2012年07月18日

子宮頚癌ワクチン「アジュバント」の危険性(コピペ)

子宮頚癌ワクチン「アジュバント」の危険性
日本の女性がこのワクチンを施用すると、子供が産めない女性がどんどん増えて、日本の人口が減る危険性が叫ばれている
いずれ、この「子宮頚癌ワクチン」の問題は、あの血液製剤の問題のように「大きな社会問題」になるでしょう
アジュバンドは、子供が産めなくなる危険性もあるのです
もしもこの薬が安易に使用されて、日本全国の病院で施用されると・・日本の人口はどんどん少なくなり、中国人を日本に
住んでもらう話が民主党を中心に起きています
今騒がれている、「子宮頚がんワクチン」の危険性 
「アジュバンドとは?(秘めた危険性)」

*免疫系の専門用語が文中に多く出て参ります。より理解するためにも、先出の「参考−動物の免疫」をお読み下さい。

アジュバンドって何?
〔アジュバント〕(ad-juvant)=免疫助成剤(不活化ワクチンに使われる)アジュバントとは、生体内に抗原(死菌)を投与する場合、一緒に投与して抗原に対する細胞性免疫や抗体生産を増強したり、長時間留まらせたりという役割を果たしています。
死んだウイルスの菌を接種する不活化ワクチンの場合、生きたウイルスが入った場合と同じようにする役目のものが必要になります。それがアジュバンドです。つまり、死んだウイルスを体内に導く「運びや」兼、細胞にくっつかせる「接着剤」みたいなものと思えば分かりやすいと思います。
アジュバントは死菌に混合する際、慎重に選択しなければなりません。この選択が不適切であると強い副反応を引き起こします。生きたウイルスを接種する「生ワクチン」であれば当然アジュバンドは必要ありません。

アジュバントの利点
「抗原」を長時間とどまらせたり、接触する表面積を増やして「抗原」と「マクロファージやリンパ球(抗体生産の役割を持っている、免疫機構)」との接触・相互作用のチャンスを高めます。

アジュバントのリスク
ワクチンとアジュバントの相性(種類の選択)を間違えると、アジュバント病という、アレルギー4型が個体に症状として現れます。
また、細胞性免疫(防御因子)に抗原の取り込みを促進する為、抗原が浸潤するようにわざと接種部位に炎症を起こさすので、その為、線維肉腫(しこり)が出来やすいのです。 


アジュバントの種類
1.沈降性タイプ−−−病原体や、ある抗原を吸着する性質
★沈降性のアジュバント類−−−・水酸化ナトリウム ・水酸化アルミニウム ・リン酸カルシウム ・リン酸アルミニウム ・ミョウバン ・ペペス ・カルボキシビニルポリマー 等
★沈降性アジュバントの利点とリスク−−−病原体やある抗原を吸着し、接種局所病原体を固定する利点もありますが、その性質の為、接種部位が硬結しやすいです。(しこり)

2.油性タイプ−−−油が抗原水溶液を包んで乳濁液にする性質
★油性のアジュバント類−−−・流動パラフィン ・ラノリン ・フロイント 等
★油性アジュバントの利点とリスク−−−油が抗原水溶液を包んで乳濁液にする為、どろっとした液体になり接種時に疼痛が起きる。粘りの為液体が体内に散りにくく、そのまま接種部位に残る性質も持ち合わせており硬結する事があります。(しこり)


 

※アジュバントの危険性

アジュバントとは死菌を体に入れる際、免疫を助成する化学製剤です。性質は大きく分けて2つに分類されますが、どちらもサラサラの液状ではなく、1つは死菌を油で包み込むオイルタイプともう一つは死菌に染み込み沈殿させるタイプです。このアジュバントが体の中に入ると、生きても居ない大型の異物に対し様々な反応が起こります。その反応の中で肉腫形成を示唆されるものがあります。それはこの大型の異物が体内に分散して広がっていくのを阻止し封じ込めようとする体の包囲化作用の働きによるもので、これがかえって肉腫を形成させてしまうというものです。そしてこの肉腫形成は、1部の個体の中には慢性肉芽腫症という疾患をもたらす結果にもなっています。この様に、異物でしかも大型の物を生体内に入れ、馴染ませようとする事にはかなりの無理を伴っているとも言え、これらアジュバンドによる発癌性を指摘する声もあるようです。
昨今話題となっているワクチンのひとつに、「子宮頸がんワクチン」があります
テレビや新聞の情報を見ているだけでは、想像できないかもしれませんが、このワクチンは、予備知識なしで、気軽に接種してよいものではないようです。

しかし、一般には広く、「子宮頸がんを100%予防できるワクチン」のようなイメージで宣伝されています。

すべてのワクチン接種には、死亡例を含む副反応があります。

それは、この子宮頸がんワクチンにおいても、例外ではありません。

本来、人の命を守る役目を担うはずの製薬会社、医療機関および政府が、接種を考慮するのに必要な情報をわかりやすく国民に提供せず、良い面ばかりを伝えています。こういった社会の風潮に警鐘をならす想いで、言及することにしました。

「子宮」という言葉を聞いて、ともすると、この話は自分には関係ないと思われた男性もいるかもしれません。しかし、世界の動きをみていると、どうもそうは言ってられなさそうです。

特に最近の

アジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)を添加した各種の新型ワクチンがもたらす人体への長期的な影響については、

いまだ実験段階にあり、不妊症を引き起こす可能性が、ささやかれています。

子宮頸がんワクチンも例外ではありません。大げさに聞こえるかもしれませんが、ワクチンは、もはや人類の存続問題としてみたほうがいいでしょう。
子宮頸がん」とは、子宮の出口付近である子宮頸部(しきゅうけいぶ)にできるがんです。子宮の中にできる「子宮体がん」と異なります。
『がん』と聞くと、がん家系の人は、自分も罹りやすいと思いがちですが、子宮頸がんは遺伝に関係なく、原因のほぼ100%は、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染によって起きるとされています。多くの場合、このウイルスは性交渉によって人から人へ感染するとされ、中でも発がん性のあるHPVには、女性の約80%が一生に一度は感染していると推定されます。このため、性交渉経験のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っているとされています。
子宮頸がんは、近年、20代後半から30代の女性に急増し、発症率が増加傾向にあります。現在では、がんによる死亡原因の第3位で、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位。特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

(左が、子宮入り口にできる子宮頸がんです。右は、子宮内にできる子宮体がんです。)
 
ドイツ人のウイルス学者であるハラルド・ツアハウゼン氏は、1976年に「HPVが子宮頸がんの原因である」という仮説を発表しました。そして、1983年に子宮頸がん腫瘍の中にHPV16型のDNAを発見しました。翌年には、HPV18型のDNAも同腫瘍中に発見し、この研究結果を元に2006年には、子宮頸がんワクチンが製造されました。
  

馬鹿は子孫が残せない?




「新型インフルエンザ・ワクチン」は断種ワクチンだった! 

この物質「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」の祖先は、そもそもペットを不妊にすることが目的で作られた「1998年のペット用ワクチン」に仕込まれた「アジュバント-9」であったという。このペット用の「アジュバント-9(Adguvant 9)」を人間用に開発したものが「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」である。

この物質の副作用の詳細は分かっていないが、ワクチン接種した動物を永久に不妊症にすることだけは確かであるようだ。

にあるように、このワクチンを接種している最中に何かの化学物質に汚染すると今度はそれが引き金となって炎症が起こり最後には腫瘍化するのである。

このことから、どうやら最近世界中で「
モルゲロンズ病[外部リンク]」という謎の炎症や腫瘍の皮膚病が流行っているらしいが(例えば、「レン・ホロウィッツ博士の「聖なる螺旋の海賊」」)、この原因の1つがこの「アジュバント」のせいかもしれない。

そんなわけだから、子供に優先的に「新型豚インフルエンザワクチン」を接種するというのは、実に考えものである。確実に両親にこの事実を伝えた上で承諾してからにする他ないだろう。実際には、「アジュバント MF-59」の他にも、例えば水銀などたくさんの危険物質が入っているのは確かだから、ノバーティスのワクチンを接種しないようにするのがベストであろうが、大手や権威(実際には偽権威)のいうことなら何でも信じたり、信じさせるのが日本の権威たちであるから、欧米のNWOの思うがままだろう。

もしこのノバーティスのワクチンを接種した場合にはその人たちの「追跡調査」が必須であろう。一種の生体実験なのだから、その人々が”どうなるか”見守る他ないからだ。将来不妊になるのか、変な皮膚病になるのか、知能が劣ることになるのか、こういう調査が必要である。さもなくば、後で何か起こった時に損害賠償請求できないからだ。ところが、日本政府はノバーティス製品で問題が生じても訴追しないという契約を結んでしまったのだから驚く。これでは損害賠償請求はノバーティスではなく結局日本政府へということになり、結局我々の血税があてられ日本人が損するだけのことである。ふんだりけったりの政治である。目も当てられない。困ったことである。

ちなみに、アレックス・ジョーンズもこの問題を報じている。
YouTube[外部リンク]

さて、ついでに付け加えておくと、今現在では欧米のイルミナティー企業が作るものにはすべて「毒」が入っている。それは寿命を縮めたり不妊にすることが彼らのアジェンダ(長期計画)に入っているからである。例えば、「飲料水」にはフッ素、「スポーツ飲料」にはアスパルテームやアセスルファムカリウムなどの
人工甘味料[外部リンク]、ワクチンには有機水銀やアジュバントMF-59などの物質、食肉には成長ホルモンやプリオン、遺伝子組み換え作物には不妊遺伝子などなど。このことからもこういったことが偶然に起こっていることではなく、用意周到に考えられて行われているということは明白だろう。

そこで不況に喘ぐ日本企業はこれを逆手に取るという方法が考えられる。いわゆる従来の自然農法や自然の恵みなどを利用した無害の自然水やブドウ糖や砂糖やしょ糖ベースの自然のスポーツ飲料、そして無農薬野菜や自然牧畜の食肉などこういったものを”売り”にして高品質のブランド化可能だということである。同様に、製薬品に関しても、有害保存料を使わない、不妊の危険性のないワクチンやタミフルなどを生産するのだ。こうすれば、「安全性」を”売り”にして世界中に高品質の安全な製品を売ることができるだろう。世界中の心ある人々はイルミナティー企業の横暴にはうんざりしている。そういう人々は高品質の日本製品を必ず買ってくれるはずである。何事も現実をつぶさに分析し、弱みを強みに変えて行けば良いわけである。今後の努力を期待したい。

「馬鹿は死ななきゃ治らない」ではなく、「馬鹿は子孫を残せない」の時代に入ったということだ。 

【関連する記事】
posted by 真 救世主 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。