン・D・ロックフェラー二世
     ヘンリー・プラット・ジャドソン(ライマン家及びプラット家の子孫、シカゴ大学総長)
     サイモン・フレックスナー(ベルリン大学及びストラスブール大学出身、一九〇三年以来ロックフェラー研究所に医学教授として勤務)
     スター・ジェームソン(ジョン・D・ロックフェラーの慈善事業の個人顧問)
     ジェローム・D・グリーン(一九一〇〜一一年ハーバード財団事務局長、一九一二〜一八年ロンドンのリー・ヒギンソンで銀行家、パリ講和会議賠償委員会事務局長)
     ウィクリフ・ローズ(ピーポディ大学教授、ピーポディ教育基金事務局長、スレイター基金及び一般教育委員会の理事)
     チャールズ・W・エリオット(ライマン家出身、エレン・ピーポディと結婚、ドイツで教育を受ける、ハーバード大学名誉総長)

    ロックフェラー財団の分派の一つ中国医学委員会は、スタンダード石油のために「中国のランプ用の石油」市場を獲得し、ボロ儲けになるアジア麻薬取引にロックフェラー家が参入する手引きをした。突破口となったのは、現代の中国をつくり上げた宋家〔一八八〇ころ米国に渡りメソジスト派宣教師となって上海に帰国し、聖書製造販売・商業印刷を手がけた宋嘉樹〈一八六六〜一九一八年〉にはじまる大富豪、子どもの靄齢、慶齢、美齢の三姉妹と子文とが国民党の両側の重要人物となった〕の権力獲得に資金を提供したことにあった。


    ※−−−アメリカを思いのままにするロックフェラー御用法律家

     ロックフェラー財団の一九一三年から六三年の役員名簿は、この組織について多くのことを明らかにしてくれる。この時期に理事長を務めた四人は次の通りだった。

     ジョン・D・ロックフェラー二世(一九一七〜三九年)
     ウォルター・D・スチュアート(一九三九〜五〇年)
     ジョン・フォレスター・ダレス(一九五〇〜五二年)
     ジョン・D・ロックフェラー三世(一九五二〜六三年)

     ウォルター・D・スチュアートは、一九一八年に戦時産業調整委員会でバーナード・バルークに仕え、一九二二〜二五年連邦準備制度理事会理事、その後ロックフェラー系のケース・ポメリー法律事務所に籍を置いた。一九二八〜三〇年イングランド銀行経済顧問、一九三一年国際決済銀行(BIS)の特別顧問、一九五三〜五六年アイゼンハワー大統領の大統領経済諮問委員会〔一九四六年創設、三人が大統領に経済問題の助言をする〕、その後プリンストン高等研究所所長となった。彼が就任した法律・金融関係の職務の右のリストからは、明らかに「慈善の」努力の影も形も見受けられないことに驚かされる。
     ジョン・フォレスター・ダレスはサリヴァン&クロムウェル法律事務所の上席共同経営者として、戦争と革命の煽動に関与するというこの法律事務所の伝統を遂行した。ほとんどのアメリカ人に知られていないことだが、サリヴァン&クロムウェルの企てた陰謀によってパナマ運河通過は可能となったのである。七三六ページに及ぶ大冊『パナマ−一九一三年合衆国下院パナマ問題公聴会記録』を繙(ひもと)けば、この法律事務所の創立者にしてダレスの恩師ウィリアム・ネルソン・クロムウェルが、J・P・モルガンとJ&Wセリグマンのためにパナマ革命を教唆煽動したことを証明する記録が何百ページにもわたって記載されている。その後、モルガンは合衆国財務省から金貨で四〇〇〇万ドル受け取ったが、このとき財務省が振り出した小切手はそれまでの最高額であった。このうち三五〇〇万ドルが純粋の利益だったのである。
     セオドア・ルーズヴェルトはニューヨーク・ワールド紙が彼とクロムウェルについて事実の一部を印刷したかどにより、文書誹毀罪で告訴した。
    (※「誹毀」悪口を言うこと。文書誹毀→名誉毀損。)
    この告訴は最高裁判所によって全員一致で却下された。『ニューヨーク・ワールド対ルーズヴェルト−−−パナマ文書誹毀事件』の中に以下のような記述がある。

     
     一九〇八年一〇月三日、民主党全国委員会はある声明を公表することが望ましいと考えていた。すなわち、ウィリアム・ネルソン・クロムウェルがフランス人投機家ビュノー-ヴァリーヤ〔フィリップ−ジャン・〜、一八五九〜一九四〇年〕と関係してシンジケートをつくり上げた時期は、ド・レセップス運河のフランス人公債保有者の権利を合衆国が引き継ぐと明らかになった時であったこと、そしてこのシンジケートにはウィリアム・ハワード・タフトの弟チャールズ・P・タフトとセオドア・ルーズヴェルト大統領の義兄弟ダグラス・ロビンソンも参加していたことである。これらの資本家たちが自分の金を投資したのは、合衆国政府がおよそ四〇〇〇万ドル価格でフランス資産を獲得するつもりがあることを十分に承知していたからであった。こうして、問題となっている政府筋からの情報のおかげで彼らは巨大な利益を得ることが出来たのである。

     すでに一九〇八年八月二九日に、民主党全国委員会はシカゴの党本部から声明を発表し、クロムウェルの正体を次のように明らかにしていた。

     ニューヨークのウィリアム・ネルソン・クロムウェル−−−偉大なウォール街の法律家にしてパナマ運河企業連合、クーン・ローブ財閥、砂糖トラスト、スタンダード石油その他の顧問弁護士。

     このように民主党の指導者たちは、クロムウェルの正体がロスチャイルドのために「アメリカを支配する七人の男たち」の御用法律家であることを暴露した。
     民主党員たちは続けて次のように述べている。

     一九〇四年九月にタフト長官がワシントンを不在にしたあいだ、一民間市民のクロムウェル氏が戦争省を実質的に動かした。パナマ運河の技術主任ジョン・F・ウォレスは、一九〇五年二月五日に上院委員会に出席して「わたくしにはクロムウェルが危険な人物に見えました」と証言した。

     前記の『下院公聴会記録』は多くのページをクロムウェルの活動に割いており、必読の価値がある。その中に、レイニー議員が行ったのっぴきならない証言がある。

     パナマ革命陣営の者たちは、ニュージャージー州の会社であるパナマ鉄道汽船会社に雇われていた。この会社の代理人がウィリアム・ネルソン・クロムウェルだった。彼こそパナマ地峡で革命を煽動し実現させた革命家であった。その当時クロムウェルはその鉄道の株式保有者であり、合衆国におけるこの会社の総合コンサルタントだった。ウィリアム・ネルソン・クロムウェル−−−アーロン・バーの時代以後我が国が生んだ最も危険な人物−−−は、職業的革命家なのである。


    ※−−−ヒトラーにドイツ乗っ取り資金を保証したダレス

     ロックフェラー財団理事長ジョン・フォスター・ダレスは、アメリカの最も危険な人物というクロムウェルの衣鉢(いはつ)を継いだのである。ジャネット・ポムロイ・エーヴリーとの結婚によりロックフェラー家の一員となったダレスは、パリ講和会議で叔父の国務長官ロバート・ランシングの秘書官を務めた。J・P・モルガンの共同経営者トーマス・ラモントは、当時のダレスについて、「ジョン・フォスター・ダレスには、我々全員が大いに信頼を寄せていた」と書いてある。
     その後ダレスは、ヒトラーにドイツ乗っ取り資金の提供を保証するため、クルト・フォン・シュローダー男爵とともにドイツにひょっこり姿をあらわした。合衆国駐独大使のウィリアム・ドットは、一九三三年一二月四日の項にこう記している。
     

     ジョン・フォスター・ダレス、アメリカの銀行連合の法律顧問、本日の午後に来訪。ドイツの都市自治体に対して、公債保有者に代わって督促する一〇億ドル以上を要求する件について説明するためである。頭が非常に切れ、意志も堅固に思われた。

     ロン・プリュッセンはダレスの伝記を著したが、その中でダレスが「一九三三年一二月と一九三四年一月にベルリンでドイツ閣僚と交わした秘密討議」に言及している。
     ダレスはウォール街の法律顧問を独占していた。
     ジョン・フォスター・ダレスは戦争をはじめる趣味をなかなか捨て切れなかった。何人のアメリカ人が知っているだろうか、ジョン・フォスター・ダレスこそ、東京からトルーマン大統領の顧問たちに「韓国人たちが攻撃を撃退出来ないようなら、そのときは合衆国軍を投入すべきだと我々は信じる」という電報を打った人物であることを?ダレスは「我々」が、誰と誰なのか、決して明らかにしなかったが、この電報が我が国を一気に朝鮮戦争へ参戦させたのである。


    ※−−−ロックフェラー財団の役員名簿

     ロックフェラー財団の歴代理事長には、次の面々がいる。

     ジョージ・E・ヴィンセント(ショトークア夏季大学〔一九世紀末から二〇世紀初頭にニューヨーク州ショトークア湖畔に開かれた成人教育講座〕の学長、ハーバート・フーヴァーとともにベルギー救済委員会)
     マックス・メーソン(ロックフェラーが四億ドルを寄付したシカゴ大学の総長)
     レイモンド・ブレイン・フォスディック(一九一九〜二〇年国際連盟事務局員、のちジョン・D・ロックフェラーの公式伝記作者)
     ハリー・エマーソン・フォスディック(右記の兄弟、ロックフェラーの教会の牧師)
     チェスター・I・バーナード(AT&T社長、第一次世界大戦中に合衆国電話局長官)
     ディーン・ラスク(国務長官として二人の大統領に仕える)
     J・ジョージ・ハラー(コーネル大学アンドルー・D・ホワイト校教授)

    ロックフェラー財団に事務局長には次の二人がいる。

     ジェローム・D・グリーン(一九〇一〜〇五年ハーバード大学総長秘書、一九一一〜五〇年ハーバード監督委員会、一九一九年パリ講和会議でバーナード・バルークのもとで賠償委員会事務局員、三九年ロックフェラー医学研究所事務総長、一九二八〜四五年ブルッキングズ研究所理事、ロックフェラーが資金提供し、ローレンス・ロックフェラーが事務局長を務めた太平洋問題調査会議長、同調査会は日本におけるソ連のスパイのリヒャルド・ゾルゲと深い関係があった。)
     エドウィン・R・エンブリー(一九一七年にジュリアス・ローゼンウォルド財団を「人類の福祉のために」設立、同財団の七名の理事は共産主義看板(フロント)組織のメンバーと正体が割れた)

    一九一三年以来のロックフェラー財団の副理事長には次の二人が含まれている。

     ロジャー・S・グリーン(第二次世界大戦に我が国を参戦させる目的の「連合軍援助によるアメリカ防衛委員会」の創立者、一九一七〜一九年英国派遣軍に勤務)

     以上にあげた幹部職員たち全員がロックフェラー財団の理事としてリストに載っている。このほかの理事には次の人々がいる。
    (※大変多くの人物が載っていたが、どれも「ただの金に媚びた過去の豚」だったので割愛。)

     オリヴァー・シューエル・フランクス男爵〔一九〇五〜九二年〕(一九四八〜五二年英国駐米大使、合衆国を大英帝国植民地として運営しているロンドン・コネクションの主要メンバー、ローズ基金理事、シュローダー銀行役員、シカゴ大学客員教授、ロイズ銀行会長、現在イーストアングリア大学総長)
     チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ〔一八六二〜一九四八年〕(ニューヨーク州知事、一九一六年の大統領候補御でウッドロー・ウィルソンを実質的には破ったと信じられている。のち親友のハーバート・フーヴァーにより最高裁判所長官に任命された)
     
     トレヴァー・アーネット(国際教育委員会理事長)
     ハリー・プラット・ジャドソン(ミネソタ大学総長、中国のアメリカン大学総長、ロックフェラーの中国医学委員会理事長)
     スター・マーフィー(『紳士録』にみずから「ジョン・D・ロックフェラーの偽善事業の個人顧問代理人」と掲載)
     ジュリアス・ローゼンウォルド(南部でピーポディ基金の宣伝「全員参加」を実施するためにローゼンウォルド財団を設立、またロックフェラーのシカゴ大学に七〇万ドルを寄付、シオニズムによるユダヤ人入植計画ド・ヒルシュ男爵基金の理事)
     マーティン・ライアソン(シカゴ大学理事会理事長、カーネギー研究所理事)
     カール・T・コンプトン〔一八八七〜一九五四年。物理学者〕(一九一八年パリのアメリカ大使館に派遣、一九四三〜四四年陸軍長官特別代理人、一九四五年原子力開発特別顧問、※原子爆弾を日本に投下してこの恐怖の兵器を最初に使用するようトルーマン大統領に「命じた」人間として不滅の名を残す。またロックフェラー財団、スローン・ケタリング研究所、ロンドン王立協会の理事)
     アーサー・M・ウッズ(第一次世界大戦時に陸軍省長官補佐官、ロックフェラーの会社コロラド燃料鉄鋼役員、この会社は労働者を大虐殺したラドロー虐殺事件の舞台)


    ※−−−ロックフェラーが召集した戦争・革命・化学戦・国際的謀略の主役たち

     ロックフェラー財団の中心的な役員たちを調べて見ると、自らの人生を、戦争と革命、化学戦、国際的謀略、大量殺戮に捧げた男たちがゴロゴロいる。この悪逆非道会議の議長格がジョン・フォスター・ダレスだった。「アメリカで最も危険な男」という称号を、恩師のウィリアム・ネルソン・クロムウェルから継承した人物である。ダレスはヒトラーのために決定的に重要な融資を獲得してやり、朝鮮戦争に合衆国を参戦させることになった重要な電報を送った。その間に、シュローダー銀行の役員だった弟がCIAを設立したのである。
    カール・T・コンプトンもいる。一九四五年に日本に原爆を投下するよう命令を下し、原爆戦争の恐怖を全世界に放った人物である(フォード財団の理事でもある)。さらに、フランクス卿の名前も見える。ローズ基金、シュローダー銀行の中心人物である。
     ロックフェラー財団の役員名簿に一人として見当たらないのは、慈悲深い活動に少しでも真剣に取り組んだことのある人物である。正確には「ロックフェラー・シンジケート」と呼ぶべきこの組織の役員たちは、我が国の主要な銀行・企業・大学・政府機関に密接につながっている。このネットワークこそ違法にアメリカを統治する組織であり、自らの税金逃れによってアメリカの納税者全員に途方も無い税金の重荷を負わせ、この男たちが合衆国で実施される政策の全てを決定するおかげで、我が国の選挙が一幕の茶番劇になり下がってるのだ。
     ロックフェラーは世間から密封された基金を通して、アメリカの神学校やアメリカの宗教機関を支配し、ロックフェラー兄弟基金を通して政府の政策を支配するのだ。
     一九五八年、ロックフェラー兄弟基金は軍事費の増大を推進する会議にアメリカの指導部を召集した。この時の参加者に次の者たちが含まれていた。

     ルシアス・クレー将軍(リーマン・ブラザーズ、前合衆国ヨーロッパ派遣軍司令官)
     ゴードン・ディーン(合衆国原子力委員会)
     デヴェルー・C・ジョゼフス(J・P・モルガン商会)
     ヘンリー・ルース(タイム紙)
     トーマス・B・マッケイブ(連邦準備制度理事会議長)
     アンナ・M・ローゼンバーグ(バーナード・バルーク秘書、国防長官補秘書〔彼女はジュリアス・ローゼンバーグと結婚した〕、一九三六〜四三年社会保障委員会委員、ニューディール局の創立メンバー、一九四二〜四五年戦時人員委員会、フォード財団とロックフェラー財団理事、のちに経済協力局長ポール・ホフマンと結婚)
     ディーン・ラスク(ロックフェラー財団)
     デイヴィッド・サーノフ(RCA創立者)
     ロスウェル・ギルパトリック(一九五一〜五三年空軍次官、一九三一〜六一年クーン・ローブ商会の顧問法律事務所クラヴァス・ド・ゲルスドルフ・スウェイン&ウッドの共同経営者、エール財団、ウッドロー・ウィルソン財団)
    チャドバーン・ギルパトリック(前記の兄弟、ローズ奨学生、第二次世界大戦中OSSヨーロッパ支局。一九四七年から現在までCIA)
    ドナルド・ギルパトリック(前記二人の兄弟、ナショナル・シティバンク職員、一九四三年経済戦争委員会、第二次世界大戦中に連合軍本部経済顧問、国連救済復興機関合衆国委員、一九四八年経済協力局長、現在オーリン・マセソン社とウィンチェスター兵器の役員)


    ※−−−違法な「源泉徴収税」を導入した複雑な性格のアズレー・ラムル

     アメリカの全労働者は、「源泉徴収税」(withholding tax)をむしり取られてズタズタになった給与明細書を手にする時、「人類への恩恵」であるロックフェラー財団なるものを定期的に思い起こす。
     第二次世界大戦たけなわの一九四三年、議会は戦時「非常事態」税法案を通過させた。これが現在の「一九四三年納税法」である。この法案は一九四三年六月九日に成立して、「源泉徴収税」法と呼ばれるようになった。「非常事態」はおよそ四〇年も前に終わっている。この間に介在する数十年間ずっとこの法案は違法であり、現在も違法である。なぜこの法案が違法かというと、この法案は「差し押さえ」〔源泉徴収〕の原義は「差し押さえ」でもないし、税でもないからである。この法案は文字通りのものでもないし、法的根拠も無いのだから、国民に強制することは出来ないのだ。
     法律用語における源泉徴収税は、差し押さえ命令〔によって債権を差し押さえること〕である。ウェブスターによれば、差し押さえ命令とは、債権者に代わって債務者の賃金を差し押さえるための、差し押さえ令状による法的通告と定義される。
     しかしながら、第一に、源泉徴収税は差し押さえ命令による法的通告でもなく、裁判所によって発行されたものでもない。だから、合衆国の法律のもとでは徴収出来ない。第二に、「債務」すなわち税金は、法律に定められているように、課税年の最後に年間の収益にもとづいて初めて確定することが出来る。IRS(内国歳入庁)は、源泉徴収税が源泉すなわち賃金支払者の義務〔債務〕を確定すると主張している。しかしながら、徴収時に債務が確定されることは従来まったくなかったことなのである。源泉徴収税が違法であるさらなる理由は、この法案は自らの動機と結託とを隠蔽した者たちによる陰謀の結果として法律となったからである。
     この計画を議会に押し付けた張本人のビアズレー・ラムル〔一八九四〜一九六〇年〕はニューヨーカー誌の記者に、源泉徴収税計画が芽生えたのは「インテリたち」が豪華なプラザホテルで昼食会をやっていた席だったと語っている。この記者は、ほかにどういう陰謀家がいたのか名前をあげていない。フォーチュン誌はビアズレー・ラムルについて、次のように述べている。

     源泉徴収というその都度払い方式(これをライト・パットマン議員は戦争で早々と儲けた成金連中を保護する性質のものだと看破した)で有名なビアズレー・ラムル氏は、間違いなく、アメリカの歴史において知的にもっとも鋭敏で人気の高い男たちの一人である。
     メーシー百貨店の会計係を勤め、ニューヨーク連邦準備銀行総裁にしてすぐれた財務設計者であるビアズレーは、興味深い人物たちの例にもれず、単純な性格などとはほど遠い。シカゴ大学社会科学部長だった彼は、その後カーネギー財団に勤務した。一九二二年、ロックフェラーは弱冠二八歳のラムル氏を抜擢して、ローラ・スペルマン・ロックフェラー記念財団(基金八〇〇〇万ドル)の理事に任命した。記念財団は女性のための慈善援助を目的に設立されたものだった。しかしラムル氏は、個人の福祉社会全体の福祉に依存すると主張して、この組織をあげて二五〇〇万ドルの基金を投じ、社会科学を後援したのである。


    ※−−−あらゆるアメリカ人の幸福を目の敵にした組織犯罪者たあちの陰謀

     源泉徴収税というラムルの考えは、彼の著書の中にほのめかされている。『政府の事業と価値』の一七九ページに、こう書いてある。

     科学・技術・教育の進歩が、我が国の個人・社会・経済の諸関係に重大な変化を強制するようになるのは目に見えている。こうした変化に対応するため、政府は我々の生活の基盤である法律・規則・法規を変更修正しなければならない。

     ラムルが「政府」の命令によって変化を「強制する」と言っている点に注目されたい。これは徹頭徹尾、財団が企んだ計画である。つまり、彼らの意志を力でもってアメリカの有権者に押し付けようとする、あらゆるアメリカ人の幸福を目の敵にした組織犯罪者たちの陰謀なのである。
     ロックフェラー財団の一九七一年度の役員名簿は、この財団が引き続き合衆国の支配権力階層であることを示している。名簿には次の連中の名前が見える。

     W・マイケル・ブルーメンソール(財務長官)
      C・ダグラス・ディロン(財務長官)
     ロバート・F・ゴヒーン(プリンストン大学総長)
     ヴァーノン・ジョーダン(経歴不明)
     ロバート・V・ジョーダン(日米欧三極委員会の創立役員、事務局長)
     サイラス・ヴァンス(カーター政権の国務長官)

     ロバート・V・ローザはニューヨーク連邦準備銀行の役員だった時、「ローザ団」なるグループを育て上げた。ローザの子分の第一人者がポール・ヴォルカーである。ヴォルカーは連邦準備制度理事会議長として、二〇%の高金利と二五%のインフレによって合衆国を破滅的な景気後退を引き起こした。当然ながら、銀行は何百万人ものアメリカ人を破産に陥れるかたわら、軒並み堂々と利益を上げた。ニューヨーク・タイムズ紙の記事によれば、ディヴィット・ロックフェラーとローザがカーターにヴォルカーを連邦準備制度理事会議長に任命してはどうかと「ほのめかした」とのことである。ローザはブラウン・ブラザーズ・ハリマンの共同経営者であり、テキサコ、アメリカンエキスプレス、オーウェ・コーニング・ファイバーグラスの役員、全国経済調査局理事、スローン・ケタリング研究所の理事、ブルッキングス研究所会長を務めている。


    ※−−−ニューディール政策とともに一気に権力を握ったブルッキング研究所

     一九二七年にブルッキングズ研究所を設立した発起人は次の三人である。

     フレデリック・A・デラノ(ワシントンDC、NW、南通り二二四四番地)
     ハロルド・G・ムールトン(ワシントンDC、NW、オリヴァー通り三七〇〇番地、シカゴ大学経済学者)
     レオ・ロウ(一九一七年から財務次官補、ユージーン・マイアーと密接に協力し戦時金融公社に勤務、一九一九〜二〇年国務省ラテンアメリカ部長、一九二〇〜三六年汎アメリカ同盟理事)

     ブルッキングズ研究所を設立したロバート・S・ブルッキングズは、一八五〇年生まれで、結婚せず、セントルイスで商売を営み、カップルズ商会の経営者だった。カップルズ商会は鉄道の駅からの貨物の配達に大変革をもたらした。第一次世界大戦中、ブルッキングズはアメリカの財界人に対して独裁的権力を握った戦時産業調整委員会でバーナード・バルークの補佐官を勤め、同委員会の中の価格決定委員会議長を務めた。
     ブルッキングズはカーネギー国際平和基金の創立理事で、ブルッキングズ経済〔政治〕大学院を設立〔一九二四年〕し、この学校と政治調査研究所〔一九一六年設立〕及び経済研究所〔一九二二年設立〕とが一九二七年に合併して、現在のブルッキングズ研究所となった。この研究所は「会員機関では無い」と登録されていて、目的は「国家の優先事項を決定すること」、つまり政府の政策を立案することであり、いま現にそうしている。
     ブルッキングズ研究所はルーズヴェルトのニューディール政策とともに一気に権力を握ったが、そうした展開もなんら驚くにあたらない。というのも、設立発起人の一人フレデリック・A・デラノはフランクリン・D・ルーズヴェルトの叔父だったからである。現在の会長のロバート・V・ローザの前任者はC・ダグラス・ディロンだった。ブルッキングズ研究所はこれまで常に世界で最も有力な「資本家たちの集会所」であった。
     一九八四年、ブルッキングズ研究所は政府のために一つの新しい計画を作成した。一〇人の経済学者からなる集団によって執筆されたもので、統括者は前連邦議会予算局長アリス・リヴリンだった。リヴリンの提起は、全ての消費財・贈与物に課税する消費税によって所得税に代えろ。もしくは所得税を増大するという内容であった。つまり、伝統的左翼のブルッキングズ研究所は、IRS(内国歳入庁)の違法な「複合正価」という手法を法律にしようと願っている。その手法は、市民が願う金額、つまりいくら消費するかを算定して市民に所得税を課税するというもので、ロックフェラー−ラムル流の源泉所得税と同じように逃れようのない「現金流動」税〔現金が移動するたび課される税金〕に他ならない。彼らが目指す唯一の目標は、政府職員による冷酷無情な強奪によって、働く人間をズタズタにし、絶望的貧困へと突き落とすこと以外に無い。


    ※−−−ブルッキングズ研究所の目的はマルクスの「共産党宣言」計画の遂行

     一九七八年に様々な会社がブルッキング研究所に九万五〇〇〇ドルを寄付した。この数字が一九八四年には一挙に一六〇万ドルに跳ね上がった。ブルッキングズ研究所の年間予算一三〇〇万ドルの大部分は、フォード、ロックフェラー、カーネギー、ミルバング記念基金などの主要財団によってまかなわれて来た。財団は共同して作業を行うが、その理由は、相互に関係者が密接に絡み合っているというだけでなく、共通の計画があるからである。その計画は一八四八年にカール・マルクスによって出版された『共産党宣言』という題名の本に、次のように書かれている。

     
     ・すべての土地所有の廃止
     ・すべての公共目的への適用
     ・高率の累進所得税
     ・亡命者および反逆者の財産の没収
     ・国家資産および排他的独占権を持つ国立銀行による信用の手への集中化
     ・国有の工場・生産用具の拡大、共通計画によりあまねく実施される荒蕪地開墾・土地改良
     ・万人に平等な労働義務
     
     ・産業軍隊の創設、とくに農業のため
     ・農業と製造工業の結合
     ・人口の地方へのさらなる均等分散による、都市と地方の相違の斬新的廃止
     ・公的学校でのすべての児童無償教育
     
     ・現在の形態の児童労働の廃止

     以上に掲げた共産党宣言のただの一項目をも、財団は決して反対しないし、否定もしない。財団の計画は我々に「職業訓練」を施して来たが、それは形を変えた児童労働に他ならないのである。ブルッキングズ研究所の現在の理事には、次のような人々が含まれている。

     ルイス・W・キャボット(キャボット社出身、ボストン連邦準備銀行、RRドネリー、オーウェン・コーニング・ファイバーグラスの役員、ハーバード監督委員会議長、米中貿易国民委員長、第二次世界大戦中に価格管理局と戦時産業調整委員会に勤務、その後経済協力局、国連食糧農業機関会議)
     バートン・M・ビッグズ(EFハットン、モルガン・スタンレー、ランド・マクナリーに勤務、現在レールマン研究所理事)
     エドワード・W・カーター(カーター・ホーリー・へール・ストアーズ会長、カリフォルニア所在の一〇億ドルのジェームズ・アーヴィン財団理事、ハーバード監督委員会、ウッドロー・ウィルソン研究所、AT&T、デルモンテ、ロッキード、南カリフォルニア・エジソン、パシフィック・ミューチュアル生命)
     フランク・T・ケリー(IBM会長、J・P・モルガン、ABC、モルガン・ギャランティ・トラスト、メルク、テキサコ役員、ロックフェラー大学、近代美術館理事)
     ウィリアム・T・コールマン(前運輸長官)
     ジョン・B・デバッツ(前AT&T会長)
     ロジャー・W・ヘインズ(カイザー・スチール、リーバイ・ストラウス、タイムズ・ミラー社役員、ノートン・サイモン博物館、ジュエームズ・アーヴィン財団理事)
     カーラ・A・ヒルズ(前住宅都市開発省長官、夫は証券取引委員会、彼女はIBM、アメリカン航空役員、三極委員会、ウッドロー・ウィルソン校、スタンフォード大学、ノートン・サイモン博物館理事)
     レイン・カークランド(産業別労働組合会議議長)
     ブルース・K・マクローリー(ブルッキングス研究所理事長、一九五八〜六九年ニューユーヨーク連邦準備銀行、一九六九〜七一年通過問題担当財務次官代理、一九七一〜七七年ミネソタ連ぽ準備銀行総裁、三極委員会メンバー)
     ロバート・S・マクナマラ(元国防長官、世界銀行総裁)
     アルジャイ・ミラー(フォード自動車勤務、ワシントン・ポスト、TWA役員、アンドルー・メロン財団理事) 
     ドナルド・S・パーキンズ
     ユージーン・S・ブラック(前世界銀行総裁)
     ウィリアム・マクマーティン二世(元連邦準備制度理事会議長)
     ロバート・ブルッキングス・スミス
     シドニー・スタイン・二世(シカゴの銀行家、一九四一〜四五年連邦予算局、一九六一〜六七年予算問題大統領顧問、海外援助委員会)
     ロバート・D・コールキンズ(一九二五〜三二年スタンフォード食品調査研究所、一九三三〜三五年全国復興庁及び農務省、一九四二〜価格管理局及び陸軍省、一九四二〜四五年戦時労働委員会、一九四三〜四九年ニューヨーク連邦準備銀行役員、一九四七〜五二年一般教育委員会、一九五二〜六七年ブルッキングズ研究所理事長)
     ウォレン・M・シャプレー(ラルストン・ピュリーナ社長、J・P・モルガン、モルガン・ギャランティ・トラスト、ブラウン・グループ、セントルイス・ファースト・ナショナル・バンクの役員)
     ジェームズ・D・ロビンソン三世(アマックス、ブリストル・マイヤーズ、コカコーラ、ユニオン・パシフィック、ジョージア・トラスト社の会長、一九六一〜六八年モルガン・ギャランティ・トラスト社長補佐、ロックフェラー大学理事)

     
     カーネギー国際平和基金の現在の理事には、次の人々が含まれている。

     ラリー・フェビアン(一九六二年国務省情報局長、一九六五〜七一年ブルッキングズ研究所常任特別研究員、中東研究所、ハドソン研究所、戦略研究所、ロックフェラー財団理事)
     ジョン・チャンセラー(NBCニュース副会長、一九六〇年モスクワ通信員、一九六六〜六七年「アメリカの声」「VOA」)
     ハーディング・F・バンクロフト(ニューヨークの弁護士、一九四一年価格管理局、一九四三年武器貸与局、一九四五〜五三年国務省国連問題担当部長、一九五三から現在までニューヨーク・タイムズ専務副社長)


     モルガン及びロックフェラーの重役たちがブルッキングズ研究所の役員会に大勢連なっている事実を見れば、「大富豪」が税金を吊り上げ、政府による平均的市民の支配を強化しようと、飽くなき運動を行っていることがわかる。
    一九八四年四月一五日のニューヨーク・タイムズ紙のビジネス欄に、「一一月の大統領選挙で誰が勝っても、合衆国の納税者には以前として一〇〇〇億ドルの増税が見込まれる」という見出しが掲載された。


    (中略)

    ※−−−ロックフェラーと密接なカーネギー財団

     アンドルー・カーネギー〔一八三五〜一九一九年。スコットランドに生まれ米国に移住、製鉄業で大成功し、鉄鋼王と称される〕の名前は、アメリカの財団も一覧表の上で重要な地位を占めているが、カーネギーの五つの財団〔一九〇四年カーネギー英雄基金、一九〇八年カーネギー教育振興基金、一九〇九年ワシントンカーネギー研究所、一九一一年カーネギー財団、一九二一年カーネギー国際平和基金〕は長年にわたってロックフェラー財団の単なる付録に過ぎなかった。
     カーネギーは自分が創設した鉄鋼会社の株をJ・P・モルガンとロスチャイルドに一〇億ドルで売却したが、その金を持ったまま「さようなら」することは許されなかった。セシル・ローズやロックフェラーなどと同じくカーネギーも、その金を注ぎ込んで世界権力の計画の実行を旨とする財団を作るよう命令されたのである。
     一九〇九年に「ワシントン・カーネギー研究所」が法人登録された時の設立発起人は次の七名であった。

     ダニエル・コイト・ギルマン
     クリーヴラント・H・ドッジ
     フレデリック・A・デラノ
     アンドルー・ディクソン・ホワイト
     エリフ・ルート
     ダリウス・オグデン・ミルズ
     ウィリアム・E・モロー

     元々の設立発起人の中に、ラッセル信託の三人のうち二人、つまり、ギルマンとホワイトが含まれていることに注目して欲しい。
     一九二一年に「カーネギー国際平和基金」を法人組織にしたのは、次の六人である。


     フレデリック・A・デラノ
     
     
     ロバート・S・ブルッキングス
     エリフ・ルート(初代理事長)
     ジョン・W・デーヴィス
     
     ドワイト・モロー
     ジェームズ・T・ショットウェル

    以上に見られるように、主要な財団は全て世界権力の隠れ蓑の役目を果たす一握りの同じ連中、銀行家や弁護士たちによって組織されたのである。
     ジェームズ・T・ショットウェル〔一八七四〜一九六五年〕は、六〇年以上の間、世界権力の目標を見事に体現した。一八七四年にカナダに生まれ、一九〇〇年に歴史教授としてコロンビア大学の教授陣に加わった。一九一六年にハウス大佐に招かれて、ウォルター・リップマンとともに研究集団「インクワイアリー」を結成し、「戦後の政治的・経済的・歴史的及び法律的な発展を研究する」ことになった。ところがなんと、我が国は戦争に参加してさえいなかったのだ!
     この研究集団がヴェルサイユの平和交渉アメリカ委員会の中核となり、講和条約を起草したのである。一九一七年、ショットウェルはウッドロー・ウィルソン大統領の顧問となった。そして平和交渉アメリカ委員会の公式歴史家に任命され、実際にヴェルサイユ条約の社会補償条項を起草した。また、一五〇巻に及ぶ第一次世界大戦の歴史〔『世界大戦経済社会史』一九一九〜二九年、カーネギー国際平和基金後援〕を著し、コロンビア大学から出版した。世界中ハーバート・フーヴァーの親友となり、フーヴァー研究所の設立をすすめた。ショットウェルは国際労働会議を組織し、一九二四年にはカーネギー国際平和基金に加わった。
     一九四一年、ショットウェルは共産党指導者のアール・ブローダーの釈放を要求する委員会の中心人物となった。その前年の一九四〇年に国務省に入り、四四年まで在職した。フランクリン・D・ルーズヴェルトが、国務省のアルジャー・ヒスやヘンリー・ウォレス、サムナー・ウェルズたちのチームに参加して国際連合の創設にあたって欲しいと頼んだ時、ショットウェルはすでに平和機構研究委員会の議長だった。彼は、この委員会を手回しよく戦争がはじまる前の一九三九年に設立していたのだ。一九一六年にやったのと同じだった!国際連合創設のためサンフランシスコ会議〔一九四五年四〜六月〕ではアルジャー・ヒスとともに名誉議長を勤めた。ヒスが逮捕されると、ヒスの跡を継いでカーネギー国際平和基金の理事長になった。一九四八年度のカーネギー国際平和基金の理事の名簿には、アメリカの支配層の名前がゾロゾロと出て来る。

     ジョン・W・デーヴィス
     フレデリック・A・デラノ
     ジョン・フォスター・ダレス
     ドワイト・デイヴィット・アイゼンハワー
     ダグラス・S・フリーマン
     フランシス・P・ゲインズ
     
     
     
     
     アルジャー・ヒス
     フィリップ・C・ジェサップ
     デイヴィット・ロックフェラー
     エリオット・ワッズワース


    米−−−ゾルゲに資金を提供したフィリップ・ジェサップの太平洋問題調査会

     このうち、重要なメンバーのフィリップ・C・ジェサップは共産党の偽装グループと幾重にもつながっていて、一九五一年一〇月の合衆国国連代表にジェサップを認証することにあえて反対投票する上院議員はただの一人もいなかったほどである。(←ほぅ、悪党が「国連代表」か?不思議なことに、この記述をしたら勝手に記載事項が消えた。しかし、コピペで簡単復活!)トルーマン大統領はジェサップの名前を取り下げることを頑として拒んだものの、結局は代表「代理」として派遣した。
     ジェサップはハーグの国際司法裁判所でエリフ・ルートの補佐官を務めた。国連救済復興機関(UNPRA)〔←悪魔はいつも「名前だけは立派」だな。で、やることは外道。〕ではハーバート・リーマン事務局長の次官補だった。リーマンの次官はローレンス・ダガンで、のちに窓から身を投げた人物である。ジェサップはかつてプレトンウッズ会議で合衆国代表となり、国連創設サンフランシスコ会議ではヒスの司法機関担当補佐官を務めた。
     ジェサップは太平洋問題調査会の議長を務めた。この調査会は共産主義者による謀略と諜報活動の温床となった。ソ連のスパイだったリヒャルド・ゾルゲが日本で自分の諜報網を作った時、太平洋問題調査会がゾルゲに資金を出していたのである。IPRの会合では、ローレンス・ロックフェラーが事務局長を務めた。
     マッカラン委員会は太平洋問題調査会について次のように報告している。

      太平洋問題調査会はアメリカ共産党及びソ連政府高官によって共産主義の政策・煽動・軍事諜報活動のための道具と見なされて来た。

     一九四五年六月、FBIはIPRのアメラシア誌の事務所を襲撃し、一八〇〇点に及ぶ盗まれた政府機密書類を押収して、共産主義者スパイを数名逮捕した。その翌年、ロックフェラー財団は二三万三〇〇〇ドルをIPRに寄付した。ジェサップはJ・P・モルガン商会の共同経営者である裕福なストーツベリー家の一員だった。兄弟のジョン・ジェサップは大金持ちの銀行家で、エクイタブル・トラストの会長であり、コカコーラとダイヤモンド・ステート電話会社の役員だった。


    ※−−−カーネギー国際平和基金の役員構成

     カーネギー国際平和基金はワシントン及びニューヨークのロックフェラープラザ三〇番地に事務所がある。四五〇〇万ドルの基金があり、年間経費は三〇〇万ドルである。理事長はトーマス・L・ヒューズが務める。

     トーマス・L・ヒューズ(トルーマン大統領によるOSS廃止後に国務省でOSS残党を統括、ローズ奨学生、一九五二〜五二年合衆国空軍法務総監、一九五五から五八年ヒューバート・ハンフリー〔一九一一〜七八年。一九六五〜六九年副大統領〕の法律顧問、一九五九〜六〇年チェスター・ボウルズ〔一九〇一〜八六年。コネティカット州知事、インド・ネパール大使、インド大使〕の行政補佐官、一九六一〜六九年国務省情報担当特別補佐官、一九六九〜七〇年駐英特任大使及び大使待遇英国使節団団長。ドイツ・マーシャル基金、合衆国空軍学院、ディッチレー財団、外交学校、ジョージタウン大学、ウッドロー・ウィルソン校、プリンストン大学、社会科学財団、ヒューバード・ハンフリー公共問題研究所などの理事)

     カーネギー国際平和基金の現在の理事には、次の人々が含まれている。

     ラリー・フェビアン(一九六二年国務省情報局長、一九六五〜七一年ブルッキングズ研究所常任特別研究員、中東研究所、ハドソン研究所、戦略研究所、ロックフェラー財団理事)
     ジョン・チャンセラー(NBCニュース副会長、一九六〇年モスクワ通信員、一九六六〜六七年「アメリカの声」[VOA])
     ハーディング・F・バンクロフト(ニューヨークの弁護士、一九四一年価格管理局、一九四三年武器貸与局、一九四五〜五三年国務省国連問題担当部長、一九五三年から現在までニューヨーク・タイムズ専務副社長)
     トーマス・W・ブレーデン(全米配信のコラムニスト、妻のジョーンは三年間ロバート・マクナマラと関係した〔世界権力と言えどもある程度の親密さは許すのだ〕。長年ロックフェラーの「融資」を受けた、現在近代美術館事務局長、一九四一〜四四年英国の近衛ライフル連隊に所属)
     キングマン・ブルースター(ウォール街のウィンスロップ・パトナム・シンプソン&ロバーツ法律事務所の弁護士、一九六一〜六七年エール大学総長、一九七七〜八一年英国大使、英語会話連盟、全国人文科学基金、カイザー財団などの会長)
     アンソニー・J・A・ブライアン(メキシコ生まれ、一九四七年帰化、現在ロスチャイルドのイメタル社が所有するコッパーウェルド社及びこれまたロスチャイルド所有のフェデラル・エクスプレスの社長、一九一四〜一五年カナダ空軍勤務)
     リチャード・A・デブス(フルブライト奨学生、一九六〇年から現在までニューヨーク連邦準備銀行の顧問弁護士、一九七六年モルガン・スタンレー社長、一九七三〜七六年連邦公開市場委員会、カーネギーホール客席一六二番保有者)
     へドリー・ドノヴァン(ローズ奨学生、フォード財団、三極委員会理事、一九七九〜八〇年合衆国大統領上級顧問、ワシントンポスト、フォーチュン、タイムの役員)
     C・クライド・ファーガソン(ハーバード大学法学部長、一九六二年から現在までNAACP〔全米黒人地位向上協会、一九〇九年設立〕の法律顧問、一九五九〜六四年ロックフェラー知事の顧問、一九七〇〜七二年ウガンダ大使)
     レイン・カークランド(産業別労働組合会議議長、ウェスリー・ポスヴァー大学理事、同大学は最近空軍助成金の捜査対象となる、一九五四〜五七年合衆国空軍本部戦略計画部に所属、現在ランド研究所理事)
     ノーマン・ラムゼー(物理学者。ハーバード、オックスフォード、MITに学ぶ。一九四二〜四五年MIT放射線研究所及びロスアラモス研究所で原子爆弾の開発に従事、ブルックヘーヴン研究所理事、ハーバード大学、ロックフェラー大学物理学部教授、NATO)
     ベンノ・C・シュミット(J・H・ホイットニー社業務執行共同経営者)
     ジーン・ケネディ・スミス
     ドナルド・B・シュトラウス(アメリカ調停委員会、家族計画、高等研究所の理事長)
     レオナード・ウドコック(全米自動車労働組合、産業別労働組合会議終身会員)
     チャールズ・J・ズウィック(一九六五〜六九年予算局局長、ジョンズ・マンヴィル、サザーンベル電話の役員、ランド研究所理事)


    ※−−−カーネギー財団の役員構成

     「カーネギー財団」は一九一一年に法人登記され、初期の設立発起人は次の二人だった。

     アンドルー・カーネギー
     エリフ・ルート(マッキンレー政権の陸軍長官、セオドア・ルーズヴェルト政権の内務長官、もともとJ・P・モルガンの弁護士、J・P・モルガンが世界権力の計画のためカーネギーの財団の管理責任を負う)

     ニューヨークのカーネギー財団は一九八〇年に三億四六〇〇万ドルを持ち、年間支出は一三〇〇万ドルであった。カーネギー財団の現在の理事長はアラン・パイファーである。

     アラン・パイファー(グロトン校、ハーバード大学、イングランドのケンブリッジ大学に学ぶ。一九七五年以来アメリカ・ディッチレー財団理事、ハーバード監督委員会委員、大統領教育対策委員会、大統領ホワイトハウス親善委員会の各議長、アフリカ・アメリカ記念館〔ニューヨークのマンハッタンの国連広場南西にあるアフリカ民芸品展示館〕館長、ニューヨーク連邦準備銀行役員、一九四八〜五三年ロンドンの合衆国教育委員会事務局長、マグロウヒル役員)

     カーネギー財団の現在の副理事長はディヴィット・サヴ・ロビンソンである。

      ディヴィット・サヴ・ロビンソン(一九五九〜六〇年ロンドン海軍調査局に勤務、一九七〇〜七六年プリンストン大学物理学部教授、原子力研究に従事)

     カーネギー財団の現在の理事は、次のような人々である。

     リチャード・H・サリヴァン(一九四一〜四二年ハーバード大学学部長補佐、一九五六〜五七年リード大学学長、ジョン&メアリー・マークル財団理事)
     ジョン・C・テイラー三世(ポール・ウァイス・リフキント法律事務所会長)
     ジャック・G・クラーク(サリヴァン&クロムウェルの弁護士、ニュージャージー・スタンダード石油の顧問、スタンダード石油中東代理人、一九七五年から現在までエクソン上席副社長、アメリカ・ディチレー財団、アスペン研究所)
     トーマス・R・ドナヒュー(AFL-CIO〔アメリカ労働総同盟産別会議〕、全国都市同盟〔黒人・少数民族の地位向上を目指す民間団体、一九一〇年設立〕財務幹事)
     デーヴィット・A・ハンブルグ(一九五〇年以来合衆国陸軍医務部心理学者、国立精神衛生研究所、一九六一〜七二年スタンフォード大学精神医学部長、ハーバード大学で攻撃性研究)
     ヘレン・L・カプラン(ウェブスター&シェフィールド法律事務所所属弁護士、ブランダイス大学、バーナード女子大学、マイター財団、ジョン・F・グッゲンハイム財団、アメリカ調停協会の各理事。ちなみに、夫のマーク・カプランはベルギー・ロスチャイルド家所有のドレクセル・バーナム・ランベール社長、エンゲルハード・ケミカル社長、現在はスカッデン・アルプス・スレイト・ミーガー&フロム法律事務所の弁護士。フィブロ、エルジン、グレイ広告、DFSグループ、広告会社の全国政策検討センター、ユニマック社、香港のマーカディー・グループの各役員)
     カール・F・ミューラー(バンカーズ・トラスト、カール・ローブ・ローズ、キャボット社、マクミラン、ジョン・S・グッゲンハイム財団)
     ジョン・C・ホワイト(一九四七年以来ゴールドマン・サックスの銀行家、ピルズベリー、クロンプトン、ハウス・ホールド金融、エクイタブル生命、ロクタイト社、ディラード百貨店の各役員、現在ジョージタウン大学戦略研究センター〔CSS〕及び共和党国家財政委員会の理事)

     アラン・パイファーは、カーネギー財団の理事長として我が国の中心的な金融機関の役員を兼任している。その典拠となるのは、下院銀行通貨委員会の一九七六年の職員報告書『連邦準備制度の役員たち−民間法人の影響の研究』のパイファーに関する特別相関図である。
     この相関図によれば、パイファーはロックフェラーセンター、J・ヘンリー・シュローダー銀行商会、J・ヘンリー・シュローダー・トラスト社、J・P・モルガン商会、エクイタブル生命、ボストン連邦準備銀行、キャボット社の役員を兼任している。


    ※−−−世界権力傘下の放道関係者に金をバラまくジョン&メアリー・マークル財団

     カーネギーの五つの財団は一九二七年に基金五〇〇〇万ドルで設立された。この財団の支出は、世界権力の目標を支持する報道関係者たちに金をバラまくために使われる。
     マークルは合衆国最大の石油相場師で、ロックフェラー家やデラノ家とともにケンタニア石油会社の共同経営者だった。このケンタニア石油会社が、ほんの数セントと引き換えにケンタッキーやテネシーの貧しい住民たちから何百万エーカーという土地を手に入れ、保有した鉱区から何十億ドルもの石炭を搬出したのである。一九三三年にルーズヴェルトはマークルを尋ねて、石炭ストライキを収めるのに手を貸してくれるよう依頼した。
     ジョン&メアリー・マークル財団の初代の理事長は、一九一〇年に連邦準備制度理事法の草案を作成したジキル島チーム〔ジョージア州にある保養地ジキル島で準備会合を開いた八人の政治家・銀行家〕の一員のフランク・C・ヴァンダーリップであった。ジョン&メアリー・マークル財団の現在の役員は、以下の人々から構成されている。


    ※−−−ドイツ支配のための財団組織

     カーネギーの財団及びジョン&メアリー・マークル財団の理事は、アメリカ・ドイツ会議理事を兼任している。アメリカ・ドイツ会議は一九五二年に設立された。「自由」国家西ドイツを支配する組織である。ディヴィッド・クラインはアメリカ・ドイツ会議の理事で、次のような経歴の持ち主である。
     デイヴィッド・クライン(一九四七年以来合衆国外交部門に勤務、一九五〇から国務省のロシア専門家、一九五二〜五四年モスクワ勤務、一九五七〜六〇年ポン駐在政治担当官、一九七一〜七四年ベルリン駐在公使)

     アメリカ・ドイツ会議はドイツ・マーシャル基金とともに軍事被占領国ドイツの政府・学界・通信(マスメディア)をガッチリと支配し続けている。(そしてそれは現在も続いている。ドイツは日本同様、実は属国なのである。この書物が発行されたのが二〇〇七年一一月五日である。わずか五年で一国の利権をロックフェラーや三〇〇人委員会が手放すと思いますか?有り得ない話である。)二一〇〇万ドルの基金を持つドイツ・マーシャル基金はCIAの一部門であり、ワシントンに本部を置き、ドイツの諸問題を監督するために年間五〇〇万ドルを使っている。ドイツ・マーシャル基金の理事には以下のような人々がいる。

     フランク・ロイ(理事長、ニュルンベルク生まれ、父親の名前はレーヴィだったが、彼は、英語風の現在の綴り(ロイ)に変えた。一九三九年渡米、ハーバード大学に学ぶ。一九五四〜六五年西海岸の有力なオメルヴェニー&マイヤーズ法律事務所に参加、一九六五〜七〇年AID〔国際開発庁、国務庁の一庁〕の政治部長兼特別経済専門家、一九七〇〜七三年パンナム航空副社長、一九七八〜七九年ペンシルヴァニア社社長、アーヴィダ社〔ペン・セントラル社子会社〕、バックアイ・パイプライン社、エッジウォーター石油会社の各役員)
     ユージーン・B・スコルニコフ(理事会議長、ローズ奨学生、カーネギー国際平和基金、フォード財団の理事、一九六三〜六五年ロックフェラー財団理事、国際研究センター議長、一九五八〜六三年及び一九七七〜八一年大統領特別補佐官、ユダヤ機関連盟理事長、ヘブライ・ユニオン大学学長)
     アーヴィング・ブルーストーン
     ハーヴェイ・ブルックス(一九五〇年以来ハーバード大学物理学教授、レイセオン〔一九二八年創立の米国の航空機・防衛機器メーカー〕役員) 
     マリオン・エーデルマン(NAACP〔全米黒人地位向上協会〕法務部長、マーティン・ルーサー・キング財団諮問委員会、エレノア・ルーズヴェルト研究所、エール大学協会、ホイットニー・ヤング賞受賞、ちなみに、夫のピーター・エーデルマンは最高裁判所判事アーサー・ゴールドバーグ及びヘンリー・フレンドリー判事の助手として出発、一九六四〜六八年ロバート・F・ケネディ特別法律補佐官、RFK政権がもし誕生していたら司法長官に就任するはずだった。RFK記念館理事、エドワード・ケネディの大統領選挙戦を指揮、フォード財団特別研究員)
     ロバート・エルズワーズ(ラザール・フレール共同経営者、一九六九年合衆国大統領補佐官、一九六九〜七〇年NATO大使、一九七六〜七七年国防副長官、戦略研究所、大西洋研究所、大西洋会議)
     ギド・ゴールドマン
     カール・カプラン
     ジョン・E・キルゴア二世(J・H・ホイットニー商会及びペインウェバー社「一九八四年設立の大手総合証券会社」の銀行家、現在ヒューストンのケンブリッジ・ロイヤルティー社〔役員にフレデリック・A・ブッシュ・H・ハスラム、フランシス・J・ラインハルト二世がいる〕会長)
     ジョイス・ダネン・ミラー(一九六二年より合同衣料労働組合理事、家族計画、米国市民自由連盟、A・フィリップ・ランドルフ〔一八八九〜一九七九年。黒人指導者、CIO創設者の一人〕財団、アメリカ労働総同盟産別会議、全米黒人地位向上協会、ユダヤ労働委員会、アメリカ・ユダヤ委員会)
     スティーブン・ミューラー(ハンブルグ生まれ、一九四九年帰化。ローズ奨学生、ジョンズ・ホプキンス大学総長、国債研究センター理事長、CSX社〔一九八〇年創立の鉄道持株会社〕社長、リッチモンド連邦準備銀行副総裁)
     ジョン・L・ジーゲンターラー(ナッシュヴィルのテネシーアン出版社)
     リチャード・C・ステッドマン(J・H・ホイットニー社共同経営者、一九五七〜五九年合衆国政府情報分析官、アメリカ・ディッチレー財団)
     ラッセル・C・トレイン(一九五七〜六五年合衆国租税裁判所判事、一九五三〜五四年下院歳入委員会主席顧問、一九七三〜七七年環境保護局、世界野生生物基金理事長、ユニオンカーバイド、三極委員会、合衆国ユネスコ委員会の各役員)

     以上のドイツに関連した財団の発端は、第二次世界大戦後ドイツの荒廃化を決定したモーゲンプランにあった。こうした組織がドイツで厳重な検閲制度を維持し、ソ連の国境線の保護(これが第一関心事)を目指した。同時に、世界権力のおかげでドイツ国民は冷酷な経済的搾取にさらされ、ドイツの労働者は莫大な賠償金の支払いを無理強いされて、これまでに三〇〇億ドル以上の金を支払って来たのである。
    posted by 真 救世主 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年02月01日

    悪魔は両性具有  太陽はこの世に一つしか無い。すなわち、太陽崇拝=悪魔崇拝なのである。宮内庁の実態。

    悪魔は両性具有である。神と違って。
    だから男にも女にもなれるのである。
    例えばフリーメーソンのお膝元、英国の「サン(SUN)」という大衆紙。もちろん、太陽という意味。


    であるから、太陽神崇拝を行っている天照もアポロンもアメン・ラーも同一神である、と言うか、同じ悪魔であることが判明する。


    これが、キリスト教が「太陽神崇拝を禁止」した正体だ。

    太陽はこの世に一つしか無い。すなわち、太陽崇拝=悪魔崇拝なのである。

    残念ながら、日本は釈尊様やお地蔵様、不動明王がこなければ、「神の国」どころか「悪魔の国」だったのである。


    エジプトやギリシャも日本同様、完全に「悪魔に乗っ取られた国」と認識する他無いだろう。


    ※知れば知るほど日本は悪魔確定。

    『過去記事』天照大神(大日如来そして宇宙神)は封印されていなかった!天禍彦と同一神の邪神だった!天皇家直属の悪魔確定!
    ※伊邪那岐命が伊邪那美命の居る黄泉の国から生還し、黄泉の穢れを洗い流した際、左目を洗ったときに化生したとしている。

    ち、言うことは、逆に神を黄泉の国に落とすことも出きるんだ・・・


    天照大神.jpg
    天照大神(あまてらすおおみかみ=悪魔)は、日本神話に登場する神である。『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。


    概要 「太陽」←キリスト教の太陽崇拝に反する。皇室の祖神(皇祖神)の一柱←「柱」←悪魔確定!「高貴な者」←悪魔は「高貴性」を凄い好む。


    記紀によれば「太陽」を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)の一柱とされる。信仰の対象、土地の祭神とされる場所は伊勢神宮が特に有名。


    『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)、『日本書紀』においては天照大神(あまてらすおおかみ、あまてらすおおみかみ)と表記される。別名、大日孁貴神
    (おおひるめのむちのかみ)。


    『古事記』においては「天照大御神」という神名で統一されているのに対し、『日本書紀』においては複数の神名が記載されている。伊勢神宮においては、通常は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、あるいは皇大御神(すめおおみかみ)と言い、神職が神前にて名を唱えるときは天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)と言う。学術的な文書では現在では「アマテラス」と片仮名書きが慣行となっている。


    『日本書紀』ではスサノオが姉と呼んでいること、アマテラスとスサノオの誓約において武装する前に御髪を解き角髪に結び直す、つまり平素には男性の髪型をしていなかったことに加え、機織り部屋で仕事をすること、弟の自国を乱す行いに悲しんで天の岩戸に隠れるなど、特に女性性を連想させる記述が多いこと、後述の別名に女性を表す文字があることなどから、一般に、大和絵や宗教、日本人が最初に神代の時代を知る小中学校の社会科などでも女神であるとされるのが主流である。言語学的には別名「オホヒルメノムチ」の「オホ」は尊称、「ムチ」は「高貴な者」、「ヒルメ」は「日の妻」あるいは「日の巫女」を表すとされる。また、イザナギとイザナミの最初の子「ヒルコ(日ル子)」と対をなす「ヒルメ(日ル女)」の男女一対の言葉の対象性は、「ヒコ・ヒメ」、「ヲトコ・ヲトメ」、「イラツコ・イラツメ」など、古い日本語に伝統的に見られるものでもあり、名前からも女神ととらえられる。


    天照大神は太陽神としての一面を持ってはいるが、神御衣を織らせ、神田の稲を作り、大嘗祭を行う神であるから、太陽神であるとともに、祭祀を行う古代の巫女を反映した神でもある。天照大神が女神とされるのはその原型の一つが日神に仕える巫女であったことにもよる。


    神話での記述

    天皇系図 神代
    詳細は「神産み」を参照

    『日本書紀』においては、

    第五段の本文では、伊弉諾尊・伊弉冉尊が自然の神を産んだ後に大日霎貴を産んでいる。

    第五段の一書の1では、伊弉諾尊が、左手で白銅鏡(ますみのかがみ)を持ったときに大日霎貴が生まれている。

    第五段の一書の6では、『古事記』のように禊にて伊弉諾尊が左の眼を洗った時天照大神が生まれている。


    『古事記』においては、伊邪那岐命が伊邪那美命の居る黄泉の国から生還し、黄泉の穢れを洗い流した際、左目を洗ったときに化生したとしている。このとき右目から生まれた月読命、鼻から生まれた建速須佐之男命と共に、三貴子と呼ばれる。このときイザナギは天照大御神に高天原を治めるように指示した。


    詳細は「アマテラスとスサノオの誓約」を参照


    海原を委任された須佐之男命は、イザナミのいる根の国に行きたいと言って泣き続けたためイザナギによって追放された。スサノヲは根の国へ行く前に姉の天照大御神に会おうと高天原に上ったが、天照大御神は弟が高天原を奪いに来たものと思い、武装して待ち受けた。


    素戔嗚尊の潔白を証明するために誓約をし、天照大御神の物実から五柱の男神、素戔嗚尊の物実から三柱の女神が生まれ、スサノヲは勝利を宣言する。


    天照大神の物実から生まれ、天照大御神の子とされたのは、以下の五柱の神である。 ←「五柱」と言う言葉に注目。ソロモン72柱も「柱」である。その正体は「悪魔の一覧表」である。

    天忍穂耳命・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命

    天穂日命・天之菩卑能命
    天津彦根命・天津日子根命
    活津彦根命・活津日子根命
    熊野櫲樟日命・熊野久須毘命


    詳細は「天岩戸」を参照


    これで気を良くしたスサノオは高天原で乱暴を働き、その結果天照大御神は天岩戸に隠れてしまった。世の中は闇になり、様々な禍が発生した。思兼神と天児屋根命など八百万の神々は天照大御神を岩戸から出す事に成功し、スサノオは高天原から追放された。


    詳細は「葦原中国平定」および「天孫降臨」を参照


    葦原中国に子のアメノオシホミミを降臨させることにし、天つ神を派遣した。葦原中国が平定され、いよいよアメノオシホミミが降臨することになったが、その間に瓊々杵尊・邇邇芸命が生まれたので、孫に当たるニニギを降臨させた。


    神仏混淆と天照大神男神説


    中世の神仏混淆で本地垂迹説が広まると、インドの仏が神の姿をとって日本に出現したとする考えが広く浸透した。はじめ天照大神には観音菩薩(十一面観音菩薩)が当てられたが、やがて大日如来となり、両部神道が登場すると天照大神は宇宙神である大日如来と同一視されるようになる。平安末期の武士の台頭や神仏混淆による男系社会が強まると、一部に天照大神を男神とする説が広まり、中世神話などに姿を残した。


    近代

    1880年(明治13年) -
    1881年(明治14年)、東京の日比谷に設けた神道事務局神殿の祭神をめぐって神道界に激しい教理論争が起こった。神道事務局は、事務局の神殿における祭神として造化三神(天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神)と天照大神の四柱を祀ることとしたが、これに対して「出雲派」は、「幽顕一如」(あの世とこの世との一体性)を掲げ、祭神を「幽界」(あの世)を支配する大国主大神を加えた五柱にすべきだと主張した。


    しかし、神道事務局の中心を担っていた「伊勢派」は、天照大神は顕幽両界を支配する「天地大主宰」であり、他の神々はその臣下にすぎないと主張するなど、両派は真っ向から対立した。果てには、「出雲派が神代より続く積年の宿怨を晴らさんとしている」「皇室に不逞な心を持っている千家尊福を誅殺すべし」など、様々な風説が飛び交った。やがてこの論争は明治天皇の裁定により収拾(出雲派が敗北)し、天照大神の神格は最高位に位置づけられることになった。


    なお、政府は神道に共通する教義体系の創造の不可能性と、近代国家が復古神道的な教説によって直接に民衆を統制することの不可能性を認識したと言われている。


    芥川龍之介は自身の小説にて天照大神を登場させる際、別名の「大日孁貴」(おおひるめむち)を用いた。これは「天照大神」と言う呼称では皇祖神をそのまま文中に登場させてしまう事になるため、太陽神、それも自然神という性格付けで「大日孁貴」を用いなければならなかったためである。実際、芥川の小説には軍の検閲によって訂正・加筆・削除を余儀なくせざるをえなかった箇所が多数存在する。


    天照大神を祀る神社


    天照大神を祀る神社を神明神社といい、全国各地にあるが、その総本社は神宮(伊勢神宮)の内宮(皇大神宮)である。皇大神宮は三種の神器のうちの一つ八咫鏡(ヤタノカガミ)を御神体として安置する神社である。


    日本全国のほとんどの神社で皇大神宮(天照皇大神宮)の神札(神宮大麻)を頒布している。現在は存在しないが、熊本県の八代市には上古に天照大神の山陵が在ったと伝えられる。


    全国の天照大神伝承

    天岩戸神話の天照大神
    天照大神の伝承の残る地は極めて少ないながらも存在する。

    木曽山脈の恵那山には天照大神誕生の際に、胞衣が埋設されたという伝承が残る。
    長野県戸隠山の戸隠神社には天岩戸の伝承が残る。

    三重県のめずらし峠は、天照大神と天児屋根命が出会われたという伝承が残っている。

    奈良県長谷寺の隣の山、與喜(よき)山には天照大神が降臨された伝承が伝わっている。

    島根県隠岐は天照大神が行幸の際、そこに生育していた大木を「おおき」と感動して呼ばれたことが隠岐の名の起源であるという伝承が残る。

    鳥取県因幡の八上には、天照大神がこの地にしばらくの間行宮する際、白兎が現れて天照大神の裾を銜(くわ)えて行宮にふさわしい地まで案内し、白兎はその地で姿を消したとされる。それが現在も八頭町と鳥取市河原町の境にある伊勢ヶ平(いせがなる)で、近くには御冠石(みこいわ)があるが、ここは天照大神が国見の際、冠を置かれたという伝承が八頭町の青龍寺の城光寺縁起と土師百井(はじももい)の慈住寺記録に残っている。この伝承と関連して八頭町に3つの白兎神社が存在し、八頭町米岡にある神社は元は伊勢ヶ平にあった社を遷座したものと伝えられるが、天照大神の具体的な伝承に基づく全国的に見ても極めて珍しい神社である。

    同じく鳥取県八上の氷ノ山(ひょうのせん)の麓、若桜町舂米(つくよね)には天照大神が大群を従えての行幸伝承とともに、天照大神御製の和歌が伝わっている。2007年(平成19年)、若桜町舂米地区内で天照大神が腰掛けをされたさざれ石が発見された。

    氷ノ山の名は、天照大神が樹氷の美しさに感動され日枝(ひえ)の山と呼ばれたことが起源とされ、氷ノ越えの峠(ここにもかつて白兎を祀る因幡堂があった)を通って因幡をあとにしたとされる。

    (参考)
    宮内庁と在日朝鮮人←創価学会が在日の宗教団体であることは多くの人が知っている。


    投稿者:政治評論家
    投稿日:2010年 9月 3日(金)08時54分8秒
      通報返信・引用編集済


    宮内庁とは?

    韓国、北朝鮮、在日朝鮮人スパイ援護機関、の為に、新しく明治革命時、つくった。

    天皇+神+宮内庁と国民は、教えられて、従ってきたが、在日朝鮮人スパイ天皇と宮内庁北朝鮮スパイ援護機関の重ね合わせであり、
    日本の天皇と神とは、いっさい、無関係である。
    むしろ神道の正体とは、悪魔すら神として祭った「神と悪魔の混合体」の宗教である。
    天照が太陽神であることは上記した。
    素戔男尊(スサノオ)の正体はミノタウロスである。素戔男尊(スサノオ)の別名は「牛頭天王」。(←ちなみに牛頭天王は豊穣神とされているが、、それは「拝金」を意味する。つまり、悪魔崇拝の証拠である。ミノタウロスは調べればわかるが、女性をレイプし、人間を食べている。)日本では両者は兄弟とされている。

    ミノタウロス3.jpg
    素戔男尊(スサノオ)の正体はミノタウロス


    さらに、宗像三女神と言うものがある。素戔男尊(スサノオ)の剣から生まれたとされる。厳島神社などで祭っている「邪神」である。キーワードは「海の神」であることである。
    その正体はゴルゴン三姉妹でる。ゴルゴン三姉妹とは、メデューサである。市杵島姫(市来姫・イチキシマヒメ)=弁財天=メデューサである。

    倒されたメデューサ.jpg
    写真はトルコのキリスト教会アヤ・ソフィアの地下神殿にある「倒されたメデューサ」。キリスト教会の地下で悪魔崇拝が行われていた証拠。
    「メデューサの目を見ると石になる」。その本当の意味するところは「洗脳」。
    悪魔崇拝による霊的洗脳を宗像三女神と言う名のゴルゴン三姉妹を使って天皇家一族(正確に言うと「裏天皇」ただし、裏天皇は天皇明仁の命令で動いている。)が行っていると言う証拠。

    神社一覧

    および宗像神社- 全国各地
    • 厳島神社- 広島県廿日市市厳島鎮座 総本社 安芸国一宮
    および厳島神社- 全国各地
    八坂神社の末社、および多度大社の摂社。 「美の神様」として宗像三女神または市杵島姫命を祀る。 特に八坂神社の美御前社は、花柳界水商売の女性の信仰が厚いという。


    宗像三女神のうち、田心姫を主祭とする神社。


    宗像三女神のうち、湍津姫を主祭とする神社。


    宗像三女神のうち、市杵島姫を主祭とする神社。


    市杵島姫は中津島姫命の別名とされ大山咋神と供に主祭とする神社。

    および松尾神社- 全国各地


    市杵島姫(市来姫)は鎌倉時代行勝上人により厳島神社から勧請され丹生都比売神社の主祭神のうち第四殿の祭神となった。

    および丹生神社- 全国各地


    市杵島姫(市来姫)は弁才天と同一視(本地垂迹)されることも多く、古くから弁才天を祭っていた神社では明治以降、市杵島姫や宗像三女神を祭っている神社も多い。