2012年02月23日

金星【悪魔は両性具有】ルシファーの変化した神の仮面を被った悪魔たち。「まりこ」もルシファー?

金星=「薔薇の花弁」
金星.jpg

(WIKIより抜粋)
金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス(ヴィーナス)、英語Venus)日本語でまりこ、とも。は太陽系太陽に近い方から二番目の惑星である。
地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。

地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽についで明るく見えるであることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。これは金星が地球よりも太陽に近い内惑星であるため、太陽からあまり離れず、太陽がまだ隠れている薄暗い明け方と夕刻のみに観察できるためである。最大離角は約47度と、水星の倍近くあるため、最大離角時には日の出前や日没後3時間程度眺めることができる。

スーパーローテーション

金星大気の上層部には4日で金星を一周するような強い風が吹いている。この風は自転速度を超えて吹く風という意味でスーパーローテーションと言われる。風速は秒速100mに達し、金星の自転の実に40倍の速さを持っていることになる。このことが実際に確かめられるまでは、昼の面で暖められた大気が上昇して夜の面に向かい、そこで冷却して下降するという単純な循環の様式が予想されていた。この現象は多くの人々の興味を引くこととなり様々な理論が提示されてきたが、未だに解明には至っておらず、金星最大の謎の一つとされている。

自転

金星の赤道傾斜角は178度である。即ち、金星は自転軸がほぼ完全に倒立しているため、他の惑星と逆方向に自転していることになる。地球など金星以外の惑星では太陽が東から昇り西に沈むが、金星では西から昇って東に沈む。(この属性により、悪魔は正を邪に捻じ曲げる性質を持つ。順序を逆にするのである。つまり、「道理に逆らう」のである。それが不法を呼び、姦淫を呼び、邪悪を生み、捏造を生み、「嘘も100回言えば真実になる」と言う思考を生む根本原因である。)
金星の自転がなぜ逆回転をしているのかはわかっていないが、おそらく大きな星との衝突の結果と考えられている。また、逆算すると金星の赤道傾斜角は、2度ぐらいしか傾いておらず、自転軸が倒立しているとは言え、ほぼ垂直になっていることになる。このため、地球などに見られるような、気象現象の季節変化はほとんどないと推測されている。

金星の自転は、地球との会合周期とシンクロしており、最接近の際に地球からはいつも金星の同じ側しか見ることができない(会合周期は金星の5.001日にあたる)。これが潮汐力の共振によるものなのか、単なる偶然の一致なのかについてもよくわかっていない。


ルシファーが化けた偽の神々の一覧表(何故、太陽神のように増殖しないか?「唯一神」を目指していたからである。)全員【悪魔認定】→地獄行き即確定!
地名

金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum/Planitia(平原)、Chasma、Vallis/Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus/Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア(グィネヴィアGuinevere)平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。
日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラニンギョ・フルクトゥスウズメ・フルクトゥス(天鈿女命ヤガミ・フルクトゥス(八上比売セオリツ・ファッラ(瀬織津姫ベンテン・コロナイナリ・コロナカヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売オオゲツ・コロナ(大宜都比売トヨウケ・コロナ(豊受大神ウケモチ・コロナ(保食神イズミ・パテラ(和泉式部オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。

クレーターには各国語の女性名が付けられている。
日本語および日本人に由来するものとしては、晶子(与謝野晶子)、千代女(加賀千代女)、林(林芙美子)、卑弥呼、市川(市川房枝)、政子(北条政子)、吉岡(吉岡彌生)、ふきこ、ひろみ、いさこ、まりこ(海老原麻里子は悪魔崇拝などしてない。)、なみこ、のりこ、れいこ、せいこ、やすこ、ようこ、などがある。
卑弥呼.jpg
卑弥呼(馬台国=日本最初のルシフェリアン?=「うんこ」も食べてた!人間も食べてた!)

ジョン・コリア『グィネヴィア王妃の五月祭の祝い』(1900年).jpg
ジョン・コリア『グィネヴィア王妃の五月祭の祝い』(1900年)

モデナ大聖堂のレリーフ(魔柱).jpg
モデナ大聖堂のレリーフ(魔柱)

グィネヴィア(ギネヴィア)
グィネヴィアGuinevere)は、伝説的な人物で、アーサー王王妃ギネヴィアグェネヴィアグィナヴィーアグウィニヴィアグインネヴィアなど多数の表記がある。
グィネヴィアで最も有名な話は、円卓の騎士ランスロットとの不倫で、その話が最初に出てくるのは、フランスの吟遊詩人クレティアン・ド・トロワの『荷車の騎士ランスロ』(1171年〜1181年の間) (en:Lancelot, the Knight of the Cart) の中である。この題材は、13世紀初期のランスロ=聖杯サイクルにはじまって、後期流布本サイクルトマス・マロリーの『アーサー王の死』まで、アーサー王物語の中で繰り返し取り上げられた。2人のアーサー王への裏切りが王国を滅亡させるという筋である。


人物像 (見よ!この裏切りと憎しみの人生を!!!ルシファーがもたらした物だぞ!?)

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ『アーサー王の墓 - ランストロットとグィネヴィア最後の密会』
脚色も混じっているが、グィネヴィアはレオデグランス王 (en:Leodegrance) の娘で、アーサー王がまだ後ろ盾が必要だった若い頃に婚約した。後にランスロットと出会った時、グィネヴィアは彼に一目惚れしてしまった。2人はすぐに不倫関係になったが、夫のアーサーは長い間そのことに気付かなかった。気付いたのは祝宴の席に、ランスロットとグィネヴィアがともにいなかった時で、この不倫を明るみに出したのは、ロット王の2人の息子、アグラヴェインモルドレッドだった。ランスロットは逃亡し、アーサー王は気持ちとは裏腹に、グィネヴィアを火あぶりの刑に処すと宣言しなければならなかった。処刑のことを知ったランスロットと家族は何とかそれを止めさせようとした。アーサー王は多くの騎士たちを処刑台の守備にあたらせることしたが、ガウェインはその任務を辞退した。ランスロットは処刑台に辿り着き、グィネヴィアを救出したが、その時の戦いで、ガウェインの兄弟ガヘリスガレスが死んでしまった。復讐に燃えるガウェインは、アーサー王にランスロットと戦うよう訴えた。アーサー王はランスロットとの決戦のため、フランスに行くことになり、(ランスロットから再びアーサー王の元に返された)グィネヴィアをモルドレッドに預けることにしたが、モルドレッドはグィネヴィアと結婚し、王座を簒奪しようと企んでいた。モルドレッドの求婚をグィネヴィアが承諾した話にはさまざまなヴァージョンがある。中には承諾せず、ロンドン塔に身を隠し、それから修道院に入ったという話もある。モルドレッドの裏切りを知ったアーサー王は急いでブリテンに引き返し、カムランの戦い でモルドレッドを倒した。しかし、その戦いでアーサー王も致命傷を負い、伝説の島アヴァロンに運ばれた。グィネヴィアは最後にもう一度ランスロットと会って、それから修道院に戻り、残りの人生をそこで送った。
ほとんどの物語でグィネヴィアには子供がいないが、例外として『ペルスヴァル』 (en:Perlesvaus) と『Alliterative Morte Arthure(頭韻詩アーサー王の死)』 (en:Alliterative Morte Arthure) の2つがある。『ペルスヴァル』には、彼女の子供としてロホルト(Loholt)という人物が登場する。(ただし、マロリーリオノレスの産んだ子ボーレ(Borre)と同一人物だと考えられているので、そうなるとロホルトはグィネヴィアの子とは言えなくなってしまう。)ロホルトは他の物語でも、アーサー王の私生児として登場している。一方、『アーサー王の死の頭韻詩』では、グィネヴィアは自ら望んでモルドレッドの配偶者となり、彼との間に2人の子供をもうけたことが、それとなくほのめかされている。『ウェールズのトライアド』にも、アーサー王の子供たちについての言及があるが、母親が誰かは明らかにされていない。
他の家族関係もまたはっきりしない。たとえば、ランスロ=聖杯文学群(←ぷっ!偽が聖杯を語ってやがる。どこかの王室みたいだな。)やドイツ語のロマンス『Diu Crône(王冠)』 (en:Diu Crône) では、グィネヴィアの異父(異母)姉妹と兄弟の2人がかたき役を演じているが、この2人は他の物語にはいっさい登場しない。ウェールズの伝承(例えば『Mabinogion(マビノギオン)』)では、グウェンフイヴァハ(Gwenhyvach)というグィネヴィアの妹がいたと伝えられ、グィネヴィアたちと反目していたと物語られている。成立が遅い作品の殆どでは、グィネヴィアの父親はレオデグランスとされ、母親については触れないのが常であるが、母親は死んだと書かれたものが、いくつか見られる。その例として、中英語で書かれたロマンス『アーサーのターン・ワザリング冒険』では、イングルウッドの森 (en:Inglewood Forest) で、グィネヴィアの母親の幽霊が娘とガウェインの前に現れる。またある作品では、高名な従兄弟の名前がたった1カ所だけ出てくる。
グィネヴィアは、あらゆる面で弱く、日和見主義的な裏切り者である致命的な欠点を持つが、気高く高潔な貴婦人として描かれてきた。しかし、クレティアン・ド・トロワの『獅子の騎士イヴァン』 (en:Yvain, the Knight of the Lion) の中では、グィネヴィアは、聡明で友情厚く育ちも良い女性として賛美されている。一方、マリー・ド・フランスの『ランヴァル』 (en:Lanval) (ならびにThomas Chestre (en:Thomas Chestre) によるその中英語版『Sir Launfal(ローンファル卿)』 (en:Sir Launfal) )で描かれるグィネヴィアは、執念深くふしだらな女で、アーサーや育ちの良い騎士たちから嫌われている。早い時期の作品ほど、グィネヴィアを不吉な女性として描く傾向が強く、後の作者たちはキャラクターをより掘り下げるため、グィネヴィアの善も悪も描いている。
 
乙姫.jpg
乙姫【おとひめ】(フリーメーソン悪魔崇拝者たちが乙姫を守ろうと必死で、こんな画像しか獲得出来なかった。見て、薔薇が一杯!薔薇=金星。その後ろには黄道十二宮。)


朝日日本歴史人物事典の解説(改竄部分修正済み。)
竜宮城に住む海神の娘乙姫は,よく知られているが,姉妹のうち妹姫をさしたり,末の姫という場合もある。年が若く美しい女性の意味がこめられている。海神の娘が住む竜宮城は,海底にあり,陸上住民にとっては異界である。そこを訪れた浦島太郎は,乙姫に鯛や平目の舞い踊りのもてなしを受ける。
そして、人間界に帰る時、乙姫は「一つの呪い(この箱は絶対開けてはなりませぬ。)」をわざわざ言って『渡す必要の全く無い玉手箱』を浦島太郎にわざと≠ィ土産みたいな形で渡すのである。
そして、どうしても玉手箱の中身が気になってしょうがない浦島太郎は遂に箱を開けてしまう。すると、もくもく煙が出て一気に90歳くらいの老人になってしまう。(ルシファーの大好きな持ち上げるだけ持ち上げて、一気に叩き落とすパターン!の体現。この地獄を見てルシファー及び悪魔崇拝者たちは大笑いをする。それが、フリーメーソン!)
海神は竜神であり,乙姫が人間界にくれば蛇身の姿にならざるを得ないのである。説経節信徳丸」に出てくる乙姫は長者の娘で,癩に冒され,盲目となりさすらう信徳丸を看護して救った。ここでは,病気を治す,呪的な力を持つ若く美しい女性のイメージがあり,旅の巫女がひとつのモデルとなっている。
(宮田登)    


ラクシュミー(ラヴィ・ヴァルマ画).jpg
ラクシュミ(フリーメーソンにはこう言う掟がある。「一流の悪魔は一流の慈善家の顔を持たねばならない。」その慈善家の顔の側がラクシュミである。ラクシュミ(=ルシファー)が本物の神などでは有り得ないことなど、自明である。)

ラクシュミー(लक्ष्मी,Lakshmi,Laxmi)は、ヒンドゥー教女神の一柱で、豊穣(=「拝金崇拝」=悪魔。)と幸運を司る。
乳海攪拌の際に誕生した。ヒンドゥー教の最高神の1人ヴィシュヌの妻とされており、数多くあるヴィシュヌの化身と共に、ラクシュミーも対応する姿・別名を持っている。幸運(「拝金」もちろん、その後にはアラクシュミーという、同一の姉妹からの絶望、もしくは自殺にまで至る不幸が待っている。それが、ラクシュミ崇拝。)を司るため、移り気な性格(用が済んだらポイとゴミのように人間を捨てる。だって、ルシファーだもん、コイツ。)であるともいわれる。蓮華の目と蓮華の色をした肌を持ち、蓮華の衣を纏っている。ラクシュミーが誕生した時、アスラ達が彼女を手に入れようとしたが、失敗に終わった。あるアスラは彼女を捕まえる事に成功し頭の上に乗せたが、その途端に逃げられた。かつてはインドラと共にいたこともあったが、インドラでさえラクシュミーを自分の元に留めておく為には、彼女を4つの部分に分けなければならなかったという。

10月末から11月初めのインド歴の第七番目の月の初めの日「ディーワーリー」(दीवाली, Diwali/またはサンスクリット:दीपावली, Deepawali)はラクシュミーを祝うお祭りである。
なおラクシュミーはアラクシュミーという不幸を司る女神を姉に持つともされ、ヴィシュヌの妻になる際に「私があなたの妻になる条件として姉にも配偶者を付けるように」とヴィシュヌに請願し、ある聖仙(リシ)とアラクシュミーを結婚させ、晴れてヴィシュヌとラクシュミーは一緒になったという神話も一方で残っている。※後述;アシラ(Asherah)の天界の双子と全く同じロジック。

仏教にも取り込まれて吉祥天【悪魔認定】(日本の東京都吉祥寺がやたら「住みたい町NO.1」のされているのはルシファー崇拝を強めるため。他にも悪魔崇拝の拠点の町として、東京では六本木(六本木ヒルズは六本木六丁目六番地(666)にあるのをご存知だろうか?)、八王子、東京タワー)と呼ばれている。福徳安楽を恵み仏法を護持する天女とされる。また弁才天(サラスヴァティー)と混同される場合がある。

別名

●シュリー(श्री, Srī) - 吉祥。
●パドマーヴァティー(पद्मावती, Padmāvatī) - 蓮を持つ女性。

●チャンチャラー - 移り気。


吉祥天.jpg蛇身弁財天 石像.jpg
                 蛇身弁財天 石像
吉祥天
(=ラクシュミ=ルシファー)【悪魔認定】←左手に注目して頂きたい。悪魔のサイン「コルナ」をしている。つまり、吉祥天ことラクシュミことルシファーは影で「うんこ」や「人間」を食べ、「淫血」をして邪淫を貪っていた証拠である。
吉祥天
(きっしょうてん、Skt:Srii-mahadeii、音写:摩訶室利など)は、仏教の守護神である天部の1つ。

もとヒンドゥー教女神であるラクシュミー(Laksmii)が仏教に取り入れられたもの。ヒンドゥー教ではヴィシュヌ神の妃とされ、また愛神カーマの母とされる。
仏教では毘沙門天の妃また妹ともされ、善膩師童子を子と持つ。鬼子母神を母とし、徳叉迦龍王を父とするとも言われる。また妹に黒闇天がいる。 毘沙門天の脇待として善膩師童子と共に祀られる事もある。
早くより帝釈天大自在天(シヴァ=悪魔)などと共に仏教に取り入れられた。後には一般に弁才天と混同されることが多くなった。 北方・毘沙門天の居所を住所とし、未来には成仏して吉祥摩尼宝生如来(きちじょうまにほうしょうにょらい)になると言われる。
吉祥とは繁栄・幸運を意味し幸福(=「拝金」=悪魔)を顕す神(の名を語る悪魔)とされ、密教においては功徳天ともいわれている。また、美女の代名詞として尊敬を集め、金光明経から前科に対する謝罪の念(吉祥悔過・きちじょうけか)や五穀豊穣でも崇拝されている。
今では七福神で唯一の女神は弁才天(弁財天)であるが、当初の紅一点は吉祥天であったとも言われる。同じく金運等の福徳の女神としては、主に貴族から崇拝されていた吉祥天。
日本においては、神社でも信仰の対象としているところもあり、神道でもある。 吉祥院天満宮の吉祥院に菅原清公卿、菅原是善公、伝教大師孔子と共に祀られる。

ハトホル.jpg
ハトホル=アプロディーテー=エロース=ヴィーナス=ルシファー(金星)

ハトホル
(Hathor)は、古代エジプト神話の愛と幸運の女神。聖獣は牝牛。ホルスの母で、ときに妻ともされる(ハトホルという名の゛ホル゛の部分はホルスのことを表しているとされる)。世界を生み出した天の雄牛(プタハ=エンキ)、鉱山の守護神、養育神、子供を守る女神などの多様な性格をもち、イシスに次いで広く崇拝された。ギリシアではアプロディテと同一視され、しばしば雄牛の頭部をもつ姿で表され、その頭部を用いた装飾柱はハトホル柱として知られる。人の姿で現される時も頭に牛の角が生えており、その間に太陽円盤を載せている。冥界へ行く者達にイチジクから作られた食物を与える役割を持ち、そこから「南方のイチジクの女主人」とも呼ばれ、牛と共にイチジクも彼女の象徴とされる。
またアペプとの戦いの際にセクメトないしバステトを援護し、これを倒したためにこれらの女神と同一視される場合もある。


アプロディーテー=イシュタル=ヴィーナス=ルシファー(金星)
【悪魔確定】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内, 検索
アプロディーテーの誕生
ドミニク・アングル



絵の下にいる天使たちは堕天使か?
アプロディーテー
古典ギリシア語ΑΦΡΟΔΙΤΗ, Ἀφροδίτη, Aphrodītē)またはアプロディタアイオリス方言ΑΦΡΟΔΙΤΑ, Ἀφροδιτα, Aphrodita)は、と性を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一神である。美において誇り高く、パリスによる三美神の審判で、最高の美神として選ばれている。また、戦の女神としての側面も持つ。日本語では、アプロディテアフロディテアフロディーテーなどとも表記される。

元来は、古代オリエント小アジアの豊穣の植物神・植物を司る精霊・地母神であったと考えられる。アプロディーテーは、生殖と豊穣、すなわち春の女神でもあった。

概説

ヘーシオドスの『神統記』によれば、クロノスによって切り落とされたウーラノスの男性器にまとわりついた泡(アプロス、aphros)から生まれ、生まれて間もない彼女に魅せられた西風が彼女を運び、キュテラ島に運んだ後、キュプロス島に行き着いたという。彼女が島に上陸すると美と愛が生まれ、それを見つけた季節の女神ホーラたちが彼女を飾って服を着せ、オリュンポス山に連れて行った。オリュンポスの神々は出自の分からない彼女に対し、美しさを称賛して仲間に加え、ゼウスが養女にした。これは、Ἀφροδίτη「泡の女神」(「泡」だけに「泡となって悪魔主義者の全ての夢は消えた、と。)とも解釈可能なことより生じた通俗語源説ともされる。
ただし、キュプロスとアプロディーテー女神のあいだには本質的な連関があり、女神が最初にキュプロスに上陸したというのは、アプロディーテーの起源とも密接に関係する。なお、結婚相手・愛人を含め関係があったものは多々いるが主なものは、ヘーパイストスアレースアドーニスである。

一方、ホメーロスによればゼウスとディオーネーの娘だと述べられている。ローマ神話におけるウェヌス(英語読みでヴィーナス)に相当する。聖獣はイルカで、聖鳥は白鳥聖樹は薔薇芥子花梨銀梅花真珠帆立貝林檎もその象徴とされる。また、牡山羊鵞鳥に乗った姿でも描かれる。
気が強く、ヘーラーアテーナーと器量比べをしてトロイア戦争の発端となったり、アドーニスの養育権をペルセポネーと奪い合ったりするなど、他の女神達との折り合いは悪い方である。

東方起源の性格

アプロディーテーの神殿
古くは東方の豊穣・多産の女神アスタルテーイシュタルなどと起源を同じくする外来の女神で、『神統記』に記されているとおり、キュプロスを聖地とし、「キュプリス」という別名を持つ。オリエント的な地母神としての性格は、繁殖と豊穣を司る神として、庭園や公園に祀られる点にその名残を留めている。そして愛の女神としての性格を強め、自ら恋愛をする傍ら人々の情欲を掻き立てて、恋愛をさせることに精を出している。同じく愛の神エロースと共にいる事もしばしばである。また、これとは別に航海の安全を司る神として崇拝されたが、これはフェニキアとの関連を示唆すものと考えられる。
スパルタコリントスでは、アテーナーのように、甲冑を着けた軍神として祀られていた。特にコリントスはギリシア本土の信仰中心地とされ、コリントスのアクロポリス(アクロコリントス)のアプロディーテー神殿には、女神の庇護下の神殿娼婦(邪淫)が存在した。この所作もまた東洋起原のものとされる。
古くから崇拝されていた神ではないために伝えられる説話は様々である。ヘーパイストスの妻とされるが、アレースと情を交わしてエロースなどを生んだという伝承もある。アプロディーテとエロースを結び付ける試みは、紀元前5世紀の古典期以降に盛んとなった。

金星の女神

本来、豊穣多産(=「拝金」=悪魔確定。)の植物神としてハトホル=イシュタルやアスタルテー、ヴィーナス同様に金星の女神であったが、このことはホメーロスやヘーシオドスでは明言されていない。しかし古典期以降、再び金星と結び付けられ、ギリシアでは金星を「アプロディーテーの星」と呼ぶようになった。現代のヨーロッパ諸言語で、ラテン語の「ウェヌス」に相当する語で金星を呼ぶのはこれに由来する。


グレゴリオ聖歌
(グレゴリオ聖歌(グレゴリオせいか、グレゴリアン・チャント)は、西方教会単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会(邪教)、主に9世紀から10世紀にかけて、西欧から中欧のフランク人の居住地域で発展。で用いられる)でも歌われる中世の聖歌『アヴェ・マリス・ステラ』の「マリス・ステラ(Maris stella)」は、「海の星」の意味であるが、この星は金星であるとする説がある。聖母マリアがオリエントの豊穣の女神、すなわちイシュタルやアスタルテーの系譜にあり、ギリシアのアプロディーテや、ローマ神話のウェヌスの後継であることを示しているとされる。

ローマ神話での対応と別名



アプロディーテー誕生の地ペトラ・トゥ・ロミウ(ギリシア人の岩)。キプロス島のパポス





ローマ神話では、ウェヌス(Venus)をアプロディーテーに対応させる。この名の英語形は「ヴィーナス」で、金星を意味すると共に「愛と美の女神」である。

別名として、レスボス島の詩人サッポーアプロディタἈφροδιτα, Aphrodita)と呼んでいる。またキュプリス(「キュプロスの女神」の意)という別名もある。キュプロス島には古くからギリシア人植民地があったが、キュプロスを経由して女神の信仰がオリエントより招来されたためとも考えられる。アプロディーテーとキュプロスには本質的な関係があった。
その海からの生誕伝説と関係して「キュテレイア(キュテーラの女神)」と呼ばれるほか、キュプロスの都市パポスにちなみ「パピアー(パポスの女神)」とも称される。

物語

アドーニス

アドーニスの死

自らの血(ネクタル)=ネクター=桃=「女性器は万物を象徴」する。

アドーニス(Adonis)は、アッシリア王テイアースの娘スミュルナの生んだ子であるとされる。スミュルナは、アプロディーテーへの祭祀を怠ったため父親に対して愛情を抱く呪をかけられ、策を弄してその想いを遂げた。しかし、これが露見したため父に追われ、殺される所を神に祈って没薬の木(スミュルナ)に変じた。その幹の中で育ち、生まれ落ちたのがアドーニスといわれる。

アプロディーテーはこのアドーニスの美しさに惹かれ、彼を自らの庇護下においた。だがアドーニスは狩猟の最中に野猪の牙にかかって死んだ。女神は嘆き悲しみ、自らの血(ネクタル)をアドーニスの倒れた大地に注いだ(アドーニス本人の血とする説も)。その地から芽生えたのがアネモネといわれる。アプロディーテーはアドーニスの死後、彼を祀ることを誓ったが、このアドーニス祭は、アテーナイ、キュプロス、そして特にシリアで執り行われた。この説話は、地母神と死んで蘇る穀物霊としての少年というオリエント起源の宗教の特色を色濃く残したものである。

アイネイアース

ゼウスはたびたびアプロディーテーによって人間の女を愛したので、この女神にも人間へ愛情を抱くよう画策し、アンキーセースをその相手に選んだ。女神はアンキーセースを見るとたちまち恋に落ち、彼と臥所を共にした。こうして生まれたのがアイネイアースである。彼は、アテーナー、ヘーラー、アプロディーテーの器量比べに端を発するトロイア戦争の後、ローマに逃れ、その子イーロス(ラテン語名:ユールス)が、ユリウス家の祖とされたため、非常によく崇拝された。

脚注

  1. ^ 政府公認の売春宿を作ってその利益が神殿建設資金になった説がある。
  2. ^ ヒエロドゥーライ(hierodoulai、「神聖奴隷」「神婢」)。ただし、娼婦男娼の場合があるため、男娼のみの場合、または両性をまとめて呼ぶ場合(旧約聖書 列王記下 第23章 に記載されているバアル崇拝の神殿男娼を思い出すように。邪印(悪魔崇拝)である。 )は、ヒエロドゥーロイ(hierodouloi)と称する。

    目視
明けの明星
公転軌道が地球より内側にある金星は、天球上では太陽の近くに位置することが多い。
地球と金星の会合周期は583.92日【ご破算、国(世界統一国家)】(約1年7か月)であり、内合から外合までの約9か月半は日の出より早く金星が東の空に昇るため「明けの明星」となる(ただし内合・外合の前後は太陽に近すぎるため、太陽の強い光に紛れて肉眼で確認することは極めて困難である)。明けの明星の見かけ上の明るさが最も明るくなるのは内合から約5週間後である。そのときの離角は約40度、光度は-4.87(「死、花」→花は当然「薔薇」を指す。「薔薇」=「金星」を意味する。「死兆星」をまだ疑うかね?輝いたのは金星では無く、死兆星だったな。)で、1等星の約170倍の明るさになり、明るくなりかけた空にあってもひときわ明るく輝いて見える。内合から約10週間後に西方最大離角(約47度)となる。外合を過ぎると日没より遅く金星が西の空に沈むため「宵の明星」となり、東方最大離角、最大光度を経て内合に戻る。

その神秘的な明るい輝きは、古代より人々の心に強い印象を残していたようで、それぞれの民族における神話の中で象徴的な存在の名が与えられていることが多い。また地域によっては早くから、明けの明星と宵の明星が(金星という)同一の星であることも認識されていた。
金星では「新月」形と「半月」形の間で最も明るくなる。これは軌道の(地球軌道に対する相対的な)大きさに関係しており、水星とは異なる。
死兆星.jpg
死兆星はお前たち悪魔崇拝者の上に確かに輝いた!

朔望

金星の観測モデル。満ち欠けがない外合時に観測上の視直径は最小となり、地球に最も近づく内合時(の直前)に視直径が最大となる。
地球から見た金星は、月のような満ち欠けの相が見られる。これは内惑星共通の性質で、水星も同じである。内合の時に「新金星」、外合の時に「満金星」となる。内合のときに完全に太陽と同じ方向に見える場合、金星の日面通過(あるいは太陽面通過)と呼ばれる現象がまれに起こる。最大離角の時には半分欠けた形になる。西方最大離角の時には日の出前に最も早く上り、東方最大離角の時には日没後に最も遅く沈む。

金星による影

金星が最も明るく輝く時期には、金星の光による影ができることがある。オーストラリアの砂漠では地面に映る自分の影が見えたり、日本でも白い紙の上に手をかざすと影ができたりする。なお、過去には SN 1006 のような超新星が地球上の物体に影を生じさせた記録も残っているが、現在観測できるそれほど明るい天体は太陽、金星、天の川のみである。

人類と金星

歴史と神話

欧米ではローマ神話よりウェヌス(ヴィーナス)と呼ばれている。メソポタミアでその美しさ(明るさ)故に美の女神イシュタルの名を得て以来、ギリシャではアフロディーテなど、世界各国で金星の名前には女性名が当てられていることが多い。
日本でも古くから知られており、日本書紀に出てくる天津甕星(あまつみかぼし)、別名香香背男(かがせお)と言う星神は、金星を神格化した神とされている。時代が下って、平安時代には宵の明星を「夕星(ゆうづつ/ゆうつづ)」と呼んでいた。清少納言随筆枕草子」第254段「星はすばるひこぼしゆふづつよばひ星、すこしをかし。」にあるように、夜を彩る美しい星の一つとしての名が残されている。
ヨーロッパでは、明けの明星の何にも勝る輝きを美と愛の女神アプロディーテーにたとえ、そのローマ名ウェヌス(ヴィーナス)が明けの明星すなわち金星を指す名となった。
キリスト教においては、ラテン語で「光をもたらす者」ひいては明けの明星(金星)を意味する言葉「ルシフェル」(Lucifer) は、他を圧倒する光と気高さ邪悪さから、唯一神に仕える最も高位の天使(そして後に地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥)の名として与えられた。

アステカ神話では、ケツァルコアトルテスカトリポカに敗れ、金星に姿を変えたとされている。

アメリカ合衆国





アシラ(Asherah).jpg
アシラ(Asherah)
  =ルシファー
アシラは、西セム系太女神アシェラトのヘブル読みである。
古代イラン語asha(宇宙の法則)に由来するものと思われる。この法則は家母長の法則であって、古代ローマの自然法と同じようなものである。アシラは「知恵の点では神々のうち最もすぐれた者」
[2]であった。シュメール人はアシラをアシュナンAshnan(万物の力、心のやさしい寛大な乙女)と呼んだ[3]。アシラの聖なる都市マル-アシュMar-ashは、聖書ではマレシャとなっている(『ヨシュア記』第15章 44節)。

 旧約聖書の欽定英訳ではアシラは「木立」groveとなっている。しかし聖なる木立が女神の生殖器の中心、つまり万物生誕の場であるという説明はなされていない。母権制時代、ヘブライ人は木立の下で女神を崇拝した(『列王紀上』第14章 23節)。しかし父権制時代になると、改革者たちは女神像を切り倒し、アシラに仕える聖職者たちの骨を彼らの祭壇の上で焼いた(『歴代志下』第34章 4-5節)。
 女神の
木立-女陰は「聖なる場所」Athra qaddisa(文字どおりの意味では「聖娼」)であった。アシラは、ときには、単に「神聖」と呼ばれた。この名称はのちにヤハウェにつけられた。カナン人はアシラを「神々を生む女神」Qaniyatu elimaあるいは「海を渡る女神」(=月)Rabbatu athiratu yammiと呼んだ。Rabbatuという語はラビrabbi(ユダヤ教の宗教的指導者)の昔の女性形であった。アシラという名前の変形としては、Athirat、Athra、Aethra、Athyr、そしてエジプトのヘ(ウ)ト=ヘル〔ハトホルHathor〕というのがあった。エジプトではまたアセト〔イシスIsis〕の古形であるアシェシュAshesh(法を与える母神)でもあった。このアシェシュという名前は、「あふれ出る」という意味と「養育する」という意味とを表した。いずれにしても、アシェシュの乳房のはたす機能を表したものであった。アシェシュの女陰を祀った神殿がテーバイにあって、アセルAsher、アシュレルAshrel、あるいはアシュレルトAshreltと言った。アシェシュのことを、「アシェルトの偉大なる女神、天界の女神、神々の女王」と呼んだ人もいた。
 アシラはしばらくの間セム族の神エルElを
としていた。アシラが天界の雌牛であり、エルが雄牛であった。この聖なる結婚ののちに、アシラは天界の双子、シャヘルShaherとシャレムShalemを生んだ。明けの明星と宵の明星である。pointLucifer..(ルシファー←金星が二つ存在する訳無いことは理解出来るであろう。この双子は何を意味するのであろうか?それはルシファーの邪悪な性格に良く表れている。「徹底的に持ち上げて〈明けの明星(希望)〉から『叩き落す!〈宵の明星〉(絶望・死=邪悪)を楽しむフリーメーソン会員たちの醜い自己弁護。)〉』。ルシファーがキリストであることなど、有り得ないのである。これのどこに「救い」がある?楽しんでいたじゃないか!快楽を貪っていたじゃないか!?他者の死を!絶望を!不幸を!自殺に追い込むのを!!!神を名乗れる資格がどこにある!?恥知らずが!!!) この結婚の儀式では、母親の乳で仔ヤギを煮ることが行われたらしい。しかしこうしたことは、のちに、ユダヤの聖職者たちの禁ずるところとなった(『出エジプト記』第23章 19節)。
【関連する記事】
posted by 真 救世主 at 09:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アホくさいこじつけ恥ずかしくないの?
Posted by at 2015年02月14日 17:39
独断と偏見で申し上げますが、やはりキリシタンはなんでも悪者にするバカなんですねぇ
Posted by 自称クズ at 2017年02月02日 21:41
うぜえんだよ 在日韓国・朝鮮人 部落民が!!死ね 殺してやるよ!
在日はキチガイ 犯罪者ばっかな ぶっ潰す!!
Posted by at 2017年02月06日 12:35
石川高明(忍)てめーも同罪だ この無能が!!ふざけるな!!潰せ 潰せ 
在日は犯罪者ばっか 言い訳するんじゃねえぞ? 犯罪者が
公安は在日韓国・朝鮮人を使ってまともな方々に迷惑をかけるのを辞めろ
個人名で拡散するからな?よく覚えておけ 無能で頭の悪いヤタガラス
てめーらいらねーんだよ 存在する価値ないから 
Posted by at 2017年02月06日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。